※この記事を読む前に必ず読んでください。

彼との間に、運命的な繋がりを感じていませんか?

 

今訪れている試練は、2人が「ツインレイ」だからかもしれません。

 

「彼は今、私をどう思っているの?」

 

「彼から連絡は来る?復縁できる未来はやってくる?」

 

「何をすれば彼からもう一度求められるの?」

 

「私たちはツインレイ…?もしそうなら彼に気づいてもらうには?」

 

これらの答えは、スピリチュアルの世界から2人を見ればすぐに分かります。

 

真実を明らかにする「言魂鑑定」で、あなたが復縁できるかどうか・知りたい事や知るべき事が書かれた鑑定結果を今すぐお受け取りください。

 

>>言魂鑑定で占う<<
 

アユミ
アリア先生、元彼と行ったことのある場所でデートしたことってありますか?
占い師アリア
そうね、それほど経験があるわけではないけれど、1回2回くらいは普通にあるわよ。
アユミ
そうなんですか!?そ、それじゃあ教えてほしいんですけど、元彼と行った場所でデートするときってどんなことに気を付ければいいんですか!?
アユミ
今度彼氏とデートする場所が、元彼とのデートで行ったことがある場所で、もしかすると嫌われるんじゃないかって不安で…!
占い師アリア
そこまで心配する様な事に急になる事は無いと思うわよ。
占い師アリア
近場で何度も行ったことがある場所なら、デートコースがどうしても狭まってしまうことになってしまうわけだし、下手なことを言わなければ今の恋人もそれほど気にしないと思うわ。
アユミ
で、でも一応対処法とかは教えてほしいんです…。
占い師アリア
分かったわ、それじゃああなたの不安を解消するための元彼といったデート場所でのデートの際の対処法なんかを色々と教えていくから、デートが成功するように頑張っていきましょうね。

目次

元彼と行った場所に今彼と行く人が実はほとんど!どうしてその場所を選ぶのか

その場所が気に入っている


元彼と行った場所に今の彼氏とデートすることになる、元彼との思い出の場所でデートしなければならない、そんな状態に陥ると柄にもなくどんどん焦っていく女性は多いです。

もしここが元彼とのデートの場所だと知られた場合、彼になんて言われるか、なんて思われるか、そんな心配をしてしまうものですが、実のところ元彼と行った場所に今彼とデートに行くのはそれほど珍しい事ではありません。

その理由の一つとしては、その場所を気に入っているからこそ行かないという選択肢が無いケースがあります。

気に入っている場所であるからこそ、彼氏とも一緒に行きたいと思うのは当然ですし、今の彼氏だけでなく元彼とも訪れるのはさほど不可思議なことではありません。

むしろ、自分がどんな場所を気に入っているのか、その場所なにが好きなのかを明確に理解してもらえるチャンスもであるわけですから、積極的にそうした場所に彼氏を連れて行こうとする人は多いです。

場所によっては常連になるほど通うことがあるからこそ、元彼の事を知っている店員さんなどもいるかもしれませんが、そうした店員さんなどのスタッフとの交流のない公園やビュースポットなどであれば何度も過去の恋人と一緒に来ていたというのはさほど珍しい事ではないのです。

デートできる場所が少なくなる・行ける場所が限定される


元彼と行った場所でも彼女がデートをすることを決めてしまう、その理由や心理の中には、デートできる場所が限定されてしまう、いける場所が限られてしまうものもあります。

車などがあれば遠出するのは簡単ではあるのですが、自前の車が無い、休みなどの関係であまり遠出ができない、そんな理由で近場や電車で出かけるくらいの距離のお出かけになる事は珍しくありません。

レンタカーなどを借りたり、休暇を調整するなどの方法で遠出が可能になる様にすることもできるのですが、それでもやはり近場のデートをした方が金銭的にも優しいというのはあるでしょう。

けれど、そのデート場所に元彼と行ったことがある場所を除外してしまうと、いける範囲が本当に狭まってしまい、金銭的にも休み的にも無理をして遠出しなければならない事態に陥ります。

また、彼氏の方が元彼と行った場所に行きたい、行ってみたいとデート場所に指定してくることもありますから、その場合どう断ればいいのか分からない状態になってしまうケースもあるでしょう。

