※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

 

「彼は私をどう思っているの?」

 

「何をすれば彼と復縁できるの?」

 

こんな悩みがあるなら、今すぐ「スピリチュアル診断」をご利用ください。

 

「スピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

 

>>スピリチュアル診断で占う<<

 

アユミ
アリア先生、連絡を取り合わないカップルの方が上手く行くような気がするんですが、これってドライなままでも仲良くできてるってことなんですよね。
占い師アリア
そうね、連絡をあまりとらないからこそ上手く行っているカップルがいるのは確かよ。けれど、そういうのは人にもよるから、連絡を取らないのが良いわけではないってことは忘れないでね。
アユミ
はい、でも私自身も遠距離なのもあってお付き合いしても連絡する暇があまりなかった男性とはなんやかんや長く続いていたので、そういえばすごく長く続いたし、会うと決まればお互い仲良くできてたから不思議で。
占い師アリア
なるほど、実体験があるとよりそうした面が気になっちゃうのはあるわね。
アユミ
ええ、結構ドライな感じの時だったからよく長く続いたなあって今更ながら思っています。だから連絡を取り合わないからこそ上手く行く何かが気になって。
占い師アリア
うんうん、それじゃあ今回はその連絡を取り合わなくても大丈夫なカップルたちについて紹介していくわね。
占い師アリア
そのカップルたちはどんな頻度で連絡をしているのか、仲良くしていけるのはどんな秘訣があるのか、どう信頼関係を築いているのかそうした面も含めて、気になるところを徹底紹介していくわ。

目次

連絡を取り合わなくても平気なカップルは感じないタイプの不安

連絡が無くて愛されてないと思ってしまう不安


連絡を取り合わないカップルはいったいどうしてそんなにも連絡を取らなくてよいと感じられるのか、毎日連絡を取り合っているカップル側としてはとても不思議に思うものです。

連絡を取り合わないと不安が生まれることもありますし、毎日連絡してくれることで愛情が確認できるというカップルは珍しくありませんから、どうしてそんなにも頻繁に連絡をしなくても大丈夫でいられるのかが分からない部分があります。

そんな連絡が頻繁でなくても大丈夫なカップルは、全く感じない不安をもっていることが多く、そのうちの一つが連絡が無いことが愛情が向けられていないという不安につながらないというものです。

連絡しなくてもさほど相手の愛情の薄れや興味が無いということへつながらず、話すべきことはきちんと話し合えているのも相まって、連絡が無くてもきちんと相手は自分を愛してくれている、愛情を向けてくれているのだというのを自覚できているカップルは連絡が無くても大丈夫なケースが多くあります

連絡が頻繁ではないのはお互いさほどマメに連絡する性格ではない部分もあるかもしれませんが、それを含めて会った時にきちんと示される愛情があるからこそ連絡が来るまで待っていられるし、不安も抱かずに交際を続けていられるのです。

自分に飽きてしまったのではないかという不安


連絡が頻繁ではないカップルは、自分に飽きてしまったのかもしれないという不安も早々抱きません。

相手が連絡をしてこなくても、交際しているのは自分であり、デートもお泊りも、中には両親をはじめとした家族に紹介すら終わっているカップルもいるものですから、頻繁に連絡しなくても彼の異性としての興味や視線が自分に向いていることが自覚できるのです。

連絡が頻繁で毎日のように何かとメッセージなどを交わしているカップルの場合、この連絡が途切れると、何かあったのではないか、病気やケガで連絡できないのかもしれないといった不安に至ることもあれば、自分に飽き始めていて連絡する頻度を落としているのかもしれないという不安に掻き立てられます。

もちろん、毎日のように連絡しようとしても、それができない日もあるのは当然です。

仕事の繁忙期などになれば、職場と家の行き来する体力しか残っておらず、帰ったらそのまま疲れたままご飯を食べてお風呂に入って寝る、その繰り返しの日々になっている人もいるわけですから、連絡したくてもできない、そんな時間を使うくらいであれば体力回復に使わせてほしいと思う人もいるでしょう。

