※この記事を読む前に必ず読んでください。

彼との間に、運命的な繋がりを感じていませんか?
 
今訪れている試練は、2人が「ツインレイ」だからかもしれません。
 
「彼は今、私をどう思っているの?」
 
「彼から連絡は来る?復縁できる未来はやってくる?」
 
「何をすれば彼からもう一度求められるの?」
 
「私たちはツインレイ…?もしそうなら彼に気づいてもらうには?」
 
これらの答えは、スピリチュアルの世界から2人を見ればすぐに分かります。
 
真実を明らかにする「予言占い」で、あなたが復縁できるかどうか・知りたい事や知るべき事が書かれた鑑定結果を今すぐお受け取りください。
 

>>【初回無料】予言占い<<
 

アユミ
アリア先生、ドーパミンって恋愛に大きく関係しているホルモンって本当なんですか?
占い師アリア
そうよ、ドーパミン以外のホルモンもいろんなところで恋愛や美容に大きく関係しているんだから!
アユミ
ホルモンと言われても、私はあんまりピンとこないタイプなので、ホルモンと言われると女性ホルモンの働きとかの方がやっぱりある程度知ってることも多いですね。
占い師アリア
確かにそうよね。女性だからこそ、自分の体調に大きく関わるホルモンバランスなんかは知識がある程度あることが多いんだけど、恋愛に関しても大きく働きかけてくれるのよ。
アユミ
そうなんですね…!じゃあ、ドーパミンはいったいどんなことに大きく関係しているんですか?
占い師アリア
ドーパミンはね、ときめきを呼び覚ましてくれるの。恋愛におけるドキドキをもたらしてくれるのね。
アユミ
へぇ!それじゃあ好きな人と一緒にいる時のあのドキドキもドーパミンが起こしてるってことですか?
占い師アリア
ええ、そうなの。今回はそんなドキドキをもたらしてくれるドーパミンについて、いろいろと知っていきましょう!

目次

ドーパミンは恋愛のドキドキや高揚感をもたらすホルモン

ドーパミンは交感神経を優位にし、恋愛のドキドキを感じる


恋愛には実は色んなホルモンが働きかけることによって、その時々の反応がもたらされていることも多いのを知っていますか?

基本的にホルモンというと女性ホルモンや男性ホルモン、黄体ホルモンなどの体調や生理周期などによって増減をし、体に働きかけるものを考えるものですが、実は交感神経などに作用するホルモンの場合は、恋愛においても大きな働きをもたらしてくれます。

そんな働きをしてくれるホルモンの一つがドーパミンです。

ドーパミンは交感神経を優位にする作用があり、集中力の強化などを起こし、疲労を感じなくなるなどのやる気にさせてくれる働きが期待できるホルモンになります。

そんなホルモンが交感神経を優位にすることで恋愛にもたらされる働きの一つが、恋愛におけるドキドキを強く感じることができるというものです。

ドーパミンは一種のランナーズハイの状態にすることができるだけでなく、幸福感を倍増させてくれる働きもあるので、気になる男性に一点集中することによって、ドキドキする感覚を味わうことができます。

ドーパミンの多幸感により「恋は盲目状態」を引き起こす


恋愛においても大きく働きかけてくれるドーパミンは、時折恋は盲目と言わんばかりの夢中な状態にしてくれることもあります。

恋する相手の事が好きで好きでたまらない、そんな状態になってしまっている時も、実はドーパミンが働きかけているのです。

この働きはドーパミンによる一点集中とドキドキすることで感じる幸福感を感受することが増えたことによるもので、好きな人と一緒にいるとドキドキする、話せると幸せだと感じる、そうした気持ちが少しずつ好きな人に一点集中するようになっていくことで起こります。

他の人は目に入らない、ただひたすらにこの恋を楽しんでいたい、時々切ないと感じる事があっても胸の高鳴りが止まらないのが良い、そんな感覚を覚えるほどどんどん相手の事ばかりが視界に入り、ますます恋に夢中になっていくのです。

