※この記事を読む前に必ず読んでください。

彼との間に、運命的な繋がりを感じていませんか?

今訪れている試練は、2人が「ツインレイ」だからかもしれません。

「彼は今、私をどう思っているの?」

「彼から連絡は来る?復縁できる未来はやってくる?」

「何をすれば彼からもう一度求められるの?」

「私たちはツインレイ…?もしそうなら彼に気づいてもらうには?」

これらの答えは、スピリチュアルの世界から2人を見ればすぐに分かります。

真実を明らかにする「神言鑑定」で、あなたが復縁できるかどうか・知りたい事や知るべき事が書かれた鑑定結果を今すぐお受け取りください。

>>【初回無料】神言鑑定で占う<<
 

アユミ
アリア先生、男性が別れを決めたら簡単には覆らないと言いますが、それは本当なんですか?
占い師アリア
それは男性によって違うと思うけれど、確かにもう別れるとはっきり決めたら簡単にはそれを覆してくれない人は多いわね。
アユミ
うーん、そうなると別れる別れないでかなり揉めそうですよね。女性の方も別れる意見に賛同していたらあっさり破局になるかもしれませんが。
占い師アリア
ええ、かなり結末が両極端になることが多い男性の決断や決意の固さになるわ。
アユミ
でも、そんな男性が覆さない心理ってどんなものなんですか?決断したときに取る行動なんかも知っておきたいです。
アユミ
実際私の恋人がその状態になった時のための参考にしたいなと思って。
占い師アリア
いいわよ、同時にもうやっていけないと思ってしまう瞬間や、もう一度やり直してみようと思うきっかけなんかも一緒に知っていきましょうね。

目次

男が別れを決めるのはこんな時!彼女とはもうやっていけないと感じる瞬間

他人の悪口や愚痴ばかり言う


別れると決めた男性が固く決意したその意思を覆すのはあまりないと言われていますが、そこまで強く決意してしまうのはどんな時なのかを知っておくのも必要です。

彼氏たちには彼女とはもうこれ以上一緒にいるのが嫌だと感じる瞬間が必ずありますので、それこそが強く別れを決意するきっかけになります。

そんなきっかけになりうる瞬間の一つが、他人の悪口や愚痴ばかりの会話、または一方的な言葉をとにかく聞くはめになった時です。

彼氏が彼女と会おうとしている時、話そうとしている時と言うのは彼女と会って話して、いろいろと癒されたいなと思っている時でもあります。

けれど、いざ癒されようと思って始めた会話で愚痴や悪口ばかり聞こえてくると、嫌な気分になるのはもちろんこと、自身の彼女はこんな人だったのかと幻滅する思いが芽生えてくるのです。

他人の悪口や愚痴といったものは、聞くだけでもエネルギーを必要としますし、何よりもひたすらに愚痴や悪口を言って自身の不満をひけらかす彼女はどう見てもみっともない、一緒にいると恥ずかしいと感じます。

確かに生活をしているとどうしてもどこかで自身が不満を感じたり、他の誰かに嫌な気分を覚えたりするものです。

癒されたい気持ちの強い彼であるほど、その時に愚痴や悪口を言ってくる彼女に対して、「これはもう無理」と関係の解消を強く考え、決意するに至る様になるケースが多くなります。

愚痴や悪口をつい言ってしまったとしても、ごめんねと一言言ってすぐに口をつぐみ、他の話題に移行できれば問題ないものの、それができないのであれば一気に幻滅されてしまうでしょう。

連絡してもほとんど返信が無い


別れを決意したとき、なかなか覆すことができない程強く決意する男性のきっかけには、女性が連絡してもほとんど返信が無い状態にあるケースもあります。

男性の方もこまめな連絡のやり取りは疲れてしまいますから、カップルたちは適度に空白期間を作りながらも確かなつながりが保てるようにしていることが多く、連絡が取れない期間がかなり長期間にわたって連続する事がほとんどありません。

遅れたとしても1日や2日、連絡自体が取れなくなる期間も繁忙期であったり、何かとばたばたしてしまったりと連絡する暇がない状態に陥りやすいといったどちらともが納得できる理由が必ずあります。

