※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「スピリチュアル診断」をご利用ください。

「スピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

>>スピリチュアル診断で占う<<
アユミ
アリア先生、復縁って未練を伝えてしまうとできないって本当ですか?
占い師アリア
うーん、そうね。未練があるっていうのがバレバレな人はあまりできない傾向にはあるかもしれないわ。
アユミ
そうなんですか。不思議ですよね、どちらかというと未練があるっていうのが分かった人の方がやり直しやすい部分はあるんじゃないかと思いますが。
占い師アリア
どんなところで?
アユミ
例えば、好意がいまだに強い人なら裏切られたりするのは少ないでしょうし、好きだからっていうのが分かるのなら別れた原因を繰り返したりしないんじゃないかって思いますね。
占い師アリア
確かにそうしたメリットはあるかもしれないけれど、別れた側としてはいつまでも未練がありありっていうのが分かると鬱陶しく思ってしまったりする場面はあるでしょうね。
アユミ
ああー、そういう面もありますね。
占い師アリア
その他にも未練を隠しておいた方がやりやすい理由っていうのもあるから、今日はそのあたりを含めて説明していこうかしら。
アユミ
本当ですか!ありがとうございます、よろしくお願いします。

目次

復縁したい元彼への未練がつい隠しきれなくなってしまう場面

元彼と他の異性の距離が近いのを見た時


元彼と復縁したいと思った時、なるべく未練を隠しながらそのチャンスをどうにか待っているという女性は多いですが、元彼のある場面を見てしまうとつい元彼への未練が隠しきれずに相手にバレてしまうということも少なくありません。

では、そんな元彼への未練が隠しきれなくなってしまう場面とはどんな時なのか、そのうちの一つが元彼と他の異性の距離が近いのを見た時です。

彼氏と別れて元恋人と言う関係になってしまったとしても、女性の中ではまだ自分が異性としての立場では一番近い位置にいて、時間を掛けさえすれば復縁だって夢ではないと考えているところがあります。

そのため、仕事などにおいて異性が近くにいるのは仕方がない、仲良く話すのも仕事が関係しているから仕方がないと納得しようとしているのですが、仕事などが関係のないところで元彼と他の異性が仲良くしているのを見ると強い焦りに見舞われるのです。

何の焦りなのかと言えば、やはり一番大きな可能性として頭に思い浮かぶのが他の異性と交際関係になってしまうのではないかということ

別れてからある程度時間が経っているのであれば、男性は強い未練を感じ始めるようになるか、または別の女性との新しい関係を前向きに考えるのかの二通りに分かれます。

強い未練を感じているのであれば、元カノである女性側に何かしらアプローチが始まったり、視線などが元カノへ向けられたりして分かるものなのですが、そうしたものもなく、とにかく異性と仲良くなっている場面を見せられると頭にハッと浮かんでくるのが、「新しい彼女を作ろうとしているのではないか」といった考えになるでしょう。

そうした考えが強くなればなるほど、元カノの女性から余裕は失われていき、最終的には未練があるということを隠し切れないのです。

元彼が他に好きな人ができたと思わせるような言葉を言った時


元カノである女性が元彼への未練を隠し切れなくなってしまうような場面の中には、元彼が別の女性に好意を抱いているような言葉を口にした時という場面も含まれています。

元彼との復縁を目指し、まずは未練を画した状態で徐々に自分のことが魅力的だと再認識してもらえるように頑張っている最中になるのでしょうが、新しい彼女ができる、または元カノである自分にはもう興味も何もない、未練も感じていない可能性があると感じてしまうのが、元彼が他に好きな人ができたと思わせかねないような言葉を言った場面。

他の仲の良い女性の話題などが出た時、自分じゃない名前が出たのであれば即座に気になってしまうのはもちろんですが、何よりも気になる男性が仲が良いことを否定しない、良いなと思っているのを否定しないというのはかなり大きなショックとなるものです。