恋愛がうまく進むほどに楽しい気持ちになっていく、嬉しい経験が増えていくのもまた、それを増長させていくことになるでしょう。

時間とともに減少し、少しずつ共感や愛着へと変化する


ドーパミンは実のところ増え続けるばかりではなく、少しずつ時間が経過するごと共に分泌される時間が減り、最終的には夢中で仕方がなかった「恋に盲目」な状態から落ち着いた状態になっていきます。

所謂恋愛の最初期のドキドキしっぱなしの期間を終え、好意ばかりが募るのではなく、相手の事を良く知り、そして好意以外の感情に気付く、相手への理解を深める期間に入っていくと少しずつ夢中になっていた状態がもとに戻っていくのです。

最初のころのドーパミンの働きによって強い好意を抱きやすくなっていたとはいえ、しっかりと強い好意を抱いているのであれば、簡単に冷めたりすることはありません。

強い好意の何割かが相手を知ることで共通点を見つけることでの「共感」に変わり、そして交際に至るまで愛情を持ち続けたことによる「愛着」へとそれぞれ変化します。

ドキドキすることは確かに減ったものの、それ以上にお互いに好感を持てる何かを発見できる機会があることによって、それまでの強い好意を他のものへと変換できるようになるのです。

ドーパミンの脳内麻薬の働きは時に依存症を生み出すことも


ドーパミンは恋愛においても大きな作用や働きかけを期待することができるホルモンではありますが、実のところ沢山分泌されれば良いものであるというわけではありません。

ドーパミンは神経伝達物質と言われるものの一つで、感情や精神面などをはじめとした人の内面に大きく関りのあるホルモンでもあります。

そうした人の内面、心や記憶に大きく影響をもたらすものが過剰に分泌されるということは、それだけ過剰に感情や精神、記憶や睡眠などに影響を与えられ、自身の内面が大きく狂わされる可能性がある事を示します。

そしてドーパミンには脳内麻薬の働きも持ち合わせている面があるため、過剰に分泌されることによって、精神的不安、睡眠不足、時には恋愛依存症をはじめとした恋人や好きな人に依存してしまう様な状態になってしまうケースも存在しているのです。

恋愛依存症やセックス依存症などになりやすい場合もあるので、ドーパミンの過剰分泌には気を付けなければなりません。

逆にドーパミンの分泌が不足気味である場合は総合失調症の症状が出てくることもありますから、無理をせずに病院に行った方が良いでしょう。

運動後にも分泌されるほど恋愛と運動後の脳は似ている


ドーパミンは運動においても分泌されやすく、特に有酸素運動を行うことで血流が良くなると分泌されやすくなるのですが、ドーパミンが分泌され、十分な量に達するとランナーズハイ、いわゆる運動後における達成感からくる幸福感を実感し、やり遂げたという感覚と同時に楽しいと思うからこその夢中になりやすい心境になります。

この運動後のランナーズハイ状態の脳と恋愛に夢中になっている脳というのはかなり似ている状態にあり、ドーパミンの分泌はもちろん、ランナーズハイの状態に近い脳になっていることでの幸福感なども大きな共通点として挙げられています。

そのため、恋愛に夢中になりやすい人は何か好きな有酸素運動を一つ始めると、恋愛同様の幸福感を感じやすく、逆に有酸素運動を趣味などにしている人は同じように恋愛においても幸福感を味わいやすい人もいるでしょう。

ただ、どちらも似ている幸福感にあたるので、どこかで感じた事のある達成感や幸福感であるという既視感はしっかりと感じられるはずです。

快楽という報酬を得るためにときめきが持続する


ドーパミンは脳内麻薬の役割を果たすこともある物質でもありますので、一度その快楽に夢中になってしまうと、どうしてもその快楽をもう一度得るために何かしらの行動に起こすことも少なくありません。

