※この記事を読む前に必ず読んでください。

彼との間に、運命的な繋がりを感じていませんか?
 
今訪れている試練は、2人が「ツインレイ」だからかもしれません。
 
「彼は今、私をどう思っているの?」
 
「彼から連絡は来る?復縁できる未来はやってくる?」
 
「何をすれば彼からもう一度求められるの?」
 
「私たちはツインレイ…?もしそうなら彼に気づいてもらうには?」
 
これらの答えは、スピリチュアルの世界から2人を見ればすぐに分かります。
 
真実を明らかにする「予言占い」で、あなたが復縁できるかどうか・知りたい事や知るべき事が書かれた鑑定結果を今すぐお受け取りください。
 

>>【初回無料】予言占い<<
 

アユミ
アリア先生、今では熟年離婚した後でもやり直そうと思う夫婦の方っているんですか?
占い師アリア
熟年離婚についてね。以前相当話題になったこともあるけれど、今でもそれなりの人数が熟年離婚しているわ。
その中には確かにやり直そうとしてアプローチする人も一定数存在はしているわね。
アユミ
そうなんですか…。でも熟年離婚ってそう簡単に復縁できるようなイメージが無いんですが、そのあたりはどうなんでしょう?
占い師アリア
確かに、実際上手くいったという人は少ない傾向にあるわね。
アユミ
熟年離婚ってお互いに話し合って離れていくっていうイメージが強いので、少ないというのは納得です。
占い師アリア
そうね、長い年月連れ添った二人だからこそ、静かに話し合ったうえで離れていくっていうイメージの人は多いわね。
でも、そのあとの未来を考えたことによってよりを戻したいと思う人もいるのよ。
アユミ
そういう人たちはいったいどんな風にアプローチするんですか?
占い師アリア
あら、気になる?それじゃあ今回はそんな熟年離婚について色々詳しく教えちゃうわね。
どんな風にアプローチするのが良いのか、そもそも別れる原因は何なのか、どんな未来が待ち受けているのか、しっかり知っていきましょう。

長く連れ添った夫婦が別れる事になってしまう主な原因

仕事が定年になり、家にずっと一緒にいるのが耐えられない


長く連れ添って夫婦円満にしてきたつもりであったとしても、いくつかのきっかけを経て熟年離婚を決める夫婦も多いです。

けれど、長く連れ添っているのであれば、納得の上で折り合いをつけて良い関係を築けていたはずの所も沢山あるからこそ、どうして熟年離婚をするのか気になるところ。

長く夫婦として良い関係を築けていたはずの二人がどうして熟年離婚をするのか、その主な原因の一つが主に仕事が定年になってしまうことで、二人の時間が増えてしまうというところにあります。

それぞれが外に出て一人の時間や他の仲間とわいわい楽しめる趣味などを持っているのであれば、二人で過ごす時間のほかにも一人の時間を作ったり、趣味に熱中したりする時間ができたりするのですが、そうした趣味もなくとにかく仕事に熱中して頑張ってきた夫婦の場合、定年になって仕事を引退してしまうと、唐突に話すこともないのに二人で一緒にいなければならない時間が増えてしまうため、苦痛に感じてしまうのです。

もちろん、何も話さなくても静かに二人でゆっくりと過ごす時間が好きな夫婦もいるでしょうが、話すこともなく、一緒にいるだけというのが苦痛になる夫婦はそれなりにいます。

また、奥さんの場合は仕事に行かずに一日中旦那さんが家にいて、あれこれと注文を付けてくるわけですから、溜まったものではありません。

今では家事を分担して夫婦それぞれが当番ややるべき家事を決めて負担を少なく、文句が無い様に取り決めていることも多いのですが、昔は女性が家のことを全て負担するのが当たり前、男性は仕事のために外に出て汗水働いてくるというのが当然の認識でした。

けれども男性が仕事のために外へ出る時間が無くなることによって、家にいて奥さんに対して「○○、それ持ってこい」「飯はまだか」といった言葉ばかりが飛んでくる状態に奥さんの方が耐えられなくなっていくのです。