特に復縁を望んでいる元カノの立場であればなおのこと、焦りが出てくるでしょうし、自分以外の女性と親密な仲になろうとしていることが分かれば復縁できないかもしれない可能性が跳ね上がり、ついうっかり未練があることを元彼に明かしてしまう女性も出てきます。

そのせいで元彼から重たく感じられてしまったり、そうでなくても終わったことをいつまでも引きずられていることに面倒くささを感じられてしまったりして、復縁が上手く行かなくなるような状態に陥ってしまう女性は少なくありません。

けれど、それ以上自分以外の女性と仲良くなってほしくない、好きになってほしくないという気持ちの強さによって、彼のその場面を見てしまってつい耐え切れずに未練を口に出してしまう、隠し切れなくなってしまうようになるのです。

自分の知っている元彼からどんどん変化していっている時


復縁を求めている元カノが未練をつい隠し切れなくなってしまう、そんな場面の一つが元彼の変化を如実に感じ取れる何かを見てしまった時などでしょう。

恋人と別れると人はどんどん変化していきます。

女性も髪を切ったり、メイクや服装を変えたりするような外見的な変化をはっきりと表す人もいますし、他にも時間の使い方、趣味などによるプライベートの充実等、いろんな変化を起こして別れた時の自分とはまた違った自分になろうとするものです。

男性も同じで、別れたことをきっかけにどんどん変わっていきます。

仕事に集中するために恋愛関係をバッサリ切ってしまう人もいれば、友人との付き合いを優先して楽しく過ごそうとする人もいますし、ファッションや髪形のほかに、雰囲気が変わるように持ち物などを変える人もいるでしょう。

そうした変化を目の当たりにした時、復縁を望む女性が抱く気持ちは元彼がより素敵になったという前向きなものか、もしくは自身の知っている彼がいなくなっていくという不安と焦りによる後ろ向きなものが多いです。

それまで知っている彼がいなくなっていくというのは、復縁に対しての希望や自身の明るい考えの否定にもつながることが多く、変わっていく彼に復縁の意思はあるのか、自分が頑張れば本当にそれは叶えられるのかという疑心暗鬼に陥ってしまうことだって十分にあります。

未練があるからこそ、好意が昔の交際していた時の関係性の良い彼に対して向いてしまうので、より変化があって自身の知っている元彼ではなくなっていくことが未練を隠し通すことが難しいと感じてしまう大きなきっかけになることだってあるでしょう。

昔の彼が好きだった、その自覚があるのであれば変わっていく彼に平静を保てないことは十分に考えられます。

実はまだ未練がある…と元カノから知らされた時の元彼の気持ち

関係は終わったのにしつこい


未練があるからこそ復縁したいという気持ちが強い元カノから、まだ未練があるというのを知らされると元彼はいったいどんな気持ちになるのでしょうか。

うっかり元彼に未練があると明かしてしまった際にどんなふうに思われてしまうのか、そのうちの一つが関係が終わったのにしつこいなという気持ちです。

元彼にとって、強い未練を感じられない元カノと言うのはすでに関係性が終わっていて、気まずい状態ではあまり近寄りたくない、関わりたくないと感じる相手になります。

女性にとっては別れたのに彼氏面して関わってこようとするしつこい元彼のようなもので、はっきり言ってそれ以上関係性を続けたくない、ここで途絶えさせたいという気持ちの方が強くなりがちです。

更に、そこに未練がある、できることなら復縁したいということを明かされてしまうと余計にしつこいなと感じてしまいます。

すでに関係が終わっているという感覚である元彼からしてみれば、望みもないのに縋り付いている状態に近いので、振り払っても振り払ってもしつこく追いかけてくるような元カノはどこか恐怖を感じる部分もあるでしょうし、余計に近づきたくない相手であると認識してしまうでしょう。

そうなってしまうと、元カノに対しての苦手意識もどんどん強くなり、しつこさだけでも辟易してしまうそんな存在になっていってしまうのです。

未練があるということ自体、元彼にとっては女性に対してのマイナス要素になってしまう部分が大きいからこそ、見込みのない相手を諦めずに追いかける姿にしつこさを感じてしまいます。