例えるのであれば、スポーツや仕事における達成感が分かりやすいでしょう。

明確に成績が出て、なおかつ努力をしなければならないものでありますが、日々のトレーニングやノルマをこなすだけでも大変なものです。

しかし、一定以上の成績を収めたり、成果を出したりすると、それまでの苦労や頑張りも相まって「やったー!!」と諸手を挙げて喜んだり、ガッツポーズを思わずしてしまったりするほどに強い快感を覚えます。

この快感をもう一度望んでいるからこそ、人は努力をし、ノルマをこなす為にドーパミンを分泌して集中して取り組もうとするのです。

そしてそれは恋愛においても同じで、気になる人や彼氏との何かしらの行為や行動をこなすことで得られる快楽であったり、恋をしているからこそ得られる快楽を一度でも感じてしまうと、その報酬である快楽をもう一度得たいと思うからこそ、好意を持っている人へのときめきが持続します。

ドーパミンがもたらす効果|恋をするときれいになる理由

ドーパミンは興奮作用によりホルモン調整が行われる


恋をすると綺麗になる、という言葉がある通り、恋をした女性を見てみるとどことなく垢ぬけて、綺麗になっていく様子を見ることができるケースが多いです。

この綺麗になる姿の裏には、好きな人により魅力的な姿を見せたい、綺麗になった自分を見てもっと好きになってほしいという思いが見え隠れしているのですが、実はこれにもホルモンが関係しています。

恋愛において色々な働きを期待できるホルモン、その中でもドーパミンはホルモンを調整し、分泌量を適正なものにしようとする働きが興奮状態において行われることにより、分泌過剰を防ぎます。

このホルモン調整の働きが行われることにより、女性ホルモンをはじめとしたホルモンが過剰に分泌されたりするのを防ぐのです。

適度な量に整えられたホルモンにより、バランスが整えば体調の管理にも一役買ってくれるだけでなく、ホルモンバランスの崩れによって生み出される肌トラブルや荒れ、目の下のクマなどの解消や予防にも大きな効果を期待することができるでしょう。

肌の新陳代謝が活発になり美肌効果


ドーパミンが分泌され、それが体中に放出されていくと実は肌が綺麗になるという人もいます。

これはドーパミンが放出されることにより、細胞の代謝が活性化するため、肌のターンオーバーも活発になり、綺麗な肌を保てるようになるからです。

恋をすることでドーパミンが分泌されやすい心境や脳内になることもあり、ドーパミンが分泌されることによって肌環境がかなり改善されることもあります。

ドーパミンは性行為の際にも分泌されやすくなるので、セックスの後に肌がつやつやしていると感じたり、翌日の肌が綺麗になっていると感じたりするのも同じ理由からくるものです。

また、代謝が上がることによって体からむくみを少なくすることができたり、老廃物の除去、免疫能力の上昇にも大きく働きかけてくれることが期待されます。

なので、恋をすることによってドーパミンがよく分泌されるような環境が整えば、肌の調子はもちろん、ダイエットやアンチエイジングに関しても大きく成果を期待できるようになっていくのです。

交感神経優位により瞳孔が開きやすく目力アップ


恋をしてドーパミンが分泌されやすくなってくると、分泌されると同時に瞳孔が開きやすくなっていきます。

興奮状態において、瞳孔が開きやすくなるのと同じで、ドーパミンが分泌され、これが代謝されるとアドレナリンとなることで、目の瞳孔が開きやすくなるのです。

交感神経が優位になることで起こりやすくなる現象ですので、強い緊張状態であったり、やる気に満ち溢れた状態であったりすると、瞳孔が開きやすくなって目に力が入ります。

目に力が入り、瞳孔が多少開いていると目が大きく見えるようになるので、ぱっちりとした目の女性になる事もできるのです。

ただ、瞳孔が開いた状態になりやすいということは、あなたが極度に緊張している環境にある場合もありますので、下手をすると恋する相手の事を何も考える暇のない状況に置かれている可能性もあります。

