※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。

「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

>>神言鑑定で占う<<
アユミ
先生、もうすぐお正月ですよね。せっかくのチャンスなので、元カレに新年のあいさつをしたいです。あけおめメールやlineを送ってもいいでしょうか?
占い師アリア
元カレの状況にもよるけれど、あけおめメールを送るのが復縁のチャンスなのは間違いありませんね。
アユミ
本当ですか!どんなメッセージにするか、考えるだけでドキドキします。
占い師アリア
ただし、あせらないでください。よりを戻すには、徐々に進めるのが肝心です。
アユミ
先生、あけおめメールで元カレと復縁するには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?
占い師アリア
まず、男性が元カノからの連絡で100%復縁したくなるケースは知っておいたほうがいいですよ。どんな風にメールやlineを送ればよいかも、お話しますね。

目次

そもそも元彼が復縁したいと思うのはこんな時

会ってくれる友達が少なくなってきた時


付き合っていた女性と別れた直後の男性には、異性との付き合いを大変だと思うことがあります。

フリーになった開放感から、同性の友達と遊んだほうが気楽で楽しいと感じるようになるのもこの時期です。

男友達も、最初のうちは快く誘いに乗ってくれるでしょう。

彼女がいるうちは男友達との付き合いをセーブしていた男性なら、久々に会えることを楽しんでくれる友達も多いかもしれません。

ただし、男友達だっていつもいつも付き合ってくれるとは限りません。

誘っても断られることが増えてくると、何だかさみしいなと感じるようになります。

さみしさから男友達にやたらと連絡しまくったりして、煙たがられてしまうこともあるかもしれません。

優しい男友達ばかりに恵まれていたとしても、同性とばかり遊んでいるのに飽きてしまうこともあるでしょう。

そうこうしているうちに、元カノと楽しく過ごしていた頃を思い出して懐かしくなってきます。

よほど1人でいるのが好きな男性でない限り、遊んでくれる男友達が少なくなってきた頃に元カノとの復縁が頭をよぎるものです。

元カノの成長を知った時


男性が元カノを見直す機会として圧倒的に多いのが、元カノの成長を知ったときです。

付き合っていた頃よりきれいになった、精神的に成長したなど、以前より魅力を感じる要素が強ければ強いほど刺激を感じるのです。

仕事がデキる女性になっていた、前は家事が苦手だったのに家事が得意になっていたなど、以前との違いを感じられるほど意外性を覚えます。

男性には狩猟本能を持つ人が多いので、魅力を感じた女性を手に入れたい欲求がわいてくるもの。

一度は彼女だった女性ですから、手放して惜しかったと悔しい気持ちも出てきます。

そんな気持ちを抱かせることができれば、男性は元カノとヨリを戻したくなってくるのです。

もちろん、その時には女性のほうが元カレよりランクの高い男性に興味を持っているかもしれません。

いずれにしても、女性にとって常に成長を目指すのは得にしかならないことです。

成長のために冷却期間を設けることで、精神的にも良い効果があります。

2人の思い出の場所に行った時


特別にセンチメンタルな男性でなくても、2人で過ごした思い出の場所には何かしら感じることがあるものです。

暇ができて何となく足を向けてしまった、偶然に思い出の場所を通りかかったなど、思い出すシチュエーションは様々です。

人間関係は、一緒に過ごす時間や回数が多ければ多いほど絆が深まるもの。

楽しい思い出ばかりではなく、ときにはハプニングの思い出もあるかもしれませんが、一緒にその場所にいたことは人生のひと時を共に過ごしたということです。

しみじみと思い出した時、元カノとなぜ別れたのかと考えることになるでしょう。

別れるほどのこともなかったのではないか、元カノの良さを再認識することができた時、男性は復縁を考えます。

2人で出かけた場所の写真を見た時にも、同様のことが起こり得ます。

女性より男性のほうが別れた相手にゆかりのある物をとっておく傾向があるので、一緒に撮った写真があれば尚更です。

幸せそうなカップルを見た時


別れた直後はフリーが気楽と思っていても、次第に街中にいるカップルの姿が気になってくるものです。

特に刺激を受けやすいのが、平日の夜や休日に自分は1人なのにもかかわらず周囲にはやたらとカップルがいる時。