どうして別れたのか理解していないのか


未練があるということを元彼に明かしてしまった際、元彼が抱く気持ちの中には困惑するものも含まれていることもあります。

それが、どうして別れたのか理解していないのかということです。

元彼にとっては別れが必要だからこそ、むしろ別れたいと思ったからこそ別れ話を経てきちんと関係性を清算し、破局したと思っているわけですから、元カノ側も別れを了承して破局したと考えています。

そのため、お互いに円満に別れたと思っていたところに、未練があることを明かされているわけです。

元彼としては非常に困惑してしまう状態になってしまうでしょう。

こうした気持ちを抱きやすいのは、きちんと別れ話を経てお互いに落としどころを付けて別れた場合のカップルです。

別れ話をして、相手が納得するまで誠実に話をして落としどころを見つけた元彼であれば尚更、どうしていまだに未練を抱いているのかがわかりません。

納得して別れた以上、未練を抱き続ける必要はない、むしろ新しい一歩を踏み出したもの同士頑張りたいものを頑張ればいい、新しい出会いも見つけて別の人と幸せになってもいい、と感じているのです。

関係性が良好なままで終わりを迎えているのであれば、新しい恋人ができたとしてもそれを本心から応援するくらいにすでに気持ちが元カノにない人もいますから、余計に困惑してしまうことになってしまうこともあるでしょう。

人によっては「その未練には応えられない」ときちんと言ってくれる人もいるかもしれませんが、元彼からしてみれば関係の終わった未練を掘り返して面倒事になるのは嫌だと思って避けてしまう可能性の方が高いです。

困惑して、元彼からしてみればどうしてそんな気持ちを抱いているのか把握できていない状態で下手なことは言えません。

復縁しない状態が続くと何をされるかわからなくて怖い


復縁したい女性の未練が明かされてしまった時、男性の方が何を思うのか、どんな気持ちを抱くのか、そのうちの一つなるのが何をされるかわからなくて怖いというものです。

別れたはずの彼女から強い未練があるというのを明かされると、男性は元カノが何をしでかすかわからないという恐怖に襲われることは多く、人によっては復縁しないままの状態を維持することでストーカー被害にあったり、しつこい連絡による復縁してほしいというお願いのメッセージの山にうんざりしたりして、下手に未練があることを知らないほうがよかったという事態に陥ることもかなりあります。

特に、復縁に対して前向きではなく、別の異性と仲の良い状態にある男性の場合、ストーカー被害だけでなく、仲良くしている異性に対しても何かしら危害を加えられるのではないかという危機感を抱くこともありますので、余計に恐怖心をあおられてしまうこともあり得るでしょう。

復縁した方が安心できる状態にあるのはわかるものの、復縁はしたくない。

けれど、その結果元カノがしびれを切らして何をしでかすかわからないから怖い、そんな気持ちを抱いて日々を過ごすことになるのです。

安心して日々を過ごすのであれば知らないほうがずっと恐怖心を抱くことなく過ごせたのでしょうが、知ってしまった以上元カノが何かしでかさないかずっと警戒しながら過ごすことにもなるでしょう。

だからこそ、恐怖心を抱くのと同時に、未練があることに対してマイナスの感情を他にもいくつも抱いてしまうことで日常生活においても色々と支障をきたしてしまうような人も出てきます。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

復縁は未練を伝えてしまったら難しい・未練を隠したほうがやり直しやすいと言われる理由

すべての行動が復縁のためだと思われてしまう


復縁は未練を伝えてしまうと非常に難しい、確実性を取るのであれば隠した方がずっと成功率も高くなると言われていますが、その復縁がやりやすくなる理由とはいったいどういうものなのか、そうしたものも見ていきましょう。

まず、未練を伝えたうえで復縁したい意思があるということを元彼に知られてしまった場合、元彼は元カノがまだ未練があってチャンスがあるのならやり直したいと強く思っているということを強く印象付けてしまいます。

