※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「スピリチュアル診断」をご利用ください。

「スピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

>>スピリチュアル診断で占う<<
アユミ
アリア先生、ライトワーカーってなんでしょう?
占い師アリア
ライトワーカーに興味があるの?
アユミ
実はちょっと前に小耳にはさんだだけなんですが、いったいどんな人のことなのかわからなくて。軽い仕事をしている人か、明るく仕事してる人かなって思っちゃいました。
占い師アリア
ふふ、でもちょっといいところついてるわよ。
アユミ
え、本当ですか!?
占い師アリア
ライトワーカーは「光の仕事人」って言われてる存在なの。
アユミ
へー、光の仕事人…!ちょっとすごい人って感じがびしびししますね!
占い師アリア
そうね。それじゃあ気になるライトワーカーについて、今日は紹介していこうかしら。
アユミ
よろしくお願いします!

目次

ライトワーカーとはどんな存在なのか

人々の不安や恐れを取り除く存在


ライトワーカーと聞くと、直訳した「光の仕事人」という言葉の意味があまり分からず困惑してしまう人も多いのですが、実のところライトワーカーはスピリチュアルな存在に当てはまります。

本人はさっぱりその自覚は無い事の方が多いものの、役割や使命を持ったうえで地球を選んで転生してきた人ともいえるので、いわゆるソウルメイトなどの存在に近いものと考えておくと分かりやすいでしょう。

そんなライトワーカーは基本的に人々の不安や恐れを取り除くために地球に生まれてきます。

自覚は無いものの、ライトワーカーである人々は使命に乗っ取って行動を起こしたり、無意識にその使命を全うできる会話や行動を行ったりするため、日常生活の中で少しずつではあれど、周りの人たちに手助けをし、不安や恐怖を感じるものを和らげ、健やかな日常を送れるようにしているのです。

ただ、特別な任務や使命を背負ってはいるものの、本人にその使命を得た際の記憶は転生の際に失われているため、無意識のうちに行わなければならないと感じたり、ふとした時に突発的な行動に出たりする場合もあります。

その突発的な動きや直感的に言わなければならないと感じた会話をきっかけに、周りが少しであっても楽になれるように仕事をする存在こそが、ライトワーカーなのです。

この考えを基にすると、あなたが日常の中で助けられている人の中にライトワーカーがいる可能性も出てくるでしょう。

スピリチュアルな世界との架け橋になるための存在


ライトワーカーは何も人々を助けるために地球に生まれてきたわけではなく、その他にも色々な使命を背負っています。

そのうちの一つがスピリチュアルな世界との懸け橋になるための役割です。

スピリチュアルな世界は目に見えないため、どうやっても簡単に伝えられるものではありませんが、その存在を多くの人に広め、認識させようとする活動を行っているのもライトワーカーになります。

スピリチュアルな世界を広めると聞くと、占い師などを思い浮かべる人も多いのですが、実のところ神秘性を感じるのは占いや魔術といった類のものだけではありません。

例えば写真や絵画、神秘的な光景を切り取ったその作品を見るだけでも人々はスピリチュアルな世界に近いものを認識しますし、神社や教会に勤める神主さんや巫女さん、神父さんやシスターを見て、祭事やミサなどに参加する、またはその光景を見るだけでも神秘的だと思います。

そうした職業を通していろいろな人に見るだけではわからない、感じることしかできない神秘的なものを認識してもらうのがライトワーカーの一つの仕事となっているのです。

こちらもその存在を広めよと言った使命を帯びた時の記憶はありませんから、職業や趣味を通して様々な人に目に見えるものだけではない、感じられるものを広めようと働いているのがライトワーカーになります。

職業を通して役割を全うする存在


ライトワーカーは本人は無意識であったり、強い志望でもってその職業に就く人もおり、自身の使命や役割に準じた職業から働きかける存在でもあります。

大まかなライトワーカーの定義はあるのですが、大まかに3種類に分けられているため、その種類に応じた働きができるように自覚は無いものの選び取り、懸命に今も働いているのです。