なので、元彼と一緒に行っていようと関係なく、デートコースに入れることにしているのです。

もうすでに過去のことだから気にしていない


元彼と行った場所に今の彼氏とデートに行く女性の心理、理由の中にはすでに過去の事だからと割り切っていて気にしていないといった例もあります。

交際経験が豊富な人は、いちいち昔の彼氏を覚えていられない、と元彼の名前や印象的な思い出だけを大まかに覚えて、新しい彼氏や親しい友人、家族などのために脳の記憶容量を優先することも多いです。

すでにダメだった元恋人の事は一部を除いて忘れておいて、新しい彼氏や親しい友人、大事な家族に対して集中したいと思うからこそ、過去の事を気にしないために思い出のいくつかをもう必要ないと忘れてしまいます。

その結果、元彼と一緒にデートしたところであったとしても、「付き合っていたのは過去の事だし、今の彼氏ともいっしょに行きたいから」とあっさりデートコースに入れてしまうのです。

割り切りの良い女性であることもあれば、過去のことをあっさりと忘れてしまい、すでに名前もぎりぎり思い出せるかどうかの瀬戸際にいる元彼とのデート場所だったからこそ気にしないなんて言う人もいます。

こうした女性は今の彼氏が気にしない様に、なるべく元彼との話はしないようにして、新しい思い出を作れるように楽しくデートするための方法も色々と考えるでしょう。

思い出を上書きするためにあえて選ぶ


元彼と行った場所を彼女があえてデートコースに選ぶ理由、その一つには思い出を上書きしたいと思う気持ちがあるからこそ、あえて選ぶというものがあります。

元彼との思い出というのはどうしても辛いものも多いですし、今更思い出したところでむなしいだけ、そんな風に思えることも多いでしょう。

すでに新しい恋人ができ、新しい思い出を一緒に作っていっているからこそ、元彼との思い出はもう必要ない、またはあまり思い出さないようにしておきたいと思う女性は少なくありません。

むしろ、別れ際や別れる直前までひどく嫌な空気になっていたり、実際に酷い喧嘩をして決定的に溝ができてしまっていたのであれば、元彼に対してのあれこれをしっかりと昇華できるまでは元彼に対して嫌な気持ちばかり抱くことだってあります。

だからこそ、元彼との思い出の場所を今の彼氏との思い出の場所に上書きするために、あえてそこを選ぶこともあるのです。

なので心機一転、元彼との嫌な思い出を今の幸せな思い出で塗りつぶしてしまおう!と考えてそこを選んでいる、または提案している可能性もあるでしょう。

元彼と彼女が一緒にデートした場所と知ったときの男性心理

過去は過去で変えられないから気にしない


元彼と行った場所でデートすることになる場合における、女性の心理はある程度把握することができましたが、逆に彼氏の方はどのように思っているのでしょうか?

下手をすると元彼との思い出の場所なんかに連れて来て、と不満に思われるかもしれませんから、女性側としては内心ひやひやしていることもあるでしょう。

では、そんな男性たちは元彼と彼女がかつて行ったデート先に行くことにどう思っているのか、うち一つが過去は過去で変えられないものだから、気にしていないというものです。

昔にあったことは変えられないし、その土地や町などに詳しい人であるのならデートコースなどもある程度目星をつけてしまえます。

そのため、元彼と行ったとしてもさほど不思議ではないなんてデートコースもありますから、これはもうしょうがないと受け入れてしまえる男性も多いです。

なので、元彼と行ったことがあるデート場所だとしてもさほど気にすることなく、むしろ自分なりの楽しみ方を見出したり、女性のその場所での好みやおすすめなどを聞いて自分も満喫しようとする事でしょう。

場合によっては、元彼と行ったことがあるという彼女の告白を受けてもなお、自分が行ったことが無いからと提案する人もいるかもしれませんね。

過去を思い出してほしくない


元彼と行ったことがあると彼女が言う場所にデートに出かける際に男性が思うこととしては、一つが過去を思い出してほしくないというものです。

元彼と行ったことがあるとはいっても、今一緒に行っている、または行こうとしているのは現在の彼氏である自分であり、その場所で何かを共有しようとしているのも自分であるという感覚が男性の中にはあるため、元彼の事を思い出してぼうっとされるのは心底嫌な気持ちになります。

