※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「スピリチュアル診断」をご利用ください。

「スピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

>>スピリチュアル診断で占う<<
アユミ
アリア先生、年下の彼氏と付き合うことになったんですが、いったいどんなことを思っているのかってわかりますか?
占い師アリア
あら、年下の彼氏と付き合うのね。おめでとう。
でもどんなことを思っているかって、どうしてそんな風に感じるのかしら?
アユミ
これまで年上とか同年代の彼氏としか恋愛経験が無くて、その、どうして年上の人が好きなのかなっていう不安がありまして…。
占い師アリア
なるほど、ちょっと年が離れていると考えの違いとかも出てくるものね。
アユミ
そう、そうなんですよ!話題がある程度被っているのは良いんですけど、被らない部分もありますし、何より同年代でもっといい子がいるんじゃないかっていうのもあって。
占い師アリア
うんうん、それで彼が恋愛中にどんなことを考えているのか知りたいのね。
アユミ
はい!あと、年下の彼氏と付き合うのは初めてなので、何か知っておくべきことってありますか?
占い師アリア
そうね、年下の彼氏と交際するときに理解しておくべきことはいくつかあるわね。あとは別れる前の対処や振られた時の対処法なんかも一応教えておきましょうか?
アユミ
はい!それも含めて教えてください!よろしくお願いします!

年下の彼氏が年上の女性との恋愛中に感じている心理

男としてしっかり見てもらいたい


何歳か年下の彼氏と交際することになる女性も多く、今では年の差カップルなんて全く珍しくないものになっていますが、実のところその年齢差が色々と不安をもたらしてしまうという女性も少なくありません。

特に年齢差が5歳以上になると、お互いが話す内容も大きく違ってくることも多いですし、ジェネレーションギャップを感じて彼と別れたほうがいいんじゃないかと感じる人も少なくないでしょう。

では、そんな年下の彼氏が年上の女性と恋愛している最中にどんなことを感じているのか、その心理の一つが男としてしっかりと見てもらいたいという欲望めいた心理です。

彼女の方が年上の場合、年下の男性はどこか自分が子ども扱いされているのではないかという感覚や、その他にも女性の方がしっかりと動けるからこその余裕を感じてしまい、自分が頼りない男であったり、そもそも男として見られていないのではないかという疑心暗鬼に陥りやすくなってしまいます

交際しているからにはもともと異性としてきちんと女性は扱っているつもりであっても、ところどころ出てくる年下だからこその何か、それが男性の心を少しずつ蝕んでしまうのです。

だからこそ、せめて交際しているからこそ女性にはきちんと自分を一人の男として見てもらいたい、そして若い人であれば年上の女性と肉体関係を結びたいという気持ちも合わさって、どんどん努力しようとしますし、何より女性よりも甲斐性のある男になってきちんと意識してもらいたいという気持ちや心理は決して消すことができないまま、ずっと交際中も持ち続けていくでしょう。

大人な彼女に見合う男になりたい


年上の女性と交際している男性にありがちな心理の一つが、大人な彼女に見合う男になりたいというものです。

デートや食事のときなどに、どうしても感じる大人だからこそ、年上だからこそのギャップというものがありますが、それに心打たれるような好感を持つこともあれば、逆に自身に対して「この人には自分は子供すぎるのではないか」という不安を持たせてしまうことも良くあります

中でも年上の恋人と釣り合わないのではないかと感じるものの代表格が服装や車といったもの。

どうしても年齢に相応の服装やメイクをするとなると、男性よりもずっと大人っぽいものになってしまうこともありますし、職種が同じであったとしても資格や勤務年数によって給金も大きく変わってくるので車なども所有していてもグレードが違うなんてこともざらです。

これが年上の男性であれば憧れるだけで終わるのでしょうが、年上の女性ともなると恋人でもある年下ん男性からしてみれば憧れると同時にどうしても劣等感を感じてしまう原因になってしまいます。

