※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

 
「彼は私をどう思っているの?」

 

「何をすれば彼と復縁できるの?」

 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。

 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

 

>>神言鑑定で占う<<
アユミ
先生、私悔しいです…彼から振られたって事は魅力がないって思われたんですよね?
占い師アリア
それだけとは言えないけれど、振られるのってやっぱりどこか悔しいものよね。
アユミ
うう…彼を後悔させるようないい女になってやるっ!!
占い師アリア
見返したいっていう意気込みは女を成長させてくれますよ。それに彼だって別れを後悔しているかもしれないわ。
アユミ
そう…ですか?それが本当なら嬉しいんですけど…!
占い師アリア
ええ、男性には別れを悔やむ時期っていうものがありますからね。それはどういう時かと言うと…

目次

なんで手放したんだろう…男性が別れて後悔した彼女の特徴や性格

いつもニコニコしてた穏やかな女性

どんなときでもニコやかで、いつも穏やかに自分を包み込んでくれていた女性と別れて、なぜ手放してしまったのかと後悔する男性は多いです。

いつもニコニコしているものだから「この子は何やっても怒らない」「オレのことがホントに好きなんだな」と彼女に甘えてしまい、自分勝手に振る舞っていた男性もいるでしょう。

しかし彼女はその度に胸を痛ませ「彼が好きだから、今は耐えよう」と我慢しており、必死に笑顔を作っていた可能性があります。

また、穏やかな彼女の様子に「いつも聞き分けが良くてつまらない」「刺激が少なくて退屈だ」なんて感じ、彼女に別れを切り出した男性もいるでしょうが、失ってから彼女の穏やさにどれだけ救われていたか気付きます。

確かに刺激的な恋愛がしたい男性にとっては、穏やかな女性は物足りなくなることもあるでしょう。

しかし、彼女のような女性の大切さは失ってから気づくもので「どうして簡単に手放してしまったのか…」「なんであの穏やかさを退屈だと思ってしまったのか」と、別れたことを深く後悔してしまうものです。

料理上手で家事が得意な家庭的な女性

彼女と別れてから自炊をして寂しくご飯を食べているときや、新しい彼女が料理ベタだったり家事がからきしダメだったりすると、料理上手で家事が得意な家庭的な元カノと別れたのを後悔することでしょう。

男性の胃袋を掴むのは心を掴むのと同じで、料理上手の女性は男性にとってとても大事な存在です。

また、自分が苦手とする掃除や洗濯などの家事もバッチリとこなしてくれる家庭的な女性は、結婚を意識して付き合える女性として大切に思っていたはず。

しかし、料理上手で家庭的な彼女を、いつの間にか「所帯染みてる」「彼女と言うか、お母さん」と思ってしまう人もいるでしょう。

彼女をどうしても恋人として見れなくなって別れを告げたもしれませんが、彼女のいない部屋で「あの子の料理が食べたい」と思ったときに、なぜ彼女を手放してしまったのか…と落ち込むものです。

確かに料理上手だったり家庭的だったすると、ちょっとお母さん的に感じることもあったかもしれませんが「料理や家事は誰のために頑張ってくれているのか」を考えてみると、彼女を手放してしまったことを、なお後悔するでしょう。

悪い点をビシッと指摘してくれた女性

自分の悪い点や直したほうがいい所をビシッと指摘してくれる人というものは、とても貴重な存在ですよね。

相手に嫌われたくないあまりに悪い点を指摘できなかったりするものですが、ときには相手のためを思って心を鬼にできる彼女はとても素晴らしい女性だったはずです。

しかし、あまり口うるさく言われたり、厳しいことを言われたりすると「何なんだよ、面倒くさいな」と鬱陶しく思ったこともあったでしょう。

別れたときは「これでグチグチ言われなくなる!」と清々していたかもしれませんが、何か壁にぶち当たって凹んだときや、自分の行いでトラブルが起きたときなどに「こんなときにあの子がビシッと言ってくれたら…」と、彼女を手放したことを後悔するものです。