その為、その期間が終わったのであればまたいつものやり取りのペースに戻るのです。

けれど、連絡しても返信がほとんどない、既読スルーや未読スルーが当たり前、そもそも電話にもほとんどでないといった回数や期間が多かったり、長かったりするようになると、どんどん「彼女とこれからもやっていけるのだろうか」といった不安が強くなっていきます。

そして我慢の限界を迎えると、「もうこれ以上は無理!」とはっきり悟ってしまい、強い決意でもって別れを口にしてくるようになるのです。

彼氏が求める適度な連絡頻度ができていない、そもそも連絡しようとする気概すら感じられない以上、今後付き合っていても自身の時間の無駄になると考える男性も少なくはありません。

束縛からくる独占欲がひどい


男性がこれはもうやっていけないと強く感じてしまう切っ掛けになりうる出来事の一つが、束縛からくる独占欲のひどさを実感することになります。

男性は基本的に強い束縛を好みません。

自分のペースで楽しみたい時間、仕事を進めておきたいと思う時間がそれぞれあり、さらに言うのなら友達付き合いも大切にしていきたいと思うので、彼女ばかりに時間を割くことができないので、自身を縛り付けようとする彼女側の行動にため息が出てしまう程うんざりしてしまうのです。

お互いの時間を大切にしようと交際前にまず約束をしているカップルであるのなら猶の事、束縛からくる独占欲のひどさに辟易してしまうでしょう。

適度な束縛や独占欲の表れと言うのは心地よいものですが、鎖で縛りあげるような強い独占欲はただただ息苦しいだけですから、距離を取って離れておきたい気持ちもどんどん強くなっていきます。

連絡もとにかく少なくしてほしい想いから未読スルーをしてしまうこともありますし、何かと用事や仕事を入れて合わないようにしておくなんて人もいます。

とにかく窮屈な現状から逃げ出したいと追い込まれる様な状態になってしまう人もいますので、これ以上交際を続けていると自分がダメになってしまうと思って別れを決意する人はかなり多いでしょう。

何でもかんでも知ろうとしたり、人の話をおざなりにしつつ自身が満足するまで質問攻めにしたりしたことがあるのなら、要注意です。

常識的な対応ができていない


男性が別れを決意する強いきっかけになるものの一つが、女性側の常識的な対応ができていない姿を見てしまうといったものになります。

交際相手に対しての条件の中に、常識的な対応ができるといったものが入っているのがおかしくない現在において、男性の方は女性の挙動に関してかなり注目しているケースが多いです。

例えば店員さんへの言葉遣い、接し方、そうしたものがあまりにも偉そうであったり、無茶ぶりをしても構わないといったスタンスだったりしていると、一緒にいるのが恥ずかしいし、そんな彼女と接しなければならない店員さんに申し訳ない気持ちで一杯になります。

あなたも自身の連れである人がそんな対応を当たり前のようにしていたら、口を挟んで窘めてしまいたい位には、思うところが出てくるはずです。

彼氏の方はさらにそこに他の人に対しての面子を保ちたい想いや、外聞を気にしてしまう気質も相まって、余計に重たく感じるものがあるでしょう。

だからこそ、この人とこのまま交際し続けていたら自身の面子や外聞に関わるトラブルに巻き込まれるのではないかとかなり交際に対して慎重に考えるようになっていき、そして決定的に自身が「これはないな」と思う常識の無さを目の当たりにすると、一気に別れる決意が固まるのです。

彼氏が仕事において相応の役職を任されていたり、他の会社などに顔見知りや関わり合いの多い人であるのであれば、ばったりと外で偶然出会った時に恥ずかしい想いをしかねないことも考えて、覆しようのない固い決意で別れを切り出される可能性はあります。

男が別れを決めたらそう簡単には覆らない心理的な理由

自分から折れたくない


男性が強く破局を望んでしまう切っ掛けなどを知る事ができたのなら、次は離れることを決めた時に、そう簡単に覆せなくなるほど強く決意してしまう心理的な理由についても知っていきましょう。

