※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

アユミ
好きだった元カレと復縁出来たんですけれど、すぐに別れちゃわないか心配で…。

占い師アリア
そうね。折角、好きな男性と復縁出来たなら、長く付き合いたいものね。

アユミ
そうなんです。けれど、一度別れているから、上手く付き合える自信もなくて…。

占い師アリア
それじゃあ、これから長続きする復縁カップルとそうではない復縁カップルの違いを紹介するから、アユミさんが彼氏と上手く付き合う為に役立てて頂戴。

前回別れた原因をクリア出来ているかどうか


実際に前回別れた原因をクリアしないまま、復縁をしてしまうカップルはいます。

こうしたカップルは前回別れたのと同じ理由で躓いて、関係が悪化して行って別れてしまうなんて場合があるのです。

しかし、長続きするカップルは、前回別れた原因をしっかりとクリアする事が出来ていたりします。

もし、あなたが復縁した彼氏と前回別れた原因が解消できていないのなら、危機感を覚えた方がいいでしょう。

そして、早急に復縁した彼氏と前回別れた原因を直す努力を始めるべきです。

加えて、前回どうして別れる事になったのか分からないと言うなら、その原因をはっきりさせる所から始めるべきです。

あなたが前回彼氏を振った側から当時の心境を紙に書き出してみたり、他人に話してみたりするのもいいでしょう。

それによって、自分の気持ちが客観視できる事が考えられます。

あなたが彼氏に振られたのなら当時の交際を振り返って、原因を考察してみましょう。

復縁した彼氏に「どうして私を振ったの?」なんて聞いても、きちんと答えてくれない可能性もあるので注意しましょう。

お互いにしっかり考えた上で復縁を決めたかどうか


お互いによく考えずに衝動的に復縁をしてしまうと、すぐに別れてしまうなんてパターンもあります。

例えば、別れた後に寂しくなって後先を考えずに復縁をしてしまって、付き合った後に後悔をして破局してしまうなんて具合です。

反対に、お互いに熟考を重ねた上で復縁を決めると長続きする場合もあります。

もし、あなたが彼氏と復縁をする事を衝動的に決めたのなら、今からでも相手と恋人としてやっていけるのかをしっかりと考えてみて下さい。

それで、どうしても復縁した彼氏と上手くやっていけないと思ったのなら、その旨を話して別れてしまうのも有りです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