自分も彼女がいたら…と思った時、まず浮かぶのは直近で付き合っていた元カノのことです。

赤の他人のカップルを見ても羨ましいと感じてしまうのですから、知り合いのカップルを前にしたら完全にノックアウトされてしまうでしょう。

幸せそうな知人カップルを見て、冷静を装うのは男性でもつらいはず。

自分も羨ましがられる立場に立ちたい、祝福されたい、と思った時に元カノのことが頭に浮かんだら復縁の可能性を考えている証拠です。

人によっては、動物のカップルを見ただけでそんな気分になることもあります。

動物ですらカップルであんなに幸せそうなのに自分はどうして1人なのだろうと思い、元カノと復縁できたら…と想像し始めるのです。

部屋が散らかり放題になってきた時


彼女がいるときには気付かなかったのに、1人になった途端気付くことがいろいろあります。

中でも目立つのが、部屋の散らかりようです。

こまめに掃除をするのが苦にならない男性は別として、日常の忙しさを言い訳についつい部屋を散らかしっぱなしにしている人は少なくありません。

彼女が部屋に来ていたときは一緒に過ごすためにある程度きれいにしていたのに、とボヤくこともあるでしょう。

あるいは、彼女が部屋を掃除してくれていたという男性もいるはずです。

こんなに部屋が散らかっているのはやっぱり彼女と別れたからだと気付いた時、元カノと復縁したくなってきます。

散らかっていることを指摘されたり、汚い部屋と思われたくないために掃除をするのは面倒でも、そんな存在がいたことでスッキリした部屋で気持ちよく過ごせたわけですから。

もちろん、一緒になって散らかり放題の部屋で平気で過ごせるようなカップルだったとしたら話は別です。

他の女性といてもつまらなかった時


モテる男性はもちろん、特別モテるわけではない男性でも、日常的に女性と出会うチャンスはあります。

どんなシチュエーションでの接触だとしても、元カノ以外の女性といてつまらないと感じた時、元カノとの楽しかった時間を思い出すことでしょう。

別に恋心を抱いていたわけではない女性が相手でもそうですから、ちょっとイイナと思っている女性と過ごしてもつまらないと感じた時は尚更です。

元カノ相手なら気を遣わずに過ごせていた時間も、新たな女性となると気を遣わなければならなくなります。

元カノだったら気楽なのに…と思った時、復縁の2文字が浮かぶのは自然なことです。

どんなに素敵な女性と過ごせることができても、新たに人間関係を築いていくのは大変です。

そんな苦労をしなくても、元カノとならまた楽しい時間を過ごすためにやり直すのは簡単。

そう思えたら、男性は元カノとの復縁願望がムクムクとわいてきます。

元カノからあけおめメール・lineが届いたら100%復縁したくなるケース

元カノから前より輝いている写真が届いたことで


人は、ドキッとすることに弱いもの。

元カノからのあけおめメールやあけおめlineも予想外の出来事かもしれませんが、もっともっと予想外のことがあります。

それは、元カノが成長して魅力的になっている姿を知ることです。

以前とは違う仕事に就いた、出世した、資格を取得したなどのキャリアの成長報告でもよいでしょう。

以前より少し大人っぽくセクシーなメイク、ダイエットに成功した姿などを写真で報告するのもありです。

そうしたことを自慢するのではなく、さりげなく「最近は、こんな風に過ごしています。」と近況報告するように送った効果が出て復縁するケースがあります。

意外な知らせに驚いた元カレが、感じのよい返信をしてくれる可能性が高くなるのです。

特に何とも思わない連絡には、どう返事をすればよいかもわかりません。

そのままスルーするか、薄い反応が返ってくるだけでしょう。

その点、良い意味で刺激を与えることができれば、ネタを得た相手も返信しやすくなります。

それをきっかけに、またやり取りを始められるわけです。

元カノが未来に向かって楽しんでいそうなあけおめメールがきっかけで


過去は、もう過ぎたことです。

それより現在や未来に向けて楽しんでいる人を見たほうが、やる気がわいてきます。

元カノが今を思いきり楽しんでいたり、未来に羽ばたこうと頑張っている姿を知ることで、安心したり応援したくなってくる男性は思いやりのある人です。

労いや励ましの返事をくれる可能性が高く、もっと突っ込んだ会話に発展するかもしれません。

元カノの新しい一面を知ることで、新たな魅力を見つけた男性が復縁を考えるケースは珍しくないです。

また1つずつ魅力が増えていくことで、元カノの存在が膨らんでいくのでしょう。

