※この記事を読む前に必ず読んでください。

彼との間に、運命的な繋がりを感じていませんか?

 

今訪れている試練は、2人が「ツインレイ」だからかもしれません。

 

「彼は今、私をどう思っているの?」

 

「彼から連絡は来る?復縁できる未来はやってくる?」

 

「何をすれば彼からもう一度求められるの?」

 

「私たちはツインレイ…?もしそうなら彼に気づいてもらうには?」

 

これらの答えは、スピリチュアルの世界から2人を見ればすぐに分かります。

 

真実を明らかにする「神言鑑定」で、あなたが復縁できるかどうか・知りたい事や知るべき事が書かれた鑑定結果を今すぐお受け取りください。

 

>>【初回無料】神言鑑定で占う<<
 

アユミ
アリア先生、彼氏と付き合って半年も経つのに彼氏が何の進展もしようとしないんです。
占い師アリア
半年だと長いかもしれないわね。具体的にはどのあたりまでは進展したの?
アユミ
一応キスまでは。でもキスもあんまりできてないし、これまでの彼氏と比べても手を出してこないので不安ばっかり増えて行ってしまって…。
占い師アリア
うんうん、なかなか手を出してこないとなると自分に魅力が無いのか不安になっちゃうものね。
アユミ
そうなんですよ!こっちは体の関係も含めた進展をして、より仲を深めていきたいと思っているから頑張って自分磨きしてるのに!
占い師アリア
頑張ってダイエットもメイクの勉強もしてたものね。
アユミ
はい!頑張って素敵な彼女でいるためにあれだけ努力したのに、なのに何の進展もないなんて。これはもう別れたほうがいいのかな…?
占い師アリア
それはちょっと早計ね。男性の中にはちゃんと理由があって進展を避けている人もいるのよ。期間なども個人によるし、男性の心理を知ってから判断しても遅くないわ。
アユミ
そうなんですか?それじゃあ、その男性心理っていうのを知りたいです。どうして彼は手を出してこないのか。
占い師アリア
分かったわ、それじゃあきちんと説明していくわね。

目次

付き合って半年が過ぎてもエッチした事がないカップルの特徴

どちらかがどうにか先延ばしにしようとする


付き合って半年ともなると、デートや食事といったカップルでの交流も回数を重ねて、いい雰囲気になる事もだんだんと増えてきている程度には期間を重ねていると言っても良いです。

ある程度慣れて、ボディタッチなども増えてきているので、体の接触が増えたのと同時に、十分な期間を交際して過ごせていると判断した女性が進展先として選ぶのが性行為になります。

体を繋げ、より関係を深くしていきたいと思うのは誰だって考えるものですが、そんな思考とは裏腹に半年を経過してもエッチしてくれない、エッチしたことが無いカップルもいます。

体の関係を望んでいる側としてはどうしても焦ってしまうものですが、半年を過ぎてもエッチをしたことが無いカップルには特徴があり、その一つがどちらかがどうにか先延ばしにしようとしているといった特徴です。

性行為をいざしようともなると、相性が良くなかったらどうしようと不安を感じる人もいれば、交際して初めてのものだからといろいろこだわりたいと考える人もいます。

それは彼氏でも彼女であっても同じで、不安や緊張からどうにか先延ばしにできないかといろいろ考えて言葉を尽くそうとする人も珍しくありません。

彼女の方がどれだけ望んでいたとしても、彼氏なりの考えによって延期されている可能性はあるでしょう。

別段エッチに関心が無い


付き合って半年以上経過するのに、いまだにエッチをしたことが無いカップルの特徴の一つが、別段エッチに関心が無いといったものになります。

性行為が恋人との関係を深めるためにも必要だと思う女性は多いですが、中には別段エッチをしなくても信頼関係をより密接なものにできるくらいには、一緒に過ごすだけで十分に満たされているといったカップルもいるのです。

例えエッチをしていなくても十分に満たされているから、体を重ねるのは二人ともがそういう雰囲気になったり、流れがそちらに向いている時でいいかなと思って気にせず別の事をしてしまいます。

こうしたカップルは同じ趣味に夢中になっていたり、一緒に過ごす時間が楽しいもの、落ち着いたものであるケースがほとんどであるカップルに多く、非常に時間が充実しているからこそ体の関係をそれほど重要視していません。