一緒に家事をするのであればまだしも、家事もしない、動きしもしない旦那さんであれば嫌になっても仕方がなく、そんな時間をこれからも過ごしていくのであれば別れてしまった方が良いと判断して熟年離婚に踏み切る女性が多くいます。

年金制度が変わったから


熟年離婚を決めるきっかけの中には、年金制度が変わったことが大きなポイントになったという夫婦も多いです。

それまでの年金制度は専業主婦がもらえる金額が決まっており、毎月専業主夫は66,000円しかもらうことができませんでしたが、2007年以降は年金制度が改正されたことにより、夫が積み立てた年金の半分が妻が積み立てたものであるとみなし、分割してもらうことができるようになるというものに変わったのです。

年金分割によって安定した老後を過ごすことができるようになったのもあり、他にも一緒にいるのが苦痛だと思う理由や原因があるからこそ離婚したいと思っていた夫婦にとっては、丁度良いきっかけになることもあって、熟年離婚に踏み切る人もいます。

ただ、この年金制度が変わったこと自体が熟年離婚に踏み切る原因になる事はほとんどなく、この制度改正が行われた後はさほど前年と変わらない離婚件数だったと言われており、年金制度の改正によって今後の金銭に関連したトラブルがある程度改善できるようになったこともあるけれど、大本の問題はもっと別の所にあるというのが実態でしょう。

けれど、こうした改正が無ければ、自分が我慢できなくなるまでずっと我慢し続け、最終的にはどちらかが爆発するまで延々と精神的に苦痛だと思う状態が続くわけですから、年金が決まった額でもいいと思えないのであれば、女性側はずっと安定した老後のために夫婦生活の不満を隠して過ごしていかなければなるのです。

だからこそ、年金制度の改定によって熟年離婚を心に決めるきっかけを得られたという女性はそれなりにいます。

介護などの将来における不安がある


熟年離婚を決める夫婦の中には、介護などの将来における不安が強くあるからこそ離婚を決めるというケースも多いです。

家庭によっては長男夫婦、長女夫婦と一緒にどちらかの両親が一緒に住んでいるということも珍しくなく、二世帯住宅であったり、そもそもどちらかの実家に一緒に住まわせてもらっているなんて家庭もあり、そうした一緒に住んでいる熟年夫婦からすると将来的に自分たちが義両親たちの介護をしなければならない問題を直視しなければならなくなります

これが自分の両親であるのであれば、仕方のない事、必要なことだと割り切って介護に必要なお金の計算や介護施設などの検討、介護ヘルパーやデイサービスなども色々なところの資料をもらって検討をしていくことでしょう。

けれど、それが義両親のためともなると、どうして自分が義理の両親のための介護に尽力しなければならないのか、といった考えが強くなってしまい、非常に仲の良い義両親でもない限りは介護をしたくないという意見が多くなるのです。

配偶者側の義両親の介護のために自分が尽力する必要があるのであれば、熟年離婚をして自身の両親の介護のために備えたい、または自身の両親のために介護したいと考えるのは珍しい事ではありません。

義両親ではなく自分の両親のために介護がしたい、義両親の介護に対しては関わりたくないと考えているからこそ、別れてしまいたいと思うのです。

特にこうした介護の問題が浮き彫りになってくる年齢にもなると、子供がすでに成人して独り立ちしているケースも多いので、子供のために離婚を我慢することもなく、すんなりと離婚したい意思を伝えることができる夫婦も多くなります。

熟年同士が離婚した後に待っている未来

経済的不安が無ければ安定している


熟年夫婦が離婚をした後というのを想像したことはあるでしょうか。

お互いに円満な離婚になるか、それとも多少揉めたものの相応に冷めた関係であったからこそあっさりと別れるためにどこか妥協してしまう離婚になってしまうなど、別れる際のあれこれは夫婦によって様々です。

しかし、この時チェックしておくべき事柄のチェックを怠ると、離婚後の未来を左右する結果になってしまいます。

一番にチェックしておくことは、自身に経済的な不安があるか無いかというところです。

離婚後、年金分割をしたり、場合によっては相手側に慰謝料を請求したり、家の譲渡を行うこともあるでしょうが、そうしたものもほとんどない、または自身が払う側になるとむしろ離婚後に金銭的な苦境に陥ることになります。