キャリア・アップや頑張る姿を見せることに、こだわる必要はありません。

イキイキと過ごしていることが伝わればよいのです。

本当に楽しく過ごしていると、簡単なメッセージでも相手にまっすぐ伝わります。

実際、遊びに行って楽しかったこと、いいお天気に恵まれて幸せだったことなどを素直に伝えたことで、相手を明るい気持ちにさせて復縁につなげているケースがあります。

祝福と同時に、元カレには焦りの感情が湧いてくることもあるでしょう。

元カノを取り戻したい!と思ったとき、復縁への道が開けてくるのです。

あけおめメールで近況報告をしあったら


自分からの近況報告だけでなく、相手からの近況報告ももらえたことで、人間関係が再開するケースはよくあります。

ただし、あまり自己アピールが過ぎると、うんざりされてしまうかもしれません。

さりげなく「今はこんなことをしています。」くらいの報告をすると、相手も一言返しで近況を教えてくれたりします。

復縁すればまたいつでもお互いのことをいろいろ知り合えるのですから、情報は小出しにしていくのが上手くいく秘訣です。

ついついメッセージが長くなってしまいがちな人でも、近況を写真に写して一言だけメッセージを添えるという方法で返信が来る可能性があります。

これなら写真で状況がわかるので、言葉での説明はほとんどいりません。

視覚的効果で、元カレの脳裡に焼き付きやすいというメリットもあるのです。

あけおめメールで返事をもらっている人に多いのは、相手が見ていい気分になったり元気が出るような写真やメッセージを選んだ時です。

相手のペースにもよりますが、返事をもらえたからといってやりとりがハイペースになり過ぎないほうが上手くいっています。

あけおめlineに「また仲良くしてね。」を添えたのがきっかけ


復縁したい思いが募るあまり、どうやってその思いを伝えればよいかと気を揉むこともあるでしょう。

しかし男性には、女性から迫られると何となく逃げたくなってしまう本能があります。

逆に、誘ってこない女性は追いかけたくなる本能があるのも事実。

これを逆手にとって、男性から追うように仕向けたことで復縁したケースはよくあります。

とはいえ、全く見込みのない女性を追いかける男性はそうそういません。

あと一押しすれば仲良くなれそうという女性をプッシュするほうが、男性にとって気乗りしやすい状況です。

あけおめメール・lineで「また仲良くしてね。」の一言を添えただけなのに、それが復縁のきっかけになったというケースは励みになるでしょう。

女性のほうも復縁したい気持ちがあるのだなとわかっていると、男性もその気が高まってきます。

いきなり「やり直してほしい」とか「また付き合ってほしい」と告げられると重いと感じやすいのに対して、「また仲良くしてね」なら軽い気持ちで付き合えるのです。

いってみれば「友達から始めてください」というような意味が込められた「また仲良くしてね」ですが、広い意味で受け取ってもらえるような言葉で伝えるのが効果的な証拠です。

一緒に過ごせたことへの感謝を伝えて復縁

付き合っていた頃の思い出には、仲良くしていたこともあれば喧嘩したこともあるでしょう。

楽しかったことはもちろんですが、喧嘩したことでもっと絆が深まったり成長することもあります。

一緒に過ごせたことで得られた経験は、どんなことでも貴重です。

そのことを相手にも感謝して真心が伝わり、復縁したというケースもあります。

人生には、失敗がつきものです。

失敗を振り返って反省し、次は上手くいくように努力して前進するのが幸せへのステップアップになります。

素直に反省して感謝を告げた真心を理解してくれる男性は、信頼できる人。

状況が許した時、元カノとの復縁を現実的に考えられるようになり、復縁に至ったのです。

敢えて三が日を外したら元カレに印象づいて

あけおめメール・lineは、年末年始の休暇中に受け取ると既読にしてもらいやすいというのが定説です。

三が日を逃してしまうと、もうチャンスがない!と焦る人もいるでしょう。

確かに、お正月の三が日は休暇中の人が多く、普段は多忙な人でもメッセージをこまめにチェックしたり返信することがあります。

しかし、お正月くらい人づきあいも休みたいと思う人も少なくありません。

メッセージが来て返信をしなければと思っていても、のんびり過ごしているうちに三が日が過ぎてしまったというケースもよくあることです。

そんな男性が元カノから三が日を外したタイミングであけおめメールを受け取り、復縁したケースがあります。

年末年始には気分が高揚する人が多く、三が日が過ぎると急に日常に引き戻されることに落ち込んだりしませんか?

