※この記事を読む前に必ず読んでください。

彼との間に、運命的な繋がりを感じていませんか?

 

今訪れている試練は、2人が「ツインレイ」だからかもしれません。

 

「彼は今、私をどう思っているの?」

 

「彼から連絡は来る?復縁できる未来はやってくる?」

 

「何をすれば彼からもう一度求められるの?」

 

「私たちはツインレイ…?もしそうなら彼に気づいてもらうには?」

 

これらの答えは、スピリチュアルの世界から2人を見ればすぐに分かります。

 

真実を明らかにする「神言鑑定」で、あなたが復縁できるかどうか・知りたい事や知るべき事が書かれた鑑定結果を今すぐお受け取りください。

 

>>【初回無料】神言鑑定で占う<<
 

アユミ
アリア先生、遠距離恋愛で冷めてしまって別れるだけではなく、好きだけど別れてしまう時ってどんなタイミングなんですか?
占い師アリア
タイミングは人それぞれね。だけど、彼氏と別れる前にはいくつか前兆があったり、何かしらきちんとした理由があって別れるの。
占い師アリア
だから、好きだけど別れたほうがいいなんてケースももちろんあるわね。
アユミ
そ、そうなんだ…。遠距離でも続いていたわけですから、別れるのはもったいないんじゃないかって思ってたところもあるんですけど、別れたほうがいいこともあるんですね。
占い師アリア
ええ、たとえ本人たちがまだできるのではないか、と思っていたとしても実際は限界だった、というのは良くある話ね。
アユミ
なるほど、それを聞くとどんどんタイミングや別れる理由、別れたほうがいいケースというのが気になります。
占い師アリア
ふふ、そうよね。遠距離恋愛にこれからなる可能性がある人はこういうものに気を付けておけばいい、こういうケースになったのなら別れたほうがいいっていう指標があると、交際においても少し気が楽になる部分もあるもの。
アユミ
それじゃあ、今回は遠距離恋愛の別れる理由やタイミングなんかについて、詳しく教えてくれるんでしょうか?
占い師アリア
ええ、それじゃあ、詳しく見ていきましょう!

目次

こんなサインに要注意!遠距離恋愛中の彼氏と別れる時の前兆

会う頻度が少なくなる


遠距離恋愛というのは、どうしても彼氏とのやり取りが電話やメッセージに偏ってしまいますので、直接的なコミュニケーションが取れなくなっていきます。

それでもきちんと会う時間を作り、お互いに行き来をしてコミュニケーションを絶やさない様に気を付けるカップルの方が多いのですが、そんな中でも別れる前兆となるサインが少しずつ現れてきているケースも実はそう珍しくはないのです。

そのサインに気付かずにいると、いつの間にか別れていた、なんて事態も引き起こされます。

では、どんなサインが危険なのか、そのうちの一つが合う頻度が少なくなる事です。

普通であれば、会える時に会うようにするのが当たり前で、無理に相手に都合を合わせさせるようなことはしないといった配慮をしつつ相談しながらタイミングを見計らい、寂しい気持ちを紛らわせつつ会える日を待ちわびるものです。

けれど、別れる前兆であるサインが現れ始めると、どうしてもお互いが会おうとするタイミングが合わなくなるだけでなく、お互いがそれぞれ「多分言っても無駄だろうな」と諦めてしまいがちになってしまい、最終的に相手に会いたいと伝えるのを止めてしまうようになります。

連絡が淡白になる


遠距離恋愛において、別れる前兆にもなりえるサインが現れた時の反応や現象の中には、連絡が淡白になっていくというものもあります。

どうしても物理的な距離が離れている以上、連絡はツールを使うのが当たり前、時間帯や職業などによっては電話できない日が続くなんてざらである人もいますし、繁忙期のずれなどによってLINEなどのアプリでのメッセージを返せるときに返すようにするなど、お互いの時間を邪魔しない程度のやり取りをしていくだけに留める例も少なくありません。

けれど、だんだんと連絡自体が淡白になっていく。

最初は顔文字や絵文字、スタンプを使って鮮やかだったトーク画面や、文字が多かったり、やり取りが数分単位の頻繁だったトークがだんだん文字数が少なくなり、スタンプや顔文字、絵文字の姿が消え、やり取りが一日明けというのがざらになる様になっていく。