癒しを与えるために看護師や医師、セラピストやカウンセラーといった職に就いて色々な人や動植物の悩みや苦しみを取り除き、救われるように働く人もいれば、天からのメッセージをインスピレーションとし、自身ができる限りの技法で表現し、人々に神秘性やスピリチュアルな世界を伝えていくためにアーティストや写真家、作家、俳優などの職に就く人もいます。

その他にも人々や世界にはびこる問題に立ち向かい、戦うために環境保護活動や慈善活動、果ては革命家や市民運動を行う人もいるほどです。

それぞれが自身の背負った使命や役割に応じた職種にいたり、そうでなくても何かしらの援助や寄付をしたりと活動をしています。

自身の周りにいる人であったり、そうでなかったりするものの、誰もが世界の人々が明るく、不安や恐怖に苛まれずに生きて行けるようにと働いているのです。

ライトワーカーだと分かる特徴:他とは違う容姿・見た目

容姿的な違いはさほどない


ライトワーカーの特徴はいくつかありますが、探してみようと思ったときには見た目でわかる特徴があるとうれしいですよね。

見た目でパッとわかると、「この人がライトワーカーなんだ」と確信をもって接することができるチャンスが訪れるかもしれませんし、何より知り合いであれば職務やその貢献、実績があることも加味して、「この人じゃないかな」と当たりを付けるくらいのことはできるようになります。

容姿的な違い、見た目の特徴さ、それらがあればなおのことわかりやすいのですが、基本的にライトワーカーだと分かる特徴の様なものはありません。

彼らは使命がある、役割を背負っているとはいっても今は普通の地球人として生活しており、中には使命を持っていても覚醒することなく生涯を終える人もいるほど。

そう簡単にわかるものではなく、外見的な特徴で決められるような人でもないのです。

見た目でわかれば助けてもらった際や癒してもらった時に「あ、この人ライトワーカーなのかも」と思えるのですが、そう簡単なことではありません。

容姿的な違いはさほどないので、自分がこの人かな?と思える人に出会ったり、実際にそれを自覚している人に出会ったりするまではわからない状態が続くでしょう。

実際に分かったとしてもその人に対して何か強制できるわけでもないので、探してみようと思うのであれば、分かってラッキーくらいの感覚で探していた方が気負わなくても良いです。

良く一人でいる


ライトワーカーは外見的な特徴はないものの、ぱっと見でこの人かなと判別できる特徴があります。

それが良く一人でいる人です。

ライトワーカーは特殊な考えや他の人とは違う思考を持っているケースが多く、他の人と馴染むことなく一人でいるのが気楽だと感じやすい人も多くいるのが特徴になります。

そのため、ふと気づいた時にはひとりで時間を過ごしていたり、大勢でいるよりも少数で過ごせる、または一人でいたほうが気楽だったりする人は意外とライトワーカーである可能性が高くなるのです。

普通に友人たちと過ごすのが好きな部分もあるでしょうが、それはそれと一人で過ごすための時間もしっかり確保している人であるのであれば、ライトワーカーである可能性のある候補の1人にもなるでしょう。

本人にその自覚が無くても、ふとした時に助けてくれる、助言をして導いてくれるような行動や言動が光るのであれば、なおのこと要チェックになります。

ただ、ライトワーカーではない人でも一人の時間が好き、落ち着くと言った人は多いので、個人でいる方がいいと言った人に対してライトワーカーだろうと決めつけるようなことは避けてください。

一人で良くいるのを見かけたとしても、もしかするとライトワーカーなのかな?といった疑惑くらいでいたほうが、お互いのためにもなりますし、相手側がもし本当にライトワーカーなのだとしたら、覚醒に対して悪影響を及ぼしかねないので、親しい相手であったとしても相手に無理にそうであると意識させてしまうのは良くありませんので、いたって自然体で、少しだけそうじゃないかなと思うくらいでいるようにしましょう。

特徴的な制服や服装であることが多い


ライトワーカーである人を見分ける、診断するのであれば一番手っ取り早くある程度の範囲が絞れるのは特徴的な制服や服装でしょう。

ライトワーカーとしてこの世に生を受けた人は、それぞれが自身の使命や役割に応じた職業であることが多いため、実のところ仕事における服装や制服でわかりやすい人も多いのです。