彼女がどんな気持ちで自分の悪いところを指摘してくれていたか、それがどれだけ自分のためになっていたかを思い知ったとき、初めて別れを悔やむでしょう。

いつも自分のことを大事に思って尽くしてくれた女性

彼女から大事に思われ、たくさん尽くされると、愛されてるなと感じるものです。

どんなことよりも自分を優先してくれる彼女の様子に、最初は男性としてのプライドが満たされたかもしれませんが、段々と「何でも言うことを聞いてつまらない」「自分の意思はないのか?」と、何でも彼氏優先な彼女に対してイライラし、別れを告げた男性もいるでしょう。

しかし、自分のために尽くしてくれる女性とはそういないということに、別れてから気づくものです。

新しい彼女が出来ても自分本位な子だったり、次の恋愛を探そうとしても誰にも相手にされなかったりすると、別れた彼女がどれだけ自分を大事に思ってくれていたか、尽くしてくれたのかを思いしるでしょう。

誰よりも自分を大事に思ってたくさん尽くしてれた彼女を思い出すと、どうして手放してしまったのかと後悔します。

自分と同じ価値観を持っている女性

様々な考え方や価値観など、自分と同じ女性とはなかなか出会えないものです。

価値観が同じだと、ちょっとしたことでも二人で感動や共感することができて、とても幸せな時間を過ごせるでしょう。

ちょっとした行き違いがあって別れることもあるでしょうが、価値観が同じ彼女と別れた後のむなしさはとても大きく、深く後悔してしまうものです。

彼女のそばがどれだけ居心地がよく、素晴らしいものだったかを思い知り、どうして簡単に手放してしまったのかと自分を責めてしまうでしょう。

それだけ自分と同じ価値観を持つ女性というのは貴重な存在で、離れるのが惜しいと感じるものなのです。

男が思わず「やっぱり別れるなんて言うんじゃなかった!」と後悔する別れ方

一時的な怒りから勢いで別れを告げた

ケンカなどをすると、かなり頭に来て勢いで別れを告げる人もいますが、これはかなり後悔する別れ方の1つです。

そのときは「もう勘弁ならない!」「もうお前なんて知らん!」と一時的な怒りから勢いに任せて彼女に別れを告げてしまいますが、あとから冷静になってみると「とんでもないことをしてしまった」と思ってしまうでしょう。

また、勢いでフラれた彼女からすると「こんな雑に別れを告げられるとは」「怒ってたのはわかるけど、簡単に別れを切り出せる彼にガッカリ」と彼に幻滅している可能性があります。

そのため、後悔した男性が復縁のお願いや謝罪をしようと彼女に連絡をしても、いいふうに受け止めて、復縁に前向きな対応してはくれないでしょう。

ケンカの原因はどうあれ、一時的な怒りに身を任せて別れを切り出すのは後悔する可能性が高いのです。

カッとなって思わず別れを告げそうになっても、グッと堪えられると「やっぱり別れるなんて言うんじゃなかった!」というような後悔する別れは避けられるでしょう。

彼女の言い分を聞かず一方的に別れた

彼女が浮気をしたり、わがままな性格をしていたりなど、彼女に非があって、このまま付き合っていくのは難しいと感じることもあるでしょう。

特に浮気なんてされたら、彼女が何か言おうとしても「もういい!別れてくれ!」と、彼女の言い分を聞かず一方的に別れてしまう男性もいます。

浮気はありえないと考える人なら、どんな言い分でも「すぐに別れる」と決めていたことでしょう。

また、自分の中のルールからはみ出た彼女に対しても同じ考えを持つ男性は多く「束縛はイヤだって前に言ったのに、またしてきた。もう別れる」「過去に直してほしいと言ったところが直ってない。もう直らないんだろうな」と、自分の中で色々と結論付けて、彼女の言い分を聞かずに勝手に別れを決意してしまうのです。

しかし、頭ではそう決めていても、心はそう簡単には決められません。

確かに許せないことをした彼女かもしれませんが、彼女との良い記憶や好きだった感情は簡単に消せないもので「ホントはあの子なりの事情があったのでは」「少し話を聞いてから別れの判断をしてもよかったかな…」と後悔してしまうものです。