こんな状態になっていきます。

会話の内容もつまらない、近況報告ばかりで真新しいものは何もない、どこに行こうか、遊びに行くならどこに行くか、何が食べたいかなんて二人で過ごす時間の希望を話し合うことも無くなった状態がサインとして現れるのです。

ちょっとしたことで嘘を吐くことが増える


遠距離恋愛で別れる前に現れるサインとしては、ちょっとした嘘を吐くというのもその一つです。

信頼関係がとても大切な遠距離恋愛において、良い意味におけるサプライズなどでなければ嘘というのはご法度です。

少しの嘘でも発覚すれば、信頼関係の揺らぎにもつながります。

直接相手を見て、言葉を交わせる状態での交際においても嘘を吐かれるだけでも本当にそうなのか、と相手を疑ってしまう程の事態になりかねないわけですから、言葉だけの交流しか主にできていない遠距離恋愛では、より強い疑いを産んでしまうことにもつながるのです。

そして、そうした誤魔化すようなちょっとした嘘を良く吐くようになるということは、相手に知られたくないことがある、またはあまり深入りしてほしくない事情ができているといったことも考えられます。

すでに相手への信頼が大きくなくなっている、知られるとまずいから嘘を吐かなければならないことができてしまっている状態で、長く続くかは相手の気付くタイミングや、自身の罪悪感によっても変わるものの、内心嘘を吐いても良い相手になってしまっている以上、別れてしまう確率は高いです。

デートが面倒、楽しくないと思ってしまう


遠距離恋愛において、別れる前兆として出てくるサインの中には相手とのデートに対しての考え方が違ってくるというものも多いです。

遠距離恋愛におけるデートともなれば、そう頻繁にできる事ではなく、おまけに会えるタイミングが合致した久しぶりの機会なわけですから、それはもううれしいと思うことが大半です。

どちらが会いに行っているかは関係なく、ただただ離れた恋人と会える貴重な機会を楽しく過ごそう、予定を過ごしたら何をしようかといろいろ考えるものでしょう。

けれど、別れる前になるとそのデート自体が面倒臭い、行きたくないと思ってしまうものになってしまっていたり、人によってはしょうがないから行くにしても、過ごしても楽しいと思えない、そんな状態に陥ってしまうのです。

楽しいと思えていたものが楽しいと思えない、ただひたすら面倒なものになってしまっていると、それだけ恋人に対しての対応もどんどんおざなりなものになっていきます。

おざなりな対応になっていけば、恋人の方も冷たくされていると感じるのは当然ですから、その分お互いに態度が冷たくなり、最後には別れてしまうようになっていくのです。

場合によってはデートが楽しくなくなった側がさっくりと別れを告げることもあります。

付き合って半年未満のタイミングで遠距離の彼と別れる理由

気持ちが冷めた


遠距離恋愛において、別れるタイミングというのはいくつかのパターンに分けられることが多いです。

半年未満、一年以上、3年以上というのが大まかなもので、最長であれば10年以上の交際を経て別れたという例もいくつもあります。

そうした別れる年月のケースによっては、別れる理由もある程度共通点があり、多くの場合は同じ理由で別れた経験があるという女性も少なくありません。

では、半年未満の場合はどんな理由で別れるのか、そのうちの一つが気持ちが冷めたというもの。

離れているからこそ燃え上がる人もいるのかもしれませんが、半年近く会えないまま、電話やメッセージだけでつながるしかできない状態を続けているカップルは、その多くが本当に相手が自分のことを好きなのか疑問に思ってしまいますし、仕事や勉強に忙しい日々を送っているのであれば、むしろ恋人にかまけていられないなんて人もいるでしょう。

恋人以上に集中しなければならないことがあるせいで、連絡自体もおざなりになってしまうとそれだけ気持ちが冷めてしまう可能性も高まります。

気持ちが冷めてしまうと、半年ほどであれば「ああ、こんなもんか」とあっさり別れを選んでしまう人はそれなりに多いのです。

会えないことがつらすぎて別れたい


遠距離恋愛において、半年ほどで別れを選んでしまう人の理由の中には、会えないことが辛くて別れたいというものもあります。

好きだけど離れているからこそ辛いのであれば、好きだからこそ別れたほうが辛い思いをし続けるなんてことをしなくていいんじゃないかと考えてしまった結果別れる人の多くが、寂しさに負けてしまうことが多いです。