そうした理由をきちんと説明してもらえているのであれば安心できるでしょうが、何の連絡もなく日課の様な連絡が途切れてしまうのは、不安しか掻き立てられません。

飽きられてしまったのならどうすればいいのか、もう一度あの人にアプローチしなければならないのではないかと考えて、必要以上に連絡を取ろうとして逆効果に終わる人もいます。

逆に連絡を取り合わないカップルは、自分に対してきちんと興味を持ってもらえているけれど、連絡が沢山無くてもそれを実感できる時折のやり取りがあれば十分だと思えているからこそ心にゆとりもあるので、不安を抱くきっかけが少ないのです。

他の異性と頻繁に連絡しているのではないかという不安


カップルの中でもある程度連絡をマメにしている男女になると、唐突に連絡が少なくなると相手側の浮気を疑うケースもあります。

自分との連絡の頻度が少なくなっている理由が仕事などで忙しい、家の事情や私事が絡んだことで他の人に連絡しなければならないことが多く、恋人に対して連絡しにくい状態にあるというのを知っていれば浮気を疑うこともそうないのですが、唐突に連絡が少なくなると、自分に飽きたか、それとも他に好きになってしまった人がいるのかというところに思考が着地してしまう人もいるのです。

しかし、連絡がさほどマメではないカップルの場合、連絡頻度が元から少ないからこそそうした浮気に関しての不安をあまり抱かない人も多くいます

もちろん、そうした疑惑が持ち上がってくると疑ってしまうのは仕方ないのでしょうが、疑惑も何もないのに連絡頻度が少し変わったくらいでは全く不安を抱きません。

むしろ、何か話したいことや聞いてほしいものがあるからこそ連絡頻度が多くなってきたのかもしれないと感じたり、忙しかったり疲れ果てているからこそ連絡してこないんだろうと自分なりの答えを出して納得できる程度のゆとりを持っているからこそ、不安を抱かないのです。

現実、生活しているとどうしても異性の連絡先を登録しなければならないことは必ず出てきます。

それは学校の同級生であったり、会社の同僚だったりとそれなりに近い立ち位置にいる人かもしれませんし、仕事における営業先の人や取引先の相手の人などの絶対に連絡を間違えてはいけない、きちんと登録しておかなければならない人であるのかもしれません。

知らない異性の名前からの着信やメッセージのポップアップを見てしまうと浮気を疑う人もいるでしょうが、連絡がマメではないカップルの中にはそうした部分をきちんと判断できるゆとりを持っている人も多いです。

連絡を取り合わなくても恋人としてうまくいきやすい男性×女性の性格

少し人見知りな男性×ドライ気味な女性


連絡を取り合わなくても大丈夫なカップルはどんな不安に苛まれることが無いのか分かりましたが、連絡を取り合わなくても平気なカップルの中でも恋人として上手く行きやすい男女はいったいどんな性格なのでしょうか。

その組み合わせの中の一つが、少し人見知りな性格の男性と少しドライな性格の女性です。

少しでも人見知りがある男性は恋人と気心知れたとしても、時折自分が安心できる場所や人と過ごすことで、緊張やストレスを解消し、一息つくことも多くあります。

恋人と一緒にいて心安らぐこともあれば、時折ふと強い緊張に襲われたり、その他にもつらいけれど恋人に頼るのは格好悪いからと避ける時があるケースもありますが、そんな人見知りが少しある男性に対して、少々ドライな性格の女性は自身に頼ってくるまで放置したり、何かしらアドバイスを求めてきたときはきっぱりと言葉を伝えてくれる女性が多いのです。

一人の時間を持たせてくれ、なおかつ必要でなければ必要以上に迫ったり問いただしたりすることもないので、連絡頻度が必然的に少なくなっていきます

けれど、人見知りの気がある男性にとって、自分が言えない意見をはっきり言う女性や必要以上に迫ってこない女性というのは「自分に対して都合を押し付けたり、無理を言わない」という印象にもつながるのです。