言い分を聞かずに別れるとモヤモヤしたものが心に残り続けてしまいます。

他に好きな子がいると別れを切り出した

恋人がいても他の異性を魅力的に感じるのは仕方がないことですが、一時の気の迷いでほかに好きな人ができたからと別れを切り出して後悔する男性はたくさんいます。

「こんな気持ちで付き合うのは彼女に失礼」と思ったり「早く恋人関係を解消して好きな子にアタックしたい」と考えたりして別れを切り出したのでしょう。

しかし、感情に流されやすい男性や勢いで生きている男性の場合、あまりよく考えずにその場の空気や考えで動いてしまう傾向があります。

そのため「好きな子が出来た!この子が好きだ!」と思ったら「もう彼女と別れる」と安直に結びついてしまうのです。

別れを告げたときは、確かに「これで良かったんだ」と思っていますが、少し時間が経ったくらいに元カノの存在の大きさや、どれだけ自分が彼氏として大事にされていたかを思い出し「どうして別れるなんて言ってしまったんだ…」と悔やむでしょう。

また、好きな人と付き合うことができても、決して元カノを嫌いになって別れたわけではないし、自分の勝手な判断で別れているので罪悪感に悩まされます。

そして新しい彼女のイヤな部分が見えたときなどにも「前の彼女はこんなところなかったのに」「付き合うには早計すぎたかな」と感じ、やっぱり元カノに別れるなんて言うんじゃなかったと後悔するでしょう。

仕事の忙しさのせいにして別れた

社会人同士で付き合っているとお互いの生活の軸は仕事になりますが、彼女の存在が負担に感じたときに仕事のせいにして別れる男性もいます。

貴重な休みの日は趣味やおひとり様タイムなど自分のために使いたくなるものですが、彼女がいると、どれだけ疲れていてもデートに時間を割かなければいけないし、連絡もマメに取らないといけないので、それが面倒に感じて「仕事が忙しくて連絡が取れない」「仕事のためにも休みの日は準備をしたい」と別れを切り出すこともあるでしょう。

しかし、そんな取ってつけたような理由で別れると、あとで必ず後悔するものです。

確かに今は仕事が忙しくて自分のための時間が取れないないかもしれません。

彼女と別れることで悩みを解消して、ほんの少しのあいだは思うように動けるようになりますが、ふとしたときに自分の中のむなしさに気付いて「どうして別れるなんて言ってしまったのか」「もっと他にやり方があったのでは」と後悔することでしょう。

また、仕事を忙しさを理由にして別れると、仕事が落ち着いて余裕ができたときにも彼女との別れを悔いるものです。

もっと彼女と話し合って「2人にとっていい方向に持って行けたのでは」と後悔してしまうでしょう。

周りの意見に惑わされて別れを切り出した

お付き合いは自分と彼女の2人でするものですが、ときにはお互いの周りの人にアレコレと意見をされることもあります。

共通の知人やお互いの友達に、恋人との付き合いについて相談すると「そんな子、別れた方がいいよ」なんて言われて「え、良くないのかな?」と周りの意見に惑わされて何となく別れを切り出してしまう男性もいますが、そんな別れ方をすると後悔するものです。

友達などの客観的な意見もとても大事ですが、実際に彼女と付き合っているのは自分なのに、周りの意見に簡単に乗っかってしまうと、自分の彼女に対する本心を見失ってしまいます。

結果、別れた後に「付き合っていたオレにしかわからない良いところもたくさんあったな」「どうして彼氏のオレが分かってあげられなかったのか」と考え込んで、自分の本意ではない別れに後悔するでしょう。

復縁したくても「周りに言われたから」「オレじゃなくてアイツが別れろって言った」なんて理由は情けない上に元カノの怒りを誘うだけですし、やり直したくても言い出しづらいものです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