場合によってはデートの費用も女性の方が多く出してしまうなんてこともあり得るため、男性としては思うところが出てしまうのもまた、この心理につながっていくのです。

年上の恋人は確かに魅力的なところが沢山ありますが、年下の男性にはどうしても釣り合わない部分が出てきてしまいかねない所もあるからこそ、余計に「彼女に釣り合う男になりたい」「恋人として恥ずかしくない、見合う男になりたい」という心理は強くなっていきます。

大人の余裕があると感じる


年下の彼氏が年上の彼女と交際する時、いつも感じることになるのが大人の余裕があるという感覚です。

年上の彼女側からしたらそうでもないのかもしれませんが、時折年齢差なんて関係ないくらい同じもので盛り上がれる機会があったとしても、やはり年上の女性はある程度いろんなことを経験済みなので、年下の男性がどうしてもてこずってしまうところをあっさりとサポートしたり、自主的に行動してどうにかしてしまうなんてことはたくさんあります。

仕事の中でも、デートなどにおいてもどうしても彼女が年下の彼氏よりも色々と優れてしまう、余裕ができてしまうのは仕方のない事です

けれど、この余裕を好意的に見るか、それとも自信の無さにつなげてしまうかというのは男性によって違います。

人によってはその大人の余裕が良いという人もいるでしょうし、一人余裕があって焦ってしまう自分が馬鹿みたいに感じてしまうなんてこともあるでしょう。

余裕があるように見えてそうではない女性もいるのでしょうが、他人から見てみれば余裕があって羨ましいと感じる何かになることだってあります。

余裕があるように見える、または実際に交際している最中に余裕があるなと感じられることによって、彼の心理もまた良い方にも悪い方にも変わってしまい、その結果色々と考えてしまう部分が出てしまうのは仕方のない事なのかもしれません。

けれど、その余裕のある状態が好ましいと感じるからこそ、その余裕の中に時折出てくるできないからこその焦るギャップなどが好ましくて交際している年下の男性がいるのも事実ですから、そのあたりは本人の感覚にもよるでしょう。

同年代や年下の女性にはない良さがある。年上の彼女が好きな理由

リードされたい


年下の男性と交際するにあたって、どうして年上の自分を選んでくれたんだろうと疑問に思うものですよね。

実際、彼の周りにはあなたから見ても素敵な同年代の女性や年下の女性が沢山いますし、中には彼に対して好意を持ってアプローチを仕掛けている人もいるかもしれません。

ではどうして年上の女性が交際するにあたって選ばれたのか、そんな年上の彼女が好きな男性の理由は様々ありますが、まず一つにリードされたいというのがあるでしょう。

交際関係になると、基本的に男性がリードするのが一般的です。

男女ともに男がリードしてくれるものと考えている人は多いでしょうし、中にはあまりリードするのではなく、相手にリードされたいなと考えながらも仕方なしにリードしなければならないと思っている人もいるでしょう。

しかし、年上の女性が相手となるとこれがまた違ってきます。

相手の女性は年上である程度経験があるからこそ、自分が引っ張っていかなければならないと感じるところではきちんと動いてくれますし、人によっては間違った方向へ行こうとするのを頑張って引き留めて軌道修正させようとすることだってあるでしょう

このように男性がリードする機会が減り、男女ともにリードしあったり、女性側が一方的にリードして男性を引っ張る機会がどんどん増えていくのです。

こうした相手側にリードしてもらいたいと考えている男性が、年上の女性と交際したいと考えることは多く、自分よりも社会経験があるからこその点に期待して、リードも何もかもしてほしいと思う人は年上の女性に対して好意を伝えていきます。

彼女に気兼ねなく甘えたい


年上の女性に対して好意を持ち、付き合いたいと思っている男性の中には気兼ねなく女性に甘えたい、彼女に甘えても恥ずかしくない状態になりたいというものもあります。

男性としては好きな女性の前では格好良くいたいという思いが強くありますが、それと同時に彼女に甘えたいなという気持ちがどこかしらにあるものです。

けれど、彼女に無様な姿を見せたくない気持ちと、何よりも甘える自分を見てイメージと違うからと嫌われてしまうかもしれない恐怖があるからこそ、甘えたくても甘えられない状態にやきもきしている人もいます。