そのため、それ以降のすべての行動が復縁のためにやっていることなのだと感じられてしまうのが理由の一つです。

元カノ側が復縁や未練など関係ない、本当に親切心だけでやったことも「復縁のための点数稼ぎ」「復縁するために印象を良くしようとしている」といった下心ありきの行動であると元彼に断じられてしまいます。

結果、何をしたとしても元カノがこれだけ必死なのは復縁に結び付けたいからという判断のされ方をしてしまうので、何をしても逆効果、よりを戻したくない元彼にとっては何をしても心に響かないといった残念な結末につながってしまうのです。

未練が知られていない状態であれば、気まずいだろうにサポートしてくれてありがとう、頼んだことしてくれたんだありがたいな、といった感謝の気持ちを表してくれていたはずでしょう。

けれど、残念ながら強い復縁の意思を知られたことによって、自分が魅力的である、サポートなども万全にこなせているということをもう一度知ってほしい、魅力を感じてほしいという下心満載の行動に感じられてしまい、復縁をより遠ざけるような形に終わってしまうのです。

気持ちがそもそも重たく感じられ、苦手意識を持たれてしまう


復縁したい気持ちがある、未練がまだしっかりと残っているということを元彼に知られてしまった場合、やり直したくてもなかなかできなくなってしまう理由の中には、その気持ちの重たさに元彼が耐えられないといったものもあります。

元カノ側は追いかける側ですからさほど感じていないのかもしれませんが、追いかけられる側の元彼にとって、未練満載の元恋人の気持ちと言うのはかなり重たいものです。

特に別れてからそれなりに時間をおいて発覚したのであれば、別れてすでに十分な期間も空いているのにまだあきらめられないのかと余計に重たい感情に元彼は悩まされることになるでしょう。

気持ちが重たく、それでいて継続的に思われているともなれば元彼はどう対処していいのか分からなくなっていき、最終的には元カノに対しての苦手意識が開花してしまうのです。

最初のうちは接触をなるべく避け、必要な時以外には話しかけないようにするといった行動を起こし、次にSNSやメッセージアプリなどをブロックして元カノからの連絡が来ないようにする等、とにかく距離を置いて苦手な状態をよりひどくしないようにするでしょう。

けれど、それでも元カノが諦められないからと追いかけてきたのであれば、もう耐えることは難しいです。

そもそも男性は狩猟本能の強い、追いかけるタイプの恋愛を好み、自身が追いかけられるようになるとどんどん気持ちが冷めてしまう傾向にあります。

そのため、元カノが諦めきれないと追いかけてきている時点である程度冷めてしまっていることも少なくなく、未練があるということが明かされたことで、その冷めた気持ちが相手からの感情の重たさを如実に感じ取り、そして苦手意識に徐々に変化していくのです。

恋人以外の関係を構築できない


未練があるということを知った元彼が復縁を渋ってしまう、避けておきたいと思ってしまう理由の中には、恋人以外の関係を構築できないことで近寄りがたさを感じてしまうというものもあります。

別れた後であったとしても、元彼が元カノと交友関係を築き、新しい関係からのスタートを切ることも別段珍しい話ではありません。

お互いに納得の上、恋人でなければ上手く行くかもしれないと思って友達としての関係を築き、楽しく遊べるだけ遊ぶという人たちもいるほどです。

元彼の方も多少気まずさが無くなったのであれば、お互いが気まずくない、気安く接することができるギリギリの部分を見極めたうえで新しい関係を構築した方が良いと思っている人もいます。

特に職場の同僚である場合や、同じ学部の人、ゼミの人等一緒にいることが多くなりやすい場合は、新しい関係性を構築して恋人同士であった時よりは劣るとしても、それなりに良好な状態でいたいと思うものです。

しかし、元カノ側が未練を持っているとなるとよりを戻すつもりはなく、別の関係を築こうとしている元彼にとってはあまり良くない展開になっていきます。

友人や知人として仲良くしていきたいと思っていたとしても、元カノ側がモーションを掛けてくるわけですから、周りへの説明はもちろんのこと、元カノ自体にも苦手意識や面倒くささを感じてしまうので、より復縁はないなと思ってしまうのです。