いつでもどんな時でも会えるわけではなく、我慢を重ねてようやく会える遠距離恋愛において、一番の敵となりえるのが不安と寂しさです。

他のカップルを見つけてしまうと、自分はこんなにつらいのに、どうして彼に会えないのか、彼に会いたくても会えないのにどうしてあの子たちは楽しそうにデートできているのかと妬ましい気持ちを抱えてしまう人も少なくありません。

そうした妬ましさから、自己嫌悪に陥ってしまったり、彼への疑いを持ってしまったりすると、もう彼を思い続けることに疲れたり、嫌になったりしてしまう結果、会えない日々が続く現状に耐え切れず、辛いから別れたいと結論を出してしまうのです。

仕事などに集中したい


遠距離恋愛において、半年ほどで別れてしまうケースの中には、自分がやるべきことに集中したいから別れたいというケースもあります。

遠距離恋愛が始まったタイミングなどにもよりますが、新生活がスタートする季節に交際し、遠距離恋愛が始まると、お互いに新生活が始まって忙しくなります。

もちろん最初のうちは連絡もきちんとしていたでしょうし、会える時には会おうとする動きも取ってくれるでしょうから、不安と寂しさが少しあったとしてもきちんと好意を持って楽しく明るいひと時を過ごしていたはずです。

当然、お互いに恋人へ割く時間もちゃんと取って、離れていても頑張ろうとする気持ちも強かったでしょう。

けれど、仕事や学業が本格化してくるとそんな余裕が無くなってしまう人も少なくありません。

その学年や学期内に取っておくべき資格の取得のための勉強、離れた所で過ごすことを選ぶほど熱望した仕事をこなすために業務を覚え、ミスを怒られながらも努力する、そんな日々を過ごしていると、どうしても恋人よりもそちらを優先しなければならないという人もいるのです。

そのため、恋人との仲が疎遠になったり、そうでなくても一度距離を置きたい、といった答えを出してしまう人もいます。

その答えに納得してもらえない人が、それなら自分が選んだ人生を台無しにしたくないから、と毅然と別れを選んでしまうのです。

不安が消えなくて辛い


遠距離恋愛が半年ほど経つ頃に別れてしまう、そんなカップルの別れる理由の一つが不安が消えなくて辛いというものになります。

遠距離恋愛において、どうしても不安は付いて回るものです。

お互いがお互いをきちんと確認できる距離にいない以上、相手の言葉を信じるしかない状態であるのですが、ちょっとしたことが切っ掛けでその言葉自体に疑いと不安が生じてしまうなんて言うケースはかなり多く存在します。

相手の少しの嘘であったり、遠距離恋愛においての浮気のエピソードを記載した掲示板や知恵袋などを見てしまったり、そんなちょっとした行動や言動がきっかけとなって相手のことを無条件に信じられなくなっていくのです。

その不安を払拭したくても、彼氏に会えない日々が続いているのであれば払拭する機会なんて訪れることなく、女性をより強い不安に落としてしまいます。

彼が会えないのは本当は別に好きな人がいるからではないか、実は私に隠れて浮気をしているのではないか、もう私に飽きたのではないか、そんな不安に苛まれてしまいながらも、嫌われるのが本音を言うことができない状態に陥り、結局不安が大きくなっていくのに耐え切れずに別れを選択してしまうのです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

遠距離で付き合って1年以上の彼氏と別れる理由

思ったように動けないから、好きだけど別れる


遠距離恋愛において、半年未満で別れてしまう場合は遠距離恋愛に不慣れで不安だから、忙しい新生活が始まると恋愛どころではないからといったものがあげられました。

しかし、半年を経過し、1年以上交際を続けているのであればある程度の慣れと妥協を覚え、電話やメッセージでのやり取りも馴染んで淡々としたものであっても、ある程度相手がどういう感情で置いているのかというのを理解できるようになった人もいるでしょう。