中でも彼女が同年代や年下である男性ほどその気持ちがあり、甘えても大丈夫なのかもしれないけれど、年上なのに、男なのにといった感想を抱かれてしまうのはなるべく避けておきたいと思うので、どうしても甘えられずに強い男性を演じるのです。

しかし、その甘えたいという気持ちを叶えられるのが年上の女性と交際することになります。

年上の女性は包容力や余裕があって、年下の男性が焦っている時や参っているときなどには上手にそれを吐き出させ、そして支えようとしてくれますし、同時に甘えても何も咎める事は無いというイメージがあるのです。

実際、年上だからこそ甘えられると甘やかしてしまうという女性はいますし、特に兄弟姉妹の中でも姉であるという女性はその傾向が強く出やすく、家族や弟妹から甘えられたときに甘やかすような感覚に近いので、何にも考えずに甘やかしてくれます。

こうした甘えても大丈夫という考えやイメージがあるからこそ、甘えん坊な性格の男性や甘えたいなと強く感じる男性は年上の女性を恋人に選びたいし、好きになりやすい傾向にあるのです。

年下の女性とは価値観が合わない


年上の女性と付き合いたい、年上の女性がいいという男性の中には年下の女性とは価値観が合わないというのも理由の一つになります。

年齢が離れると話をするのにもいくつかギャップが出て来てしまい、かみ合わないことも多いのですが、年下の女性は男性にとって特にその価値観の合わなさが出てきてしまいやすい一面も持ち合わせていることが多いです。

実際男性の中には将来のことを考えて同年代や年下以上に勉強や知識を深めたり、仕事を頑張ったりして価値観が年上の人と同様の人もいますし、中には年下の女性自体を恋愛対象として見ることができない程苦手な男性もいます

そうした苦手意識や話のかみ合わなさを一度でも感じてしまうと、本当は年下の中にも話が合う人がいるかもしれないけれど、そんな低い可能性を探すよりも年上で話の合う女性を見つけたいと思うのが自然です。

実際に年上の人と話してみて、価値観も話も合うとなれば素敵な女性がいればアプローチしようとしますし、年下の男だろうと関係ないとばかりに攻めていく人だっていますが、その根底にあるのは将来のことを考えれば誰だって苦痛なく話ができる人を選びたいと感じるものでしょう。

こうした自身の価値観との合致しやすい人、話が合う人を選んでいるうちに年上の女性が魅力的に感じて、年上のあなたを選んだという男性もいるのです。

誰だって交際はもちろん、結婚に関しても考える年齢にもなると生活を一緒にするうえで過ごしやすい人、話しやすい人を選びたいものですから、余計にこうした事情を抱えている男性は年上の女性を好きになりやすい傾向にあります。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

付き合い続けるなら知るべし!めんどくさいけど理解すべき年下彼氏の傾向

子ども扱いすると怒る


年下彼氏がどうして年上の女性を好きになったか、恋愛中にどういう心理を持っているのかをある程度知ることはできましたが、そんな年下彼氏は時折交際中に女性側が面倒だなと感じるような反応をしてくることもあります。

そんな面倒なことはいったいどういう傾向のものなのか、それを知っておくと交際する前であれば十分な心構えになりますし、場合によってはどうすればいいのかという対処法を考えるきっかけにもなるでしょう。

では、どんな面倒な傾向を持っているのか、そのうちの一つが子ども扱いすると怒るというものです。

交際している以上、お互いは対等に近い関係で、きちんと恋人であるという自覚をお互いは持っているものですが、時折年齢的な壁や経験の差が如実に現れる出来事が出てきてしまうのは仕方のない事ではあるのですが、そうしたもので精神的に未熟に感じられることも多くなります

場合によっては年下であるという年齢的なものを言葉にすることも含めて、彼女側の対応を「自分は子ども扱いされている」という感覚でとらえる男性もいるのです。

そのため、子ども扱いされた、年下扱いされたということに腹を立てて怒ってしまう男性もいるということは頭に入れておきましょう。

あなたは単に相手をからかいたい一心だったかもしれませんし、何も考えずにふと言葉にしてしまっただけで相手を傷つけたい意思はこれっぽっちもなかったとしても、男性の方は深く傷ついたり、馬鹿にされたと感じたりします。

