※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

こちらは占い師マダムアリアの公開復縁占いのページです。

LINE@で実際に占ってほしい方を募集し、サイトで公開するという条件付きで、無料鑑定をさせて頂いております。

※個人が特定できないよう匿名でご応募して頂いておりますが、個人が特定できる内容が含まれていた場合は、事前にこちらでご相談内容を修正しております。

2019年5月19日・マダムアリアの公開占い

匿名希望(F)さん

アリア先生はじめまして。

 

辛い失恋を経験したので相談させてください。

 

私は27才の女性です。

 

彼とは小学校から高校まで一緒の幼馴染で、昔からよく知っている方です。

 

ずっと私に片思いしてくれていたのを知っていたんですが、学生のころは友達以上に思えなくて告白されても断ってきました。

 

大人になってからは疎遠になっていましたが、それでも地元に帰る時や年に1、2度の連絡は取り合っていました。

 

24才の時にお互い恋人にフラれたことが分かり、電話で慰め合っていたときに改めて告白され、付き合う事になりました。

 

付き合ってからはちょっと距離があるので会えるのは月に1回くらいでしたが、何かあればすぐ電話し合うような仲良しカップルでした。

 

友達に話すと「もう夫婦だね」と言われるような、そんな気心の知れた関係だったんです。

 

ただ、今考えると、気心が知れているというよりは私がわがままを彼に押し付けているだけだったと思います。

 

私は彼が自分のことをずっと好きだったのを知っていたので、どこか傲慢になっていたんだと思うんです。

 

彼がすぐ電話に出ないと怒ったり不機嫌になって黙り込んだりして、彼がなだめてくれるのを当たり前のように待っていることがよくありました。

 

久しぶりに会えた時もご飯に行ったお店が混んでいて並ばないといけないと分かると「予約しといてよ!」と怒ったり、ことあるごとに彼のせいにしていました。

 

彼が謝ってくれるのが当然だと思っていたんです。

 

そんな雰囲気で2年くらい経ったころ、彼の様子がおかしいのに気付きました。

 

私と会っても目を合わせないし、その頃から彼発信の電話もぐっと減ってしまって。

 

それに気づいた週の日曜、お互い休みの日に私はいつもの調子で怒りながら彼に電話を掛けました。

 

最初は今日何しているかなどの話をした後に不機嫌な声で「最近おかしくない!?」と聞いてみると、電話口の向こうで彼が黙ってしまったんです。

 

黙ってたんじゃわからないよ、何か話してよ!と言ってみても何も聞こえてこず。3分くらい待っていたら、彼がすすり泣く音が聞こえてきました。

 

普段ほとんど涙を見せない彼なのでこれにはびっくりして、何かあったのかを聞いたら、泣きながら「●ちゃん(私です)の恋人でいる意味がわからなくなっちゃった」と言われて…

 

どんなに考えてデートプランを準備しても、楽しく電話しようと思っても、最終的に私を怒らせてしまう。それに疲れた…と話していました。

 

恥ずかしながら、その時初めてそこまで彼を苦しめていたことに気づいたんです。

 

これまでごめんね、気づいてあげられなくてごめんね、とたくさん謝ったんですが、彼の心はもう折れちゃったみたいで…これまでの関係でいるのは無理、とはっきり言われました。

 

その日からもう2ヶ月が経ちました。

 

たまに寂しくなって彼に電話してしまうんですが、冷たい声で対応されてすぐ切られちゃうので余計に悲しくなります。

 

ごめんねのLINEも長い文章で送ったんですが、既読はつけてくれたものの返事なしです。

 

これまで彼がどれだけ辛い思いをしてきたのか、毎晩振り返っては泣いてしまいます。

 

もう彼のことを傷つけないって絶対約束するからなんとか戻ってきてほしいです…

 

私の願いは叶うでしょうか?