けれど別れてしまう理由は何なのかその答えとなる一つが思ったように動けないから、好きだけど別れるというものです。

1年も交際をしていると、妥協する事と簡単に動けないことに対して慣れ始める人も確かにいるのですが、それでも遠距離特有の不自由さは何も変わりません。

思ったように動くことができず、会いたくても会えない日々が続く事に耐え切れなくなるのです。

自分はもっと我慢できると思っていた、けれどそう簡単な話ではなかったと自覚し、このまま辛い状態が続くのには耐え切れないと考えてしまったのであれば、耐えられている今離れたほうがいいと答えを出し、好きだけれど別れてしまうと決めるのです。

1年経過したからこそ、遠距離の辛いところをより知り、今後結婚や同棲が始まるまでそれがずっと続くのだと考えれば、余計に別れを強く意識するでしょう。

付き合っている意味はあるのか分からなくなる


遠距離恋愛が1年を超えてくると、離れているのが当たり前、連絡もほどほどに忙しい日々を過ごすのが当たり前といった状態になっていきます。

連絡を毎日とは言わずお互いのペースでやっていたとしても、離れている状態でデートも何もなく、おまけにお互いに好意をはっきりと伝え合うことも減っているのであれば、どうして今交際しているんだろう、付き合っている意味はあるのかなと感じることも増えていきます。

楽しい時間は確かにあるけれど、お互いに会う時間もほとんどない、それぞれが選んだ毎日を必死にこなすのが精いっぱいで恋人に対して時間を割くことも難しい、そんな心境に陥っているのであればなおのこと、付き合っている意味について考える機会もどんどん増えていく傾向にあるでしょう。

付き合っている意味がない、このままでは満足できない、そんな気持ちになると一緒にいられる彼氏を見つけたほうがいいんじゃないか、そんな考えを持ち始めると別れたほうがきっとお互いのためになると考えた末に、遠距離恋愛を止めて付き合っている意味を強く感じられる環境、好意を表してくれる人と一緒にいたほうがきっと幸せだとも思うのです。

付き合っていて自分たちは先に進めるのか、それとも何かしらの成長を遂げられるのか、自身の未来の成長や今後の二人の進展を真剣に考えるほどに、今の恋人と交際する意味が見えなくなり、迷走したうえで別れてしまうなんてこともあります。

お互いに行き来の負担が大きい


1年以上交際している遠距離恋愛のカップルで、別れてしまう理由の一つには、お互いの行き来の負担が大きいというのもあります。

遠距離恋愛において、最も負担となるのが相手と会うための移動です。

自身の車で簡単に行ける距離であればある程度軽減できる、または宿泊に関しても恋人の家に泊まらせてもらったり、相手が地元にいて自身も実家に帰宅できるというのであればあまり問題はないでしょう。

けれど、相手の住んでいる地区に行くまでにこれ以上なく時間がかかる、新幹線や飛行機での移動が当たり前、宿泊に関してもホテルなどが必要になるといった状態であれば、移動だけでもひどく負担がかかります。

おまけに移動が片方ばかりになっている、もしくは交通手段が整っていて移動が容易な方ばかりが訪れているといった状態であれば、あまりにも負担が片方にのしかかってしまっています。

そのため、移動をしている側が大きな疲労や金銭的負担を感じてしまい、遠距離恋愛は厳しいなと感じ、別れたほうが負担が無くていいと考えてしまうのです。

お互いに行き来するだけでもとても大変な遠距離恋愛であるわけですから、負担がどの程度なのかをよく考えなければ、交際自体がかなり厳しい人たちもいます。

それを埋めるためにメッセージや電話などでやり取りをして、交流を深めることが大切になるのですが、やっぱり直接会ってデートしたいと思うのは誰だって同じこと。

けれど、負担を考えれば無理にとは言えない、むしろ自分が移動しろと言われた時の負担を考えると無理を言えない、そんなジレンマに陥ります。

最初のうちは自分が移動すればそれで解決するのなら、と移動を快く受け入れたとしても最後には疲れて参ってしまう女性の方が多いでしょう。

お互いに疲れ果てて終わる前に、別れたほうが金銭的にも肉体的にも疲れなくて済むと思えば、別れを選択するのはある意味間違っていないのです。

この先一緒にいる未来が見えない


遠距離恋愛の二人が一年以上交際したものの別れてしまう理由の中には、恋人がこの先の未来を考えた時に隣にいる未来を考えられないという人もいます。

離れている、いない関わらず、恋人がいるとすればその恋人と将来を色々と考えるものですよね。

今の恋人と幸せな結婚をして、子供を産み、育て、そして一緒に年を経てそれぞれの趣味を満喫しながら引退後のおだやかな時間を過ごす、そうした将来を思い描くとき最も身近なモデルとなるのが今の恋人ですから、自分たちの未来がどんなものになるのか、それを深く考えるほど恋人が隣にいる姿を想像するでしょう。

