※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

 
「彼は私をどう思っているの?」

 

「何をすれば彼と復縁できるの?」

 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。

 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

 

>>神言鑑定で占う<<
アユミ
先生!聞いてくださいよ!
占い師アリア
あら、どうしたの?すごい顔になってるわよ?
アユミ
今付き合ってる彼が結婚に対して前向きじゃないばかりか、話をした瞬間に面倒くさいって顔をするんです!ひどいと思いませんか!
占い師アリア
確かにそういう結婚に前向きじゃない、むしろしたくないという男性が急増しているのは良く聞くわね。
アユミ
どうして結婚したくないって思ってるんでしょうか?しないほうが彼にとって良いことがあるんですかね?
占い師アリア
そのしない男性の本音を知ると、実はそうは感じないかもしれないわよ?
アユミ
え、そうなんですか!?
占い師アリア
意外と本心は情けない心情である男性は多いの。じゃあ、結婚しない男性の本音を今回は知っていきましょうか。
アユミ
じゃあ、一緒に結婚したいと思わせるために何をすればいいのかもお願いします!
占い師アリア
分かったわ、結婚できるように頑張りましょうね。

結婚しない男性が増加している理由

結婚できる現状ではない


結婚しない男性が増えている現状には、男性側の生活環境やそれに関連するものが結婚に適しておらず、できないというものがあります。

例えば親の介護や家業の引継ぎといった、結婚どころではなく集中して取り組まなければならないものがあり、優先しなければならないとなれば、相手を探して交際する暇もありません。

独立して自分自身のライフスタイルを確立できるほどの時間と金銭的な余裕がないというのが大きなポイントにもなるでしょう。

中には両親の介護によって年齢が上昇し、結婚しようにも相手がなかなか見つからない年齢に達してしまった人もいます。

現在における結婚する人たちの年齢上昇もこうした一面が影響している可能性は高いです。

結婚しても女性側に迷惑をかけてしまう可能性、自身の年齢や仕事の負担といった点も結婚に奥手にさせてしまう要素になってしまうでしょう。

ライフスタイルを変えたくない


今若い人に多いのが、自身のライフスタイルを変えたくないため結婚しない、という人たちです。

仕事に趣味にと毎日が充実していて、結婚しなくてもとても幸せな環境にいると満足している人に多く、交際や結婚によって趣味や日課を含めた自分の生活、習慣のリズムを崩されるのを嫌がって結婚しないということが多いでしょう。

友達とキャンプに行く、バーベキューを楽しむといったアウトドア系の趣味であれば、結婚しなくても多くの友人知人と集まって明るく楽しい時間を過ごせますし、ストイックにジムや仕事に専念すれば、結果が目に見えてより楽しく、頑張ろうという気持ちが強くなる人もいます。

結婚したくない理由は人によってさまざまではありますが、結婚しなくても人生が充実している、現在自分が困っていないのも拍車をかけ、より必要ないのではないかと思ってしまうでしょう。

また、自分がこだわった部屋に誰かと住むのが嫌だという人もいます。

細部にまでこだわってコーディネートした部屋に、彼女の物が勝手に置かれていたり、持ってこられたりすると嫌な気持ちになるため、結婚も控えている人も一定数いるのです。

結婚できないわけではないが、必要ないと思っているためしない20代の男性は特に多いでしょう。

同棲で嫌な思い出がある


結婚に対して考えることはあるけれど、しない人の中には過去の経験において嫌なことがあった人も少なくありません。

昔交際していて、同棲までしていた彼女といざこざがあり、誰かと同棲する状況に自分が耐えられないのです。

結婚にもなれば、同棲しているとき以上に一緒の時間を過ごし、同じ部屋や家で生活するわけですから、余計に嫌な過去を思い出す人だっているでしょう。

したくないわけではないが、あまり結婚に対して前向きではない気持ちがあるため、結婚しないという男性も確かに存在するのです。

また、こうした結婚に対して前向きではない男性は、上記の自身の生活に妻が必要ないと思っている男性へと徐々に変わっていくこともあります。

嫌な思い出がある以上結婚は絶望的だが、今この時点で妻が必要なことがあっただろうか、と自問自答するだけで、簡単に答えが出てしまう人だっているでしょう。

また、中には同棲した彼女ではなく、自身の両親が原因となって結婚に対してあまり乗り気ではないという男性もいます。

例えば両親が激しい喧嘩の末に離婚したり、どちらかの浮気によって家庭が崩壊していたりと、結婚という行為自体にトラウマほどではなくても嫌悪感やなるべく避けておきたい気持ちを募らせるような出来事があれば、結婚を避けてしまっても仕方がないことでしょう。