恋人としてよりを戻すことはできなくても、相応に仲良くすることはできると思っていただけに、裏切られたと感じる男性も中にはいることでしょう。

よりを戻したいと強く願われているのであれば、余計に近寄ることも嫌になる部分も出てきます。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

実はまだ好きだと告白した後に元彼とよりを戻す方法

その後の行動は未練を感じさせないような明るいものにする


実はまだあなたのことが好きなの、そう元彼に告白した後と言うのはよりを戻すのがとても難しくなるのですが、それでも復縁したいと思った時におすすめの方法についても紹介します。

実はまだ好きなの、そういった未練の言葉を伝えると相手は「え、そんなの困る」と思ってしまうことが多く、その後の行動や言葉においても元カノに対して苦手意識を持つほど、復縁を考えての物なのかといろいろと考え込んでしまう人もいるのです。

そうした状態の元彼ともう一度やり直したいと思ったときには、ついいまだに想っていることを告白したことがまるで夢だったかのように、未練を感じさせないような行動を常にとることを心がかけてください。

いまだに好きだという言葉を聞いた男性は、常に元カノの行動を確認するようになります。

好意をいまだに持っているということ、ついそれを告白してしまっている以上、それをより強く実感してもらうために過剰なアプローチに走る可能性だってあるわけですから、余計に色々と心配してしまうところが増えてしまうのです。

けれども、その心配が杞憂であるかのように明るく普段通りに振る舞うことで相手の苦手意識を少しずつ解消しつつ、場合によっては気まずさを大きく減らして交際前の仲の良かった時の様な状態に持ち込むこともできるようになります

ただ、この方法には時間が十分に必要な部分が多いです。

特に男性の苦手意識の改善においては、ちょっとしたことが原因でまた疑われたり心配されたりするような状態に逆戻りになる可能性もありますから、復縁のことを一度頭からすっきり取り除いておいた方が上手く行くでしょう。

まずは好きだという言葉に必要以上の重みを感じさせない、そしてそのうえで親しみやすいあなたになる事が先決になります。

明るく親しみやすい女性となって、元カノだった時の気まずさなどを取り除くことで、上手くやり直すことができるようなきっかけになるのです。

それまでの自分とは違う自分になっておく


未練があることを告白したものの、どうにか復縁にこぎつけたいと思うのであれば、別れてからの自分をそれまでの自分とは全く違うものにしておくことが重要です。

所謂破局後の変化を大きく起こし、未練があるからと言っても以前と全く同じ元カノが復縁を持ち掛けているという状態を打ち消します。

未練がある上にそれまでと全く変わらない状態の元カノからの復縁の話と言うのは、男性にとってまた同じことの繰り返しになるだろうというのが良く分かってしまうものでもあり、また同じ人と付き合うのに対して辟易してしまうきっかけにもなるものです。

あなたも一度嫌な経験をした人ともう一度一緒にいるのが嫌になる事があるように、元彼にとっては別れた嫌な思い出がある人ともう一度交際するというのはかなり嫌なこと。

更に、破局時から全く何もかも変わっていないのであればなおのこと、また同じことを繰り返して嫌な思いをするというのが目に見えているので、余計に復縁を遠ざけておきたい、了承したくないという気持ちは出てくるでしょう。

だからこそ、その嫌な気持ちを軽減し、前と同じではないというのを相手に知ってもらうために自分が変わらなければなりません。

外見だけではなく、内面的なものが大きく変わっている様子を見せれば「あれ?前とは違うのかもしれない」と元彼は多少ではあるものの苦手意識や復縁に対しての嫌な気持ちがマシな状態に持って行けます。

そして、その良い変化が本物であるというのをきちんと見せることができたのであれば、「前と違うのであればお試しであっても復縁してもいいかもしれない」と考えることができるきっかけが必ず訪れるのです。