付き合った後も相手を惹き付ける努力ができるかどうか


特に今まで復縁に向けて努力した女性は、自分の願望が成就した事によって気が抜けている場合もあるかも知れませんね。

しかし、幾ら復縁に成功したからと言って、相手を惹き付ける努力を怠ってしまったら、すぐに別れる事になってしまう事態も考えられるのです。

実際に円満に長続きする復縁カップルは、付き合った後も相手を惹き付ける努力が出来ていたりします。

「それじゃあ、彼氏を惹き付ける為に頑張らなきゃ。」と思った場合もあるかも知れませんね。

ただ、あまりに鬼気迫る勢いで努力していると、彼氏も息が詰まると感じてしまう可能性があるので注意して下さいね。

お互いに歩み寄りができるかどうか


復縁に成功する事が出来たとしても、お互いに歩み寄る事が出来ないとなると、すぐに破局してしまっても不思議ではありません。

仮に、喧嘩をした後に歩み寄る事が出来なかったら、そのまま別れる事になってしまうかも知れませんよね。

反対に、お互いに歩み寄る事ができる復縁カップルは長続きする事も考えられます。

お互いに自分の気持ちを伝える事ができるかどうか


一旦、別れてしまった事で復縁した恋人に対して臆病になってしまっている方もいるかも知れません。

しかし、お互いに上手く自分の気持ちを伝えられない復縁カップルは、結局不満が溜まってしまって破局してしまう事態も有り得るのです。

現在、復縁した彼氏に自分の気持ちを伝えられていない状態なら、伝えて行けるように努力しましょう。

自分の気持ちを伝えてくれない恋人と付き合っていると、苛々してしまう場合や退屈だと思ってしまう場合もあるので注意して下さいね。

お互いに尊重できるかどうか


復縁したけれど相手を尊重できなくて別れる羽目になってしまう事態は有り得ます。

よって、安易に相手の趣味嗜好を全否定する事・交友範囲を制限しようとする事・過剰に束縛しようとする事などはしないように注意しましょうね。

あなただって、復縁した彼氏にやたら束縛をされたり、趣味嗜好を全否定されたりしたら、付き合うのは嫌になってしまわないでしょうか。

反対に、長続きする復縁カップルは、お互いに尊重する事ができていたりする場合があるのです。

お互いに将来のビジョンが一致しているかどうか


復縁が成功したとしても、お互いに全く将来のビジョンが重ならないなら、別れてしまうと言う事態は有り得ます。

仮に、復縁カップルの一方は外国に永住したいと希望していて、もう一方は国内から一歩も出る気はないようなら、破局しても不思議ではないでしょう。

「え?復縁した男性の将来のビジョンなんて知らない。」と思うなら、さりげなく彼氏に聞いてみましょう。

ひょっとしたら、彼氏の考えている将来のビジョンにびっくりする事になるかも知れませんよ。

加えて、自分の将来のビジョンを真剣に考えた事がないなら、この機会に考えてみるといいでしょう。

お互いに自立できているかどうか


復縁後に長く交際して行くに当たって、お互いに自立出来ている事は重要です。

長く付き合うとなるとお互いの人生に色々な事が起きるのも充分考えられますよね。

そして、余裕のない時期に復縁した恋人にもたれ掛られると、耐えられなくなって破局してしまうなんて事態は有り得るのです。

もし、あなたが復縁した彼氏に依存してしまっているのなら、少しずつ自立して行けるように頑張りましょう。

例えば、彼氏以外にも魅力を感じる人と過ごしたり、魅力を感じる物に取り組んだりするのもおすすめです。

どちらかに負担が掛り過ぎでいないかどうか


復縁カップルでどちらかに負担が掛り過ぎる関係になっていたりすると、すぐに別れてしまうなんてパターンは有り得ます。

負担が掛り過ぎている方が耐えきれなくなって、爆発してしまったりする事態があるのです。

もし、あなたも復縁した彼氏を自分にとって非常に負担になる形でもいいから、繋ぎとめたいと思っているなら、考え直した方がいいですよ。

反対に、お互いにあまり負担にならない関係の復縁カップルは長続きする事が考えられます。

どちらかが交際に大きな悪影響を及ぼすような問題を抱えていないか


復縁したカップルで、どちらからが交際に大きな悪影響を及ぼすような問題を抱えていたりすると、すぐに破局してしまうなんて事態は有り得ます。

仮に、復縁した相手が病気になってしまった事で、激しい暴力や暴言を浴びせて来るようになってしまったら、別れる事を決断しても不思議ではありませんよね。

あなたも復縁した彼氏がこのような交際に大きな悪影響を及ぼすような問題を抱えていないか確認されるといいでしょう。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス

占い師アリア
あなたが復縁をした男性が長く付き合うのに、値する相手なのかはしっかりとチェックしておきましょうね。
「長く付き合うのに値する相手なのかチェックするなんて偉そう。」と思うかも知れません。ただ、あなたを金蔓だとしか思っていない男性や、モラハラをしてくる男性と長く付き合ってしまったら、ボロボロにされてしまう事態だって充分考えられるわけです。
もし、あなたが復縁した男性の事が恋愛的な意味で好き過ぎて、冷静にチェックする事が出来ないなら、人を見る目がある友達に「彼って長く付き合う恋人としては良いかしら?」なんて風に聞いてみるのも良いかも知れません。

【期間限定・9月15日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 


占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!
無料復縁占い

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事