結婚しないずるい男の特徴

趣味や夢を優先する


結婚しない男の中には、女性に対して好意は確かにあるけれど結婚に対しては有耶無耶にするずるい心持の人もいます。

そんな人ばかりではないのは確かではあるのですが、そんなずるい人に多いのが趣味や夢に対して強い意欲を持っており、何よりも優先しようとする特徴を持つ人です。

趣味はひたすらに楽しむものもあれば、ジムトレーニングやスポーツのように何かの目標をもって取り組むものも存在します。

こうした何かの目標に向けてひたすら努力を重ねる人は、何においても目標や夢を達成するための時間を確保しておきたいという気持ちで取り組んでいるので、自分の時間が減ることに対して非常に消極的です。

そのため、結婚して家族ができるようになれば、休日などには家族サービスのために時間を割かねばならず、自分の夢や目標にむけて使うための時間が無くなってしまうため、大きな妨げや壁となってしまうのではないか、と考えるでしょう。

目標や夢が、家族がいても叶えることができるものであれば、それほど問題はないのでしょうが、逆に時間がどうしても必要で、家族や妻が障害になってしまうと結論付けた男性は、結婚することを諦め、自身の夢や目標を優先します。

結婚していても無問題であれば、彼はそのための時間を確保するために家族に対してきちんと話をし、「この時間は邪魔しないでほしい」「僕の目標のために休日のこの時間だけは勘弁してほしい」と告げるでしょう。

しかし、どうしても時間が大量に必要で、家族サービスもできない、家族よりも優先してしまいかねないと判断すれば、悲しませないために結婚しないほうが良いだろうと考える人も増えてしまうのです。

先に結婚して、夫婦生活でどう動くのかを決めてしまっている男性もいますが、そんな人は極僅かですので、基本的には自分のやりたいことを優先するために、彼女からの「結婚についてどう思う?」という質問を有耶無耶にして、はっきりとした答えを出さずに放置している状態が多いでしょう。

金銭的余裕がない


長年付き合っていると、ある程度男性の金銭感覚や経済状況が分かる場面が多くなりますが、心理的にずるい行動を取っているのではないのに結婚できない男性は、金銭的余裕がない場合も多いです。

結婚後は妻は家庭に入る人もいれば、仕事を続ける人もいますが、現在の金銭的な状況が切羽詰まっており、一人でもかなり厳しいところにあるのにもかかわらず、二人に増えてしまえば、それだけ男性への負担も大きくなります。

特に家庭に入って専業主婦に女性が転向してしまうと、どうやってもお金の余裕はなくなり、女性にひどく苦しい生活を強いてしまうでしょう。

子供のことだけでなく、結婚式や指輪、新婚旅行も頭を悩ませてしまう状況で、結婚するというのは男性からしても現実的ではありません。

良く漫画や小説で「あなたと一緒ならどんな生活でも大丈夫」「ついていきます」というセリフが出てくることがありますが、そんな言葉を伝えても耐えられるかどうかは実際に生活して見なければわかりませんし、何より男性側が金銭的に増えた負担に、「一人の方がマシだった」と後悔してしまうことも考えられます。

一人でもぎりぎりに近い生活に、二人は現実的ではないと考えた男性も結婚せずに、一人で少々余裕がある生活をしていた方が安全だと思い込むでしょう。

このような経済的不安を抱えている男性の多くは、通帳の預金残高と実際に結婚や子育てに関わってくる金額を合わせておらず、現在の給料のみで養えるかどうかの不安に駆られている人もいます。

現実的にいろいろな要素を当てはめて概算を立てた結果、将来の不安を抱えてしまうのであれば、結婚に消極的なのも仕方のないことですが、実際の金額に預金や年収を合わせていないので、中には問題ないのに先送りにしている人も多いです。