定年後の年齢であっても働きに出なければならなくなるか、節約生活を送ってなんとか生活できるようにするといった未来になってしまった結果、離婚を後悔してしまう人も少なくないため、熟年離婚を考えているのであれば今自分がどれだけ貯蓄できているのか、もしくは専業主婦ではなく働きに出ていて、金銭的に余裕を持っているかを確認するべきです。

今後、熟年離婚した後に住む場所に困ってしまう可能性だってありますから、マンションを購入したり賃貸借契約をしたりとお金が住居自体にかかる可能性も出てきます。

金銭的に余裕があれば、離婚したとしても困る事は無く、継続的に入ってくる年金の額が少なすぎたりすることもなければ安定した生活が見込めるでしょう。

逆にもらう年金の額が少なすぎたり、貯蓄の額があまり多くない場合は離婚後に苦労する未来となってしまう可能性が高いです。

今後熟年離婚を考えているのであれば、自身が今働きに出ているか、専業主婦であれば節約してどの程度貯蓄できるか、それとも今からでもパートや在宅で働きに出るか、そうしたところも加味してよく考えなければ未来が非常に大きく変わることになるでしょう。

安定した未来が欲しいのであれば、十分な貯蓄は必要です。

離婚の際の年金分割で未来が上下される


熟年離婚後の未来は貯蓄以外にも年金分割で上下してしまうという可能性が残されています。

お互いが十二分に生活できるというラインをきちんと考えたうえで、しっかりと話し合って納得した金額であるのであれば全く問題なくお互いの新たな人生を歩むことができるのでしょうが、早く別れたいからと言って妥協すると生活するのが非常に苦しい金額に困ることになります

貯蓄があるのであれば多少はどうにかできるでしょうし、熟年離婚とはいえまだ定職についている、または在宅やそのほかの収入源があるというのであれば、多少少ない年金になったとしても何とかなるでしょう。

家をもらったり、マンションなどを購入する資金があったりするのであれば今後の収入や年金によってある程度賄うこともできます。

けれど、そうした収入なども安定しておらず、住居においても相手側が持っているような状態になると、年金分割の額が生活に足りない額になるととても困った状態になるのです。

困窮してしまうのはもちろんですが、場合によっては借金だってしなければならなくなってしまう人もいます。

年齢によっては離婚後に養育費を払う必要性がある場合だってあるわけですから、年金分割は納得できる額で、今後生活に置いて困らないというのをきちんと確認してから分割に納得しましょう。

下手に早く別れたいからと妥協するとあなた自身が後悔してしまうことになってしまいますので、自分が今後必要になる生活費などを計算しておき、そのうえで自分がもらえる年金の額がどの程度必要なのか、貯蓄はどの程度まで貯まっているかも含めてしっかりと把握しておくのが重要です。

熟年離婚を決めている現状において、あなたはさっさと伴侶と離れたいと思っているのかもしれませんが、早々に手を放すことで損をしてしまった結果、その後の未来が困ることになってしまう可能性もよく考えておくべきでしょう。

孤独を埋められないと漠然と死を考えてしまう


熟年離婚をした後の未来に多いのが、上手く孤独を埋められないことによって、自分がどうして生きているのか、という自身の生に対して無頓着になってしまうというものです。

熟年離婚をした後であったとしても、人によっては新しい趣味や仕事などに生きがいを見出して、別れる前よりもずっと生き生きした毎日を送ることもありますし、新しい恋人を見つけて全く違う人生の第一歩を踏み出していることだってあります。

そうして上手に自分一人だけの時間に訪れる孤独を埋めて、毎日に楽しみを見出しながら有意義に時間を過ごしているという人がほとんどでしょう。

すでに子供が成人して結婚しているなんて言う人の中には、年に何度か子供夫婦と孫がやってくるのを楽しみにしながら趣味に邁進している、新しく農業やガーデニングを始めてみると言った挑戦を頑張っている人だっています。

けれど、誰もかれもがこうして別れた後も孤独を感じることなく、上手に寂しさを埋めながら生活しているわけではありません。

中には全く新しい出会いがないまま、趣味も挑戦したいこともないまま離婚した後孤独に過ごす人もいるのです。

こうした人の場合、新しい出会いもなく、近所の親しい人と少し会話をして人間関係が終了してしまうことも少なくないためか、一人でいる時間が嫌でも増えていきますので、ふとした時に「どうして自分は生きているんだろう」と考えてしまうことが増えていきます