しかし、遠距離恋愛の場合、恋人が隣にいる姿を想像しにくいというカップルがいるのも事実です。

離れていて、姿を確認できるのは月に1回あればいい程度、距離によっては1年に1回か2回なんて人もいます。

そうした人は、自身が強く確認できるもの、視認できるものを中心に未来を考えてみれば、恋人の姿を強く考えられない、想像できないケースもあるのです。

遠く離れている人を自身の近況に加えるというのは難しいもので、たとえそれが恋人であったとしても難しいという人は確かにいます。

そのため、自身の未来にこの人は交わってこないのだろうと考えれば、1年以上の交際を経てもこれ以上の進展は望めない、将来的な設計を詳細に考えてもこの人の隣にいることを考えられない現状に終止符を打ちたいと思うのは別段珍しくはない考えでしょう。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

遠距離恋愛を3年以上続けた恋人と破局する原因

結婚する意志が見えない


遠距離恋愛が3年以上続いてくると、破局する原因や理由がまた変わってきます。

3年以上ともなれば、遠距離恋愛における理不尽さにも慣れてしまい、1年以上または半年程度で別れてしまうカップルとは温度差が大きく違ってくるため、理由もまた大きく違うのです。

その理由のうちの一つが、結婚に対しての意思が見えないというもの。

交際から3年以上ともなれば、適齢期になる人はかなり多いです。

高校3年生から交際を始めているのであれば、まだ大学生である人もいるかもしれませんが、すでに就職している人や大学卒業に近い時期に交際を始めたというのであれば、3年は結婚を十分に意識する年齢に押し上げます。

自分たちが結婚するしないをしっかりと決めておけるのか、またはそのための行動を起こすことができているのか、それを確認したとき、相手側が結婚に関して何も考えていないのか、動きを見せないというのなら将来のことを何も考えてくれていない、そんな風に受け取ってしまう人も多いです。

彼女の方も結婚に関して少しずつアプローチしているのかもしれませんが、それを鬱陶しがる彼氏であるのなら猶の事、自分はそろそろ結婚したいと思っているのに彼は結婚する意志がないのかも、と不安になってしまうもの。

また、男性の中には自身の物差しで測り、結婚に適しているのかを考えて勝手に判断する男性もいますから、根拠を聞いて「まだ結婚にふさわしくないから」という、何がふさわしくないのかを明確に説明できない男性であるのなら、余計に結婚に焦っている女性は嫌になってくるでしょう。

別の男性を知り合い、結婚を目指した方がずっと効率的だと思う人だっています。

3年付き合ってもそれ以上の進展が見込めないというのなら、見切りをつけるのもまた自分の為だということでもあるのでしょう。

これ以上進展すると思えない


遠距離恋愛を3年以上続け、その結果別れてしまうカップルの中には、これ以上進展するとは思えないという気持ちが強くなったからこそ別れた人もいます。

遠距離恋愛というのはどうしても距離があるせいで、一緒に頑張って何かを成し遂げるという感覚が薄い傾向にあります。

そのため、普通のカップルが支え合いながら頑張ってきたことで進展する、お互いに成長を促し合える機会に多く恵まれているのに反し、連絡などをこまめにしておかなければ一人で努力し、成長していくというケースがかなり多くなるのです。

そして少しずつ成長し、交際などにおいても進展が期待できるのであれば、今後の進展に期待して交際を続けていけるのでしょうが、一人で頑張ることに慣れてしまっているせいで、恋人と一緒にいても何かが進んでいくとは思えなくなっている人も少なくありません。

この人と一緒だと、自分は何を頑張れるのか、どう進んでいけるのか、それをよく考えて判断をすれば利益もなく、成長を望めないことを深く理解して交際を考え直したいと思う女性がいるのも無理はないでしょう。

惰性で付き合い続けたとしても辛いだけ、それなら自分の未来のためにより良い選択をしても何も悪い事ではないと振り切ったのなら、もはや別れることに躊躇はありません。

会わない状態に慣れてしまい、なんとも思わなくなった


遠距離恋愛3年目以上で別れてしまう、そんなカップルたちの原因の中には合わない状態に慣れてしまって、彼に対して何にも思わなくなってしまったというものもあげられます。