例えば癒しを担当するライトワーカーであるのであれば看護師や医師といった白衣や制服の人を探す、いろいろな人に神秘的なものを広めていく担当であるのなら動きやすくカメラを背負っている人や作品を作る際に絵の具などがついた服を着ている人を探すなど、実のところ服装が最もわかりやすい特徴と言えるでしょう。

とはいえ、その中からライトワーカーだと判別できるほどの特徴ではないので、大まかに範囲を絞るくらいの目安にしておくのが安全です。

その服装や制服を着て仕事をしている人と知り合った際に、あなたがどう感じたか、その人の作品を見てどう感じたかというのが一番重要になります。

不安や恐れを取り除こうと懸命に努力してくれた、話すだけで気が楽になって癒されたと言った感想や、神秘的な独特な雰囲気を感じたと言った感想を覚えられるか否かで少しずつ判断していくしかないでしょう。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

ライトワーカーだと診断できる特徴:身にまとう独特の雰囲気や性格

普通の人と同じことをしない


この人はライトワーカーなのか、自分はそうなのかと診断する際に重要なポイントになる特徴には、独特の雰囲気や性格などもあります。

外見的にはわかりにくい分、会話や接触するごとに知っていくことができる内面や雰囲気で判別することができる特徴が多く、ライトワーカーであるのではないかと多少感じる人もこの特徴では出てくることでしょう。

そんな診断に役立つ特徴の一つが「普通の人と同じことをしない」といったものです。

ライトワーカーな人たちは普通の、いわゆる一般的な人たちが行うことと同じことをしようとするのを嫌がる傾向にあります

個々によって独創的なものであったり、奇抜なものであったりするところはあるでしょうが、他の人と同じことをするのが嫌で、自分なりに考えた上で別の何かをしていることも多いです。

この傾向から、自分一人で仕事ができる個人事業やあまり人と関わらずに独自の感性を持って何かを成せる芸術関係の仕事をしている人も多いので、「同じ仕事をしてください」といった指示内容に不満そうな顔をしたり、自分のできる事などをアピールしたうえで別の仕事に取り掛かりたいと意見する人などを少しチェックしてみると良いでしょう。

ただ、中には同じことを嫌でもしなければならない場面も多いので、嫌がっているからと言ってもその人がライトワーカーであると確信できるものではないことだけは頭に入れておかなければなりません。

理想主義で夢見がち


ライトワーカーの人の判断ポイントになる内面的な部分や性格的な部分に関しての特徴の中には、理想主義で夢見がちと言ったものもあります。

神秘的な面を多く広める役割を持っている人も多く、また時には恐怖を取り除くために言葉を交わし、行動を起こすことも多いライトワーカーの場合、言動が一般的な人から見ると理想主義なように見えてしまう傾向が特に多いです。

怖い時にその恐怖を取り除くための言葉や導いてほしい時の言葉というのは、意外と平常心のときには綺麗ごとに聞こえてしまうものですが、不安なときには力強く支えてくれるため、さほど気にしないところはあるものの、不安も何もない、いつも通りな時に聞くと意外と「そんな綺麗事で上手く行くわけない」と思ってしまうケースも多々あります。

不安な時に支えてくれるとても大切な言葉や考え方であるのでしょうが、その言葉や考え方が良い方に受け止められる時とそうでないときがあるのも事実です。

そのため、いたって普通のコンディションの時に「この人はいつも理想ばかり掲げているようなことを言うな」といった感想や、「この人もしかして夢見がちなところがあるんだろうか」と考えてしまう意見を言葉や態度で表す人をチェックしてみましょう。

ただ、理想主義や夢見がちではあったとしても現実はきちんと認識したうえでどうにかしようと言葉や行動に移している人や努力を重ねている人も多いので、努力もせずに単に夢を見ているだけの怠惰な人と一緒にしないように注意する必要があります。

中には周りから見れば痛々しいと感じる、お姫様思考やそれに近い夢見がちな人もいますので、一緒くたにして勝手にライトワーカーだと考えないことも重要です。

たくさん人がいる場所や騒音が苦手


ライトワーカーの人に多いのが、たくさんの人がいる場所や大きな音、騒音がある場所が苦手という特徴です。

一人でいることが好きであったり、周りの人に溶け込むのが苦手だったりする特徴を持っている人が多いライトワーカーは、その特徴も含めて大勢の人がいる場所が苦手な傾向にあります。