彼氏が別れようと思い、言葉や行動に移す前に実は彼女とトラブルになってしまっているケースも多いです。

そうした時に決定的に彼女が悪いと判断した場合や、別れ話の際に喧嘩になってしまった時などに多い心理的な理由が、自分から折れたくないというものになります。

実のところ、男性が破局を申し出たとしてもきちんと対応ができていたり、話し合いを冷静に行えるともう一度やり直せるチャンスを作れる人もいるのです。

けれど、そのチャンスを作るための場で喧嘩やトラブルなどを引き起こすと、男性は復縁を持ち掛けられたり、納得していないと強い抗議を示されたとしても自身から折れて復縁を承諾したり、抗議に対しての返答をしたくないと考えてしまったりします。

原因であるのは彼女なのに、そんな彼女のために自分が折れて妥協したくないといった気持ちがあるからこそ、別れを強く望み、そう簡単には覆せない心理的な理由になっているのです。

性格的に頑固であったり、交際などにおいて誠実さを強く求める彼氏に多い傾向があります。

彼女側のひどい姿を見て余計に気持ちが冷めてしまう


男性がこれ以上彼女とやっていけないと強く決意し、覆りにくい状態になってしまう理由の一つが彼女側のひどい姿を見て、余計に気持ちが冷めてしまうというものです。

ひどい姿、と言うのは外見的に優れていないことを言っているのではなく、別れを決意するほどの出来事における、彼女の言動や態度、行動の事を言います。

少なくとも別れを決意するに値するようなトラブルにあった時、その時点で恋人に対しての気持ちがかなり冷め始めている男性は多いです。

そのため、さらにそこから女性の醜態を見てしまうと、余計に想いが冷めていってしまい、最終的には「もういいや」と投げやりな感じで捨ててしまうくらいには、軽い存在になっていきます。

こんなあまりにもひどい醜態をさらす人が自分の恋人だったのか、今もなお交際している人なのかと、現状交際している自分の立場を考え直そうとするので、冷めてしまった気持ちがより冷たくなり、これ以上の交際は無理だなと判断した結果、強い別れを望むようになって覆しようのない強い決意のもと、別れ話を切り出す事もあり得るのです。

別れ話の際にさらに醜態を重ねるようであれば、チャンスがあったかもしれないものの、残念ながら覆しようのないほどに別れたい想いが固くなっていくでしょう。

固く閉ざすようになってしまった男性の決意は、女性がどれだけ声を上げたとしても届くことは無く、そのまま悲しく別れを告げることになります。

感情的にあれこれ物を言ったり、行動を起こしたりするのであれば特に気を付けておかなければなりません。

自身の話を聞いてくれないことに幻滅している


別れようと強く決意するきっかけとなる心理的理由においては、自身の話を聞いてくれるか否かといった部分がかなり大きく影響している人もいます。

恋人であるからこそ、お互いの意見を忌憚なく言って本音で話し合う様な関係を求めていた人であるのなら、特にストレスに感じやすい理由でもあります。

交際している時にとにかく相手の話を聞くだけ、なんていう事態は起こりえません。

聞き役に徹することは確かにあるものの、要所要所で自身の意見を伝える事は必ずあります。

自身の意見をはっきりと言い、要望を言い合って落としどころを探りながら丁度良いポイントはいったいどこなのか、それを探るのもまたカップルが交際の最中に行っていくものです。

けれど、一方がとにかく言葉を口にして、一方がそれを聞くだけの状態に近いところまで来ると、聞くだけの状態に陥っている側が非常に強いストレスを抱いてしまいます。

そのストレスを発散するために自身の意見をはっきり言おうとしても、それを遮られるような形で会話が続いていくのであれば、より「こんな話を聞いてくれない女性だったなんて」と幻滅してしまうのです。

幻滅とまではいかなくても、それでも己の意思や意見ばかりを主張して、他者の意見や意思を聞かない、酌まない女性であるという認識は変わらないので、幻滅するまで少し時間がかかるだけで、別れたいなと言う強い意見が覆るのはかなり難しくなっています。

責められて許せなくなっていく


男性が別れを強く意識するようになる心理的理由の中には、一方的に彼女に責められたからといったものもあります。

何かトラブルが起こった時、互いに悪い部分や原因を冷静に突き止めていくことができる男女もいれば、互いに責任を擦り付け合ったり、片方が悪いと断言して責め立てたりする男女もいるもので、トラブルの際に精神的に動揺しているのであれば、相手を責め立てる行動に出る人が非常に多いです。