また、瞳孔が開くことで大きすぎる目の印象になってしまい、苦手意識を持たれる可能性もあるので、注意も必要です。

頬の血色も良くなる


ドーパミンが分泌されやすくなるほど興奮している、または何かに集中している状態になると、ドーパミンが分泌され始めることによって体中の代謝が非常に良い状態になっていきます。

肌のターンオーバーが起こりやすくなり、綺麗な状態が保たれるのはもちろんのこと、同時に血流も良くなるので手足の末端までしっかりと血が巡るようになるので、頬が紅潮しやすくなるのです。

頬がほのかに赤い、程よく血色の良い女性というのは健康的で、かつ少し赤く染まった頬が可愛らしいと思う男性は多く、メイクにおいてもチークで血色を良く見せようとする女性はかなり多いです。

そのチークも少なめでいい、人によってはいらないような状態に整えてくれるのが、ドーパミンによる気分の高揚などで発生する、興奮状態になります。

あまり興奮しすぎると頬の赤みが強くなりすぎて、熱でもあるのか、体調でも悪いのか、と心配されたり、逆に興奮しすぎとドン引きされることもありますが、恋愛や軽いスポーツなどを終えた後の興奮状態くらいであれば、血色がよくなるくらいの代謝で済むでしょう。

また、肌をきちんとケアしておくと余計な赤みを抑えられ、自然な程よい血色に留めることも可能になります。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

ドーパミンが発生する期間は恋に落ちた瞬間|ステップから見るホルモン分泌

恋に落ちるまたは好意を持つとエストロゲン・テストステロンが分泌


恋愛に大きく影響を与えるホルモンですが、ここまで取り上げてきたドーパミンだけではなく、恋愛にはいろいろなホルモンが影響をもたらしています。

一目惚れなどの恋に落ちた瞬間や好意を持った瞬間から、愛情が深まる時まで段階ごとにそれぞれのホルモンが働きかけてくれているのです。

そんなホルモンの段階の一番最初、恋に落ちた時、または好意を強く持つことで分泌されやすくなるのが、エストロゲンとテストテロンになります。

エストロゲンは女性ホルモン、テストテロンは男性ホルモンに当たり、男女それぞれに分泌されやすくなっていくのです。

これは魅力的な異性を見つけ、恋に落ちた、またはその感覚を脳がキャッチすることで分泌が始まるのですが、これらのホルモンが分泌されると男女それぞれが女性らしさ、男性らしさをアップさせる働きを期待することができます。

つまり、女性ホルモンが多く分泌されやすい状態にある女性は、女性らしい体のラインになっていき、肌の調子が良くなったり、目が少し潤んだような状態になるのです。

反対に男性は男性らしい、たくましい体つきになっていき、筋肉であったり骨格であったりを発達させて、より頼りがいのある人として見られやすくなっていきます。

恋愛が始まるとドーパミンの出番


好きな人との恋愛が始まると、ドーパミンが分泌されやすくなってきます。

相手との交際が始まりそう、または相手に深く好意を抱くようになるとここからがドーパミンの出番になってくるのです。

ドーパミンが分泌されるようになると、体内の代謝が活発となり、容姿を綺麗な状態に保ちやすくなるのと同時に、相手に対して、または関連する事柄への集中力が発揮されやすくなります。

例えば仕事を早く終わらせて彼との食事やデートというご褒美をもらいたいと思っている場合、ドーパミンによる一点集中型の集中力アップが効力を発揮して仕事を一気に片付けようと体が動き始めるのです。

この状態になると疲れを感じにくく、集中力が高まることでいつの間にか定時だったり、退勤時間に近いくらいまでは仕事に励むことができます。

そうでなくても休憩なしに頑張り続けたり、仕事の質も良かったりして、恋愛というご褒美をもらうために必死になって体を動かします。

愛情が深まると徐々にセロトニンが正常値に戻る


恋愛の初期だったり、お互いの愛情がまだ深まり切っていないとドーパミンやアドレナリンが多く分泌され、相手の事をとにかく求めるほどに不安になったり、寂しくなったりといった精神的不安に陥ることも多いです。