体の関係になる事で、より親密になれる、カップルとして深い繋がりができるとはある程度分かっているけれど、そこにこだわるばかりだけではなく、自分たちなりのあり方で絆を深めていけばいいと思っているので、それほど焦りもなく、半年以上経過してエッチの経験が無くても問題ないカップルなのです。

きちんと期間を経て段階を踏んでからと決めている


もうすぐ1年になるかもしれない、そう思う程度の期間交際していても性行為などのお誘いが無い、今の彼氏との経験が一切ない、そんなカップルの特徴にはきちんと定めた期間を経て段階を踏んでからと決めているからこそ、経験が無いというケースもあります。

このタイプのカップルは学生に多く、交際しているとしても体の関係を築くのは少し様子見しながら行うようにしているか、お互いに責任を取れる年齢ではないからこそ十分な期間を経ておきたいので半年以上は普通に経過させているのかのどちらかが多いです。

きちんと避妊具を使っていたり、ピルを飲むようにしたりしても、性行為の予防に絶対はありません。

何かしらの要因でトラブルが起きるのはもちろん、責任を取らなければならない事態に陥る可能性だってあります。

そろそろエッチにまで進展したいと強く望んでいたとしても、責任が取れる年齢ではないのであれば周りからも重々注意するように、またはきちんと期間と段階を踏んで行うようにとそれとなく言われているはずです。

もしも避妊が完璧ではなく、妊娠してしまったとしたら、就職もまだでお金も十分に稼げているわけではない、二人ともが学生で将来的に就きたい職業のために勉強をしたり、資格を取得したりする必要がある、実習を経験する必要があるなど、学生だからこそのやるべきことが目白押しなのに、さらにそこに大きな決断をしなければならないものが入ってきます。

責任が取れない年齢における妊娠は、家族も反対して堕胎を勧めてくる可能性が高いです。

お互いに悲しい結末にならないためにも予防策として、十分な期間を置いておき、段階を踏んでから体の関係を持つというのは必要なことでもあります。

どちらかがエッチに対して不安を抱いているのが分かってしまう


付き合って半年、そろそろエッチもしたいなと思っていても相手が全く進展させようとしないカップルの特徴の一つが、どちらかがエッチに不安を抱いているのが分かってしまうからというものです。

性行為はたとえそれがどれだけ信頼し、愛している恋人であったとしても緊張するもので、むしろ相手が恋人であるからこそ不安に感じるものもあります。

男女ともに共通するのは、相手との相性が良くなかったらどうしよう、幻滅されたらどうしようといったもので、体の相性等のエッチにおける直接的な不安を抱くことが多いです。

そして男性のみが不安に思ってしまうのは、自身の技量に関して。

相性の良し悪しはもちろんあるものの、セックスにおいて男性が主導権を握っていることが多いのであれば、技量的なものはある程度男性の方に任せられることになります。

テクニック的なものが下手だと判断されたらどうしようと感じるのはもちろん、自身の性器やペース配分に対しての落胆、半年経過したことで変化しただらしない体つきを責められたらどうしようと不安を抱いてしまう人もいます。

女性の方も相性の悪さゆえに痛みがあったらどうしよう、気持ちよくなかったら嫌だなといった考えを抱いてしまうのです。

こうした片方の不安が分かってしまうと、大きな不安を抱いたままエッチをするのは憚られてしまうので、相手が不安を解消できるか、軽減できるようになるまでは行為は避けておいた方が無難だなと思わせてしまいます。

付き合ってそこそこ長いのに体の関係を持とうとしない彼へ女性が感じる不安

自分に魅力が無いのでは


付き合い始めてから期間を数えてみると、そこそこ長くなっている状態で、体の関係を持とうとしない彼氏には女性もどんどん不安を感じていきます。

最初のうちは仕事の忙しさだったり、大切にしたい想いから早々に手を出してこないのだと納得できるのですが、その期間が長くなればなるほど、彼氏が手を出してこない理由が分からなくて不安を抱えてしまうのです。

特に抱きやすい不安が、自身に魅力ないのではないかといったもの。

可愛い女性、綺麗な女性、肉体的なバランスが良くてセクシーな女性、そうした特徴を持ち合わせていない自分には、もう魅力を感じていないからこそ彼は手を出してこないのだと自己完結してしまう女性も多く、その結論に至った時点で努力をし始める人もいれば、魅力を感じない自分では無理だと諦めてしまう女性もいます。