もちろん、その後新しい友人や仲間に出会う、趣味を始めることによって改善されることもありますが、そうした出会いが無い場合はどんどんマイナスの方面へ思考が偏っていってしまうのです。

自分はもう生きている意味もない、こんな風に無意味に時間を過ごして生きているだけなんて本当に自分は必要なのだろうか、そんな風に自身の存在価値、意義についても色々と考えを巡らせてしまいます。

こうした悲しい、恐ろしい孤独の待ち受ける未来だって熟年離婚の先には待ち構えている可能性があるのです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

夫婦で過ごした時間が長い人向けのやり直し方

距離を置きつつ時折交流する


夫婦で過ごした時間が長いと、それだけ熟年離婚を決めた心が強くなる傾向にもあるため、やり直したくてもやり直せない、今更やり直したいなんて言えないと心に秘めたまま、復縁するチャンスを逃してしまう人も多いです。

けれど、どうにかやり直せるチャンスが欲しい、やり直したいと心から強く願っているのであれば、きちんと距離を置きつつ時折交流できるように先に伝えておくべきでしょう。

距離を置いて離婚後、相手のことを冷静に考えるために距離を置き、そのうえで離婚の際に納得してはいるもののやっぱり未練があるのであれば、時折交流したいというのを伝え、そのくらいならばと相手に思ってもらわなければなりません。

例えば年に数回、孫や子供夫婦が来るときに一緒に交流したい、そういう風に伝えてみると伴侶も否とは言えません。

お互いに非が無い状態で、そのまま流れで熟年離婚を言い出したようなケースであればなおのこと、孫や子供に会う時くらいなら別に構わないかと了承してくれます。

その時間を置きつつまた交流する機会があるというのは、お互いに距離を置いた状態でもう一度会うことによって夫婦としてもう一度一緒にいることができるのかというのを見極めるための重要な役割を担ってくれるのです。

交流できる状態で、もう一度やり直したいと強く思ったのであればその交流を途絶えさせないようにして、時々夫婦であった時を思わせる行動をしてみるのもおすすめになります。

伴侶側がその夫婦を思わせる行動を嫌がるのであれば脈無し、今後もう一度夫婦になりたくないと思っているというのが分かりますが、逆に孫や子供たちの前以外でこっそりとでもその振る舞いに関する拒絶が無いのであれば、もう一度夫婦になっても問題ないくらいには自然にあなたの存在を受け入れていることになるでしょう。

時間をかけて交流を続けていくことで、やり直せるチャンスが広がります。

籍を入れるのではなく内縁関係にする


熟年離婚をした後でもやり直したいと思う気持ちがあるのであれば、おすすめの方法の中にはあえて籍を入れないというものもあります。

熟年離婚を決めた夫婦の多くは、夫婦関係や家にいる何もしてくれない伴侶、代わり映えの無い家庭というものに疲れてしまっている可能性もあり、特に女性の場合は夫といる時間に耐え切れないからこそ離れるために離婚を選んでいるので、もう一度やり直したいと言われても、相手側が籍を入れるのを躊躇する可能性があるのです。

一度別れたのにもう一度籍を入れるのはちょっと、と思われてしまうと復縁が遠のいてしまう要因になりかねないので、無理に籍をもう一度入れてほしい、入れさせてほしいと要望を出すのは避けておいた方が無難なケースもあります。

無理に籍を入れてもう一度法的にも夫婦になるのが嫌だと言われるよりも、内縁関係にまででとどめておき、妻としての働きや動きをするのだとしても、嫌になった時にあっさりと別れられるようにできる内縁関係の方がよほど楽だと思われるのです。

そのため、無理に夫婦関係を築いてまたやり直そうと話を持ち掛けるのではなく、籍は居れないけれど内縁の関係で居たいというのをそれとなく伝えてみるのが一つの方法になります。