そのため、たとえ懐かしく、元彼を思い出してしまう様な場所であったとしても、なるべく元彼の事は思い出すことなく、今の彼氏である自分のことに集中してほしいと彼氏は思ってしまうのです。

しかし、彼氏の考えている事は恋人としては非常に正しいことですから、女性の方もなるべく元彼の事を思い出さない様に、今の恋人に集中してデートを楽しむことを優先させるのが良いでしょう。

人によってはひどく嫉妬してしまうこともあるので、男性の性格的なものを良く把握し、そのうえで元彼と行ったことがあると伝えるのか決めたほうがお互いの精神的にも安全です。

下手に喧嘩の種をまくことにもなりません。

元彼に嫉妬する


元彼と一緒に行ったことがある、デートしたことがあるという場所に行くとなった時に彼氏が感じるものとしては、やはり嫉妬はあるでしょう。

元彼との思い出の場所、デートした場所というだけでも彼女の意識がかつての恋人に向けられているのを感じ、まるで彼女を取られたような感覚が彼には生まれ始めるはずです。

そして元彼との思い出話などがちょろちょろとでも出てしまったのであれば、「今の恋人は折れのはずだけど?」「なんで俺と居る時に昔の彼氏の話するのかな?」と不機嫌な状態になっていきます。

好意が通じ合い、今では好意を伝え合う、認め合うはずの自分たちの姿が崩れて、昔の恋人に対して意識を持っていかれている彼女に対し、嫉妬してしまうのです。

表情や感情にすぐに出る人は嫉妬した時点で即座に顔や態度に出て、ひどく不機嫌になります。

そうした態度や表情に出ない人の場合は、内心あれこれ思いながらもデートを続ける人か、真っ先に言葉にして、元彼の事を思い出さないでほしいと伝えてくるかの二択に別れるでしょう。

何も言わずに黙ったままの状態を維持する場合は溜め込みやすい人の場合もありますから、あまり元彼の話はせずに、二人だからこその楽しみ方をした方が不満には思われないでしょう。

行動範囲が狭まるので制限したくない


元彼とデートに行ったことがある場所へ彼女がデートに誘ってくる、または、デートに行った先が彼女が元彼と行ったことがある場所だった、という場合男性は行動範囲のことを気にして気にしないようにする人もいます。

元彼と行ったことがある場所を嫉妬や嫌な気持ちを優先して除外していると、自由にデート先を選ぼうとしているはずなのに、行動範囲が広がることなく、むしろ行けるところがかなり限られてしまうようになっていきます。

映画館や水族館、アミューズメントパークなどをはじめとしたところも元彼といったからという理由でアウトにしていると、どこにも行けなくなってしまうのと同じで、デートで他県に行ったり、泊りがけの旅行に近いものを計画したりすることが容易ではないのであれば、かつて元恋人と一緒に行ったところに行くのは仕方のない事だと彼氏の方が妥協してくれるのです。

これは彼女の方も同じで、彼氏が元カノと一緒に行ったことがある場所にデートに誘ってくることもあるでしょうから、そのあたりのこともこの近辺でのデートなら仕方がないと範囲を狭める事を嫌うのであれば受け入れられます。

なので、元彼と一緒に行った場所を含めても、自由に幅広くデートできる場所を選択できるようにしておきたい、というのが彼氏の考えになるでしょう。

自分と新しい思い出を作って上書きしてほしい


元彼と行った場所へデートすることに対して、今の彼氏がどう思うのかの一つには、自身と新しい思い出を作って上書きしてほしいというものもあります。

基本的に男性は彼女の事を自分の物である、自身の恋人であって別の男のものではないという所有格に似た独占欲を発揮しやすいところがどうしても存在しています。

これに関しては男性自身の性格や考え方によって増減されるものではあるのですが、それでも別の男とのことを引きずっていたり、かつての恋人に対して思うところがある様に意識をそちらに割いていたりすることに女性以上に思うところが出てくる可能性は高いのです。

そのため、元彼の事を思い出してしまう、そんな場所を自分とのデートの思い出で塗りつぶしてしまえば、自分のことに集中してもらえるだろう、そんな打算込みの考えでデートに行くことを了承するケースもあります。

歴代の元彼が複数人いる交際経験豊富な彼女の場合は、直近の元彼以外の記憶がある程度薄れてしまっていて、これぞと言える濃厚なものしか覚えていない人もいますが、それでもうっすらと覚えているデートコースに関して等においても、自分の彼女だからこそ彼氏は上書きして自身の恋人であるとより強く感じたいのかもしれません。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