彼氏の方には何か考えがあるのかもしれませんが、それを知らない女性からしてみれば、ずっと手を出してこないのは魅力的に感じていないから、性欲に直結しそうな魅力を持ち合わせていないから、といったマイナスの思考をしてしまうのも無理もない話なのです。

セクシーな下着を用意したり、アプローチに変化を加えてみたりと努力しても結局空回ってしまい、結局納得のいく説明もないまま男性から呆れられてしまったのなら猶の事、不安がより強くなって魅力のない自分には無理だと諦めてしまう結果に終わります。

他で解消している可能性がある


付き合って半年にもなるのに、体の関係に進展しない彼はいったい性欲などをどうしているのか、そもそもどうして体の関係になろうとしないのか理由を色々と思い浮かべてみた時に、不安の種となりえるのが他で解消している可能性があるというものです。

彼女との肉体関係を築けなくても、別に解消できる何かがある、または誰かがいるのであれば必要ないからこそ、半年以上も手を出してこない状態が続いているのではないかと邪推してしまいます。

これがアダルト系の動画であるのならまだ良い方です。

発散方法が動画を見るだけなので、浮気にはギリギリ当たらないと判断できる女性も多く、中にはこういうシチュエーションでしたいけど、彼女に無理強いさせるのはちょっと、と動画で発散しているだけの男性もいます。

けれど、他にベッドを共にする女性がいる、そういうお店に通っているともなると完全にアウトです。

浮気としてひどく心を傷つけられ、中にはお金の多くをお店に支払う程通っている状況を嫌でも思い知らされることになります。

付き合って半年は経つのなら、段階的にも自身と体を繋げても良いのに、そうしないのは他に体の関係を持つ女性がいるからではないか、その想像はあっさりと心に不安を生み出し、浮気や自身への飽き、体に対して魅力を感じないなどのマイナスの思考にも囚われやすくなるのです。

彼には自分だけ、私こそが彼の恋人だと強く思っていたとしても、手を出してこない状況が続いているのであれば、彼の無罪を証明できるものはなにもありませんので、余計に勘繰ってしまい、最終的には口論からのひどい喧嘩にまで発展してしまう可能性もあります。

しつこく迫ると嫌われるかも


交際が始まって、1年のうちの半分を経過したところで、そろそろエッチに進まないかなと内心そわそわして待っていたものの、一向にお誘いをしてこない彼氏にどうしてだろうと疑問を抱くと同時に女性が抱きやすい不安の一つが、しつこく迫ると嫌われるかもしれないといった不安です。

エッチなどの誘いを女性の方からすることもありますが、その場合はどちらともがお誘いをしても問題ない、体の関係に進んで何度か経験したことがあるカップルの方が多いでしょう。

むしろ、女性の方から積極的に行くことで、彼氏が持つ彼女のイメージが覆ってしまい、性欲の強い女性や性的な行為に見かけによらず積極的な人だと印象を変えられてしまいます。

それが嫌な場合は彼氏の方からお誘いをしてくるのを待つのですが、なかなか誘ってこない場合はもう自分から動くしかないと思ってしまうわけです。

けれど、1回や2回であればその時の雰囲気なども含めて、彼氏の方がお断りしたとしても何ら問題なく交際は続いていきますが、何度も何度もお誘いをかけていくと彼氏の方が「しつこい!」と彼女を面倒な女扱いし始め、最後には嫌われてしまう結果に終わる可能性も出てきます。

しつこく迫ることで、性的なことが大好きなのだと印象を持たれてしまう可能性も十分にありますが、それだけではなく男性が何度も断っているのにそれでもモーションを掛けてくる現状に嫌気が差してしまう可能性も高いです。

だからこそ、エッチのお誘いが無くても自分から何度もモーションをかけることができない女性は何人もいます。

飽きて別れたいと思っているのかも


交際が始まってすでに半年近いのに、体を繋げることも無くそのまま日々を過ごしているだけの状態に、不安を抱く女性が思うのは「もしかして、私に飽きた?」と言う考えです。