これはまだ互いを良く知らないからこそ、関係を深められてないからこその心理状況にあるために、闘争本能であったり報酬として求められやすいドーパミンやアドレナリンが分泌されやすくなるからです。

しかし、愛情が深まり、互いの事を良く知るようになってくると徐々にドーパミンやアドレナリンの分泌量が減り、代わりにそれまで減少していたセロトニンというホルモンが正常値に戻ってきます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれているものですので、自身を満たしてくれる幸せを感じられやすい状態に整えてくれます。

それまでの不安も減り、徐々に相手と一緒にいるのが幸せでならない、そんな感覚になっていくようになっていくのは、セロトニンの分泌量が正常に戻りつつある証拠なのです。

セックスや出産などスキンシップや体の変化に欠かせないオキシトシン


セロトニンの分泌量も元に戻り、お互いに幸せを感じつつ、時に喧嘩もありながらも関係を深めていくと、性行為をするのはもちろん、結婚後には出産も待ち構えています。

これらの体の変化などに大きく関係してくるのが、愛情ホルモン、絆ホルモンともいわれるオキシトシンです。

このオキシトシンは親しい人とのスキンシップによって分泌量が増え、癒し効果を期待することができます。

人との信頼関係をより深くするのはもちろん、母子の絆をより深く強くしていくことができるホルモンであるため、愛情や絆といった人との関り、家族や恋人との関係を謳う言葉で表されているのです。

こうしたオキシトシンが分泌されると、相手に触れ合うだけで癒される感覚を覚えるようになるので、より強い関係性を築き、相手に気を許し合うことができるようになります。

そのため、セックスや出産はもちろん、日々のスキンシップにおいてもとても大切なホルモンになるのです。

恋愛初期はドーパミンで相手の良いところしか見えない状態になりがち


様々なホルモンの働きによって助けられていることがわかる恋愛ではあるものの、恋愛初期には少し気を付けなければならないこともあります。

それがドーパミンによって相手の良い所しか見えていない状態になってしまいがちであるということです。

容姿がかっこいい、服装がおしゃれ、そんな外見的なものや自分から見た彼のお気に入りのポイントばかりを見つめてしまう程、ドーパミンの分泌量によっては恋に盲目、一点集中の状態で動かない、そんな状態になってしまう可能性もあります。

徐々に落ち着いてくるでしょうが、その状態にあると彼との関係性においての重要な決定を簡単にうなずいてしまうなどの軽率な行動も増えてきます。

もう少し冷静に考えておけばよかったと後悔してしまう、そんな状態になったり、ふと思考が冷めた時に「どうしてこの人のことを好きになったんだろう」と強く感じてしまうかもしれません。

それほど盲目ではなかった女性と比べると、悪いところなどを発見して交際に思うところができた時のギャップはかなり激しいものになります。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

恋愛依存とドーパミンの関係

ドーパミン過剰分泌の不足に陥ると正常な判断できない


ドーパミンの分泌が恋愛において様々な影響をもたらしやすいことは分かったものの、ドーパミンはなんでもよい効果を期待できるものではありません。

過剰分泌されてしまうと、恋愛依存症になりやすい状態に陥ることもあります。

特に陥りやすいのが、正常な判断ができない状態になってしまうことでしょう。

一点集中するかの如く、とにかく恋愛を優先してしまう様な心理状況になりやすいドーパミンの分泌量が増えている状態では、女性は仕事や勉強などのやるべきをやって、興奮や快感を得られる好きな人や彼氏との触れ合いや交流を求めるのです。

その状態がかなり長く続いてしまうと、正常な判断の基準がどんどんずれていってしまうこともあるので、一度彼の事を考えない時間などを作るなどしてリセットしなければなりません。