アプローチを激しくしない


未練があると告白したとしても、どうにか復縁したい女性が気を付けておくべきもの、そして相手に自分のことを少しずつでも良い印象にしておく方法の一つが、アプローチを激しくしないというものです。

隠していた未練を告白してしまうようなことが起こると、もう後は押して押して押しまくれ、と言わんばかりに猛烈なアピールやアプローチをしてくるような人もいます。

自分がまだ好意を抱き続けているというのがバレているからこその開き直りの様なものもあるでしょうが、未練を抱いた元カノと言うだけで苦手意識を抱いてしまいやすい男性からしてみれば、未練がまだある元カノからの猛烈なアプローチと言うだけでもドン引きしかねない行動になるのです。

そのため、未練の告白と共にアプローチを激しくするというのはやってはいけないことになります。

アプローチを激しくしたとしても相手が離れていく一方なので、なるべく離れていかないようにするためにもアプローチ自体は控えめに、まずは相手とまた楽しく話せるような関係になれるようにしていかなければなりません。

未練があるということを相手側に知られている以上、何か行動しなければと焦ってしまう部分はもちろんあるでしょう。

けれども、そこを我慢して相手との関係性の回復をまず図ることを優先することによって、未練はあるけれどもどうにか新しい関係性を構築しようとしていたり、たとえ復縁できなくても仲良くしていきたいという意思表示はできるようになるのです。

あなた自身は復縁を強く望んでいたとしても、それが叶わないことは確かにあります。

けれど、もう一度交際したいという告白を改めてしたとしても、ある程度仲が良ければ「もう一回、前とは違うところもあるし大丈夫かな」と思ってもらえるだけでなく、関係を良くしていけたからこそ「もしかすると今度は行けるかもしれない」と彼に思ってもらえるのです。

元カレに未練を伝えてしまった事が思いがけず二人の距離を縮めるケース

冷却期間が終了し、元彼側に未練が湧き出てきた


元彼に未練を伝えてしまうと、しまったと思う気持ちとやってしまったという感覚が強く、これはもう復縁は無理かもしれないとあきらめムードになる女性もいます。

けれど、その未練を告白することが思いがけずに二人の距離を縮めることができるケースも存在しているのです。

では、いったいどのようなケースが其れに当てはまるのか、そのうちの一つが冷却期間が終了し、元彼の方に未練が湧き出てきたというケース。

女性の場合は別れてからすぐに未練が強くなり、復縁したいからといって動き出す人が多いのですが、男性の場合は別れてからすぐではなく、ある程度時間をおいてからようやく未練というものが生まれ始めます。

そのため、冷却期間が終了するほどに時間が経っていると、元彼である男性側の未練が強くなっていき、女性との関係をもう一度やり直せないかなと心のどこかで思うようにもなるのです。

そうした気持ちが強くなっていくときに、元カノの方から復縁したいという告白をされたり、まだあなたのことが好きなのといった告白をされたりすると、悪い気持ちにはなりません。

人によっては「おっ」というような意外な良い結果を得られた感覚や気持ちが強くなり、復縁に対して前向きに考えても良いかもしれないと思うようにもなるのです。

更に元カノの内面や外見に変化があり、それまでの彼女とは違うんだというのが分かっているのなら、以前の様な別れ方はしないだろうといった期待も持つことができます。

もう一度やり直してもいいかもしれないという気持ちを元彼が抱くことができたのであれば、それだけで十分距離が近づくことにもつながるでしょう。

唐突な未練の告白に気になってしまう


未練の告白をされると、「え!?」と困惑してしまったり、人によっては怖さを感じてしまうこともあるでしょうが、場合によってはその未練の告白を良い方向で気にしてしまう人もいます。

元彼が唐突な未練を明かされた際に、「え、そんなにも思ってくれてるの?」と感じてくれているのであれば、距離が近づくきっかけになりえるのです。

すでに終わった関係だと思っていた人から、「まだあなたのことが好きなの」と唐突に言われた時、ふとうれしいと感じられたのであれば、ついその人のことを視線で追ってしまったり、そちらをちらちらと気にしてしまったりするもので、元彼の方も同じように気にしてしまうようになることは十分あり得ます