普通であれば、順当に交際が続いていて、好意がいまだに十分強く持ち続けられているのなら性行為を行って、身も心も深くつなげていきたいと思うものですし、多くのカップルが考える段階の最終段階に近い所にあるのがセックスであるわけですから、誘いも何もなくただ淡々と過ごすだけに近い現状に不安ばかりを抱いてしまいます。

そして、早い人であれば3か月ほどで体を繋げるというのに、半年以上何もない状態が続いていると飽きて別れたいと思っているから決定的な行為に及ばないのだろうと考えます。

恋人の方は本当に大切にしたいから時間をかけているだけなのに、彼女の方はそれに気づいていない、その可能性があるのだと思いついてくれていない状態に陥ります。

自身とのことを考えてくれているのなら、セックスアピールをしてくるはずなのにそれが無いということは、性的な魅力を自身では感じられないと思っているのだろうと女性は深く思い込んでしまう事は多いので、こうしたタイプの女性たちもまた、強い不安を抱きながら別れを切り出されるのはいつなのかと恐々と過ごすか、耐え切れなくなって自ら別れを切り出すのかのどちらかになるのです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

付き合って半年経つのに手を出してこない彼氏の心理

緊張してしまい、下手に手を出せない


付き合って半年、そろそろ次のステップに進んでいきたいなと思うところではありますが、なかなか手を出してこない彼氏に悶々とする女性は多いです。

けれど、なかなか手を出してこない彼氏の方にも、彼氏なりに思うところがあってアプローチをかけていけない部分が確かにあります。

そのうちの心理の一つが、緊張してしまって下手に手を出せないというものです。

恋愛経験の少ない男性に多いのですが、性行為をするとなると色んなものが頭に思い浮かびます。

どんなシチュエーションでするのか、何と言って誘うのか、用意しなければならないものは何か、お互いが気持ちよくなるためにも気を付けておくべき点は何か、そんな風に気を遣って調べたり用意したりする男性も多いです。

そしていざ誘ってみようと思って行動を起こそうとすると、とたんに緊張してしまいます。

この誘い方で彼女は本当に乗ってくれるだろうか、受けてくれるだろうかといった不安から始まり、自身は彼女を満足させることができるのか、もし下手だと思われたらどうしようといった不安に至るまで、一通りの怖さが緊張と共に襲い掛かってくるのです。

その結果、下手に手を出せず、先に進んでいきたいと思っていてもその通りに行動できない男性になってしまいます。

彼女の方にはいまだに手を出してこない彼氏と言う印象を持たれてしまい、最悪の場合は関係を進めたくないのだと勘違いをされて破局を言い渡されるといった終わりを迎える男性も少なくはありません。

シチュエーションなどを大事にしたい


付き合ってすでに半年を経過している状態でまだ体の関係に至っていないカップルの男性の心理の一つには、シチュエーション等を大事にしたい想いが強いケースもあります。

性行為は気軽にしてしまう人もいるけれど、カップルにとっては体と心を繋げる大切な行為でもあるので、雰囲気もダメな状態で行いたくないと思うのは男女ともに共通している考えです。

むしろ、大切な思い出の一つにもなりえる時に、おかしな雰囲気やシチュエーションで行う方が幻滅されて、別れをあっさりと切り出される結果につながってしまうので、交際している恋人と初めてベッドを共にするのなら、気合を入れるのが当然なのです。

なかなか手を出してこない男性は、こうしたシチュエーション等を非常にこだわる人も多くいます。

初めてする場所はどこにするのか、次の日もゆっくりできる日にちで気兼ねなく休みを満喫できるのに適しているのはいつか、用意するものやそれまでのデートや食事はどこでするか、いろいろと思考したうえで決めなければなりません。

恋愛経験が豊富な男性であれば、あっさりと決められるので後は女性にアプローチをかけて、受けてもらえたら日を待つだけなのですが、恋愛経験が少ないと決めるのも一苦労です。

色んなサイトを見て、口コミや評価を参考に彼女が好きそうな場所を選び、予算と相談して、と沢山の工程を踏んだうえでやっと誘いをかけようとします。

時間をかけるからこそ、シチュエーションにこだわるからこそ彼女の誤解が強くなりやすいのですが、それだけ大事な思い出にしたいと張り切っている証拠でもあります。

彼女を大事にするために時間をかけている


交際して十分な期間を経ているのに、セックスの経験が無いカップルの男性の心理においては、彼女を大事にしたい思いが強いからこそ時間をかけていることも十分にあります。

彼女に強い好意を抱いているからこそ、交際にどうにかこぎつけ、できる事なら性行為まで一気に行ってしまいたい感情は誰もが持ち合わせています。

けれど、即座に体の関係を持ってしまうと、体だけが目的だと思われて信頼を無くしてしまいますし、彼女の方に元彼がいるのなら、比較されて傷つく結果に終わってしまうかもしれない不安も出てきてしまうのです。