更に、連絡自体は全くないわけではなく、デートなどにおいての日程を決める時や何か伝える必要がある時などにはきちんと言葉にしてくれるからこそ、信頼関係も生まれます。

例え他の人から見て女性の方がドライで冷たい印象があると思われたとしても、独自の信頼関係を築き、お互いが必要な時に必要なところを埋め合って支え合う関係にもなれるでしょう。

マイペースな男性×放任主義な女性


連絡を取り合わなくても大丈夫なカップルの中でも、性格的に相性が良い組み合わせの中にはマイペースな男性と放任主義な女性というものもあります。

マイペースな男性と付き合うと、そのマイペースさに振り回されることもある女性も多く、相手の気分やその時の意識がどこに向いているかということも関係して、連絡もまちまち、女性の方から何度も連絡を取ろうとアプローチしていたなんてことも良くある話です。

そんなマイペースで連絡もマメになるか、それともまちまちになってしまうかわからない男性には放任主義な女性が合います。

放任主義な女性はマイペースな男性のペースに合わせやすい性格であり、決して無関心ではないけれど本人がやりたいと思うことを思うままにやらせてあげたいという気持ちから、接触を控えめにする人が多いです。

もちろん、恋人として言うべきところはしっかり言いますし、デートなどにおいては優先してもらうようにするでしょうが、基本的には彼がやりたいようにやらせてあげるというスタンスで、連絡自体も彼任せなところがあります。

してほしい時には自分からすればいいし、そうでなければ仕事や趣味に熱中しているだけだろうと判断できる程度には放任しているのです。

連絡が必要なら向こうからしてくるし、自分も言わなければならないことは連絡するという、必要以上は別に関わらなくていいという判断を下せる程度には相手に対しての信頼も徐々に湧いてきます。

最初のうちは女性の方も心配するでしょうが、その心配も必要ないほど彼には別に熱中するものがあるというのを理解するので、「だったら放っておいてもある程度大丈夫だろう」と判断し、自身も男性に負けないように趣味ややりたいことに対して時間を使うようになり、不安などもさほどなく毎日を楽しく過ごせるようになるのです。

中には同じ趣味を持ち、デートの際に趣味に関連するところに足を延ばすものの、個人でそれ以外では頑張るなんてカップルもいます。

責任感が強い男性×大らかな女性


連絡を頻繁にやり取りしなくても大丈夫なカップルの中でも、恋愛関係になっても安定する男女の性格の中には、責任感が強い男性と大らかな女性という組み合わせもあります。

責任感が強い男性は、仕事を始めいろんなところで頑張って、そして責任ある立場を任されたり、自分自身がプレッシャーをかけてミスなどが無いように、しっかりとその役目や仕事をこなせるように尽くしているのです。

けれど、そうした責任感の強さから仕事を任されたことで連絡する頻度がどんどん少なくなったり、その他にも友人知人との付き合いを真剣に考えてそちらにも時間を取る人も多いので、連絡しようと思っていたけれど時間が無くて忘れていた、なんていう人が多いのもこの責任感が強い男性になります。

恋人をないがしろにしているわけではないのです。

彼にとって責任感を持って仕事をしている姿と言うのは、自分では強く意識してはいないのかもしれませんが、女性に認めてもらいたい仕事への姿勢の一つでもあり、責任感のある仕事もできる人、という格好いい自分を見てもらいたいと無意識に思っているところがありますので、仕事はしっかりと頑張らなければと力を入れている面もあります。

大らかな女性はそんな彼の一生懸命なところを含め、連絡をつい忘れてしまう、他の人との交流を優先して連絡が少なくなってしまうところも受け止めてくれるので相性が良いのです。

連絡が少なくても「まあ大丈夫でしょう」と思いつつ、何かあったときにはしっかりと支えてくれる女性ですから、男性の方も連絡を少なくしても彼女であれば何か事情があるのだろうと察してくれるだろうという信頼関係も築きやすいので、男性側も女性側もどちらも事情を知った上で連絡を少なくしているケースもあります。