孤独や寂しさを感じやすい部分はあるけれども、溶け込めない苦しさや悩みを抱えるがゆえに一人が好きであるという矛盾した点もある他、原因不明の痛みや疲れやすさに襲われる人もいますので、大勢の人がいる人ごみなどは余計に気付かれしてしまうのでしょう。

また、神秘性に富んだものを広め、人々を恐怖や不安から助ける使命や役割を持っているがゆえに騒音などとは相性が悪い部分もあるはずです。

そのため、ライトワーカーかどうかをチェックするのであれば、人混みや騒音が苦手で静かな場所で一人で過ごすのが好きかどうかもチェックしておくのがおすすめになります。

もちろん、親しい人たちと過ごすのが苦痛ではないという人もいますし、そうした人たちが大勢集まっての飲み会などを楽しむ人もいますので、一つの判断基準として苦手な方かどうかで一度大まかに判断するくらいにしておきましょう。

下手に断定せず、可能性はあるなというくらいで頭に留めておくのがベストです。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

人がある時ライトワーカーとして覚醒するきっかけ

ソウルメイトとの交流によるアセンション


ライトワーカーであると最初は確信していなかった人がいったいどのようにして覚醒するのか、それは日々の生活の中できっかけを得ていることが多くあります。

そのうちの一つが、ソウルメイトとの交流によりアセンションした時。

ライトワーカーは神秘的なものやスピリチュアルな世界を広めるために、自身も知らないうちに交信してメッセージなどを受信していることが多くあります。

特にそうした広める役目や使命を持っているライトワーカーの場合、意外とスピリチュアルな経験をしたことがきっかけで覚醒するケースも多く、そのうちの一つに当てはまるのがアセンションになるのです。

アセンションはいわゆる魂の次元が一つ上がった、レベルアップなどを意味していることが多く、ソウルメイトを始め、ツインソウルなどの魂の関わり合いが深かったり、相性的に良い人と障害を乗り越え、魂がより高度な次元に上昇できるようになると行われるものでもあります。

魂の次元が上昇したわけですから、それだけスピリチュアルなものにも強くなるので、結果として突発的に「自分はライトワーカーなのだろう」と確信するに至るほど強く覚醒する例も出てくるほどです。

ソウルメイトは大きな括りの中にさらに様々な種類がありますが、自身の近くに魂レベルで近しい存在がいればそれだけ覚醒できるきっかけにはなりえるでしょう。

自身の理想を実現させようとする


ライトワーカーが覚醒するきっかけになりえるものの中には、意外と身近な自身の理想が関係しているケースもあります。

ライトワーカーは人々の不安や恐れを取り除き、癒しを与えたりスピリチュアルな世界との懸け橋になったり、時には理不尽と闘ったりする存在ですが、そこまでまるで漫画のヒーローのようなことは誰も簡単にはできないものです。

むしろ、多くのライトワーカーは覚醒するきっかけが身近な存在であることがほとんどで、例えば仕事を失った理不尽をどうにかしたいと思ったり、けがや病気で苦しいのを何とかしたい、人間関係が不安でしかないのをどうにかしたいと思ったりして覚醒するケースもあります。

実際、日常生活を普通に就職して送っているライトワーカーのほとんどは、自身の周りにある理不尽や不安を己の理想とする環境に変えたい、理想的な状態にしておきたいと思うからこそどうにかしなければと覚醒するのです。

その覚醒を機に性格がより明るくなったり、優しくなったりするなどの変化が現れる人もおり、きっかけによっては人間的に成長する人もいるほど、自身の身近な問題をどうにかしたいという思いは強いのかもしれません。

あなたの周りに唐突により明るく、優しくなったなどの性格的な変化や成長を遂げている人がいるのであれば、もしかすると問題を解決して理想の状態にしようとした結果、覚醒したライトワーカーの可能性があるでしょう。