彼女自身も誘いをかけられても受け入れられる準備が足りていない可能性もあるので、時間をかけてセックスしても大丈夫なのだと思えるくらいになるまで待っておこうと思う男性もいます。

恋人である彼女の方からしてみれば、どうして自身に手を出してくれないのかと不満ばかりなのかもしれませんが、彼氏の方もきちんと考えたうえで大事にするために時間をかけようとする結論に至っているわけです。

エッチのアプローチを仕掛けられた事があったりしても、女性の方が動揺したり、その時においては性行為をする気分じゃないから断ったりすれば、男性は「まだ彼女の方の心の準備ができていなんだな」と時間をかける方向にシフトしてしまいます。

女性の方はその時たまたまタイミングが悪かっただけだと思っているのかもしれませんが、男性は誘いをかけた時の反応で決めていることも多いので、女性の反応の悪さが原因になる可能性のある心理でもあるでしょう。

自身のテクニック等が不安で幻滅されたくない


付き合って半年近く経つのに、一向にエッチしない彼氏に憤慨する女性も少なくないのですが、実は男性の方はそのエッチに対して不安を持っている人も一定数います。

恋愛経験の少ない人は特にその心理に当てはまりやすく、交際して性行為をしたことが少ない、経験自体があまりない現実の裏付けから、恋人が満足できるのかが不安で仕方がないのです。

テクニックは未熟も同然、シチュエーションも同じものばかりになりやすい、プレイも種類が豊富なわけではなく、彼女を楽しませる事や気持ちよくさせる事ができるのか自信が無い状態で、幻滅されたくない一心で誘うに誘えなくなっています。

男性本人としても、誘う事は誘ってしまいたい、エッチができるならしたいと思っているのですが、自信の無さが災いして動くことができません。

更に、彼女が恋愛経験豊富で元彼とのエッチを経験済みともなれば、比較されることを恐れて余計に誘いをかけられなくなるでしょう。

場合によっては風俗店などで先に経験を積んでしまう、アダルトビデオ等によって知識を得るといったことをしでかす男性もいますが、恋人がいるからこそ裏切る真似はそう簡単にできるものではありません。

彼女に誠実でありたい、浮気に近しい行動自体に嫌悪感を抱いてしまう男性は動かないものの、二進も三進も行かない状態に陥ってしまう現実には変わりありません。

自信が無くても、不安でも大丈夫、重要視しているのは繋がりの方だと彼女から示すことができれば進展する可能性の高い心理です。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

半年以上は妥当?恋人同士になってからキスやセックスに至るまでの期間

キスの平均は初デート当日、または告白時


お付き合いが始まってすでに半年以上体を繋げることも無く、デートや食事などを行うだけの日々を繰り返している女性からすると、自分たちカップルのキスやセックスに至るまでの期間は本当に平均的なものなのか、とても遅いのではないかといろいろ考えてしまいます。

気になるキスに至るまでの平均期間は、非常に早いです。

男性の方からされる場合は、初デートの当日、もっと早ければ告白時にされるケースも沢山あります。

交際するともなると、将来的にはセックスにまで至るわけですから、早くセックスしたいなと心のどこかで思っている男性ほど、早くキスしようとする傾向にあるのです。

ただ、男性と違って女性の場合はキスの平均が少し時間をおいてから、と言う考えの方が多くなります。

理想としてはデートを2回か3回ほど行った後、もっと言うのなら3回から4回でも良いといった意見が多く、相手のことを良く知ってからキスしたい考えの方が多いです。

告白を受け入れた、または受け入れてもらったとはいっても即座にキスをされるのは感情的にもドン引きしてしまう人の方が多いですし、下手をするとあまり良く知らない相手からキスをされた感覚にも近い不快感を得てしまうでしょう。