しかし、過剰分泌されている状態になってしまうと、ひたすら彼の事ばかり、恋愛優先の依存症状態になってしまうのです。

会えない状態が続くと禁断症状が発症 不安や恐怖、パニックにも


ドーパミンが分泌されすぎてしまうだけでなく、恋愛に夢中になりやすい初期段階の量においても、実は禁断症状が発症してしまうことがあります。

その禁断症状の多くが、極度の不安や恐怖、パニックに襲われてしまうことです。

こうした状況には、会えない状態が続いてしまうことによって起こってしまうのですが、この恋愛における初期段階においては幸せを感じやすくなるセロトニンの分泌量が特に低くなりやすい状態にあります。

そのため、彼との些細なやり取りで感じられる幸せを感じられず、安心できる材料が少ないが故の不安や恐怖なのです。

しかし、どうにか耐えられるようになるためには、セロトニンの分泌量がどうしても足りないため、会えない状態が続いてしまうと「実はもう自分に興味が無いのでは」「交際も遊びだったり、私の事をそれほど重要視してなくて丁度いいからなのでは」と悪い方向にばかり考えを巡らせてしまいます。

実際に会えないことでSNSなどが不安を煽るトリガーに変化する


恋愛初期などにおいてのドーパミンは、毎日使っているものを不安をあおるトリガーに変化させてしまう時もあります。

それがSNSなどの、彼氏や好きな人が今何をしているのか、誰と居るのかをチェックできるものです。

普通のカップルであれば、あからさまに男女二人で写っている等の浮気を疑う様なものでもない限り、「友達と楽しそうに過ごしてるな」「実家で団らんしてるな」といったような、彼が今何をしているのかを確認しているのを見て安心したり、楽しそうで何よりといったうれしい気持ちなどのプラスの感情を抱きます。

けれど、恋愛初期のドーパミンはこのプラスの感情を抱くはずのところを不安をあおるトリガーにしてしまうのです。

自分には連絡してないのに楽しそう、自分と過ごすより友達を優先するの、といったような、彼に会えないからこその不安がとにかく募っていきやすくなります。

更にこの際にアドレナリンも十分に分泌されていると、友達や家族などに対しても負けたくない、優先してほしいといった対抗心が生まれてしまうケースもあるでしょう。

自分の生活や仕事が恋愛にふりまわされていないかチェックして


ドーパミンの分泌が切っ掛けになることもある恋愛依存症をはじめとした、何かしらに依存してしまう状態になっているかどうかは、不安になったときには少しチェックしておくと早期に対処することができます。

特にチェックしておくべきなのは、自身の生活や仕事が恋愛に振り回されている状態に無いかといった点です。

基本的に恋愛は仕事や自身の生活よりも少し下の優先順位になっているはずのものです。

仕事や生活に関するものはどうしても一人の裁量であれこれ自由にできる部分もあるけれど、それらを放って他の何かに夢中になってしまうのはとても危ないことです。

だからこそ、恋愛に集中したいと思っても仕事や生活を優先しながら両立できるように努力したり、上手に立ち回ったりするのが当たり前になっています。

けれど、仕事も生活も放って恋愛にばかりかまけている、好きな人や恋人のあれこれで感情の上げ下げが激しくなっていて周りにも影響が出ている、そんな風に振り回されている場合は恋愛依存症の気が出ています。

一度彼から離れるか、友人や趣味のための時間を作るなどして恋愛とは別の時間の過ごし方をすることで考え方を一度リセットした方が良いでしょう。

SNSで彼や元彼を追ってしまうなら依存症かも。遠ざけるのが◎


ドーパミンをはじめとした色々な影響から、恋愛に振り回され気味、彼の一挙手一投足に影響されている一面があると思うのであれば、それは依存症になっている可能性があります。