もう一度婚姻届けを書いて提出し、また同じように熟年離婚を選んだ時に面倒だな、籍を入れなきゃよかったと思うよりは、お互いが気楽な身で居られる内縁の状態を選んだ方がお互いのためになることだってあるのだというのをよく考えて、お互いに未練があるのならその提案をしてみると良いでしょう。

時間をおいてお互いを見つめ直す


熟年離婚をした後、もう一度やり直すための方法を考えているのであれば、まずは時間を置くことが大切です。

お互いが夫婦として過ごしていた時間がそれほど長かったということは、相手に対しての固定概念の様なものがそれぞれの頭の中や意識の中にこびりついていることも考えられ、相手に対しての正しい判断ができないなんてことも良くあります。

もう一度やり直したいと思ったとしても、どちらかがその固定概念にとらわれて悪い一面が全く拭えていない、別れる前と考え方などが変わっていないような状態であれば、復縁しようにもできないことだってあるのです。

お互いの印象をフラットなものに変えるため、そしてお互いのどこが悪くてどこが良いのかもう一度考えて新しい魅力を発見するためにも、まずは時間をおいてゆっくりと別の何かに集中したり、元配偶者のことなんて何も考えないような環境で過ごしておくのが得策になります。

そしてふとした時に「夫はこうだったな」「こういうところが嫌だったけど、こういうところは良かった」と思い、そのうえで旦那さんはいったい自分にとってどういう人だったのか、自分は旦那さんにとってどんな妻だったのかを第三者の目線を含めて考える時間を作り、そして自分たちの夫婦関係がどんな風であったのかをもう一度考えてみるべきです。

そのうえでこの人でなければだめだと思うのであれば、その点を含めて懐かしい話をするように時折メールなどをしても良いですし、手紙を書いても良いでしょう。

もう二度と送ってこないでほしいと言われる可能性もありますが、険悪な状態で別れたわけではないのなら、季節の挨拶や近況報告代わりに受け取ってもらえることもありますので、手紙やメールでのやり取りを続けられ、ある程度時間が経ってお互いのわだかまりや別れた後でも気まずい思いをしなくなったのであれば復縁の第一歩を踏み出すことができます。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

熟年男女がよりを戻す時に障害となる問題点

もう一度別れる前と同じ状態に戻ってしまう可能性


熟年夫婦であったけれど、離婚した男女がよりを戻すのは長年連れ添った二人を見ている周りの人たち、それも子供や孫などからしてみればとてもうれしいものですが、実際のところよりを戻したら戻したで、障害となって立ちはだかるトラブルに見舞われることもあるのです。

その問題点の一つが、離婚前と変わらない同じ状態に戻ってしまうといもの。

離婚後は色々と考える時間ができたり、離れること相手のことをよく考えた結果やっぱり帰ってきてほしい、自分に悪いところがあるのであればそれを直そうと考えるものですが、残念ながらそのまま頑張っても時間経過によって元に戻ってしまうという人も少なくありません。

元の関係性に戻ったということで、徐々にどちらともが以前のように振る舞ってしまい、新しい関係性を気付けないまま夫婦としての関係を戻してしまうのです。

そのため、せっかく別れてリセットしたことで新しくなるはずの関係性が同じものになってしまい、別れる前と同じような不満を持ち、そして同じような問題に対して喧嘩をし、険悪な関係になっていきます。

もちろん変わったところはあるのでしょうが、それでも前とほぼ同じような状態であるのなら、その変わった部分は些細なことだとあなたたちの中では判断され、結局のところは前と同じところばかりに視線が行って、何も変わらない状態に辟易しながら「やっぱり別れたままの方が良かった」と後悔するでしょう。

もう一度愛した人とよりを戻せるのは確かに素敵なことです。

けれど、その裏にはまた同じことの繰り返しになってしまう可能性があるのだということをきちんと理解しておかなければ、どちらも変わることができないまま、古い関係をもう一度やり直すだけなんてことにもなりかねないでしょう。

周囲の理解を得られるかどうか


熟年離婚をした二人がそれぞれもう一度やり直そうと手を取り合って、復縁を成し遂げたとしても実のところ、障害として立ちはだかるのは周りの意見や視線といったものであることも多いです。