まだお正月の特別感を味わっていたいという時期にあけおめメール・lineを受け取ると、すぐに返信をもらえる期待があるのです。

そうはいっても、三が日にメッセージを送って返事が来ないからといって程なく再メッセージを送って逆効果になる人がいることも無視できません。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

あけおめメールやlineを送ることで復縁するための下準備

冷却期間は2ヶ月以上見ておく


男性だけでなく女性にもいえることかもしれませんが、彼女と別れて復縁や新しい恋を探し始める期間には2ヶ月ほど間が空くのが一般的です。

人によってはもっと期間が空くこともありますが、冷却期間として2ヶ月以上は見ておくのがよいでしょう。

最初の1ヶ月間を過ぎると少しさみしくなる時間も出てきて、2ヶ月目を過ぎると人恋しくなってきます。

このときが、元カノを思い出しやすくなる時です。

つまり、復縁を考える可能性が出てくる時期だということ。

別れてから最短でも2ヶ月は冷却期間を空けるのが、復縁の成功率を高めるポイントです。

女性側も、このくらいの時期になると元カレとのことを冷静に考えられるようになります。

お互いに冷却期間を設けることで、反省したり成長したりして新しい自分や相手を発見できるようになるのです。

2ヶ月の間には、やることがたくさんあります。

元カレと復縁するためにはどうすればよいかとばかり考えるのでなく、自分が楽しみながら成長していくことも重視しましょう。

楽しんで過ごしている人を見て、悪い印象を持つ人はいません。

自分にも相手にもハッピーであることが、良い人間関係を保つマストです。

過去を思い出させるようなことはしない


楽しかった思い出もあるはずの過去ですが、そればかりではないでしょう。

誰にも、思い出したくない過去があります。

過去を思い出すと、様々な思い出がいっしょくたに浮かんでくるものです。

あんなこともあった、こんなこともあったと振り返っているうちに、思い出したくない過去に行きあたってしまうこともあります。

せっかく復縁のきっかけをつかんだのに、過去にとらわれてチャンスを失ってしまうのは惜しいことです。

チャンスを成功につなげるために、過去のあれこれは敢えて持ち出さないようにしましょう。

2人とも現在を歩んでいて、これから待っているのは未来です。

反省は大切ですが、過去を後悔するのは負担になります。

過去の失敗を心に秘めた教訓にして、現在を楽しく明るい未来を信じて進みましょう。

そんな女性を頼もしく感じて、一緒にいたいかけがえのないパートナーと男性に感じてもらうことが重要です。

一呼吸で読める程度の短いあいさつを考える


復縁のきっかけとなるあけおめメールやlineは、長文を避けることが肝心です。

一呼吸で読めるくらいの短いあいさつがよいのですが、いざとなるとついつい長くなってしまうこともありがちです。

前もって準備しておくことで、元カレに受け止めてもらいやすいメッセージを送れます。

一呼吸で読めるくらいのメッセージとは、一呼吸で直接伝えられる程度の長さの文章です。

文章というよりは、一言のあいさつという認識でいましょう。

たとえば、「お元気ですか?」とか「もう初詣に行きましたか?」など。

ここで疑問形のメッセージにしたのには、重要な意味があります。

「あけおめ!」「あけましておめでとう!」「今年もよろしく」などのあいさつでは、それで完結してしまいます。

メッセージを読んだ側は、「はい、あけおめ。」と心の中で返事をしたつもりで終了してしまう可能性も大です。

相手に返事をしたほうがいいかなと思わせるメッセージを投げかけることで、返信が来る可能性が高くなります。

どんな予定かを聞くときも、自分の予定をさりげなく伝えつつ質問も加えて、なおかつ簡潔にを心がけましょう。

自分磨きは不可欠


復縁が目的ではなくても、自分磨きは大切です。

外見だけでなく内面にも目を向けて手をかけてあげることで、自分のメンテナンスやコントロールが上手にできるようになります。

ときにはずぼらに過ごすのも心の余裕につながりますが、延々と怠惰に過ごしてしまうと自分を管理しきれなくなりかねません。

こまめにメンテナンスをすることで、ツケをためずに少しずつ着実に自分が磨かれていきます。

そんな女性を見て、男性は魅力を感じます。

ふと気づいたときに以前より成長した自分を感じると悪い気がしないものですが、他人から魅力的な人と思ってもらえることも自信につながります。

人と一緒にいないと自分の存在感がないというような依存心を持つより、1人でいても自信を持てるけれど一緒にいるともっと頼もしい2人になるほうが強力な関係です。

人を助けてあげられるくらいの余裕を持てるように、自分を磨くようにしましょう。

別れの原因を振り返ってみる


別れた原因を冷静に分析できるようになれば、ワンステップ成長したといえます。

過去に固執するのではなく、反省材料を見つけるためになぜ別れたのかを振り返ってみましょう。

そこには必ず、復縁の材料もあります。

別れた理由は、お互いのどちらにも押し付けるべきではないことです。

復縁を目指すのであれば、関係を改善することが大切だからです。

世の中には、理屈にならないことがたくさんあります。

道理で考えようとすると上手くいかないことでも、相手の立場を思いやったり2人ならできることを考えてみれば改善の方向性が見えてくるでしょう。

元カレの長所と短所を冷静に思い出す


どんな人にも、長所もあれば短所もあります。

元カレの長所と短所も、冷静になって思い出してみてください。

こんなところが好きだ、こんなところが嫌いだと振り分ける必要はありません。

長所も短所もあって1人の人間ですから、どちらとも上手く付き合っていくことが大切です。

相手の長所と短所両方にどうやって付き合っていくかを考えるために、それぞれを挙げてみるのです。

自分についても同じように見つめてみると、元カレとこの先どんな風にやっていけばよいかがわかってくるでしょう。

占い師アリア
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか? もしも宜しければ「奇跡のスピリチュアル診断」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね! またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