また、性格的に二人ともがプライベートを充実させて楽しむタイプであることも多く、連絡が無くても日常を謳歌していて、そこにさらに恋人とデートなどで過ごす時間が増えたような感覚なので、二人でいる時は特別な時間であると感じるものの、それ以外においても楽しみが無いわけではない二人だからこそ、不安も何も感じないのです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

連絡を取り合わないカップルがお互いドライでも不安にならず仲良しでいられる秘訣

仲の良さが連絡頻度の多さではないと分かっている


連絡を取り合わないカップルはお互いがドライではあるものの、不安なく毎日を過ごしつつ、時折デートや食事の約束などをやり取りで取り付けるなど、非常に仲の良いカップルである人たちが多いのですが、実際のところ連絡を取り合わないことで交流が限定されているのは事実です。

ではどうしてそんなにも不安にならずに仲が良いままでいられるのか、その秘訣の一つは双方が仲の良さが連絡頻度の多さとイコールでつながっているわけではないと分かっているからというものがあります。

連絡が沢山来てやり取りが続くと、相手から愛されていると感じるのは誰でもあるものです。

実際、自身に対して興味や集中が向いているとも感じられるものですから、連絡が続けられる限りは他愛ない会話であったとしても続けたいと思う人はいます。

けれど、その連絡は本当に愛しているからこそ続けられているのかというのは本人でない限りはわからないもので、実際は途中の区切りがいいところで止めたかったけれど連絡が来るから返信しなければという義務で返信しているなんてことも十分考えられ、長く連絡が続く、こまめに来るからと言っても実態は謎なんてことはよくあるものです。

連絡がさほどなくても長く続くカップルは、そのあたりのことをそれぞれ独自の考えではあるものの、ある程度共通の答えを得ているからこそ仲良くしていられます。

その答えでもある心構えこそが、連絡頻度が仲の良さにはつながらないというもの。

お互いの時間を大事にし、そのうえで時折しっかりと愛情表現を含めたやり取りができれば十分だと考え、毎日を恋愛以外でも充実させていることもあって、彼・彼女らは長く続くし、仲が良いままでいられるのです。

相手の忙しい時などの事情を把握している


連絡を毎日のようにやり取りしなくても仲が良いカップルは、ドライなように見えて本当のところは相手の事情を把握しているからこそ遠慮しているというケースも多いです。

お互いの仕事の内容や、その他の趣味や友人との付き合いに必要な日や時間といったものをある程度把握していることで、連絡していい時期や時間、日を考えて連絡しようと考えているので、お互いが何かしている時にもストレスなく過ごせているのも大きいでしょう。

毎日連絡すると、忙しい時期や友人たちと楽しく過ごしている時間などにはその連絡自体が相手を萎えさせてしまうことにもつながりますし、返事ができないタイミングであれば、そのまま既読スルーや未読スルーをしてしまうことにもつながってしまい、下手をするとその件でもめ事が起きてしまう可能性も否めません。

双方が忙しいことや、他にも大切にしたい時間などがあるというのを把握していると、連絡自体をある程度お互い連絡を限定しつつ、その限られた中でしっかりと相手とのやり取りをしようという気持ちにもなるので、より仲が深まるケースもあります。

また、デートの時には相手に全力で集中するようにもなっていくため、さほど連絡が無くてもデートなどの時にしっかりと愛情表現をしてくれたり、構ってくれたりするのであればいいかな、とお互いにどこかこの人なら大丈夫という安心感も抱きますので、連絡が少なくても問題なく仲良くできるのです。

毎日連絡するのは確かに何気ない会話を楽しむことができるものにはなるのですが、止める時を誤ってしまうと、お互いが苦痛に感じてしまいかねない会話が続いてしまいます。

逆にこうした長々とした会話が無く、重要なやり取りやデートなどの約束の際の愛情の含んだやり取りだけに限定している分、忙しい事や他のことに取られる時間をきちんと理解してくれているのも実感できるので、より相手のことを好きになるカップルもいるのです。

愛されている実感のあるやり取りをしている


連絡を毎日せず、ぱっと見はドライに見える二人ではありますが、仲が良くて長続きしているその秘訣は、限られたやり取りの中で相手に対しての愛情表現をしっかりとしていることが大きく関係しています。