熟年離婚は今ではさほど珍しいものではないものの、子供たちはすでに成人しているから、などと周りのことをきちんと考えているように見せかけ、実際は振り回しているということは多くあります

離婚理由が個人の一方的な都合、いわゆる義両親の介護が嫌だというものであったり、配偶者のギャンブル癖や暴力・暴言が嫌で別れるなんてこともありますので、そうした離婚理由で破局したのにもかかわらず、もう一度やり直したいなんて言う意見が出れば反対されるに決まっているでしょう。

そもそも子供たちの場合は離婚自体冷静にもう一度考え直してほしいと意見していたのにもかかわらず、それなのに離婚だと強行したのであれば、「もう一度やり直すのならどうして離婚したんだ」と非常に冷たい態度を取ってくることだってあります。

その他にも、熟年離婚した後また実家で暮らすとなると、ご近所さんからの視線や噂話なんかも横行してあまり過ごしやすい環境になるとは言えませんから、戻ることによってつらい思いをする可能性だって出てくるのです。

他の人からすれば、どうしてやり直したの?なんて疑問を持つ人との復縁である可能性もあるので、いったい何を考えて復縁したのかというところで邪推する人も出てくるでしょう。

そもそも離婚しなければよかった話ですから、離婚自体疑問視され、結局のところ何がしたかったのかを言われるのはもちろん、誰かに相談したけれども大反対されて終わってしまうなんてケースも良くあります。

周りの人も巻き込むことになるからこそ、周りの意見が大きく影響をもたらすなんてこともまた、よくある話なのです。

お互いの介護や今後の生活について


復縁した後、熟年離婚を経験した二人を待ち構えている障害はお互いの介護や生活についてのトラブルです。

熟年離婚をした後というのは、相応にお金を使ってしまっているというケースが多く、特に家を譲り受けなかった方はマンションを購入したり、どこか賃貸を借りたりして大きくお金を使ったりしてしまうことはもちろん、せっかく一人で暮らすのだからと多少贅沢してしまう人もいます。

中でも新しく趣味を始めた人の場合はその趣味に対しての凝り性などが働いてしまうと、良い道具を買い集めたり、高価な道具に手を伸ばしてしまったりして散財するケースもありますから、離婚前よりもどうしてもお金を使ってしまって、復縁後に生活に困ってしまう部分が出てきてしまうなんてこともあるのです。

人によっては離婚後の傷心を癒やすためであったり、その他にも一人の時間を有意義に使うためにと旅行に出かけたりして高額の出費をしてしまう人もいますから、十分な貯蓄や定期的な年金の受給、または収入があるのだとしてもかなりの痛手になってしまったなんて経験をする人もいます。

更にこうした出費の痛手を感じるのは、今後の介護に関しての費用が必要になった時なのです。

今は大丈夫でも年を取るごとにお金が必要なことはどんどん増えていきます。

病気にかかるかもしれないし、息子や娘に介護してもらうのが忍びないと思えば介護サービスや介護施設を利用するためにお金を貯めておかなければならない、そもそも葬式代を出せるように貯めておこうとする人たちもいるのです。

お金を貯めておくことが重要視される傾向にもある熟年期間以降は十分な貯蓄が無ければ成り立たない、息子や娘に迷惑をかけてしまう可能性もあるからこそ、お金が無いことで生活に支障が出るケースもあります。

熟年離婚後のアプローチでついやってしまいがちな注意すべき事

いつまでも夫婦でいるような態度で過剰に接する


熟年離婚をした後、やっぱりもう一度あの人とやり直したいと思った時、アプローチをするのが普通です。

どんな恋愛であってもまず相手と交流を持つためにアプローチするのが普通であり、それは離婚後の夫婦であろうと変わりません。

ただ、離婚後ということもあって色々と気を付けておかなければならない部分もあります。

やってしまいがちなマイナスポイントの一つがいつまでも夫婦であるような態度で過剰に接することです。

確かに別れる前まではあなたは彼の妻であったのかもしれません、彼もあなたの夫であったことでしょう。

けれど別れてしまった以上他人となってしまっていますから、仲の良い二人でいる必要のある孫たちの前であったり親族の前であったりしない限りは、ほどほどに距離を開けたほうがお互いのためなのです。