ちゃんと彼の事を良く知ってから、素敵だな、好きだなと気持ちが強くなっていったときにキスしてもらえるのが一番良いと思うのです。

セックスの平均は2週間から1か月


セックスに至るまでのカップルの平均は、半年は結構遅い方に入ってしまい、2週間から1か月が平均になります。

恋愛経験が豊富なカップルで、おうちデートまでスムーズに至ったカップルは2週間程度とかなり早い段階で体の関係に至りますが、デートやキスを楽しみ、おうちデートまで時間がかかったり、そもそも自宅や部屋に訪問したものの、映画を見たり、一緒に料理をしたりといった充実した時間を過ごすのを優先している場合は1か月近くかかるのです。

ただ、恋人から軽い人間だと思われたくない、性に奔放な人間だと誤解してほしくないと思うのであれば、1か月を目安に体の関係に発展した方が無難なので、恋愛経験が少ない、あまり自信のない人は1か月から2か月程度の期間を置いて、ゆっくりとエッチする関係へ進展していきます。

また、特徴としては若い人ほど早くエッチを経験する傾向にあり、非常に早い場合は交際前に体の相性を確認してから交際に発展するなんてケースもあるほどです。

しかし、恋人の仕事の忙しさ、遠距離恋愛などの事情によっても期間は長くなるのはざらにありますから、自分は遅いのではないかと平均期間を見て残念がる事はありません。

更に学生同士であるのなら、あえて責任が取れるようになるまで期間を置いておくなんてこともあります。

何事もマイペースが一番、自分と恋人にとって最も良い期間を選んで性行為を行うべきなのです。

セックスに至るまでに多い期間は恋愛経験とカップルの方針による


キスやおうちデート、セックスに至るまでには様々な段階を乗り越えて、適した期間を空ける必要があります。

キスを行うことで肉体的接触の忌避があるのかを確認し、さほどないのであればエッチするバイアも自身は拒絶されないと思うことができますので、まずキスをするのが男性にとっての優先事項です。

そのせいなのか、焦る男性の中には告白した当日にキスをする人もいますが、女性としてはせっかく恋人になれた好意を抱いている男性だからこそ、あえて何も言わないでいるだけで、理想の期間は別にあるなんて言うのはざらにあります。

そしておうちデートを経て、セックスに至るまでの期間が仕事の忙しさや反応の悪さなどから伸びていく例もあるのですが、実はさほどこの延期されてしまう事態は珍しくありませんし、平均期間が正しいものでもないのです。

誰しもが日常生活において優先事項がありますから、仕事を優先するのも悪い事ではありませんし、そもそも他のカップルと比べる事自体が間違っています。

自分たちのペースを平均だからと乱してしまえば、そこから齟齬が生まれ、違和感になっていき、最後には合わないからと別れてしまう結果に終わってしまいかねません。

自分たちには自分たちなりのペースがあるのだというのを忘れずに、他のカップルに惑わされずに適した期間を探りましょう。

例え半年以上体の関係になれなくても、それは男性の方にも考えがあってアプローチをしていないだけかもしれませんから、素直に不安であると告白してどういう考えなのかを聞いてみるのも手です。

このまま体の関係なしが続くの?彼との別れを考えたほうが良いケース

自身の待てる期間を優に超えている場合


このまま体の関係を持たないまま、いつになるかわからないのを待ち続けるの?

そう思うと彼とは別れたほうがいいのではないかと悩み始める女性も多いです。

実際、エッチをする機会を待ちきれずに別れてしまうカップルもおり、せっかく交際できても体の関係を得られないまま終わってしまう事も間々あります。

では、どんなケースで別れを考えたほうが良いのかと言うと、まず自身の待てる期間を優に超えている場合が当て嵌まります。

これ以上は我慢できない、いったいいつエッチできるようになるのか分からないのが不安でたまらない、そんな女性たちはそれとなく彼氏に「ね、いつエッチするの?」と言うのを少し遠回しではあるものの聞いてみたり、いい雰囲気の時に軽くアプローチしてみたりするものです。

その時に彼氏からいつしようと思っていたのかなどの予定や、仕事が忙しい今の時期を乗り越えたら等の考えを聞くことができ、そのうえで待てる期間であると思ったのならもう少し我慢してみようと思えるでしょう。