自分がライトワーカーであると確信を持つ


ライトワーカーが覚醒するきっかけの中には、自身がそうであると確信することも大きな影響を持つものなります。

スピリチュアルな存在であるライトワーカーは、いわば自身の信じる力もまた大きな原動力です。

おまじないが疑うことで効力を失ってしまったり、ソウルメイトらとのアセンションも同じで、乗り越えるべき試練や困難に打ち勝つために自分を信じ、鍛え上げ、そしてどうにか問題を解決したりするように、ライトワーカー自体が激務であることも顧みると、自分自身を信じられるか否かはとても大きなポイントになるでしょう。

自分らしさ、自己実現といったものと大きく関わり合いのある存在でもありますから、余計に自分が信じられないのであれば成り立たない状態に陥ってしまいやすい使命を持った人々とも言えます。

そのため、ライトワーカーの特徴などと合わせてみて「自分はライトワーカーなんだ」と感じ、確信することがあればそれだけで十分なきっかけになりえるのです。

今の仕事を通して「こうありたい」と思えることがあった、「この職を続けることこそが最も良い生き方だ」と思うことがあったなどでも十分なきっかけになりえますから、確信をもって自身がライトワーカーだと思うのであれば、より強力な覚醒になる人もいるでしょう。

ライトワーカーの種類や役割とは。使命への向き合い方&生き方

種類:ヒーラー


ライトワーカーには大まかに3つの種類があり、それぞれの役割や使命がその種類によって課せられます。

そのうちの一つがヒーラーです。

ヒーラーは名前の通り「癒す人」ですが、主に人々に対して直接的な癒しや治療のための時間や場所を提供する人のことを指します。

所謂医師や看護師、セラピスト、整体師や福祉施設における相談員、場合によっては教師も枠組みに入ることもあるでしょう。

病院などをはじめとする医療施設という場所を提供し、治療やカウンセリングの時間を使って人々を癒していきます。

直接的に人と関わり、そして物理的な癒しをもたらす部分からも他の種類とくらべて特に力を発揮してくれるライトワーカーで、3種類のなかでも「誰かを助けている」というのを最も実感しやすい役割を持っている人たちでしょう。

また、同時に過酷な現場で働いていることも多く、ストレスや疲れが取れないなんてことが多いですが、ライトワーカーの場合はその逆境の中でも前向きで明るく、場を和ませてくれる人が多い傾向にもあります。

ただ、だめだという時にはきちんとそれを告げることが必要な職業の人が多いのも会って、厳しくするべき時には厳しくする部分はちゃんとあるので、信頼関係をも厚くなりやすく、当人の親しみやすさもあれば職場の中でもいてくれると人当たりが良いのも会って、職場の空気が明るくなりやすく、患者さんをはじめとした応対するべき人とも親しめる人にもなるでしょう。

人々へ癒しの時間や場所を与えるからこそゆとりをもって向き合おう


ヒーラータイプのライトワーカーの場合、職業柄どうしても多忙になりやすいです。

ゆとりが持てないまま、仕事の多忙さが日常生活も徐々に苛んできて、どうしてもストレスも疲れも貯まってしまい、休日には疲れ果てて動けもしないなんてことが良くあります。

また、中には仕事中に多忙からの焦りのせいでとんでもないミスにつながってしまう場面も出てきてしまいますので、ライトワーカーとしての役割が上手く行かないなんてことも出てきやすくなるでしょう。

だからこそ、人々に癒しの時間や場所を与える役割である自分を大切にしながら、ゆとりをもって相手と向き合おうという考えで使命と向き合っていくのがおすすめです。

癒す人間が癒されてはならないわけではなく、むしろ癒し手である人間が倒れることなく、余裕のある状態を維持できるようになることこそが変わらず人々を癒し続けるためにも必要ですので、「まだ大丈夫」「まだいける」と過信せずに、体力も気力も、そして心に関しても余裕をもって役割や仕事に取組み、向き合っていきましょう。

下手に頑張りすぎると周囲にも大きく影響をもたらしてしまう可能性のある人が多いので、余裕をもってあなたの職場や仕事に助けを求めている人たちに接してあげてください。

勉強を欠かさず、相手を受け入れてあげられる心を持つのが良い


ヒーラータイプのライトワーカーの場合、人々を癒すための行動、場所、時間を提供する側ですので、必要になる勉強は他のタイプとは比べ物にならないくらいの量になるケースもあります。