どちらも別れた事実があるのに、まだ自分が伴侶ですと言わんばかりの顔と態度で過剰に接してこられると鬱陶しいと思ってしまうもの。

鬱陶しいと思われないためにも、仲が良い二人でいる必要がないところで交流するのであれば、相応の距離をまず取りましょう。

離婚したからと冷たくあしらう


熟年離婚をした場合、当初は相手に対しての態度が非常に冷め切っている夫婦は珍しくありません。

特に不満を強く持っていた方が相手に対して冷たくなるというのは有りがちで、女性の場合も元旦那さんに対して冷たくあしらい、自分のためにあれこれ頑張るなんていう例も沢山あります。

けれど、最初からそうした冷たい態度を取っていると後々復縁したいと思っても、相手側が冷たい態度を取られていたのを根に持って、今更復縁したいなんて何の冗談だと切り捨てられてしまう可能性が出てくるのです。

自分の本気が全く伝わらない、冷たい態度を取って突っぱねていた過去があるからこそ復縁が上手く行かなくなってしまいます

復縁したい気持ちがあるかどうかはともかく、今後もしかすると孫や子供の要請でまた会うかもしれない元伴侶ですから、冷たくせずに少し他人行儀に接する程度にとどめておくのが無難でしょう。

下手に冷たくしすぎると、あなた自身が復縁したいと思ったときには手遅れになっているかもしれませんので、どれだけ腹立たしくても離婚が成立した後は冷静に対処しておくのがおすすめです。

早急にアプローチをかける


熟年離婚したものの、やり直したいと思った時に止めておくべきアプローチの中には、離婚してさほど期間が開いていないのに復縁のアプローチをかけるというものがあります。

別れた後、女性はすぐに後悔してしまう人が多く、未練の強さも相まって不安と後悔に突き動かされるように復縁のアプローチをしてしまうのです。

けれど、離婚後や交際の破局後すぐの男性というのは自身の選択が間違っていないことに不安を抱きたくないのもあって、強く女性と別れたことを正当化するので、下手をすると二度と連絡してこないでほしいと突っぱねられて連絡先が消えてしまうなんてこともあり得ます。

それほど早急なアプローチというのは危険で、熟年離婚ともなれば長い間夫婦としてやってきていた経験値もあって「それみたことか」と呆れられたり、取り合ってもらえなかったりして復縁につながらずに終わってしまうでしょう。

きちんとしたアプローチになるはずが、時期を考えずに接触しようとしてしまうことによって、相手側の不信感や呆れをもたらしてしまい、せっかくのチャンスをふいにしてしまう土台にしてしまうのです。

相手もあなたも離婚したては思うところがあるはずですから、まずはお互いが冷静に復縁について考えるための時間を取り、そして自分が離婚した後にやろうと思うことなどに時間を使いながら、時折「元気ですか?」と孫や子供を通じて相手と軽く接触するくらいで良いでしょう。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「熟年離婚は勢いのまましないこと。話すべきことを話し、後悔の無いように」

占い師アリア
熟年離婚をする夫婦はそれなりの数がおり、近年ではニュースに取り上げられた年もあったことでより珍しいものではなくなりました。

けれど、そんな熟年離婚は普通の夫婦の離婚とはまた違うメリットとデメリットが存在しており、下手をすると普通の夫婦が別れるよりも勢いで別れてしまうと困ってしまう一面も持ち合わせています。

特にそれが顕著なのがお金です。

年金を始め、貯蓄や収入等は非常に大きく影響し、中でも年金分割は自分が妥協してしまうと生活できないというほどまでに追い詰められてしまう可能性も秘めています。

早く別れたいという気持ちが離婚前には強いのかもしれませんが、自分が早く離れたいからと妥協すると困ったことになってしまうのは今後の生活です。

復縁するかどうかもまだ分からない、これ以降は一人で生きて行かなければならないかもしれない状態であるからこそ、勢いで離婚して後悔しないようにしっかりと話し合いをしなければなりません。

【期間限定・2021年11月28日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
【期間限定特別企画】絶望的な状況から復縁成就が叶った秘密の方法って?


「彼とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな難しい復縁の悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

復縁専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない復縁の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事