こうしたトラブルの際に、何が何でも彼氏の方を悪者にしようとする行動や言葉を見て、聞いて、別れたいと強く願うようになる男性はたくさんいます。

客観的に見ても自身に責任は無いのに責め立てられれば腹が立つのはもちろん、責任は半々くらいなのに主犯やすべての責任が彼氏にあるとはっきり言って自分は悪くないと主張するような女性の言動を何度も聞いて行くと、彼氏の方もどんどん許せなくなっていきます。

最初のうちは大きなトラブルだから、動揺してしまってこんなことを言ってしまったんだろう、と即座に謝ってくれる彼女にそう考えて納得しようとしてくれるでしょう。

けれど、それが何度も行われ、だんだんと謝られることも無くなり、とにかく彼氏が悪いのだと責め立てる、自身は関係ないと素知らぬふりをしているといった行動を取り始めているのであれば、彼女ともう一緒にいるのは嫌だといった考えと共に、怒りの感情がどんどん大きくなっていくため、別れる決断が固いものになっていくのです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

彼氏が別れると決断した時に取る行動

連絡頻度を減らす


別れを強く心の内で決めた彼氏は、その決心が徐々に行動に現れ始めます。

最初のうちはそう思わせないために自然に過ごしていることが多いですが、徐々に別れたい想いが行動に現れはじめ、女性の方もどんどん「あれ?」と思うようになっていくのです。

彼氏が別れると決断したとき、現れ始める行動の一つには連絡頻度を減らすといったものがあります。

すでに別れを決めた男性であるからこそ、これ以上彼女と一緒にいる時間を多く取りたくない、他の事に時間を使っていきたいと考えるため、少しずつではあるものの、連絡頻度が少なくなっていきます。

最初のうちは、LINEなどのメッセージアプリやメールの返信が1日遅れるくらいで、彼女側にあまり不自然さを抱かせないようにしているのです。

けれど、時間が経つごとに、既読スルーや未読するーが当たり前の様な状況になり、何とか連絡が来たと思ったら仕事で忙しいから、とあっさり会話が終わってしまったりするようになります。

余りの連絡の少なさではあるものの、極端に少なくしていくことはしません。

連絡が遅くても仕方がない、返信が1日2日遅れても仕方が無いと女性に思わせるためにも、最初のうちは連絡は普通にあります。

けれど、時間が経つごとに交際の継続における迷いが消えていくのも相まって、どんどん連絡が少なくなり、女性はなかなか来ない彼からのメッセージを待ち続けなければならなくなります。

会話が一方通行に近くなる


別れを強く決意し、決して覆らない程の固いものにしてしまった男性が取り始める行動の一つには、会話を真面目に継続させず、おざなりに返事をするといったものがあります。

彼女側が熱心に話しかけたとしても、「ふーん」「そうなんだ」の一言で終わらせてしまい、それ以上会話が発展していくのを阻害しているのです。

女性の方は気持ちよくいろんな話を彼氏としているといった感覚にあるのでしょうが、現実をはっきりと認識し、そのうえで話の内容や相手の受け答えを考えてみると、会話が一方通行でしかないことに気付きます。

けれど、この一方通行の会話は男性が彼女との会話を発展させていくつもりが無いという意思表示からくる行動です。

自身の意見を無視し、とにかく自分が喋れればいいと思っている節のある行動をしたことがあるのであれば、彼氏側が彼女の話をどうでもいいと感じ、考えたからこその一方通行になります。

この状態になっている彼は、すでに彼女の話をどうでもいいと思っている状態です。

そのため、彼女が何を話していようともうすぐ別れるのだから自分にはもうすぐ関係なくなる、あっさりと流しても良い、ただの世間話の様なものだと判断しています。

彼女にとって非常に重要な話が中にあったとしても、それをスルーして「あ、そうなの」と一言で終わらせてしまうくらいにはあっさりとした状態を維持するように行動するでしょう。

デートの誘いを断る


別れを強く決意した男性の心が現れた行動の中には、デートの誘いを断るものもあります。

すでに別れると決めた以上、仲を進展させるきっかけになりうるデートはもはや男性にとって無用の長物。

やらなくていいことにカテゴリされています。

そのため、自身の気分が向いたり、どうしても行きたい場所をデートで行くなど、どうしても行かなければならない条件がそろっていない限りは、すでに別れることが決定している彼女ですから、これ以上思い出を作る必要もないと思ってはっきりとデートを断り始めるのです。