特に医師や看護師といった医療系、セラピストなどの心理学などに基づく知識で仕事をこなす人の場合は、その知識が十分でなければ致命的な失敗につながってしまい、重篤な事故になってしまう可能性もあるでしょう。

だからこそ、ヒーラータイプの場合は職業における勉強はもちろんですが、より良い場所や時間を提供できるようにするための勉強を欠かさず行っていくのが生き方としても充実した日々を送ることができる方法の一つになります。

また、それと同時に自分自身にゆとりをもって、相手を丸ごととは言わないものの、受け入れてほしいと願っている部分を受け入れてあげられる心を持てるように、優しく豊かな感性を持ちましょう。

読書はもちろんのこと、その他の趣味を通して毎日の仕事に通じるものを得つつ、広い心と受け止められるだけの度量を身に着けていってください

広く受け止めてくれる心を持っている人に受け止められること以上に、助かったと思う気持ちは出てきませんので、追い込められた人たちや傷ついた人たちに接する際に最も求められる心や気遣いに関してを学びながら日々を過ごすとより仕事に対して効果的でしょう。

種類:メッセンジャー


ライトワーカーの2種類目はメッセンジャーと言います。

3種類の中では物質的な癒しではなく、物や映像を通して相手を癒しつつ、神秘的なものを広める役割を持っている人たちで、このタイプの人の多くが画家や写真家、デザイナーなどのアーティスト系の職に就いていることが多いのが特徴です。

見ていて癒される作品、神秘的で何か天啓が降りてくるようなひらめきを得られる素敵なものを広め、心を癒すだけでなく、メッセンジャーが天から受けたメッセージを広めていく役目を持っているため、名だたる作家やアーティストが実はライトワーカーだったなんて可能性は高いでしょう。

また、心を癒すだけでなくメッセンジャーは己の体験談を相手に話し、伝えることで相手を励ます役割を持っている人も多いです。

そのため、画家や作家などの職に就いていて自叙伝やその人生を追うような番組、雑誌などが販売されていることもあります。

当然アーティスト系の職業の人以外でも、こうした自身の経験を話すことはたくさんありますから、教師や専門家といったアドバイザーとしての役割を果たす機会がある人もまた、メッセンジャーの役割を果たすには十分な人と言えるでしょう。

作品や演技を通してメッセージを広め、心を癒すために直感を信じると良い


メッセンジャータイプのライトワーカーの場合、自身の作品や演技が人々の癒しや高次元からのメッセージを受信する役割を果たせる可能性があるため、一度ライトワーカーだと自覚すると、人々の心にどうすれば語り掛けられるか、自身が感じたものを広めていけるのかというのを悩むことが沢山あります。

もちろん、その他にも作品を作ったり、業界関連におけるトラブルなどもあったりしてなかなか上手く前に進めない時も沢山出てくるはずです。

スランプに陥ることだって珍しくはありませんから、思ったように前に進めない日々に嫌気が差してしまう可能性のあるタイプともいえるでしょう。

一度役割を自覚するとどうすれば人々に自身と同じ光景を見せられるか、同じ意味を伝えられるかといった部分が重荷になり、他の人から見れば十分なはずなのによりこだわり、何が正解かわからなくなってしまう苦しい生き方になるケースもあるのです。

だからこそ、時には直感を信じて思ったものを作品にして、世に出すのもおすすめになります。

貴方が思ったものを素直に出すことが、あれこれこだわるよりもずっとあなたが見ているものを自然と感じられる作品になるでしょうから、肩ひじ張らずに自然と「これだ」と感じたものを素直に作品にしながら向き合っていくのが良いでしょう。

自身ができる最大限をこなし、広めていこう


自身の作品や演技などが人々の癒しや感じ取るべき何かを伝えるためのメッセージになるメッセンジャーの場合、作品に関してはいつでも最大限できるものをこなすことが求められます。

手を抜いても構わない部分はあるでしょうが、それでも何事も最大限こなしてこそ、人々に対して癒しや込めたメッセージをより強く感じ取ってもらえると思うところがあるのでしょう。

また、自身の体験談を他の人に話すのであればなおのこと、説得力を持たせつつもよりその人が相談して良かったと思える話術や緊張感で支配されない空気を保つ必要性がありますから、やれる事は多岐にわたっていくはずです。