元彼と行った場所に積極的には行かないほうが良い場所もある

宿泊を伴う場所は付き合い始めは避ける


元彼と行った場所へのデートに対し、今の恋人がそれほど否定的ではない、むしろ新しい思い出を作ろうねと積極的である場合、いろんなところに行こうと彼女としても計画を立てていきたいものです。

しかし、そんなかつての恋人と一緒に行った場所に積極的に行かない方が良いところもあるのを知っていますか。

避けておくべき場所は色々とありますが、特に付き合い始めに避けておくべきなのは宿泊を伴う、いわば宿泊施設込みのデートコースになります。

宿泊込みともなると、かなり関係性が深い状態において計画するものでありますから、友人たち複数人との旅行で、まだ付き合っていない状態の元彼も一緒で、そのあとアプローチを重ねて交際したというくらいであればまだ許容できるでしょうが、恋人として関係性を築き上げてからの宿泊込みのデートを思い起こさせる場所は、まだ関係性を十分に深められていない今彼からしてみるとかなりハードな場所になるでしょう。

元彼とのそういう関係性や行為を想わせてしまう場所にもなるでしょうから、むしろまだ性行為なども行えていない付き合い始めの場合は、かなり汚い場所に思える人もいるはずです。

なので、元彼と一緒に行った場所へのデートも納得してもらえているのだとしても、宿泊できる施設などを含めたデートで使ったところは使わないほうが良いでしょう。

ラブホテル


元彼と一緒に行った場所で避けておくべき場所の一つが、ラブホテルになります。

長い付き合いの元彼だった人と良く言っていたラブホテルなどは、あなたも使い勝手がわかっていて、なおかつ料金的にも納得できるのもあって行くような場面であっても誘いやすい所なのかもしれません。

しかし、今の彼氏は元彼と使っていた馴染みのラブホテルに対して嫌悪感しか湧かない状態になっているのが現状です。

貴方も今彼に「元カノとよく使ってたホテルなんだけどね」と言われてみると、腹立たしい気持ちになると同じで、使いやすいから、馴染みがあるからとは言っても同じ場所へ案内するのが普通なのか、と恋人への気遣いや良識を疑う様な事態に陥ります。

彼氏の方もそれと同じで、どうせだったら二人だからこそ行ったラブホテルというものにしていきたい気持ちを優先して、別のホテルに足を向けたいと思っているはずです。

なので、なるべく元彼と使っていたラブホテルなどは避けるために、どこに行ったことがあるのか、そういう雰囲気になる前に把握しておくのが良いでしょう。

温泉をはじめとした宿泊施設


元彼と一緒にデートに行った場所で避けておくべき場所の一つが、温泉をはじめとした宿泊施設になります。

日帰りにおける温泉はともかく、宿泊込みでの温泉ともなるとそれだけ元彼との関係性が深く、親しいものであったというのを今の彼氏も把握してしまい、下手をすると温泉などに泊まってゆっくり窓の外を見ているだけでも「もしかして元彼の事を思い出してるんじゃ」という考えを恋人が持ってしまう可能性だってあるのです。

むしろ、大多数の男性の場合はこうした温泉をはじめとした宿泊施設で日帰りではないデート、旅行をしたことがあるという施設に足を踏み入れた時点で、彼女と元恋人の性行為をはじめとした宿泊施設で行われていたであろうやり取りを想像してしまうのもあり、かなり嫌な気持ちになるでしょう。

特に付き合い始めのころであればあるほどその傾向は高く、元彼との濃密なやり取りを想像させられるのもあって、潔癖症化と言わんばかりの拒否を示す人もいます。

なので、温泉施設をはじめとした宿泊可能なところを含めたデートコースは避けておくのが無難です。

日帰りで温泉を楽しみ、グルメを満喫して帰ったというところであれば交際期間をそれほど長く取らなくても了承してもらえる可能性はありますので、宿泊込みでは無ければ交際期間を踏まえておけば一考の価値はあります。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