特に、SNSで彼や元彼の足跡を追ってしまい、それがもはや日課のようになっている場合は、依存症になっている可能性が高いです。

現在交際している相手、または既に別れてしまっている相手であるのであればSNSで相手の事を別に監視するようにチェックする必要はそれほどありません。

交際しているのであれば、彼女は自分であるからこその信頼があるでしょうし、好意があるからのこその関係ですからそこまで執拗に追いかけなくても大丈夫だとどこかで理解しているのです。

また、お互いのプライベートも大切なものだからこそ、しつこく追いかけたりはしない、一線を守る行動に出ます。

しかし、どうしても追ってしまう、一日のうちに何時間か置きにチェックしなければ気が済まないなどの状態にあると依存症になってしまっています。

離れて依存状態から抜け出さないと、今後の恋愛にも大きな悪影響が出てくるでしょう。

しばらく恋をしていないなら疑似恋愛!ドーパミン分泌させて綺麗になる

好きなもので推し活を始めるとドーパミン分泌


ドーパミンをはじめとしたホルモンが活発に分泌されやすい恋愛で綺麗になりたい、そう思うのは女性としては自然なものです。

しかし、恋愛したいと思ってもすぐにいい人が見つかるわけではないですし、今の所異性に興味がそれほど湧かない女性もいます。

無理に恋愛しようとしても上手くいくわけではないので、そうした女性がどうすれば恋に近いときめきでドーパミンを分泌しやすくしていくのかというと、疑似恋愛がその方法の一つです。

好きなもので推し活を始めることによって、疑似恋愛を体験することができるものもあります。

例えば恋愛趣味レーションゲーム、例えばネット小説だったり、漫画や小説だったりと作品の中でもこのキャラクターが一押し!という他の人にも是非にと進めたい位気に入っている推しに対してときめくことは珍しくありません。

格好いいセリフ、戦闘シーン、死亡シーンに至るまで、そのキャラクターだからこそ、その人物だからこそ、もっと好きになる、もっと推せる何かがあるはずです。

そして、そのもっと好意的になっていく過程は恋に似ており、人によっては恋愛感情に近しいものを抱く状態になっていくので、ドーパミンが分泌されやすくなっていくのです。

ときめきは女性ホルモン分泌にも影響を与える


ただ異性に恋をするだけではなく、女性は別の何かにときめくだけでも女性ホルモンの分泌に影響があるのを知っていますか。

恋だけではなく、ときめくものというのは日々の中に少なからずあるものです。

可愛い小物、一目ぼれした服や靴、やっと買えて現物が届いた憧れのもの、そんな風に自分の周りには何かしらときめくものがあります。

こうしたときめくものを見て、手に入れて、ときめくことによって恋愛感情によって得られるときめきを疑似的に手に入れることができます。

そのため、恋愛感情に似たものを得て、感情や心理的なものが働き、脳がその事実を理解することによって少しでも綺麗になろうとする働きなどから、女性ホルモンが分泌されやすくなるのです。

毎日の忙しさから、自分がときめくことすら少なくなる晩年に向けて女性ホルモンの分泌が少なくなってしまった時も、何かときめくものがあると多少改善できます。

推しに疑似恋愛をして自身の恋愛感情によってドーパミン分泌


疑似恋愛をする場合、一番やりやすいのが推しと呼ばれるキャラクターや人物に対しての恋愛感情です。

本当に恋人になる事は無くても、頭の中だったり、二次創作であったりするものを通して恋の楽しさ、切なさ、そしてときめくような何かを得ることはできます。

お気に入りのキャラクターや人物との仮想恋愛を通すことで、いくらかの恋愛感情を昇華できるようになると、興奮状態になりやすい、集中しやすい環境を作るためにドーパミンが分泌されやすくなるのです。