デートの時や食事の時に付き合ってくれたことの感謝はもちろん、誕生日などにお祝いをして愛情表現するのは誰だってするのですが、それ以外にも少ないやり取りの中での近況報告などで、お互いに支え合う言葉を交わしたり、だめだと思った時に励ましてもらったりと、お互いがそれぞれ大切なんだというのを言葉にするのです。

その他にも久しぶりのデートの時などに心配したり、一緒に楽しめるところを提案したりして、それぞれが少しずつ気遣いをしながらも一緒に楽しい時間を過ごせるように努力します。

こうした努力の甲斐あって、二人はデートの後も双方が恋人がきちんと自分を愛してくれているのだと強く実感することにもつながり、場合によっては強い愛情表現を言葉と行動でしっかりと示されたのであれば、他の異性に目移りしたりすることはないと確信を持つこともできるでしょう。

このような愛情表現がしっかりとしたやり取りや行動をしているからこそ、連絡によって愛情を証明してもらわなくても全然平気なのです。

デートがワクワクするものであれば、そのわくわくは1か月ほど続きますので、次のデートまで連絡が少なくても、デートの時のときめきやワクワクを糧に楽しく過ごしていくこともできるでしょう。

愛情で心が満たされ、満足感でいっぱいの状態であれば連絡が無い状態であったとしてもさほど気にすることもありませんから、デートを定期的にしている場合、そのデートの継続効果も相まってより気にすることなく仲良くカップルとして継続のお付き合いをしていくことができるのです。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

まめにLINEするだけじゃダメ!彼氏との信頼が育つベストな連絡頻度

相手の連絡頻度に合わせる


LINEをはじめとしたトークアプリを活用してカップルはお互いの連絡をしたり、やり取りによる信頼関係の強化を図っていくのですが、まめにただメッセージを送るだけではだめなのが現実です。

だらだらとさほど中身のない言葉を送られたり、返すのも苦痛になるほどの日常生活のことを話されるだけだったりすると、逆に連絡しないほうがずっと相手と上手く行くことだってざらにあります。

では彼氏と信頼関係が育ってくれるベストな連絡頻度というのはいったいどの程度のものなのか。

それはカップルによって違うため、一概にこれがいいというものはありません。

カップルの連絡頻度はそれぞれ違っており、毎日してもいいという彼氏もいれば、毎日は苦痛だから週に何度か決めて連絡したいという彼氏もいます。

なので、相手がこうしてほしい、この連絡頻度にしてほしいというものを聞き出し、そのうえであなた自身が望んでいる連絡頻度もすり合わせ、お互いが妥協できる頻度で連絡するというのが信頼関係を築くための第一歩になるのです。

もちろん、その頻度で連絡できるかどうかは本人たち次第であったり、その時の忙しさを含めたいろいろな条件によっても変わってくるでしょうが、お互いに苦痛ではない、快適な連絡頻度がどの程度かを聞き出すことから始まります。

そしてなるべくその頻度を守り、相手のことを思っている、考えて連絡しようとしているという態度を見せることで、少しずつ信頼が生まれていくのです。

あなたも自分のことを考えて連絡頻度を守ろうとしてくれている彼氏なんだという前提で連絡を受けていると、どうしようもなく相手が愛おしくなるでしょう。

その愛おしさが連絡する度に信頼に変わっていくことができたのが、連絡が無くても大丈夫なカップルたちなのです。

何かあった時のみ連絡する


連絡頻度がどうしてもかみ合わない、決められないというのであれば何かあった時のみ連絡するようにして見るのも良いかもしれません。

もちろん連絡したいときに連絡しておしゃべりするのは全然大丈夫ですが、基本的には何かするときの報連相のみの連絡にしてみるのです。

例えば旅行に行って3日後に帰ってきます。という簡単な報告と連絡の内容であったとしても、相手は軽く見て時間があるときに「そうなの?気を付けていってきてね」と簡単に返してしまえるものになりますから、余計な世間話をしないことでむしろ連絡が全く苦ではなくなるケースもあります