ちょっとした言動でその怒りが即座に出てくる男性もいますから、年下だからと言っても年齢的なものや経験の差に関する言葉はなるべく言わないようにするなどの配慮が必要になる場合も多くなるでしょう。

遊びたい年齢である


年下の彼氏と交際するにあたって年上の女性が心構えをしておかなければならないのが、彼氏がまだ遊びたい年齢であるということです。

貴方の年代はある程度落ち着いて、遊ぶことも少し控えめになっているのだとしても、彼の年齢はまだまだ友達や会社の同僚などと遊びたい盛りの年齢である可能性があります。

そのため、彼女側からの遊びの頻度へのお小言が嫌になってしまい、それをきっかけに喧嘩になったり、果ては浮気に走る年下の彼氏も少なからず存在しているのです。

あなた自身が束縛したつもりは無くても、まだまだ遊びたいときにそれを控えるようにというお小言の様に聞こえてしまう言葉は彼にとって思春期の息子に小言を言う母親の言葉のようにも捉えられてしまいかねません

下手をするとその一言がきっかけになり、あなたを年上の恋人ではなく恋人という名の母親のようなものと意識してしまいかねない事態に陥るケースもあります。

そのため、年下の彼氏が何歳なのかをよく考えて、まだその年齢のころに自分や周りは遊びたい盛りだったか、その時の恋人や自分は友人たちと遊ぶ頻度はどうだったのかということも含めてよく考えてみましょう。

あまりにも遊ぶ頻度が高いため、浮気に走る可能性があると思うのであれば交際自体を見直してみるきっかけにもなるかもしれませんし、その頻度に関しての問いかけに彼がきちんと答えて控えてくれるのであれば話し合うことで分かり合い、そしてお互いが嫌だと思うところをきちんと改善していける良いカップルになれるかもしれません。

ただ、あなた自身が落ち着いているからと言っても、年下の彼氏はまだまだ友達たちと遊んで回りたい年齢である可能性もあるというのは念頭に入れておきましょう。

経済力があまりない


年下彼氏と交際するにあたっての面倒事の一つが、経済力の違いです。

働いている年齢にもなると、職種や資格、そして勤務年数によって彼氏と経済力が圧倒的に違ってくるというのは良くある話で、実際そうした話を耳にするのも珍しくありません。

現在では主夫として男性が家を支えて女性が働きに出る家庭もありますから、さほど珍しくはないのでしょうが、恋人関係であるとこの経済力がもろに直撃するのがデートの時です。

彼女の方がお金があるから、給料が高いからという理由で、年下の彼氏にあなたが奢らなければならない事態がいくつか出てくるのはもちろんですが、経済的に不安を抱える事態に陥っている場合、結婚などの将来的なものに関しても不安を抱えてしまいかねないケースも沢山あります。

もちろん、男性の方も好きな女性に甲斐性のない男だと思われたくないことからも、奢ることもあれば割り勘にすることもあるでしょうし、そもそも会計を別々にすることでそうした金銭面におけるいざこざを無くすカップルもいるでしょう。

けれど、どうしても金銭的にも未熟であるからこそ女性側が負担しなければならない部分も出てきてしまいますので、その点に関しては交際前に念頭に入れておくべきです。

年下でもあなたより勤務年数があったり、資格などによって収入は十分にあるという人もいますが、ある程度の不安を覚悟して交際を検討しておくのは悪くありません。

そもそも、そうしたプライベートな部分に関しては交際後に発覚するのが当たり前のことですので、貴方が無理しない程度に負担できるのはどのくらいなのか、思い切って割り勘やデートなどにかかる費用は交互に負担するといった約束をするなどの方法をある程度考えておき、交際後に彼に提案するくらいはしてみても良いかもしれないでしょう。