逆に実際はそれほど問題無いのに先送りにしている人は、彼女や両親などから実際に掛かる金額を教えてもらったり、一緒に金額を当てはめたりすると結婚に対して前向きになる人もいるので、彼氏の金銭状況や余裕を改善して結婚したい人は、一度金額の概算を立ててみましょう。

一人の方が好き


結婚しない男性の最も単純な理由が、一人の方が気楽で好きだというものです。

一人であれば仕事などに拘束されない限り、趣味も自由夢も自由、旅行にどこに行って何を見て、どう遊ぶのかも好きなように決められます。

もちろん恋人と一緒にいるのも悪くはないものの、やっぱり一人で時間を自由に使いたいという人からは、結婚よりも気楽でいいとの意見も多く見られるのも特徴です。

そのため、結婚したくない、できない男性の中には一人過ごす方が好きだという男性が数多く存在しています。

長時間誰かと同じ部屋にいるのが苦痛で、一人に慣れる時間や空間が欲しい人は特に結婚を苦痛に感じてしまう可能性も高いです。

邪魔をしないでほしいし、何より自分に干渉しないでほしいとも思うでしょう。

女性の中には交際している男性が別の何かを優先させることを良く思わない人もいます。

付き合っているのだからもっと自分に構ってほしい、これまで中々会えなかったのだから多少我儘言っても大丈夫だろう、と思ってしまうのも仕方がない状況だった人もいるでしょう。

しかし、男性にとっては忙しい中ようやくできた時間で、自分がやりたいことを優先して行いたいという気持ちの人がいるのも事実。

邪魔されるくらいなら彼女もいらない、結婚もしたくない、気儘な独身貴族でいいという気持ちが大きくなる人は多いです。

こうした人は同じように一人の方が好きで、互いに一人の時間も必要だと考える女性でなければ結婚を考えることもあまりないでしょう。

例えそうした話になったとしてもあまり気乗りせず、有耶無耶に済ませてしまう可能性もあります。

「ちょっと趣味に集中するよ」と言えば「わかった、じゃあその間出かけてくるね」と一人の時間をお互いに大事にできるような人でなければ、結婚した後の未来を考えにくいと思う可能性も高いです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

結婚しない男性の賢いようでよく考えると情けない本音

責任を伴わなければならないのが嫌


結婚しない男性は、人から見ると自由でうらやましいですし、なりたい自分になるための投資も思う存分できて賢い選択をしたな、と言われることもあります。

しかし、結婚しない理由はまた別にあり、本音はもっと情けないものである人も多いです。

その中でも特に多いのが、結婚に対する責任についてでしょう。

結婚すると妻や子供、双方の実家に対しても男性は責任ある「夫」としての立場を得ます。

一見するとそれほど大きな変化ではないだろうと思われますが、妻や子供に何かがあれば責任を問われるのはもちろん夫ですし、家庭内における変化の決着を付ける立場になる可能性だってあるでしょう。

また、外に対しても「○○家の家長」「○○さんの旦那さん」「○○君のお父さん」といった、家、妻、子供それぞれの責任ある立場に立たされるため、誰かが何かをしたのであれば、尻拭いのために駆け回らなければならない人間になってしまうのです。

こうした責任のある立場は、仕事上においては誰からでも頼りにされる上司の立場ですので、デメリット面は面倒でもメリットも非常に大きなものであります。

しかし、仕事ではなく結婚、そして家庭のことでの責任のメリットデメリットを考えた時、責任を問われる立場が嫌だなと判断した男性は、デメリットの方が大きく見えているのです。

もちろん、結婚して責任のある関係になったとしても、メリットはあります。

奥さんも共働きで家計を支えてくれるなら、生活費の負担を半分または3分の2にできるメリット、子供がいることで楽しい暮らしにできるメリットなど、結婚生活におけるメリットはほかにもさまざまです。