特に別れてからも多少距離は置いていてもなんとか険悪な状態を避けていた元恋人であったり、何とかまた仲良くなれた前とは違う元カノであるのなら猶の事、いったい何があったのか、そもそもずっと気持ちを隠していたのかといった部分にも目を向けるようになりますから、気になる男性はとことんそちらも考えてしまうことでしょう。

そして少しずつではあるものの、話す機会があった時に前とは違う自分であること、そして復縁したいものの気持ちを押し付けているわけではないことを分かってもらえるように振る舞っていれば、より距離を縮めることは可能です。

話す機会がある時に復縁のことなどを余計に話すことなく、共通の楽しい話題や明るい雰囲気で楽しめる空気を作るだけで、まだ好意を抱いていると分かっている女性に対しての嫌な気持ちは徐々に消えていきますから、復縁が可能な範囲になるまで距離を縮めることもできるでしょう。

互いの仲が良好で明るく話せる関係になっている


復縁したいという未練の告白が、二人の距離を近づけることができるようになるケースの中には、元恋人である二人の関係が良好で、明るく話せる関係になっているケースというものもあります。

破局した直後は気まずくても、時間をかけることでまた仲良く話すくらいの関係になれたという元カップルたちは以外といて、お互いに恋愛感情を抱いているかはともかくとして、LINEなどで話をするくらいのことは普通にしているという人も結構いるものです。

職場などが同じであるのなら、LINEIDの交換やメールアドレスなどを知っている必要がありますし、ブロックしようとしても簡単に決断できるものではありませんから、関係をぎくしゃくさせることも簡単にはできないからこそ、関係の修復を図ろうとする動きもかなり早い段階で行われることも多くなります。

そのため、いつの間にかもういいやとお互いが吹っ切ってしまって、仲良く話すことができる関係になっている人たちは多いのです。

そうした明るく話せる関係になっていて、明るい雰囲気の時につい「実はまだ、○○くんのこと好きなんだ」といったような告白をしてみると、意外と相手の方も強い拒絶をしません。

明るい雰囲気であり、仲良く話すことができる関係性だからこそ笑ってごまかすことができるのもありますが、頻繁に話しているような状態であれば、「やっぱりいいな」と思っている気持ちがどこかにあるのです。

だからこそ、明るく話すことができる良好な関係を築けているのであれば、距離を縮めることができるきっかけになりえます。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「復縁は未練を見せるとやりにくい。たとえ見せたとしても過剰なアプローチなどは控え、元彼との距離の修復を優先しよう」

占い師アリア
復縁したいという気持ちが強くなると、ついつい未練があることを元彼に対して明かしてしまう、つい告白してしまうなんてトラブルも増えてしまいがちです。

自分の気持ちを分かってほしい、どうかこの気持ちを受け止めてほしい、自分がどう考えているのか知らないくせにと感情のままに口を開き、言葉を伝えてしまうアクシデントではあるものの、その言葉をきっかけに元彼が離れていくというのはよくあります。

元カノがいまだに諦めていないことに対して苦手意識持ってしまう、重たい気持ちが嫌になってしまうというものが主だった理由でしょう。

けれど、一定数の男性は状況やお互いの関係がある程度安定していて、良好なものに近い場合に限ってそれなりに乗り気の反応を見せてくれます。

しかし、未練自体が重たいと感じられやすい気持ちであるのは変わりませんので、つい見せてしまった、告げてしまったとしても過剰なアプローチを避けて、元彼ともう一度良好な仲になり、少しずつ復縁に近づけられるように距離や関係の修復を優先することがおすすめです。

もう一度、今度こそ長く付き合える仲になるためにも今のお互いの仲をよく考えて、未練を告げた後の康応を考えましょう。

【期間限定・2021年6月27日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事