もちろん、断るとは言っても「仕事が忙しい」「急に実家に呼ばれていけない」といった彼女側がある程度納得できる理由を用意しておき、明確に行けなくなったことで責められない様に手をまわしている男性がほとんどになります。

けれど、何度も何度もデートの誘いがダメになっていると感じている時点で、彼女側も怪しみ始めますので、その時点で修羅場に近い状態になるほど感情的になる彼女との別れ話になるか、それとも上手に別の理由を付けて誤魔化すかのどちらかになるでしょう。

誤魔化し切れたのであれば、彼自身のタイミングを計って別れ話を切り出せるので、このタイミングで別れたいなと思った時に切り出したい男性は上手に誤魔化す為に理由を考えています。

逆にとにかく彼女とのデートが嫌で逃げるために適当な理由を付けたというのなら、彼女からの追及をいつでも受ける覚悟を持っている男性であると言えるでしょう。

容赦のないダメ出しが出てくる


破局を強く決意し、彼女といつでも別れる覚悟ができているといった男性が取り始める行動の中には、容赦のないダメ出しを口にするといったものもあります。

男性としてはすでに彼女との関係を断ち切る覚悟をしているため、それまで内心に隠していた不満や改善点などを全て彼女に曝け出すといった行動にでるのです。

容赦のないダメ出しに近いそれは、彼女が聞いた瞬間びっくりするような言葉であることも多く、自身がそうしたダメ出しをされる機会がないと思っているのであれば、余計に彼氏が急に冷たくなったと驚愕する結果に終わります。

おまけに、内容がこれ以上ないほどの罵倒の嵐までついてきているのなら、短期間で破局や離婚してもらえるほどの容赦のないダメ出しだからこそ、女性はどうしてこんな風になってしまったのか、と嘆くほどに酷い言葉を浴びせるケースもあるのです。

けれど、冷たく接しなければ相手に分かってもらえない、自身の想いの強さ、決意の固さをしっかりとわかっていてほしいと考える人は、はっきりと口に出します。

そして自身の内心をもう裏切ることも無い、好きなように言いたいことを言うチャンスとして、使う人もいます。

別れて他人になる事が彼氏の中では確実であるからこその選択でもあるので、もはや何を口にしてダメ出ししようと全く困らない心境からくる強気な態度でもあります。

ここまであからさまな態度に出ているのであれば、かなり固い決意として別れが決まっているのでしょう。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

彼氏が一度は決断した別れを考え直すきっかけ

想像以上に彼女が想いを寄せていたと分かった時


強く別れを決意したものの、いざ別れを目の前にして男性が考え直すことも実はあります。

固く決意したその考えを覆すきっかけとなる一つが、彼女の想いがどれだけ大きなものだったのかが分かった時です。

破局のための話し合いにおいて、彼女はどうしても別れなければならない現実に直面した結果、自身がどれだけあなたを愛していたのか、想っていたのかを真摯に伝え、それでもまだ別れを望んでいるのかというのを聞いてくることが多いです。

実際、別れ話ともなればどうして別れる必要があるのか知りたいものですし、自身の想いが軽く見られているのではないかと疑ってしまう気持ちも湧いてきます。

だからこそ、自身の想いの大きさ、強さをしっかりと伝えたうえでそれでも別れを望むのであれば仕方がない、と納得しようとするのです。

そうして伝えられた想いの大きさや強さが彼氏の想像を上回るものだった場合、彼氏は「そんなにも自分を想ってくれていたのか」と固い決意が少しずつほぐれるような感覚が湧き出てきます。

想いが大きくても許容できないものがある場合はあっさりと別れを選ぶ男性もいますが、自身をこれ以上なく愛してくれている女性の存在と言うのは大きなもので、そこまで想ってくれているのならもう一度やり直してもいいのかもしれないと考える男性はかなり多いです。