普段の連絡がどうしても苦痛に感じてしまうのは、長く世間話が続いてしまうところもあるでしょう。

自分が興味のない話を続けられたとしても、それに返事を考えて返すのはやっぱり苦しいところがあります。

特に仕事などで疲れているから休みたい夜、趣味に時間を費やしたいプライベートな時間にそれが当て嵌まってしまうと、相手側もあなたもそうした連絡に嫌気が差してしまうものです。

だからこそ、連絡頻度がどうしても決まらないというのであれば、いっそのこと時折会話をするために使うとしても、報連相のみを送るというものにしてみるのも一つの方法になります。

デートのお誘いをしたいとき、デートの誘いがあっていきたい所の相談をするとき、お互いが友人や家族との旅行に行ってしばらく留守にするとき、仕事の出張や残業で会えなかったり連絡できなかったりするとき、そうしたものをお互いに伝え合うものとして使ってみるのもおすすめです。

内容は簡潔に、そして大切なことをきちんと伝えることにもなりますから、意外とやってみると連絡が無くても平気だなと感じ、連絡がマメではなくても平気な仲良しカップルの仲間入りができるかもしれません。

お互いにストレスを感じない頻度


お互いに信頼関係を結ぶために連絡頻度を考えるのであれば、第一にお互いがストレスを感じない程度の頻度であるということが前提条件です。

信頼関係は今後のやり取り次第によっては大きく強くしていくことができますが、土台となる連絡頻度が合致しない場合は土台が不安定になって、一気に崩れるきっかけが連絡によって訪れる可能性が高くなります。

なるべく連絡によって信頼関係を強くしたいけれど、崩れるきっかけを作りたくないというのであれば、交際している彼氏と念入りにメッセージを送る頻度について話し合っておきましょう

あなたがこれだけ連絡したいとマメに連絡したとしても、相手側は2、3日に一回連絡するくらいで十分だと考えているかもしれません。

交際前はマメに連絡していたとしても、交際後に連絡頻度を尋ねてみると実は付き合いたくて無理をしていた、なんて男性も相応にいますので、無理をせずストレスも溜めずにお互いが快適に連絡を取り合いながら交流を深められる頻度を模索するべきです。

これまでは交際前と同じような頻度で連絡していたという人は、一度彼に聞いてみるのも良いでしょう。

もしかして無理をさせていたのではないか、というのを聞いてみると実はちょっとやり取りを軽減してほしいという男性は必ず出てきます。

毎日してもいいけれど、この時期は難しいと思うから毎日は止めてほしいという男性も出てくるでしょう。

仕事の都合や親族の集まりがある時期があるという人も中にはいますから、お互いに連絡が取りにくい時期などを始め、週にどの程度連絡したいのかというところからまずは話してみると相互理解につながっていくことでしょう。

普段はやり取りが少なくてもここぞという時に送るべき連絡内容

やり取りの最後に感謝をする


普段はやり取りが少なくても、仲が良いカップルのままでこのまま結婚まで行きたい、そんな風に普通は考えるものですが、やり取りが少ないからこそ色々と喋りたくてつい長文になってしまうのも困りものです。

ここぞという時にはいったいどんな内容を送るべきなのか迷った時のおすすめは、まず感謝の言葉になります。

長続きするカップルの多くは、必ず相手に対して感謝の言葉を述べており、何かしてもらった時に「ありがとう」と伝えるのはもちろんですが、やり取りが少ないカップルの場合はデートなどの帰りに直接伝えるだけでなく、送ってもらったり別れて家に到着したりしたときなどにLINEでも「今お風呂から出たよ。今日も送ってくれてありがとう」や「今家に到着しました。デートも楽しかったよ!ありがとう」というようなメッセージを送るのです。

感謝の言葉は何度言われてもうれしいものですし、伝えてもらうたびに相手が自分のことを大切にしようとしてくれているんだ、という気持ちにも気づかされます

相手が自分のことを大切に思っているという事実はそれだけで恋人の存在をより大切なもの、好意を大きく抱くものに変えていきますので、次のデートで相手からの愛情表現や気遣いが大きく変わったという例もあれば、お互いにありがとうと伝え合う習慣ができて険悪な空気になる事が無くなったカップルもいるのです。