あけおめメールやlineはあくまできっかけ!焦るのは良くないケース

強引に復縁を迫るのは避ける


復縁に成功しようとして強引に迫り、玉砕してしまうケースは少なくありません。

直接的に復縁を迫ること以外に、「会ってほしい」「話がしたい」「返事がほしい」などと伝えるのもマイナス効果になりがちです。

会いたい気持ちが募っても、相手の意向を聞く姿勢を重視した人のほうが成功しています。

あけおめメールやlineという自然な接触のきっかけをつかんで復縁したケースでは、次に連絡するチャンスにもつなげようと意識している人が多いです。

大切なのは、相手の負担を考えること。

復縁が念頭に来てしまうと、迷う気持ちが出てくるのは無理もありません。

会う約束まで漕ぎつけたケースの多くは、ごく自然な流れで連絡を取り続けることが守られています。

長い文章が重いと思われたケース


あけおめメールに男性が返信してくれたからといって、次第に文章が長くなってきてうんざりされるケースもありがちです。

長い文章は、目にも脳にも心にも負担がかかります。

3行以上の文章が連なっているのを見ただけで、後で読もうと思うかもしれません。

既読スルーしたり、そのまま忘れてしまうこともあるでしょう。

すぐにでもパッと一目で理解できるメッセージなら、受け取る人にも負担がありません。

実は、自分にも負担が少ないのが短いメッセージの効果です。

キャッチボールは、ボールが軽いほど続きます。

受け止めてもらいやすく、投げやすい言葉のボールが送られてくるから続けてみようかなという気になるのです。

短すぎる返信をもらってもキャッチボールを続けやすくすることを優先した人が、復縁につなげています。

メッセージの頻度がハイペースになってしまうケース


メッセージを送るペースが高まり、せっかくの復縁のチャンスを不意にしてしまうケースがあります。

忘れられてしまうかも…と頻繁にメッセージを送りたくなるかもしれませんが、元カレにもそれなりの生活のペースがあります。

仕事をしている男性なら、1日1回のプライベートなメールでも毎日続くと読むだけで大変です。

lineならいいだろうという判断も、早計です。

多くて3日に1回くらいのペースにしておくくらいが、復縁のチャンスをつなげています。

どんなメッセージを送れば相手に楽しんでもらえるか吟味すれば、3日くらいはあっという間に過ぎてしまうもの。

それからメッセージを送っても、遅くはありません。

復縁に成功しているケースは、早く連絡したいと思ってもギリギリでセーブしてペースを保っているのです。

成長していないところを見せてしまった場合


別れる前から成長していない面が見えてしまうと、男性は引いていきます。

「変わってないな」と微笑ましく思えることならよいものの、別れる原因となった部分だったりすると迷いが生じてくるのです。

完璧な女性にならなければならないということではありませんが、同じ失敗を繰り返して残念な結果になるのは悔やんでも悔やみきれません。

男性の短所を責めたり、自分の短所で負担をかけたりしたら、やっぱり前と同じかと思われてしまいます。

元カノのことは、見ていないようで意識しているもの。

他の人より細かい部分が目に付くのも、元カノだからこそです。

なるべく良い面が目立つようにしながら、お互いの短所はフォローするように焦らないことが大切です。

元カノ面してしまった


付き合っていたよしみで、相手のことは何でも知っているように振舞って失敗してしまうケースがあります。

男性にとっても女性にとっても、理解していてくれて嬉しいと感じることはあるものです。

しかし場合によっては、反発される可能性もあります。

線引きは難しいものの、一歩以上引いた姿勢で対したほうが相手も安心です。