しかし、そうしたメリットと方々への責任というデメリットを比べても、結婚を避けている男性はデメリットが大きく見えています。

決して無責任でいたいというわけではなく、結婚に伴って増える数々の責任が多すぎる、または負担になってしまうと思っている可能性は高いです。

男性であるからこその責任というものもありますので、女性には分からない部分も確かにあるでしょう。

しかし、こうしたデメリットにばかり目が行く男性は、メリットについてあまり知らない可能性もあります。

結婚して何が変わるのか、どういったメリットが明確にあるのかを多く示せば、メリットとデメリットの比率が変わり、結婚に対して前向きになる場合もあるでしょう。

まだ適齢期じゃないと思う


交際していても結婚を焦らない、もしくは「今はしたくない」と回答する男性の多くが、まだ自分たちは結婚にふさわしい年齢ではないと考えていることが多いです。

結婚の適齢期というのは男女の性差だけでなく、個人によっても変わるものですので、簡単に決められるものではありません。

仕事における収入、昇進、生活的な安定、交際年数など、いろいろな要素を組み合わせて適齢期は考えられますが、女性はやはり子供のことを考えると焦ってしまいます。

逆に男性は出産に関してそれほど不安に思うことはないですし、自分が適齢期になってから考えればいいとすら思っている節があるため、のんびりと構えていることの方が多いでしょう。

そのため、「まだ結婚してもいいとは思えない」と焦る女性を説き伏せて、結婚を先延ばしにしてしまうのです。

これに対して女性はさらに焦ってしまい、結婚を急かしてしまうため、最悪の場合は喧嘩に発展してしまいます。

女性は出産に関しても含めて考えていますが、男性は自身が家庭を持っても大丈夫なのかを考えているため、考え方がまるきり違うことから、話は平行線をたどってしまうでしょう。

結婚に関しての喧嘩が増えれば、それだけ相手は結婚することに嫌気が差し、どんどん「したくない」という回答が増えていきます。

女性が悪いわけでも、男性が悪いわけでもありません。

しかし、こうした考えの男性は非常に厄介で、自身が大丈夫と思えなければ結婚するために動こうとすることはまずないです。

同棲しているカップルで、男性がこの状態に陥っている場合は「もう結婚しているようなものだし」と入籍しない、このままの状態でもいいじゃないかと話し始める可能性だってあるでしょう。

このような厄介な考えをしている男性は、説得力のある周りの声が必要です。

彼側の両親と結婚の話し合いや、適齢期に対する考え方を一度話してみると、親の方から逆に叱責や説得されることもありますので、交際していて彼の両親とも良好な関係を築いている人、連絡を取り合うほど仲良くしている人であれば、彼のご両親に適齢期についてどう考えているのかを聞いてみると良いでしょう。

逆に女性側の両親に伝えて話し合うと、娘が行き遅れにされかけているのでは、と両親がかなり厳しい態度になってしまい、親子そろって彼を攻め立てるような状況が作られかねませんので、おすすめしません。

両親がダメであれば、既婚の共通の友人に相談するのもおすすめです。

男女それぞれいるのであれば、男性の考えと女性の考えを知ることができるので、その場に一緒にいれば、彼の説得と話し合いを同時に行うこともできるでしょう。

もっとふさわしい人がいるのではないか


結婚しない男性の本音の中には、現在の恋人に対して今すぐにでも結婚に踏み切れない思いの弱さが原因のものもあります。

もっと他にふさわしい人がいるのではないか、と考えてしまうのです。

それは男性自身に対して女性がふさわしいかどうか、だけでなく自分が女性に釣り合わないのではないか、という不安もあります。

後者の場合は女性の容姿や家柄、仕事における立場などを顧みて、自身が相応しくないのではないかとひたすら不安に感じている状態なので、女性側のフォローがあれば結婚に対して踏み切ることは可能です。

「私はあなたと結婚したいと思ってる」という一言があるだけで大きく変われるでしょう。

しかし、前者の場合は彼の方が女性と結婚してもいいものかと思い悩んでいる状態ですので、かなり危険です。

他に気になる女性がいる、もしくは本気で結婚したいと思えていない心境でもあるので、もっと自分にふさわしい人を探すための繋ぎとして交際している可能性もあります。

長年交際していて結婚目前でストップがかかり、最終的には振られたという女性に多いのがこのタイプの男性で、結婚したいという女性に待ったをかけて、数年の交際を「別に好きな人ができた」の一言で終わらせてしまうのです。