一方的に金銭的に負担をかけるのではなく、お互いが負担し合える関係になれるように努力するのはもちろんですが、その収入などにおける差をあまり気にしないようにするためにはどうするべきかを考えるのも重要になります。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

年下の彼氏と関係悪化・別れそう…危機を回避する方法

無理に追いかけたりしない


年下の彼氏と交際したとしても、そのあとはさほど普通のカップルと変わりません。

多少年の差におけるいざこざや考え方の違いでぶつかる事もありますが、良好な関係を築くことができるカップルもいれば関係が悪化して別れそうになってしまうカップルもいます。

そんな事態に年下の彼氏に陥ってしまった場合、どうすればその危機を回避できるのかも知っておきたいですよね。

別れそうになった時、その危機を回避するためにはまず相手を追いかけたりしないというのが第一になります。

女性は離れていこうとする男性を追いかけてしまうのが常ですし、距離を置こうとしている男性を繋ぎ止めておきたくて頻繁な連絡や強引に話し合いに引きずり出そうとしたりといろいろとしてしまうことも多いです。

けれど、そうしたしつこく追いすがってくるような女性の姿は男性に対して悪印象に映るだけでなく、早く離れなければならないという印象を植え付けるだけになってしまいます

こんなにしつこい女性だとは思わなかったという気持ちを抱くこともあるでしょうし、鬱陶しいと感じてしまったりしてしまうことだってあるでしょう。

だからこそ、無理に追いかけてしまうと逆効果になってしまうので、下手に追いかけないようにするのが一番です。

少し距離を置こうとする男性に無理に距離を縮めたりせず、まずは彼が一息できる距離感を作り、そのうえで自分に非が無かったか、それとも何か彼に変化があったのかをよく考える期間にもしてしまいましょう。

あなた自身も自分を見つめ直すための期間、彼も一度距離を取ってあなたに対しての好意がちゃんとあるのかを確認する期間を作ることにすれば、追いかけようとする自分を自制することもできます。

年上だからこその包容力を見せる


年下の彼と険悪な空気になってしまった、追いかけたいけれどどうすればいいのか分からない、そんな状態になったときには、まず彼の好きなようにさせてあげましょう。

場合によっては彼に対して真意を聞き出すことも必要になります。

別れたいの?という一言を言うのはとんでもなくつらく、重たいものになりますが、貴方の方からリードして言葉を引き出してあげなければならない機会も必ず訪れるというのは頭に入れておきましょう。

それほど険悪になっていない、まだ彼が距離を置き始めているという状態であれば、あえて年上としての包容力を見せるのも一つの方法になります。

包容力の見せ方は様々ですが、彼の好きなようにさせてあげ、そのうえで彼と話す機会があったのであれば、彼の言葉を拒絶せずにしっかりと聞いてあげてください

彼が言いたいことを何もかも受け止めてくれる姿を見せるというのは、包容力の一つにもなりますから、信じて彼を放置するように距離を取ることも、彼と話し合う時に彼から出る不満を全て受け止めるというのも方法になります。

あなた自身がどう包容力を示すのかで彼の思いも違ってくるでしょうから、年上だからこその包容力をあなたがどう見せるのかをよく考えてみましょう。

ただ、この時に気を付けておきたいのが相手のことを年下扱いして、子ども扱いしてしまいかねない言葉を伝えてしまうことです。

話し合いにおいては冷たく接するのはもちろんNGですが、相手が年下であるということをあなたが心のうちで思って平静に保とうとしても、それを言葉には絶対にしないように気を付けてください。

しばらく放任する


年下の彼氏と険悪になってしまったり、別れてしまいかねないようの事態に陥ったのであれば、あえて放任するのも一つの方法になります。

離れていきかねない人を放任するのはとても勇気がいることでしょうが、彼は今あなたに追いかけてほしくない気持ちでいっぱいです。

貴方と一緒にいることで年下である自分に劣等感を抱いていたり、まるで母親や姉のように接してくるあなたの傍にいるのがあまりにも苦痛に感じられていたりと、どうしても距離を置いて一度あなたへの嫌悪感をリセットしたいと思っています