男が別れを後悔する時期は喪失感が高まる時

友達を誘いづらくなってきた頃に後悔する

彼女とうまくいかなくなって別れた後、男性はしばらく悩みから開放された爽快感を味わいます。

やっと自由になれた!と嬉しく感じてその楽しさを目一杯満喫しようとします。

これまでなかなか会えなかった友達と遊んだり自分のペースで休日を過ごしたり、我慢していたことを思ったとおりに実践できる今はとても楽しいと感じます。

しかし、しばらくすると最初は付き合ってくれていた友人もなかなか誘いに乗ってくれなくなり、自分の過ごしたい時間を満足に過ごせなくなりがちです。

限られた知り合いの中から今日は誰を誘おうかなと思っても、あの人はついこの間会ったばかりだし、この人も遊んだばかりだし…と一緒に過ごせる相手が見つかりにくくなるのです。

やがて解放された楽しさよりも寂しさが襲ってきて、空いた時間に元カノのことを思い出し後悔してしまいます

彼にどのくらい友だちがいるのかを踏まえて誘いにくくなる時期を計算し、その頃までをめどに冷却期間を設けられると良いでしょう。

部屋が散らかってきた頃に後悔する

よく彼女を部屋に呼んだり同棲して一緒に暮らしていたような2人なら、彼女のほうが家事を担当することが比較的多いのが一般的です。

そんな彼女が別れて家に来なくなったり出ていってしまうと、なかなか男一人では家事をうまくこなせません。

部屋の片付けや洗濯、掃除などのうち苦手なものから疎かになっていき、だんだん部屋が散らかったり洗濯物が溜まりがちになったりします。

別れてすぐの頃は家に彼女が来なくなってせいせいしたと思っていても、これまで恋人がしてくれていた家事の大変さに改めて気づき、感謝したり申し訳なさを感じたりしてしまいます。

部屋を1人で片付けてもキレイにして偉いね!と褒めてくれる相手もいませんから、どうしても虚しく感じがちです。

部屋がどこか広く感じたり、かつて彼女の荷物が置いてあったことを思い出してセンチメンタルになることもあります。

2人でいた頃はどんなことも分け合えたことを思い出して、「これで本当に良かったんだろうか…」と別れを後悔してしまうのです。

彼がどのくらい家事を担当していたか、家事が得意かどうかを元にして、いつごろこうした状況が生まれるのか時期を想定してください。

外食に飽きた頃に後悔する

家事の中でも男性にとって大きな影響力を持つのが食事づくりです。

美味しい手料理が作れる女性はもちろん魅力的ですが、美味しさだけでなくよく作ってもらった得意料理や彼女ならではの味つけなどを懐かしく思う気持ちはどんな男性でも共通です。

1人だとなかなかちゃんとした料理を作る気にもならず、別れてから外食で済ませてしまったりコンビニに通うようになったりする男の人はとても多いです。

ただ、やはり毎日外のご飯やコンビニ飯を食べていると飽きてきますし、体を壊しがちになったりもします。

そういう時に彼女が作ってくれた料理を思い出し、あの頃は良かったな…と後悔してしまうのです。

元彼の立場で今更料理を作ってほしいとも「作ってくれた事に感謝してる」とも言いにくいですから、元カレのほうから別れた彼女に料理についての話をしてくることはあまりありません。

しかし、それでも彼の心の中には作ってもらった料理の思い出が強く残っていて、外食に飽きたり美味しくないお弁当をチンして食べたりしている時にふとあの時の幸せが蘇ってくるのです。