人間関係ではお互いを尊重しあうことが重要なので、誰かの所有物になったように相手に感じさせる言動はしないほうが上手くいきます。

元カレ以外の人が一緒にいるシーンでも、元カノアピールしてしまうのは要注意です。

返信を急かしてしまったケース


メールやlineを送ったのに返信が来ないことは、珍しくありません。

誰にもそれぞれの生活や事情があって、できる範囲でメールやlineへの返信をしています。

我慢しきれず、「あけおめメールを送ったのだけど…」「返事をもらえたら嬉しい」などと送ってしまい、完全に無視されてしまうケースは避けたいところです。

あくまでも、相手からの自発的な連絡を待つようにしましょう。

急かされて慌てて考えた返信のメッセージは、十分に考える時間がなかったなりの内容になる可能性があります。

一番大切なのは、ぼちぼちやりとりを続けていくことです。

遅くても返信をもらえることに感謝し、簡単なメッセージでも楽しいキャッチボールになることこそ復縁の秘訣です。

年末年始や正月に久しぶりの交流再会をして徐々によりを戻す方法

初詣に一緒に行く


年末年始に元カレに連絡をして、初詣に誘ってみるのはグッドアイディアです。

もちろん最初に相手の予定を聞く必要はありますが、初詣くらいなら行ってもいいかという気になりやすいのがお正月の素敵なところ。

年末に「お正月、何してる?」と連絡したり、3が日が終わる前に「もう初詣に行った?」と聞いてみるとよいでしょう。

「初詣くらいは行きたいと思ってる」「まだ初詣にも行ってない」などと返ってきたら、「私もまだだから一緒にどう?」と軽く誘ってみてください。

タイミングよく会えればよいですし、断られたら終わりというわけでもありません。

相手にも、事情があるのです。

断られたら、軽く受け流してまた次の機会を探せばいいだけの話です。

初詣に一緒に行けるだけでもラッキーですが、運よくお茶や食事も共にできるかもしれません。

年越しそばを一緒に食べる


ちょっと大人な誘い方ですが、年が明ける前に会って年越しそばを一緒に食べるのも一案です。

年越しそばを食べるのは1年に1度しかしないことですから、前もって予定しておく人もいれば省略してしまう人もいるでしょう。

食べたいと思いつつも、気が付いたら年を越していたなんて人も珍しくないくらいです。

いきなり年越しそばを食べに行かないかと誘うのはハードルが高いものの、年末に何をして過ごすか聞いて軽く誘ってみる口実としては上出来です。

年が明ける前に1年のお礼詣でをして、そのまま初詣をする手もあります。

特別なおそばではあっても、庶民の日常食でもあるおそばを一緒にすすることで、和んだ会話が弾みそうです。

休暇後に会う約束をする


年末年始はゆっくりしたいという男性には、休暇後に会わないかと持ち掛けてみるとよいでしょう。

年が明けると、新年会やら休暇中の時間を取り戻すかのようにやることが増えるのが一般的です。

とはいえ、気分はまだまだお正月。

楽しく遊びたいという気持ちが、元カノと会ってみようという気にさせる可能性があります。

年始明けのお休みに会おうと誘っても、相手が具体的な日程を決めないようなら焦らないのが肝心です。

「いつにする?」と迫るのはやめにして、「どこに行こうか?」などと楽しい想像ができるように話を進めてみてください。

そろそろ決めなければと相手が出てきたら、日時や場所を決めて約束に持ち込めるでしょう。

お互いに楽しめることを順番に提案する


男女の付き合いは、お互いが程よくリードしあうと長続きします。

中には片方が強くリードすることで成り立っているカップルもいますが、そうしたカップルはそれで上手くいっているので別れることはないでしょう。