元彼と行った場所に今彼とデートすることになった時の対処方法

相手を傷つけない嘘が必要になることも


元彼と行った場所へ彼氏とデートすることになった時、ついうっかり元彼の存在を匂わせてしまう場合もあるなど、昔来たことがある場所だからこそのハプニングや困るトラブルなども発生してしまいがちです。

その結果、彼氏の不興を買うことはもちろん、その時点で別れると宣言されることもあり得るなど、せっかく交際できた彼氏との関係性が危機的状態に陥る可能性もあります。

それを避けるためにも、元彼と来たことがある場所へデートすることになった場合には、あえて嘘を吐くことで対処する方法も一つです。

相手を傷つけないため、楽しいデートとして終わらせるためにも、あえて来たことが無いなどの嘘を吐き、初めて見た、食べたといった嘘で彼氏を楽しませることも交際においては必要なことです。

もちろん、好みや好き嫌いのことで嘘を吐くのは後々面倒なことになりますので、その点においては素直に伝えたほうが良いですが、沈黙は金の言葉を胸に、あえて黙っておくことがあるのだというのは知っておきましょう。

「初めて来た!」と言う


元彼と一緒に行った場所へ、今の彼氏とデートすることになった時、彼氏の方がサプライズや行ってみたいところがあるからと行先はそれほど詳しく伝えなかった結果、行ってみたら昔元彼と行ったことがある場所だったなんてこともあるでしょう。

デート先はもともと別だったけれど、時間が余ったから行ってみたいところがあるからと彼氏に誘われた先が、前の彼氏と行ったことがある場所だったなんて言うのもよくある例です。

けれど、こうした時に「前の彼氏と来たことがある」と伝えると、とんでもなく心が広い彼氏や、大らかな彼氏でない場合、行ってみたかった場所が心が萎えるスポットに早変わりしてしまいます。

「せっかく行ってみたい初めての場所だったのに、そもそも彼女の方は前に来たことがあると言う、それも元彼と一緒に」、といった状態になるわけですから、とんでもなく萎えるデートになる事でしょう。

だからこそ、こうしたときの対処法としては「初めて来たよ」と彼氏の初めて発言だったり、行こうと誘ってくれた彼の言葉を無碍にしない嘘を吐くことです。

前に来たことがあるのを隠すのは少々申し訳ない気持ちがあるかもしれませんが、それでもその場で萎えてしまった彼からの好意が激減するよりは断然マシな結果に終わります。

もしかすると今の恋人だからこその初めての発見もできるかもしれませんから、あながち初めてになる事が間違っていないなんてケースも出てくるでしょう。

会社の同僚や友達などと、大勢で来たと言う


元彼と行った場所へデートすることになった時、デート先を彼氏から示されたのが前に元恋人と一緒に行ったことがある場所だと分かると、つい声を上げてしまうこともありますよね。

「あ!」と言葉を発した瞬間、まずいと思ってしまうこともあるでしょう。

けれど、そんな風に声をあげた彼女を彼氏は不思議そうに見てくるはずです。

もしかして前に来たことがあるの?と問いかけてくる彼氏もいるでしょうから、その時に元彼と一緒に行ったことがある、なんて答えるのはとても勇気が必要になります。

そもそも元彼と行ったことがあるのを知られたくない焦りでいっぱいになるでしょうから、そういう時には会社の同僚や友達と一緒に行ったことがあると伝えるのも対処法の一つです。

会社の同僚複数人、友達複数人と行ったことがあるというと、彼氏の方も複数人で行ったのなら仲の良いグループで遊びに行ったのかなと思ってくれます。

その中に男性がいたとしてもグループでの交流であるのならそれほど重要視はしないので、元彼となる男性が中にいたとしてもそれを知ることなく流してくれるでしょう。

友人たちや会社の同僚の名前を聞かれた時には、本当に仲の良い人の名前を二人から三人ほど挙げて、その人たちにも協力してほしいといったメッセージを送っておくと万全です。

うっかり来たことが知られたら「誰と来たっけ、昔の事だからあんまり覚えてない」ととぼける


元彼と行ったことがあるスポットにデートに行くことになった時、ついうっかり「あー、あそこね」といった言葉などを発してしまい、自分がそこに行ったことがある事を知られるケースも珍しくはありません。

ただ、行ったことがあるけれど元彼となる男性との交際がかなり昔である場合、場所自体は覚えていても記憶がうろ覚えで、パンフレットなどを見ても懐かしさはこみあげてくるものの、こんなものあったっけ?と思うような場合も少なくありません。