占い師アリア
こんにちは、マダムアリアです。

 

元は幼馴染みだった彼とのこれまで、じっくり読ませてもらいましたよ。

 

あなたのことはここではFさんと呼ばせていただきますね。

 

彼にたくさんのわがままを言ってしまったそうですが、Fさんはそれが当然のように感じていたとのこと。

 

きっと、彼にわがままを言い、受け入れてもらったり叶えてもらうことで自分自身が愛されていることを確認しようとしていたのでしょう。

 

Fさんの心を視させてもらったところ、とても寂しがりのあまのじゃくさんが潜んでいますね。

 

そのあまのじゃくさんは、こう叫んでいます。

 

「私を好きならもっと頑張ってよ!」

 

「私のことが大切だって証明してみせて!」

 

愛されていることのしるしや形を求めているご様子。

 

Fさんの心のなかにいるこの存在は、Fさんの本音そのものです。

 

おそらく6〜7才ごろ、仲の良いお友達を失ったような経験はありませんか?

 

私達は親友、そう信じていた子から嫌われたり裏切られたりした経験があるようにお見受けします。

 

その時のショックから、人からの好意をただ純粋に信じるのが怖くなってしまったのでしょう。

 

その思いがあって、彼にも愛情を試すようにわがままを言ってしまった。

 

率直に言えば、今頃彼のプライドはズタボロです。

 

でも、プライドというのは不思議なもので、傷つけられた対象と向き合って成功を収めることが一番癒やされる方法なのです。

 

彼の心を視てみると、傷を癒やしたい思いが強いご様子なので、大丈夫。

 

このまま待つだけで、Fさんの復縁は叶うでしょう。

 

むやみに電話するなど接触しようとしないほうが、彼のほうからスムーズに戻ってきてくれますよ。

 

1ヶ月はかからないはずです。

 

ですから、その期間はなんとか彼への連絡は我慢しましょうね。

 

不安でお辛いと思いますが、彼が戻ってきてくれたらしてあげたいことを考えていれば、時間はすぐに過ぎていくでしょう。

 

ただ、Fさんの場合、彼が戻ってきてからが本番です。

 

すぐにまた胸の中のあまのじゃくさんが暴れだしてわがままを言いたくなります。

 

そのの心を乗り越えるために、あるお守りを作ってください。

 

5センチ四方の白い紙に、彼にしてあげたいことを10個、グリーンのペンで書きます。

 

書いたらその紙を文字を書いた側を内側にして4つ折りにし、赤いミシン糸くらいの細さの糸で縛ってください。

 

それをお気に入りのハンカチに包んで、枕の下に置きましょう。

 

彼にしてあげたい10個のことがすべて達成できたら、また新しい内容でお守りを作り直してください。

 

これがあれば、彼を大切に想う気持ちが勝つので、自分のわがままが表に出てきにくくなります。

 

おまじないで自分の心をコントロールしながら、戻ってきてくれた彼を笑顔にしてあげられる彼女になりましょうね。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス

占い師アリア

あえて何もしないほうが、彼のほうから戻ってきてくれる縁というのもあるもの。

 

そういった縁の場合、別れを繰り返さないことが最も重要な課題になります。

 

自分の心をコントロールするすべを知り、復縁やその先の幸せなお付き合いに備えておきましょう。

 

また似たような状況の方は下記の記事も是非参考にしてくださいね。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

再抽選希望・新規公開占い希望の方へ

今回、公開占いの抽選に当選しなかった方でも、再度新しい現状のご相談をお送り頂くか、「再抽選希望」とお送り頂ければ次回の抽選にエントリーされます。

ご希望の方はLIME@よりご連絡をお願い致します。

友だち追加

【期間限定・6月30日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 


占い師マダムアリアがあなたの復縁を公開鑑定!
無料復縁占い

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…と悩んでいませんか?

こちらのLINE@にこれまでの経緯や悩みをお送り頂くと、抽選でプロの占い師マダムアリアが無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後をこちらのサイト上で公開します。

大人気の鑑定を無料で受けられるこの機会に、ぜひ抽選へご参加ください。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事