多くのカップルは、どちらか片方ばかりが何でも決めてしまおうとすると相手の気分を無視してしまいかねません。

全て一緒で満足というカップルは少なく、お互いが違う好みや考え方をしているのが当たり前です。

いつも相手を楽しませることばかり考えていても、自分が楽しめなくなってしまう可能性があります。

ちょうどいいのは、順番に楽しめることを実現していくこと。

今回は相手が楽しめることを優先し、次は自分が楽しめることを優先するというように2人で考えていけると理想的です。

常にバランスを保つことを大切にすれば、復縁しても上手く続けていけます。

家族や友達に協力してもらう


いつも2人だけで一緒に過ごしたり、何かあったときに2人だけで解決しようとすると、行き詰まりやすくなります。

友達や家族に協力してもらうと、自然な形で元カレと会う口実ができたり、復縁も無理なく上手くいかせることができます。

といっても仲の良い協力的な友達や家族がいてこその方法ですが、実際に家族がよく元カレを食事に呼んでくれて復縁したというケースもあります。

友達と一緒ならと、再会する気になってくれる男性もいます。

何度か会っているうちに、やがて復縁となる期待を持てます。

これも、負担をかけずに会ってもらいやすい方法としておすすめです。

みんなで会えたら、あくまでも仲間と楽しく過ごすことを最優先しましょう。

そのまま解散となっても、すぐに2人きりになろうとしたりせず、後日メールやlineをして「楽しかったね。また会えるといいな。」ぐらいのあいさつをしておくと元カレの気分が良くなります。

チャンスを無駄にしない!を合言葉に


あけおめメール・lineは、滅多にないチャンスです。

年に1度も会っていない人でも、当たり前のように連絡ができます。

復縁を強く匂わせないこともできる接触の機会として、上手く活用しましょう。

ただし、焦るのは禁物です。

些細なことでチャンスを無駄にはできないので、うっかりやらかしてしまいそうになったら「チャンスを無駄にしない!」を自分への合言葉にすると効果的です。

もしかすると、元カレのほうも復縁を考えることがあったかもしれません。

あけおめメールをしたときに、元カレの期待というチャンスを無駄にしないことも大切です。

相手の思い通りになるということではなく、2人で共に幸せな思いをするためにどうすればよいかを考えるとチャンスを活かすことができます。

貴重なチャンスを不意にしないように、事前の準備からしっかりおこないましょう。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「自然な流れを目指してゆっくりと復縁に漕ぎつけましょう」

占い師アリア
復縁を目指しているときは、焦らず慎重に事を進めることが大切です。
いってみれば、復縁までの道のりは流れる大河を向こう岸まで小舟で渡ろうとするようなもの。
自然の流れに逆らうと、激しい川の水流にのまれてしまうかもしれません。
自然の流れに従ってゆっくりと舟を漕げば、上手く向こう岸にたどり着くことができます。
あけおめメールやlineは、1年に1度きりのあいさつのチャンス!
貴重なチャンスを幸運に結びつけるためには、相手の立場や気持ちをよく汲み取る必要があります。
上手に舟のバランスをとって、元カレとの復縁に漕ぎつけましょう。

【期間限定・7月5日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 


占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!
無料復縁占い

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事