けれど、そうした行った記憶がある時点で、彼氏の方はいったい誰と行ったのか気になって仕方がない人も中にはいます。

そうした場合、おすすめの対処法になるのが、かなり昔の事だから誰と行ったのかあんまり覚えていないと伝える事です。

かなり昔のことと言われると、誰と行ったのか、どのように行ったのか、が明確ではないなんてことは大いにあり、場所自体に関しては記憶に残っていても、それ以外の事に関してはさっぱり覚えていないのはよくある事でもあります。

例えば20代の人が小学校の遠足や修学旅行でどこに行ったのかは覚えていても、誰と行動してどんなルートを巡ったのかはあまり良く覚えていないのと同じで、記憶力が良かったり、その時のメンバーやルートが非常に記憶に残りやすいものであるのならともかく、そうでない場合はどうしてもうろ覚えになるものです。

そうした、昔の事だからこそ記憶がうろ覚えになっているといった状態を使って彼氏を誤魔化しましょう。

上書きしたいから一緒に行ってとあえて伝える


元彼と一緒に行ったことがあるところへデートすることになった時、嘘を吐くのがどうしても申し訳ない、むしろ今の彼氏だからこその場所にしていきたいと思うのであればあえてそれを伝えるのも対処法です。

しかし、伝える時に必ず「その場所をあなたと一緒に上書きしたいから、デートに行ってほしい」と、元彼の思い出を塗りつぶすことに積極性を示している事をわかってもらわなければなりません。

ただ元彼と一緒に行ったことがあるの、という告白だけでは彼氏の方も納得できないですし、だからこそそれからどうしろというんだと思って困ってしまいます。

デート自体を中止にするべきなのか、それとも別の場所にデートを変更してほしいのか、そのあたりをはっきりさせない限りは、今の恋人からも嫌な気持ちを抱かれることになるでしょう。

けれど、先に「上書きしてほしいの」ときちんと示しておくことによって、デートしたいと言っていたスポットを自分との思い出の場所に変えていきたいんだと彼氏に思ってもらうことができるので、快く了承してもらうこともできるようになります。

彼氏の方も元彼以上の男になりたい、そう思ってもらいたいと強く思うのであれば、元彼とでは発見できなかったこと、見つけられなかったことを見つけて自分と彼女だけの思い出のスポットにしていきたいと行動するはずです。

楽しいデートになる可能性も跳ね上がりますから、あえて素直に伝えるとともに、元彼の事を上書きしていきたいと伝えることも大切になっていきます。

元彼と行った場所に今彼と行くときにやってはいけないこと

元彼の思い出話をあえて語る


元彼と行った経験のある地であっても、デートするとなると楽しいものですが、時折つい元彼の話をぽろっとこぼしてしまう女性もいます。

こうしたときに、元彼と来た事を知られていないのであれば、明確に話さずに前に来た時の思い出話を人物をぼかして伝えるだけで良いのですが、元彼と来ている事を知っている今の恋人である場合は、この思い出話がかなりストレスになる例も多いです。

せっかくのデートであるわけですから、男性としては彼女である女性に自身に集中してもらい、一緒に楽しい思い出を作ることに全力を尽くしてもらいたいと思っているのです。

そのため、昔の人とはいえかつての恋人に思いを馳せるように、思い出話を語られるのはたまったものではありません。

気遣いができない人だなと思われるのはもちろんのこと、昔の彼氏の話を聞かされた自分はどう反応すればいいんだと反応に困ってしまいます。

今は自分と付き合っているんだから、このスポットにデートに来てからの自分の反応だったり、彼女自身の想いを話せばいいものを、何が悲しくて元彼の話を聞かなければならないのかと考えてしまうのです。