お互いの想いの大きさ、強さが不明な状態であるのであれば、余計に心を揺さぶられるでしょう。

きちんとした対応で話し合いに応じた時


男性が破局を強く決意していたのにもかかわらず、それを撤回するケースの中には、彼女側の話し合いにおける態度の良さが影響していることも多いです。

別れ話をするからと場を設けられたとき、普通であれば自身に非が無いことを証明しようとしたり、どうしても別れたくないからと必死になって縋り付くために言葉を尽くす人が多いのですが、時折別れ話においても冷静に勤め、そのうえで自身と相手の意見をしっかりと聞いたうえで説得しようとする人もいます。

男性が破局をもう一度考え直すのは、この姿勢が大きく影響しており、しっかりと自身の意見を聞き、そのうえで彼女の考えもはっきりと告げる、カップルとしての意見交換や話し合いにおいてのベストな体勢で臨んでくれている状態がかなり好ましいものとして目に映るからでもあります。

それまで彼女に意見を取り入れてもらえない、ちゃんと話を聞いてもらえていないといった経験がある男性であるのなら、しっかりと意見を聞いたうえで考えようとする姿勢には好感が持てる同時に、それまでの彼女とは違って今後は自分の意見も聞いてもらえるかもしれないと希望が持てるのです。

だからこそ、別れ話を撤回し、そのうえでやり直しに関しても検討し始める男性もいます。

潔く別れを受け入れられたとき


男性が別れる決意を揺らがしてしまうケースの中には、彼女が潔く破局を受け入れた時と言うのもあります。

彼氏が固く決意しているのは、彼女が別れ話においてひどくごねて別れるのをどうにか回避しようとする行動に出ると考えているからです。

どれだけ泣かれるのか、怒り始めるのか、そうした不安を覚えつつもどんな行動や言葉が出てきたとしても絶対に別れてやると決意をしっかりと固めているからこそ、頑なな気持ちを抱えています。

けれど、そんな強い決意の要因をあっさりとすり抜けるように、潔く別れを受け入れてしまうと「え、本当にいいの?」と逆に男性の方が不安になってしまいます。

別れたいと言ったのは男性の方からかもしれませんが、もっとごねると思っていたところがあっさりと終わってしまったため、拍子抜けするとともにあまりにも自分のことを手放すのが問題ないと言わんばかりの態度であるため、大きな不安を抱いてしまうのです。

こんなにもあっさりと別れを受け入れるのはどうしてなのか、もしかして自分の考えが間違っているのではないかとそもそもの考え自体にも疑問を抱き始めるでしょう。

別れ話の時に静かに泣かれた時


彼氏が破局の意思を固め、そのうえで別れ話の為に彼女を呼んで場を整えた時、彼女が静かに涙することもあります。

その静かに泣いている姿と言うのが、固く決意した彼が別れを撤回する、再考する要因になるのです。

普通の男性は女性が目の前で静かに泣いていると「いったいどうしたのか」と見てしまいますし、それが恋人であるのなら猶の事、静かに泣いている彼女の姿が信じられず、困惑してしまいます。

彼氏の想像としては、自身が罵倒される、責任を擦り付けられるといった行動や言葉による責めがあった後、または同時進行でひどく泣かれてしまうと思っていたはずです。

けれど、泣くには泣いているけれど思ったほどの激しさはないし、むしろ静かに泣く姿に胸を締め付けられるような感覚を覚えることもあります。

激しく泣かれたのであれば、それだけ思われていたけれど派手に泣くほど「うるさいな」と思う冷たさも膨らんでいきますので、意見を覆すことなく別れを選びます。

逆に静かに泣いていると、泣きわめかないからこそのうるささに苛立つ気持ちは少なくなりますし、何よりどうにか激しく泣くのを我慢しているとも見えるので、心配になってしまうのです。

本当に別れて良いのかと葛藤することも出てくるでしょうから、最終的に別れを保留する人もいます。

準備は別れる前から始まってる!決意が固い彼氏と一旦別れた後で復縁する方法

冷却期間を置いてお互いに頭を冷静にしたうえでの連絡


別れをどうにか保留にしてほしいと思っていても、彼の決意が固く、やむなく別れてしまうことになってしまう女性もいます。

けれど、まだあきらめる事はありません。

決意が固い彼氏と一度別れたとしても、もう一度復縁してやり直すことができる方法があります。

そのうちの一つが、冷却期間を置いてお互いに頭を冷静にしたうえで連絡してみるというものです。

元カノへの連絡に緊張してしまい、手が震えたり、誰かに見張られている感覚を覚えていたりと冷静じゃない状態で連絡してしまうと、自身の考えが間違っていないというのを証明したいといった想いが先走り、最悪の場合は言い合いになってしまう可能性があります。