そのため、特定の相手がいる、元カノに未練があるといった状態であれば、余計に別れる危険性が高くなります。

しかし、逆に特定の誰かがまだいない夢見がちな状態である場合もあるでしょう。

もっとこんな人がいいな、と理想ばかり追いかけて現実から少し目をそらしているのであれば、女性側がその理想に少し寄り添ってあげるのがおすすめになります。

好みのタイプ、理想のタイプというのは様々な要素を取り込んでいるため、完全に一致させることは不可能であることが多く、困難です。

しかし、そんな理想の一つが叶っているのであれば、他の部分も努力してもらえるのではないか、と期待もしますし、逆にこの部分があるのならいいと妥協することもあります。

誰か特定の人や元カノに好意を抱いていないのであれば、女性側の努力やフォローで何とかなる可能性は高いです。

逆に好意や未練のある男性は、よく話し合っておかないと結婚を目前に悲しい別れを経験してしまうでしょう。

占い師アリア
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか? もしも宜しければ「スピリチュアル診断」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね! またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

結婚「しない」ではなく「できない」!?男性が隠しがちな事情

子供が欲しくない


結婚しない、ではなく何か事情がありできない男性もいます。

そうした男性は交際は良いけれど結婚はなし、と最初に言うのではなく事情を隠して結婚の話を宙に浮かせたまま放置していることも多いです。

そのうちのできない理由に子供が欲しくないというものがあげられます

女性には子供が欲しい、産みたいという意見が多く、子供がいなくてもいいという意見も一定数あるとはいえ、そう多いものではないでしょう。

運よく出会えて、その女性と結婚までこぎつけられるようであれば問題ないのかもしれませんが、子供が欲しいという女性とは、欲しくない男性は結婚することができません。

もちろん、子供を嫌っているわけではないという男性だっています。

けれど、自分は子供を養育できる自信がない、夫婦二人で暮らしていきたいといった考えで結婚について考えている男性も一定数いるものです。

子供が欲しい、欲しくないの話し合いは平行線を辿りやすく、どちらも決して譲らないでしょう。

最悪の場合、子供の代わりに猫や犬を飼うのはどうか、と妥協案を出してくる可能性もあります。

そうした話し合いになる前に、現在結婚に不安を覚えている女性は子供が欲しいか欲しくないのかをそれとなく訪ねてみたほうが良いです。

子供に関する話で同じ意見ではない場合、結婚できないでしょう。

両親に紹介できない


結婚できない理由の中には、両親が関係することは珍しくありません。

中には家の方向性で結婚する女性に条件が付けられていたり、これまで紹介した女性すべてを却下されたりといった男性もおり、かなり特殊な条件や環境で結婚が縛られている可能性は高いです。

両親に紹介しても首を横に振られるのが分かっているからこそ、好きで交際していても結婚はできないと断る男性は少なからずいます。

また、女性の性格が両親とまず合わない可能性や、結婚後に男性が家業を継ぐなどの転職による変化が耐えきれないのではないかという不安から両親に紹介するのをためらい、結婚できないだろうと諦める人もいるでしょう。

結婚において両親への紹介は避けては通れないものです。

結婚できないといわれたとき、理由を両親への紹介と伝えられたのであれば、両親の確執や女性と両親との相性のほかに、結婚するならこういう女性にしなさいといった条件付けをされている可能性があるでしょう。

両親の確執であれば、この結婚前挨拶を機に復縁または改善できる可能性があるので、女性もそれに助力すれば、スムーズに挨拶に行くことができるでしょう。

しかし、両親との性格的相性や条件付けであればかなり厳しいです。

条件付けは何か一つでもクリアしているのであれば、妥協してくれる人もいますが、性格的な面はどうにもできないでしょう。

結婚後、あまり彼の実家には関わらない、最低限の付き合いにしておくなどの対策を彼が承知してくれるかどうかで結婚できるか否かが決まります。

同性愛者である


最もできないと印象付けられるのが、彼が同性愛者であった場合です。

現在日本において10人に1人は実は同性愛に対して理解があり、実際男性に好意を抱くことがあった人がいるほど、男性は同性に対しても好意を抱くことがあります。

昔はそれほど珍しいことではありませんでしたが、現在において同性愛は法律上でも結婚できず、海外に移住でもしなければ延々と事実婚状態を維持しているカップルがほとんどです。