元彼と今彼を比べる


昔の恋人とデートに行ったことがあるところでやってはいけないこと、うちの一つが元彼と今の彼を比べてしまうことです。

昔を思い出しやすい場所ですから、その時その時に思い浮かんだ元恋人の姿と今の恋人の姿がそれぞれ明確に写ってしまい、結果として比較してしまうのは仕方のない事です。

今の彼の方がここはいい、でもここでの対応は昔の彼の方が優しかった、などの事は自身の心の内だけであれば許されます。

彼氏だって言葉には出さないものの、どこか元カノと比べている点だってあるはずですから、そのあたりはお互い様ということにしておくべきです。

しかし、そうした比べているような発言を今の恋人がしていないのにもかかわらず、それを口に出してしまうのは今の彼氏に対してひどく失礼な行いに当たります。

心の内に留めて、そのうえで今の彼氏の方が素晴らしいと思えるところをいくつも発見して満足できるようにしておくだけであれば、だれも不幸にはなりません。

けれど、不満のある個所があると言わんばかりに比較している内容を口に出し、恋人に聞かせたともなれば関係性に大きな溝が生まれてしまうのは仕方ないことになります。

「前に食べた」「前に乗ったよね」などと言ってしまう


元彼と行ったところへ今の恋人とデートすることになった際にやってはいけないこと、気を付けておくべき事の一つには、以前にも食べた、乗ったなどの経験済みであるといった内容の言葉を発してしまうことです。

以前に友人や同僚と来たことがあるという話をしているなど、以前来たことがある話を匂わせていたのであればその限りではありませんが、嘘を吐いて初めてだと言っている場合はかなりまずいことになります。

初めてだと言っていたのに経験済みだというのは悪手でありますし、そもそも嘘を吐いていることがバレている時点で信頼関係に罅が入ってしまうものです。

この後素直に伝えたとしても、元彼と来たことがあるなんて言う内容であれば、余計に今の恋人は怒る事にもなるでしょう。

なので、以前来たことがあり、なおかつ今の恋人に来たことが無いなどの嘘を吐いているのであれば、絶対にそのスポットにおいて経験したことがあるといった発言はしてはいけないのです。

その場所にチェーン店や同じ味などを提供する店等があるのであれば、そのチェーン店などで誤魔化すことができるかもしれませんが、アミューズメントパークであったり、水族館や遊園地、観光地の場合は誤魔化しがききませんのでより注意が必要になります。

元彼と来たことを伝えていないのに積極的なアテンド


元彼と行ったことがある場所でデートすることになった場合、やってはいけないことの一つには積極的なアテンド、いわゆる世話を焼く行為などがあげられます。

来たことが無いと伝えているのにもかかわらず、その場所をまるで知っているかのように積極的にあれこれ世話を焼こうとしてくるのはとても不自然ですよね。

彼氏の方もパンフレットなどがある場所であれば、かなり読み込んでいるのかもしれないと思うかもしれませんが、それは片手にパンフレットなどがあればの話。

慣れたようにパンフレットなども何もなく、読み込んでいるような形跡も見えないのに行きたい所に案内し、おすすめのものを紹介する様な姿を見せる彼女に疑いのまなざしが行くのは当然です。

初めてであるのなら、そこでのふるまいには必ずしも迷いや立ち止まるなどの動きの変化があるもの。

特に広くて迷いやすい、パンフレットなどが必要になる場所だったり、人に聞きながらでなければ場所を正確に理解できない観光地だったりであれば、余計にその積極的なアテンドに不信感が募ります。

初めてであると伝えているのであれば、その初めてを必ず本当の事にしなければなりません。

彼に信じてもらうためにも、積極的にあれこれ世話するのは止めておきましょう。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「元彼と行った場所に今彼と行くことになったら相手を傷つけない配慮が必要。あえて嘘を吐くのも必要なことだと思っていよう」

占い師アリア
元彼と一緒に行ったことがある場所というのは、彼女にとっても今の彼氏にとっても色々と鬼門になりえるところです。

彼女自身が昔の事ばかり思い出して今の恋人をおざなりにすることもあれば、元彼の存在に今の彼氏が嫉妬してしまうなんてこともあり得るため、扱いにはとても注意が必要になるなんてこともざらにあります。

特に元彼の思い出が色濃く残っているところであれば、相手を傷つけないようにするためにも、気遣いや配慮が必要になる場面も多いです。

そして、今の彼氏を傷つけない為にもあえて嘘を吐くのも必要になるなんてことも十分にあり得ます。

嘘を吐くのは嫌なことではありますが、それでも二人の関係性の維持には必要なことなのだと納得できるようになる必要が出てくるでしょう。

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
【期間限定特別企画】絶望的な状況から復縁成就が叶った秘密の方法って?


「彼とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな難しい復縁の悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

復縁専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない復縁の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事