もちろん、その他にも色々と理由があるのかもしれません。

大事な仕事を任されてその仕事にかかりっきりになってしまうため、そちらに集中したくて離れたいと思って疎遠になっているのかもしれませんし、その他にも彼なりに悩んでいることがあるのでしょう。

それを聞き出せるかどうかはわからないものの、聞き出せないのであれば彼が戻ってくるというのを信じてそのまま離れていく彼を放置するのも方法なのです。

もちろん、完全に放置してしまえばそのまま自然消滅してしまいかねない可能性も出てきますが、それでも信じて待ってみましょう。

彼はすでに一度甘えられる年上の女性の魅力を知っているからこそ、離れがたいと思っている部分が必ずどこかにあります。

甘えて良い、包容力のある女性から一人離れていくというのは彼にとっても苦渋の決断になりかねない部分があるので、意外と一度放置するとやっぱり寂しくなって戻ってくるということも多いです。

彼を信じて待てる余裕がある、そして彼自身との距離を一度見つめ直したいと思っているのであれば、あえて彼を放任してしまうのも方法だというのは覚えておきましょう。

年下彼氏に振られた…別れた後に年齢差を超えて復縁する方法

振られた原因を追究し、改善する


年下の彼氏から振られてしまった、そんな時に女性は二つの選択肢が提示されます。

一つは年齢差もあるからこそ諦めてしまうこと、もう一つは年齢差を気にせず諦めないことです。

けれど、年齢差があるというのは復縁においてもマイナスのイメージがついてしまいがちで、女性自身も年上の自分が縋るように追いかけるのはどうなんだろうと思ってしまうことも多々あります。

それでも復縁したいという気持ちが強いのであれば、まずは振られた原因について追及し、それを改善するための努力をしましょう。

別れるときにはその時の状況にもよって違うものの、たいていは自分のどこが悪かったのか、何を直せばやり直せると思うかというのを聞くことが多く、そうでなくても彼氏の方から何が無理だと思ったのか、なにがきっかけで別れたいと思ったのかを口に出していることが多いです。

口ではなくてもメッセージなどで、そういうところが無理というようなあなた自身の欠点や嫌悪感を抱いてしまう何かに対して示すこともあります。

その嫌なところは相手にとってどう見えていたのか、自分はどういうつもりでそれをしていたのか、そういったところをきちんと追及してみましょう。

まずはその追求から始まりますから、あなた自身が軽い気持ちであったとしても相手側はそうではなかったなんてことも良くありますから、よく考え、追及し、そのうえでどう改善するかを考えるべきです。

もちろん相手側にも嫌なところはあったでしょうし、あなた自身も思うところがあったでしょう。

けれど、復縁したいと思うのであればまずその思うところを心のうちに沈め、彼が復縁したい女になるために改善する努力をしていくことが先決です。

より自分を磨く努力をする


年下彼氏の気持ちを取り戻したいと思っているのであれば、別れた時の原因の改善はもちろんのこと、それと同時に自身を磨く努力も忘れてはなりません。

あなたは年上だからこそ、年齢差がどんどん外見に現れていきます。

年齢相応に見えない美貌になるための努力ではなくても、年齢相応にしてはとてもきれいな女性になるためには努力が必要不可欠。

あなた自身がその努力を怠れば、せっかく別れた原因を改善したとしても外見的な理由から、彼に復縁を迫ったとしても断固として拒絶されてしまう可能性があります。

外見的なものよりも内面を重視しているという人も多いのですが、人間の第一印象はほぼ外見が占めていると言っても過言ではなく、あなた自身の内面や改善したことへの評価は後からついてくるものです。

なので、外見的にも今よりもずっと劣ったものになってしまうと、そもそも再会したときなどに拒否されてしまう可能性が否めません。

なので、外見的にも内面的にもきちんと自分を磨く努力は続けていきましょう。

もしもあなたが彼と復縁できなかったとしても、その時の努力は決して無駄には終わらせないために、あなたが理想とする自分をモデルに自分磨きの方向性を決めてください。

その努力の結果を素敵だと思うかは彼次第ではありますが、彼好みの自分になるための努力は彼が復縁要請を蹴ってしまえばそこまでになってしまうものですので、まずは自分がなりたい素敵な女性の理想形をきちんと具体的にしてどう努力していくのか方向性を決めましょう。