しかし、同性愛者であることを打ち明けるのは非常に勇気がいる行為であり、実際に打ち明ければ両親から絶縁される事例だってあります。

最悪の事態を考えて周りからの目をごまかしつつ、男性が好きな自分をほかの人に悟らせないために女性と付き合っている男性からすれば、結婚などまずあり得ないのです。

例え結婚したとしても彼の方はずっと浮気をしている状況になり、まず家に居つくことはほとんどないでしょう。

女性の方はそんな状況に陥っても彼のことが好きだからいい、と言えるような人でなければ結婚生活に耐え切れないので、このできない理由に関しては諦めるしかありません。

バイセクシャルで男女どちらでも大丈夫、という男性であれば望みはありますが、完全に男性のことを恋愛感情で見ており、女性に対して恋愛感情を抱けないのであれば、望みはないでしょう。

このことに関しては、自分が同性愛者であることを隠すために女性を利用した男性にも非がありますが、あまり事を荒立てないよう冷静に話し合うようにしてください。

下手に事を荒立てると男性側が意地になって暴力や法的な手段に出る可能性もありますので、まず同性愛者なのかの確認を行うのが先決です。

完全に同性しか愛せません、と言われたのであればその時点でお別れですので、緊張するかもしれませんが、ずるずる付き合うよりはまだほかの結婚できる男性に出会えるチャンスを作る別れだと開き直っても良いでしょう。

もちろん失恋ですし、何より相手が同性愛者であったショックもあるでしょうが、結婚する気はないという事実だけをまっすぐ見つめて、ご縁がなかったと思うだけで良いです。

同性愛者かどうかは問題ではなく、結婚できない、妻として愛してもらえないの一点だけを見つめましょう。

結婚してくれない彼に「結婚したい!」と思わせる方法

結婚するとあるメリットを説明する


結婚に躊躇している男性の中でも、結婚にメリットを見いだせない人の場合、女性と結婚してどのようなメリットがあるのかを説明するのが一番良いです。

例えば女性がそのまま働き、生活費に関するデメリットを軽減する、同じところに住むことで家賃の負担を減らし、家事を分担することができるといった、ちょっとした良い点であっても、積み重なれば彼の時間を増やすことにもつながります。

もちろん、彼にとってメリットにならないこともありますので、彼の趣味や夢、仕事、生活スタイルなどを含めて何が良いのか、悪いのかを考えて説明する必要があるので、注意が必要です。

下手にメリットとして説明したことを良い点だと思ってもらえなければ、結婚への前向きな気持ちが減るだけでなく、女性が説明している姿が、必死に結婚しようと足掻いている姿にしか映らなくなります。

彼にとって何が良いのか、結婚すれば何が変わるのかをゆっくり説明しながら、焦らず入籍に向けて整えていくようにしましょう。

理想の妻になる努力をする


男性が入籍を拒む理由には、女性が自身の理想とやっぱり違うといった齟齬があげられます。

誰だって理想の奥さん、家庭といったイメージはあり、男性にとって理想の妻や家庭にいる女性として、彼女が当てはまっているイメージがないからこそ、結婚に踏み切れていないのでしょう。

そのため、中には別の女性に自分が結婚する理想の人がいるのではないか、と目移りする人だっています。

長く付き合っていた元カノがいるのであれば、「やっぱり元カノの方が結婚のイメージあるかもしれない」と考えるでしょう。

彼の理想の妻像がどのようなものなのか分かっているのであれば、その理想の妻に近付く努力をしている姿を見せるのが、一番の近道です。

料理上手な人がいいというのなら、料理の練習をし、仕事の付き合いなどに理解を示してほしいというなら、飲み会や仕事の付き合いで遅くなってしまう時も、浮気などの心配や追求をせずに、「あまり飲みすぎないようにね」と快く送り出してあげましょう。