食べるのが大好きな彼ならそのタイミングは割とすぐにやってきますが、食に興味のない彼ならこの時期まで長期戦を覚悟したほうが良いでしょう。

2人でよく行っていた場所に行きたくなった時に後悔する

彼とよく行った場所はあなたにとってやっぱり思い出深いものだと思います。

それは彼にとっても同じで、彼女と2人でよく出かけた場所を思い出すことがあります。

一緒によく行っていたのなら彼にとっても好きな場所だったはずです。

ただ、思い出がいっぱい詰まっている場所でもありますから、さよならをしてからはそう簡単に足が向きません。

もしその場所が1人では行きにくいところなら尚更です。

彼女がいた頃は当たり前に通っていたのにな…となかなか行けなくなったことを感傷的に捉えます。

もしそうした気持ちを乗り越えて1人で行ってみても、隣に一緒に楽しんでくれていた彼女はもういません。

余計に寂しさを感じるだけになってしまい、思わず別れたことを悔やんでしまいます。

この後悔は出かけて外で過ごすのが好きな彼ならかなり早く感じるはずです。

彼と行っていた場所にどのくらいのペースで通っていたかも含めて時期を判断しましょう。

他の女性と遊んでも楽しめなくなって後悔する

彼女と別れた男性ならたいてい興味を持つのが他の女性と遊ぶことです。

今まで彼女のことを一途に愛してきた男性でも、別れてしばらくすると出会いが欲しくなり異性と遊びたいと思うもの。

道を歩いている女子力の高い女性やカフェでおしゃべりしている女性に目を奪われたり、時には声を掛けてみたい衝動に駆られることもあります。

男友達と一緒にそういう女性へ声を掛ける、知り合いの女性を紹介してもらったり合コンをするなどして、新鮮な出会いを楽しもうとします。

最初はその新鮮さを楽しいと感じますが、しばらくそういうことを繰り返していると段々新鮮さよりも自分のことを深く知らない女性と過ごす気疲れのほうが勝ってしまいます。

相性の良い女性と早めに出会ったら話は別ですが、そうでない場合はいろいろな女性と会っては疲れ、自分を良く知ってくれている元彼女のことが恋しくなることがあります。

ですから、彼が女性とばかり遊んでいるとしても「復縁は難しいかも…」と落ち込むことはありません

彼の出会い欲が落ちてくる時期を狙ってアプローチすれば、2人の間に居心地の良さを感じてもらえるチャンスは十分にあるのです。

占い師アリア
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか? もしも宜しければ「スピリチュアル診断」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね! またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

別れて寂しくなる時期は1ヶ月後

別れて寂しいと感じる時期は彼があらかたフリーを楽しんだ後にやってきます。

目安は大体別れてから1ヶ月くらいです。

1ヶ月経つと彼の精神状態はある程度落ち着いて、自分のことや周りのことを冷静に見れるようになります。

その時に自分が1人であること、これまで傍にいた特別な相手が離れていってしまったことをはっきりと感じ取るため、言いようのない孤独感がこみ上げてきます。

その孤独感が寂しさを引き出し、彼の心を落ち込ませるのです。

この時期がやってくるまでは恋人がいた価値を再認識しにくいので、無理によりを戻そうとせず、関係を冷却する期間にするケースが多いです。

その期間が過ぎてからアプローチすることで、落ち込んだ彼は元カノからの接触をより嬉しく感じます

連絡が来て嬉しい、会って一緒に過ごすのは楽しいと思ってもらいやすいので、結果的に元さやへ戻ろうと言ってもらえる可能性が高くなります。

別れから1ヶ月経った頃がまず最初のアピールチャンスだと覚えておきましょう。

彼が自分から振って後悔する時期は2ヶ月後

彼のほうから振ってきた場合も彼女を手放したことを後悔する、そんな時期があります。

それは離れてから大体2ヶ月くらい経った頃です。

別れから1ヶ月くらい経過した時も上記したように孤独感や寂しさが生まれるのですが、自分から振った手前「寂しいなんて思っちゃいけない」と自分の気持ちにフタをしてしまいがちです。

前を向かなきゃ、別れて良かったんだと自分に言い聞かせ、無理にでも他の恋愛をしようとするケースもあります。

この時期はもし未練があっても自分からはやり直そうと言ったり連絡できませんし、女性側からアプローチしても突き放されてしまいます。

そんな時期を過ぎて、やっと素直に別れを後悔できるのが2ヶ月経った頃なのです。

特に自分を律する真面目な彼ほど自分の気持ちを抑え込んでしまう傾向が強いので、その期間は無理に好意を伝えず見守るのがかえって復縁しやすい方法です。

彼が自分の素直な気持ちを自分自身で認められるようになったころ距離を縮めていけば、彼のほうから「悪かった」「傷つけた分まで次は大切にするよ」と言ってもらえる可能性もあります。