同時に、恋をしていると感じるようになることで、綺麗になろうとして女性ホルモンの分泌も活発になっていきます。

推し活や推しへの恋に似た感情を通して、綺麗になることだって可能なのです。

自己肯定感を高めて自信を取りもどす


推しを通して疑似恋愛を通すことは、実は恋愛経験が少なかったり、恋愛する機会がほとんどない自分が知らぬ間に失っていた自信を取り戻すことにもつながります。

画面の向こうだったり、ページの中の推しというのはあなたを決して裏切りません。

勿論、アイドルや俳優のスキャンダルだったり、漫画やゲームの展開によっては望まない事態に陥ることもあるかもしれませんが、それでもあなたが強い好意を抱いているその推しは、強くかっこいい姿だったり、変わらぬ笑顔だったり、そうしたものを消す事は無いでしょう。

そうした自分を裏切らないものを応援する、好意を抱くということは少しずつ自分の自信につながることも多いのです。

恋愛をしなくてもこんなに素敵な人を応援している、好意を抱けているんだから、別に恋愛を焦らなくてもいいやと思うことで、前向きな気持ちになっていき、女性によっては好きな推しに見合う自分になりたいとダイエットやおしゃれに力を入れる人もいるでしょう。

そうした知らぬ間に失った自信を取り戻せるようになってくると、現実の自分もどんどん変わります。

ホルモンの分泌以外にも、いろんな努力を重ねた結果をふとした時に気付けるのです。

長期間の推し活は幸せホルモンのセロトニンがおすすめ


推しへの疑似恋愛をしていくなかで、ある程度気持ちが安定した期間に入ってくると長期間の恋心に似た感情を維持するのが難しくなってくる場面も多いです。

ふとした瞬間にドーパミンの影響で、自分にどうして彼氏ができないのか、他の子は結婚しているのにどうして自分はできないのかといった我に返ってしまうことで冷たい現実を見てしまうこともあります。

そうしたとき、襲ってくるのは喪失感や虚しさといった感情で、どうにかそれを払拭したくて空回りすることも珍しくありません。

長期間推し活をしていきたいと思うのであれば、幸せホルモンであるセロトニンの分泌が重要になってきます。

セロトニンを分泌することによって、安定した気持ちの中での幸福を感じられるくらいには余裕を持つことができるようになっていくのです。

そんなセロトニンはしっかりと朝ご飯を食べ、朝日に当たりながら15分ほどウォーキングする習慣を作ると増えやすい状態になります。

所謂、健康的な生活を心掛けて、太陽の光に当たって有酸素運動を行うことで増えるのです。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「女性が恋をすると綺麗になるのはドーパミンのおかげだった!ただし、他のホルモンの重要性も忘れないで」

占い師アリア
女性は恋をすると綺麗になる、よく言われる言葉ではありますが、実のところこれは真実です。

本人が相応に努力をしているのであれば、恋愛や推し活といったときめきや強い恋愛感情からくる心の変化、脳への信号の変化で一気に女性ホルモンが分泌されやすくなるので、それまでの努力が一気に実を結ぶことにもなるでしょう。

この際に分泌されやすくなるのがドーパミンではありますが、ドーパミンは綺麗になりやすくなるポイントでもありますが、同時に気を付けなければならないホルモンでもあるのです。

特に気を付けておきたいのが、恋愛依存症をはじめとした依存症の発症や、過剰な分泌や分泌量の不足による精神的な不安などの症状になります。

下手をすると病院に通院しなければならない症状になる可能性もありますから、適度な分泌量になるようにあまり恋愛の事を考えないようにする時間を設けるなどの努力も必要になるでしょう。

そして、そんなドーパミン以外にも色んなホルモンが恋愛の自覚や愛情の芽生え、ときめきの実感によって分泌されて働きかけてくれています。

恋人になった後、心が落ち着き始めてからは特に重要になるものも多いので、色んなホルモンがどんな働きをしてくれやすいのか、それを良く知っておくとより綺麗になることができるでしょう。

【期間限定・2021年11月28日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
【期間限定特別企画】絶望的な状況から復縁成就が叶った秘密の方法って?


「彼とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな難しい復縁の悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

復縁専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない復縁の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事