前向きに考えるのであれば、自分が努力している時間は復縁のアプローチをかけるための冷却期間の様なものです。

この努力が形になった時、あなたの理想に大きく近づいた時こそが冷却期間が明ける時になると考えれば、努力もしやすくなるでしょう。

ばったり会ったときには居心地よくしてあげる


年下彼氏と別れ、そして復縁したいと思っているのであればばったり会った時などにも彼に配慮してあげるのが良いでしょう。

配慮と言っても色々あるかもしれませんが、まず第一に彼が気まずい思いをしないように配慮してあげるというものです。

彼自身も別れた彼女に会うというのはとても気まずい事であると分かっているからこそ、おかしな感じになってしまっていることも多く、周りの人がむしろぎくしゃくしてしまうなんてことも良くあります

共通の知り合いや同僚などがいるのであればなおのこと、どう接していいのか分からなくなってしまい、彼自身も気まずさからもう二度と会いたくないと思い、復縁するためのチャンスを逃してしまうことも考えられるので、彼に配慮して居心地の良い空間にしてあげるのはとても大きなチャンスにつながるのです。

彼にもう一度会いたいと思わせることもできるでしょうし、場合によってはあなたに対しての悪印象を大きく覆すことだってできます。

彼にもう一度と思うのであれば、会った時の空気の良さは非常に大きな意味を持つでしょう。

ちょっとした気遣いはもちろんですが、その他にも空気を良くするための工夫はたくさんあります。

ただし、恋人として接していくのは絶対にいけません。

彼の方からしてみればすでに別れた恋人であり、馴れ馴れしく接してこられると逆に困ってしまう相手があなたです。

あなたも自分が限界を感じて振ったはずの元彼が未練がましく馴れ馴れしい態度でこちらに来ると困ってしまうと感じるのと同じで、彼もまた元カノであるあなたに出会った時点で気まずい思いをしているはずなのに、さらに馴れ馴れしく接されても困ってしまいます。

そして逆に冷たく接するのもいけません。

冷たく接することで彼はあなたがすでに自分に関心が無い、むしろ恨んでさえいるかもしれないと思ってしまうので、復縁のせっかくのチャンスをつぶしかねなくなってしまいます。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「年下の彼氏と接するときにはほどほどが一番。彼の年齢も考えて少し言葉や態度を選ぶ必要もあるかも」

占い師アリア
年下の彼氏ができえると、その年齢差や考え方の違い、ジェネレーションギャップともいえるその大きな差が立ちはだかってしまうものです。

けれど、彼氏はあなたが良いと言って選んだわけですから、あなたが無理に大人ぶってリードし続けなければならないわけではないので、彼氏と一緒にいろんな話をしながらその時々で大人としての対応と恋人としての対応を使い分けるような感覚でいるのが良いでしょう。

あまり大人ぶって余裕を持ってしまっても悪い方に受け止められることもあれば、相手自身が年下の自分は釣り合っていないと自己嫌悪してしまうこともあります。

彼がどんなタイプなのかわからないうちはほどほどに、そして年齢差をものともせずに一緒に楽しめるようなカップルでいる方がずっと長続きするでしょう。

ただ、やはり年下の彼と一緒に楽しめる何かというのは違ってくることが多く、話や態度でもあなたの方が年上であることが如実に出てしまうことが沢山あります。

そういう時には少しだけ言葉を選んで彼が子ども扱いされている、年下扱いされているという感覚を減らそうとする努力をしてみるのもおすすめです。

態度や言葉一つでも交際を長続きさせるためのヒントはたくさん転がっていますから、彼がどういう扱いをしてほしいのかをチェックしながら、良好な関係を築ける対等な恋人になっていきましょう。

【期間限定・2021年4月25日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事