そうなってしまうと復縁のチャンスはもう巡ってこないので、二度と復縁をしたいと思ってもできる事は無いでしょう。

なので、まずは冷却期間を置いたうえで連絡するチャンスを待ってみるのがおすすめです。

別れた原因の改善、自分磨きをこなして違う自分を見せる


別れた元彼ともう一度やり直したいと思うのであれば、彼がどういうところが嫌で固く決意した破局だったのかをよく思い出し、別れた原因の改善をまず行っていきましょう。

たとえ復縁しようとしても、原因が改善されていない、または解消されていない場合はもう一度やり直そうと持ち掛けたとしても、彼には相手にされません。

なにせ、別れた原因がそっくりそのまま残っているわけですから、やり直すメリットを彼は感じられないので、ばっさりと断られます。

更にいうのなら、冷却期間を置いていたりしていたとしても、その間に自身のケアを怠っているのであれば、彼から見てあなたの外見は魅力的には思えないものになっている可能性もあるので、外見などの魅力を含めて断るケースもあります。

だからこそ、別れた原因の改善や自分磨きは必須事項ともいえるものです。

自身が破局後の悲しみから何にも手に付かなかったという自覚があるのであれば、別れた原因を特定して改善すると同時に、自分磨きをこなして交際していた当時の自分とは違う姿をまず見せられるようにすることが、復縁を確実なものにするための方法になります。

冷却期間が明けたら、誕生日などに連絡する


もう一度彼と復縁できるようになりたいと思って努力を続けたけれど、肝心の連絡はどのように取ればいいのか分からないと思ったのであれば、冷却期間が明けたところで、彼の誕生日や新年のあいさつなどをきっかけとして連絡してみるのがおすすめです。

即座に連絡するということはまずありえません。

別れてすぐに連絡すれば、彼からの拒絶反応は大きなものになってしまいますし、何よりも復縁したいという要望だろうと当たりを付けた彼は、今後連絡が来ない様に即座にブロックや着信拒否にしてしまい、連絡が取れない状態にされてしまうのです。

なので、連絡をするのであれば冷却期間明けのお互いの頭が冷えていて、冷静に判断と対処ができるようになっている時で、きっかけとするのであれば相手の誕生日や新年のあいさつ等、別れた彼氏であってもつい送ってしまう時、連絡しても問題ない時期やイベントを狙います。

それまでの習慣だったからついお祝いのメッセージを送ってしまった、連絡先を載せている順番でメッセージを送っていたら元彼にも送ってしまったという体を取りやすいのもあって、連絡しやすいでしょう。

冷却期間を十分に取っているのであれば彼の方も邪険にしたりはしないので、意外と会話が続いていくこともあり、復縁のとっかかりになる事もあります。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「別れる決意の固い男性とは冷静に話し合うことが大切。別れ話を切り出される前に自身の言動などを良く見直して」

占い師アリア
別れる決意を強く固めてしまっている男性は、簡単にその決意を覆したりはしません。

女性からどれだけ考え直してほしいと懇願されたとしても、復縁に値する何かが無かったり、そもそも女性の態度や行動がもう一度やり直してもいいと思えるものでは無かったりすると、余計に頑なになって話し合いの席にも座りたくないと言われる可能性もあります。

そんな頑なな男性ともう一度本当にやり直したいのであれば、冷静に話し合う態度を決して崩してはいけません。

男性は別れ話を切り出した際の女性の動揺して引き起こす醜態などを見て余計に別れを強く決意する傾向にもあるので、醜態をさらさず、そのうえでしっかりと話し合う為にも冷静な態度を崩さずにいましょう。

その前に、彼氏の様子がおかしいなと感じる部分があるのであれば、自身の言動や行動を振り返って良く見直してみると、別れ話を本格的に切り出される前に、何とか軌道修正することができるようにもなります。

【期間限定・2021年9月26日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事