離れてしまっていと、どうしても自身の生活や仕事、それ以外の頑張らなくてはいけないことに対してばかり視線が向かいがちです。

会わない時間が多ければ多いほど、他の事に時間を割いてしまうタイプの人であればなおのこと、恋人に対して無関心、または興味や好意が冷めていってしまうというのは良くある話。

特に仕事などが忙しかったり、勉強に必死だったりすれば恋愛に時間を割く余裕がなくなりますし、お互いに繁忙期だったり、資格取得や試験期間、卒論のために必死になっている期間だったりするとより無関心になってしまうこともあるのです。

会わない状態が続き、友達と遊ぶことや仕事や勉強に必死になる時間が多ければ多いほど、恋人に対して何も思わなくなっていきやすいでしょう。

最初のころは確かにあったはずの好意が少なくなっていく、冷めていってしまう、そうした感覚は無意識のものですから、彼からの連絡がいつの間にか義務的なものになっていても全く気付かない、なんてこともあり得、気づいた時にこれはもう別れようと思うのです。

会わなくても平気になり、交際に意味を見いだせない


遠距離恋愛を3年以上続け、別れてしまったカップルの中には会わなくても平気なせいで、交際に意味を見いだせずに別れてしまったというケースもあります。

結婚するような意思もなく、会う機会もほとんどないともなると毎日連絡すると心がけていても、残念ながら話題がどうしても尽きてしまい、連絡がおざなりになってしまうことがほとんどです。

連絡が減り、会う機会もほとんどない、そんな状態が続けば嫌でも人は慣れてしまうもの。

会わなくても平気になってしまうと、恋人を恋人であると認識はしていてもきちんとした恋人扱いをすることはほとんどなくなるせいで、時間を割くのはちょっと面倒だなと思ってしまう人もいます。

そのため、交際に対して意味を見出すことができず、自分は会わなくても全然平気なのにどうして遠くに恋人がいるんだろうか、そんな風に思ってしまうのです。

恋人であるのなら会いに行きたい、会いたい、デートしたい、たまにでいいから一緒に過ごす時間を持ちたいと思うもの。

お互いに一人の時間を確保したとしても、それ以外の時間の中から自身と過ごす時間を作ってもらいたいと思うのが普通でしょう。

けれど、そう考えることもできなくなっているのであれば、もうこれは付き合っている意味が無いとふと思ってしまえば、別れる理由になってしまう人もいます。

これ以上遠距離恋愛を続けても幸せになれない別れた方がいいケース

なあなあの付き合いをしている


連距離恋愛を長く続け、結婚した人も沢山いますが、中には遠距離恋愛だからこそこれ以上は続けないほうがいいというケースもあります。

他の人から言われて気付く、または自身が交際に関して深く考え直していたり見直していたりすると、たまにこうした別れたほうがずっと良いケースというのは発見されるのです。

別れたほうがいいケースの一つが、なあなあの付き合いをしている状態のケースです。

結婚するような意思を見せることも無い、積極的にお互いが先に進むために動こうとしていない、そんな状態にある関係が何年も続いていると、まあ付き合っているからというなあなあの付き合いの状態に陥ります。

こうした付き合いをしていると、いつまでも結婚することもできず、別れを強く決心することも無い状態が続くので、お互いの関係をよりはっきりさせない、宙ぶらりんの関係性に陥ってしまうのです。

何も変わらない中途半端な状態が続いていくわけですから、辛い交際をずっと続けていくに等しいことになりうるので、別れたほうがずっと良い出会いや関係を他の人に求められるのです。

結婚などについて先延ばしにしている


遠距離恋愛において、別れたほうが良いケースの中には結婚等を先延ばしにしているとはっきりと分かる状態にあるということもあります。

男女で結婚に対しての考え方、タイミングについての想いというのは違っています。

けれど、お互いに結婚に関してしっかりと話し、なおかつきちんと期限を決めているのであれば何も問題ないのですが、何の理由もなく結婚等を先延ばしにしていると、もしかすると次に話した時はとほのかにでも期待してしまうせいで、何年も結婚せずにずっと付き合い続けてしまうのです。