けれど、具体的な返答が何もない、具体的な日にちをあげたものの自身の待てる期間を優に超えてしまっているのであれば、破局も検討してみてください。

他のカップルはスムーズに関係を持っているのに、自分はずっと待ち続けなければならないのは多大なストレスになります。

そのストレスは体調不良を引き起こすこともあれば、彼氏への直接的な不満となって態度や言葉に現れて喧嘩の引き金となってしまうこともあるのです。

余計な諍いを起こしてしまう、不満ばかりなのに我慢した結果体調不良や浮気などの取り返しのつかないトラブルに発展する前に、限界だと感じたのなら別れを検討しても誰も責めたりしません。

エッチ無しの期間を含め、ペースが合わないと強く感じた場合


エッチ無しの状態で別れ話を考えたほうが良いケースの一つには、彼氏とペースが合わないなと強く感じた時もあげられます。

カップルとして交際を始めた男女は、多少なりとも進展するペースであったり、時間の使い方であったり、どこかしら合致しているポイントがあるものです。

そしてその多くが、交際において進むスピードやペースの配分であったりします。

ペースが合っているからこそ、少しの相談だけで自然と次のステップに進んでいけるわけなので、ストレスもなく次の段階へ進み、お互いに適した日にちや期間を探り当てることもできるようになるのです。

けれど、エッチ無しの期間を含め、様々な点におけるペースが合わないなと感じた場合、他のカップルと比較してしまったり、つい元彼とお付き合いしていた時のペース配分と比べてしまったりもしてしまう為、彼とは合わないと確信的に感じてしまいやすくなるのです。

場合によっては「どうして自分の思うとおりに進まないんだろう」といった疑問の責任を彼にぶつけてしまい、喧嘩に発展する例もあります。

思った通りの期間にならない、待たせるだけ待たされている状況にストレスを感じるほどに、ペース配分や進み具合の理想が合致しないのなら、自身のペースに合う異性と交際した方がずっとストレスも感じず、そのうえ好意が苛立ちに変わることもありません。

体の関係はないが、ボディタッチに不快感を覚えた場合


付き合って半年もなると、ある程度ボディタッチを含めた接触も増えていき、手をつないだりはもちろん、その他の接触も日常的なものになっている頃合いです。

けれど、体の関係に発展せずにボディタッチなどが過激なものになりつつあると、どうしても彼に触られるのが不快に思えてくるケースもあります。

決定的に体が結ばれるわけではないのですが、セクハラじみた触り方をしてくる男性は一定数います。

恋人だからいいだろう、彼女だし、いずれはセックスもするんだから別段大丈夫じゃないか、そんな風に考えられている事が多いのですが、恋人だからと言っておかしな触り方を許容できるかと言えば別問題です。

セクハラじみた触り方は誰だって不愉快ですし、そもそもそんな触り方をされるくらいなら触る事自体を拒否しておきたいとも思います。

だからこそ、彼からのボディタッチに不快感を覚えたり、拒絶したいなと感じたりしたのなら別れたほうが絶対に良いです。

ボディタッチが府y会だおと感じるということは、セックスなどにおける性的接触もまた不快に感じてしまう可能性が高いので、待たされたのに結局触られること自体嫌になってしまっているせいで、盛大に失敗してしまいかねません。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「付き合って半年で進展しないケースは多々ある。彼氏が考えた末のペースなのか、一度聞いてみるのもあり!」

占い師アリア
付き合って半年近く体の関係が無いと、友人知人のカップルはすでに進展している様子に焦りを覚えてしまったり、ついつい元彼との進展スピードと比較して遅い状態にため息が出てしまったりするものですよね。

キスやセックスに至るまでの期間は平均的なものを見ると1か月や2か月程度のうちに進展してしまうカップルが多いのですが、あくまで多数のカップルの平均であり、貴方と彼氏の平均ではありません。

無理に急いで嫌な気分になってしまっても嫌ですし、そもそも彼氏がよく考えた末にそのペースにしている可能性もあります。

どうしても半年間体の関係になれない状態の理由が気になるのであれば、彼氏に一度聞いてみるのもありです。

納得できる理由であるのなら我慢するのも大丈夫になりますが、納得できないのなら別れを考えるきっかけにもなるので、とにかく一度聞いてみるのがおすすめです。

【期間限定特別企画】絶望的な状況から復縁成就が叶った秘密の方法って?


「彼とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな難しい復縁の悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

復縁専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない復縁の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事