彼の理想に近付けば近づくほど、彼の中にある理想の家庭、理想の妻像にあなたが当てはまっていきます。

完全に当てはまることはないかもしれませんが、それでも当てはまる候補に入ってしまうだけでいいのです。

後は彼が妥協するか、理想に近いからと納得して添い遂げるかを選ぶでしょう。

現在彼と長く交際していて、なおかつ結婚に焦っている女性からすれば、そんな悠長なことをしていられないと思ってしまう方法ですが、ゴール直前で足踏みしている今の時間を有効に使うと思えば、そう長くはない時間です。

料理も一人暮らしをして、自炊がほとんどの人であれば味付けの変化に慣れてしまえばある程度できるでしょうし、彼と一緒に料理を楽しみながら上達させていくのも良いコミュニケーションの取り方になります。

また、男性は女性の口調や振る舞い方をチェックしている部分も多いです。

仕事関係の人に紹介するとき、目上の人に敬語も使えない、きちんとした挨拶や振る舞いをすることができない女性を妻として紹介するのは男性としても無理があります。

どこに出しても大丈夫、きちんとしている女性を男性は選びますので、日々のふるまいや言葉遣いを改めるのも彼から良いなと思ってもらえるポイントになるでしょう。

駄目なところを改善する


結婚に二の足を踏んでいる彼をその気にさせるためには、まず自分が変わらなければなりません

彼女と一緒になって大丈夫だろうか、結婚して自分は本当にうまくやっていけるだろうか、と男性が不安を抱いてしまうのは女性側に不満を抱いているからでもあります。

妻として、母として彼女と一緒になった時に嫌な部分をより直面してしまう覚悟が出来ていないことからも、不安は大きくなるのです。

そんな彼の不安を取り除くために、彼との会話で注意されたことや、直してほしいと指摘されたことを改善する努力をしてみましょう。

彼としても前に自分が伝えたことを覚えていてくれて、なおかつそれを直そうとする女性を見て、不安化欠けて結婚に二の足を踏んでいる自分を変えなければと心持ちを新たにしてくれます。

彼としても嫌な部分が直れば良し、直らなくても継続して改善しようとしてくれるなら、嫌な部分があっても長い目で見ていられると感じられるでしょう。

逆に、そんな努力かな彼女の気持ちに応えなければと思ってくれる可能性だって低くはありません。

結婚すれば恋人であった時よりもずっと互いのことが見えてきます。

家庭に入ったからこそわかる良いところ、悪いところが浮き彫りになり、今まで恋人として見せていたプライベートな一面の奥に隠された強烈な部分も見てしまうでしょう。

だからこそ、嫌な部分を互いに改善していけるような努力をする姿を今見せなければならないのです。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「結婚しない男の理由・本音は様々!別れることも時には必要」

占い師アリア
ここまで結婚しない、できない男性の本音や理由についてを紹介してきましたが、ここで紹介した事由はほんの一握りにすぎません。

人によって事情は異なり、家庭環境も違いますので、この記事で紹介したものが彼の理由になっているかどうかは、確かめない限り分からないと思っておきましょう。

けれど、どうしようもない理由ではない限り、リカバリーできるチャンスは必ずあります。

彼が嫌だと思っているところを直す、理想の女に近付く、彼が負担だと思っていることを一緒に負担するといったメリットを示しつつ、自分と結婚すれば叶えられる良いことをアピールしましょう。

逆に、彼がどうしても無理だと判断する理由があるのなら、それを良く聞いて、改善できるかどうかを一緒に方法を探して、それでも無理であるのなら別れることも視野に入れておかなければならないのです。

結婚したいと思う女性にとって、結婚できないと言い切る男性はいても仕方がない人ですから、ずるずると付き合っていても生産性はなく、情があってもそれ以上の進展は望めません。

別の出会いを求めたほうが良いこともあります。

大事な彼氏、愛して一緒になりたいと思った男性ですから、どうしてもこの人じゃないとと思うこともあるでしょうが、これ以上一緒にいても仕方がないと思った時には、お別れも検討したほうが幸せなことだってあるんです。

後悔しないように、彼と一緒に話し合い、いろいろな方法を探しながら検討してくださいね。

【期間限定・9月20日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【奇跡のスピリチュアル診断】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【奇跡のスピリチュアル診断】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 


占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事