結婚自体の先延ばし以外にも、お互いの両親への紹介、婚約やそのほかの準備、そうしたものに関しての先延ばしもまた、別れたほうが良いポイントの一つです。

金銭的なもの、繁忙期からのタイミングの違い、そうした明確な理由もなく先延ばしにしているのであれば、結婚に関してあまり乗り気ではない人であるのかもしれません。

貴方がどうしてほしいのか、話し合いの場も設けてもらえない、明確に動けない理由を教えてもらえないまま数年を過ごしてしまう前に、ここで別れてしまった方がお互いの為、あなたの望む結婚に近くなる可能性も高いです。

相手との熱量が釣り合っていない


遠距離恋愛において別れたほうが良い、そんなケースの一つには相手との熱量が釣り合っていないというのもあげられます。

近場の人でも交際している相手との熱量が違う、というのはよくあるものですが、接する機会が多く、デートなど以外でも自身と相手がどうなのかという理解を深められる機会がある分、恋人と合わせられるようになる人も多いです。

熱量や考え方、ペースに関しても少しずつ相手に合わせたものにお互いが調整していくことができるでしょう。

けれど、遠距離恋愛の場合はその調整のために接するデートなどの機会がかなり限られてしまいます。

メールやメッセージなどにおけるやり取りはもちろんできるのでしょうが、熱量をきちんと調整できる機会がかなり少ないので、熱量自体のつり合いが取れていないとどこかで破綻してしまうのです。

メールやメッセージの量、電話したいと思う回数、それ以外にもいろんなところで積極性の違いが出て、相手が面倒に感じたり、貴方の方がこんなに連絡しなきゃいけないの?と感じたりもするでしょう。

こうした違いが出てくるたびにうんざりすることになれば、どちらかが連絡頻度でも苦情を入れてしまう結果に終わりかねませんから、熱量や積極性が違うなと強く思ったのなら別れたほうがペースのあった恋人を見つけられるかもしれません。

ただひたすらに辛いのに解決策が何もない


遠距離恋愛において別れたほうが良いケースの中には、ただひたすらに辛い現状に関しての解決策が何もないという状態に陥っている場合もあります。

基本的に遠距離恋愛は辛い事の連続です。

支えてほしい時に彼氏は居ない、不審な点を感じた時にそれを綺麗に払拭できないので不安ばかりが募る、会いたいときに会えない、いろんな事が積み重なりますのでひたすらに辛い日々を過ごすなんていうのも珍しくはありません。

そうしたとき、近場に彼氏がいるのなら、会いたいと伝えて会ってもらったり、食事やデートに行って一緒にストレスを発散したりして、解決策を見出すことができます。

けれど、遠距離恋愛の場合はそうした手段が取れません。

できる事は電話をしたり、メッセージを送って励ましてもらったり、慰めてもらったりする事だけ。

会いたいと思っても会えない、メッセージや電話では拭いきれないものがあるのなら、よりどうしようもできないことだと強く自覚してしまい、嫌になってしまうのです。

それでも彼と別れたくないと思う気持ちから別れない人がほとんどですが、別れたほうが辛い交際を続けずに済むので、別れたほうが実は精神的にすっきりするケースもあります。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「遠距離恋愛の破局理由は様々。交際年数や自分たちの現状も含めて考えてみると、別れたほうがいい場合もある」

占い師アリア
遠距離恋愛においての破局の理由は本当にいろんなものがあります。

年数や状況における共通点は確かにあるものの、理由はそのカップルだからこそしかわからないものだってあるのです。

納得できない、まだ彼の事が好きだと思っていても、現状や環境を考えてみたり、相手の行動や言動を鑑みてみれば別れたほうが正解であるなんてこともありますから、交際に関して悩んでいるのなら一度深く考えてみると良いでしょう。

意外と別れたいと思っていたとしても話し合い、会う機会をきちんと作ることで解消できるので、別れを先走る前に一度よく考えてみるのがおすすめです。

本当は彼は隠しているだけで頑張って動いているのかもしれませんから、事実確認のための話し合いはきっちりしておくのが一番おすすめになります

【期間限定特別企画】絶望的な状況から復縁成就が叶った秘密の方法って?


「彼とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな難しい復縁の悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

復縁専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない復縁の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事