あなたがもし連絡をなるべく抑えつつ、仲の良いカップルとして長く交際していきたいと思っているのであれば、限られた連絡の中には必ず感謝の気持ちを伝える内容を入れておきましょう。

忙しい時期であれば謝罪と心配


連絡をあまり取り合わないカップルの中にも、どちらかが忙しい時に急に連絡を入れなくてはいけなくなる時も存在しています。

内容などは個々によって違いますし、恋人にとっては仕事の方を優先しても良い内容であるかもしれません。

忙しい時間帯、疲れて家に帰ってきた時間帯、連絡する時間はいつなのかはわかりませんが、相手が忙しい時期であるという時に連絡し、恋人とやり取りするのであれば謝罪と心配の言葉は必ず入れておくのが良いでしょう。

もしかすると相手は仕事の忙しい時間の中で何とか連絡してきたのかもしれませんし、疲れているけれど急なあなたの連絡だから返事をしてきたのかもしれません。

そんな恋人の環境や現状を把握している部分があるのであれば、「忙しい時にごめんなさい」「疲れてるのに急にごめんね」という謝罪の言葉は必ず入れておきましょう。

そして連絡の内容を伝え終えたのであれば、「忙しい時期かもしれないけど無理はしないでね」といった心配の内容も入れてみるのがおすすめです。

もちろん、無理をしないでと言われても無理をしなければならないのかもしれませんので、相手の状態に合わせて多少言葉を変えることは必要になりますが、自分が心配しているのだというのは伝えておきましょう。

要所に「好き」や「愛してる」の言葉を入れる


連絡を取り合わない、最低限で大丈夫というカップルの場合はメッセージの要所要所に好意を伝える言葉を入れているというのも大きな特徴になります。

言葉による愛情表現というのは、カップルの交際年数に大きくかかわってくるもので、これを疎かにするカップル程実は短期間で破局しているという事実もあるのです。

なるべくメッセージをマメに送るのではなく、お互いのペースに合わせて送るというのであれば、メッセージの中に好意を伝えておくのはとても重要になります。

好き、愛してる、という言葉を真面目にド直球に伝えるのもいいですが、何かしらの話題で盛り上がった時に「そういうとこほんと好き」というような明るく顔文字や絵文字などを含めてメッセージを送るのも良いですし、スタンプなどで表しても良いでしょう。

とにかく相手に自分がきちんと愛情をもって交際しているのだというのが当たり前に伝わっていると考えず、言葉に出して伝えることを念頭に置いて内容を考えてみるのもここぞという時に送るべきメッセージとして好意を伝えるのに役立ちますよ。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「連絡を取り合わない=愛情が無いわけではない!互いの信頼関係の上で成り立っている強い繋がりのあるカップルだと知ろう」

占い師アリア
カップルの場合、長く続いている人になるほど連絡をさほどしなくても大丈夫だと感じるケースが非常に多く、何かあった時やデートのお誘いなどをするときに連絡するくらいで、後はどちらからともなく連絡したときに軽くしゃべるくらいで終わるという話は良く聞きます。

けれど、毎日連絡しているカップルたちからすると、それほど連絡を取り合わないのはお互いに冷めてしまっているからではないかと考える人も一定数存在するのです。

しかし、この連絡を取り合わないというのはイコールで愛情が無いという答えになるわけではありません。

むしろ、お互いの仕事の都合や現状をよく理解しているからこそ、無駄な連絡をしないようにしていたり、強い好意を向けられていることをきちんと双方が理解しているからこそ連絡しなくても問題ないと確信し、そのうえで自分たちの時間を上手に作っているとも言えます。

お互いに強い信頼関係によって結ばれているからこその状態であるのです。

マメに連絡するのが悪いとは言わないものの、連絡が無い=嫌われている・飽きられているという答えに安易にいかず、二人の納得の上でその状態になっている可能性もよく考えてみてくださいね。

【期間限定・2021年8月1日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事