作品はどのようなものにするか方向性を決めたら、最も良い作品の傾向に沿うものを探し出して作り上げ、演技を見せるのならその役の心情やシーンの臨場感をより出せるように、その時々の最大限がこなせるようになりましょう。

時に挫折などを味わう可能性もあるタイプではありますが、その努力が大きく花開く時があるタイプでもあるので、その時の最大限をこなしながら自身の伝えたいものを広めていくのがベストです。

種類:トランスミューター


ライトワーカーの最後の種別がトランスミューターになります。

このトランスミューターは世間に蔓延するネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変え、人々を癒していく役割を背負っている、いわゆるお笑い芸人や一緒にいて楽しいと感じられる人がこのタイプになる傾向が多いです。

このタイプの人は自覚無しに自然と周りを明るくしてくれる人が多いため、周りの方が「実はあの人はライトワーカーなのではないか」と感じることが多いタイプでもあるでしょう。

自身のネガティブな経験を話し、他の人たちの共感を得ながらもそれが別にどうしたことでもないと感じさせてくれるので、相談を持ち掛けられるわけでもないけれど、似た経験をした人からはとても慕われるタイプの人たちでもあります。

蔓延するネガティブなエネルギーを変換するため、追い込まれないように向き合って


ライトワーカーの中でも、トランスミューターがその使命と向き合う際に気を付けておかなければならないのが、話題などが無くなってくるにつれて追い込まれてしまうかもしれないと感じる焦燥感です。

特にお笑い芸人などを見ていると分かりやすいのですが、他の人たちからの共感などから持っている状態になると、その人気をどうにか保っていきたいと感じるがゆえに無茶なことをしてしまう時もあります

どんどん人気が無くなっていくと追い込まれてしまい、ネタをやってもどんどん面白くなくなってしまって気付いたらテレビの出演が減ってしまったなんていうのは良く聞く話です。

そんな状態にトランスミューターは陥る可能性がありますので、蔓延するネガティブなエネルギーをポジティブなものに変換するための無茶をしないためにも、追い込まれていると思ったときにはちゃんと休息をとりながら役割と向き合わなければならないというのを自覚しましょう。

周りが明るくなるための取捨選択はきちんと行おう


トランスミューターは他の人たちを笑顔にする、楽しくすることによってネガティブな環境をポジティブなものに変えていく使命を負っていますが、時にはそれが空回りしてしまう時もあります。

中には話さないほうが良い話題を選んでしまって、逆に周りの空気を悪くしてしまうなんてこともありますから、きちんと取捨選択をしなければなりません。

特に世界情勢やゴシップじみたものに関しては人それぞれの意見があるわけですから、明るい空気にしたいからと言って無理に悪く言ったり、からかい半分に言ったりするのはやめておいた方が良いです。

また、他の人に対しての批評や悪い評判を蔓延させかねないような話題も、笑い話にするからと言って選ばないほうが良いでしょう。

周りのためだからというのはただの言い訳ですから、明るくするためには何を言って良いのか、何を言ってはダメなのかというのはきちんと選択して話をすることを頭にはしっかりと入れておくのがベストです。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「ライトワーカーの本質はほぼ同じ。誰でもなれることも考えて探してみよう」

占い師アリア
ライトワーカーは大まかに3つの種類に分けられますが、人々に癒しをもたらすということが共通しており、その活躍の場も幅広く存在しています。

本質的には同じなわけですし、誰だってなれる可能性があるからこそ日常で接している人がライトワーカーである可能性も高く、覚醒していないだけできっかけさえあればライトワーカーとして本格的に活動し始めるなんてこともあり得るでしょう。

とはいえ、中にはその使命が分からないまま、ライトワーカーとしての覚醒をすることなく生涯を終えてしまう人もいますので、きっかけをつかめるか否かで大きく変わることもある存在です。

本質的には全く同じ、外見的な特徴はほぼないので「もしかしてあの人はそうかな?」くらいで探してみると、意外とあなたがきっかけとなってライトワーカーとして覚醒するかもしれませんし、あなた自身がライトワーカーであると確信に至ることもあるかもしれませんね。

【期間限定・2021年6月27日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事