別れて3ヶ月以降の男の心理

別れて3ヶ月頃は復縁したい気持ちが芽生える

男性は別れた直後は清々した気持ちで1人の時間を楽しんでいるものですが、3ヶ月くらい経つ頃には元カノが恋しくなっているものです。

先ほどもお伝えしましたが、男性がジワジワと寂しさを感じ始めるのは、別れてから自由を謳歌したまくった別れて1ヶ月くらいからになります。

最初はそんな寂しさを強く感じても「まぁ、自由が利く今の方が充実してる!」とごまかそうとするものです。

しばらくの間はそれで自分を納得させていても、3ヶ月も経つころには「復縁したい」「またあの子と一緒に過ごせる時間が欲しい」と明確に感じることでしょう。

逆に、一部の女性からすると、3ヶ月経つ頃というのはボチボチ立ち直りはじめて「次の恋へ」と思うタイミングでもあります。

ちょうど男女の気持ちのすれ違いが生じる時期でもあるので、身勝手な別れ方をした男性的には不利な時期とも言えます。

しかし男性サイドはそんな女性の気持ちは知らず、別れた時の記憶や彼女の様子を引きずっているので、この時期の男性は「オレからやり直したいって言ったら、喜んでくれるだろうな」と考えている人が多いです。

別れて半年頃には良い思い出になって懐かしんでいる

自分から別れを告げたにしても、彼女から告げられたにしても、別れてから半年も経つころには付き合っていたときのことは良い思い出になっているものです。

大ケンカしたときのことも「あの時はお互い我慢が足らなかったな」「どっちが悪いってケンカでもなかったのかな」と遠い目で懐かしんでいることでしょう。

もう少し前なら「元カノをどうしても許せない!」と思っていた出来事も、半年経てばもうすっかり過去のことです。

過去を思い出して少し気持ちがざわつくことがあっても、客観視できるくらいの時は流れているので、彼の心はいたって平穏。

でもどこか、無理にでも「元カノとの出来事」を良い思い出にしようとしているところもあるのは事実です。

もしそんな彼とやり直したいと思っている女性は、そんな彼の平穏な心を乱すよなアピールをせずに、何気ない世間話しなどから連絡をスタートするのをおすすめします。

別れて1年以上経つ頃には過去にはなったけど機会があればと思っている

元カノと別れて1年以上経つ頃の男性心理は、元カノはもうすっかりと過去の女性で、思い出すことも少なくなっているでしょう。

少し前までは良い思い出も切ない過去も頻繁に思い出してしたかもしれませんが、今ではそんなことも少なくなっています。

まだ彼を好きな女性からするとそんな事実が切なくなるかもしれませんが、実はこのタイミングが最も男性に隙があるタイミングとも言えます。

良い思い出も過去のものになったけど、同時に悪い思い出も彼の中では風化しているものです。

そのため、1年以上経ってから元カノから連絡があると、男性は「機会があれば会ってみようか」「やり直すのも、アリかも」と思っているフシがあります。

このときに彼がフリーなら、復縁するチャンスとも言えるでしょう。

しかし、このタイミングで彼に新しい彼女がいる場合は要注意です。

元カノとは言え、1年も離れていれば男性からすると全く別の女性。

久々の元カノからの接触はとても新鮮なものなので、今の彼女と付き合うつつも「チャンスがあれば…」とつまみ食いの機会を伺っている可能性もあります。

「いい女だった…」と思わせる秘策は成功している姿を見せること

男が考えるいい女の条件は自立していること

良い女の定義は男性と女性でかなり違っています。

女性が考える良い女は美人で素敵な彼がいておしゃれな生活をしていて…と自分が憧れるビジョンが投影されることが多いのですが、男性の考えは違います。

男にとっての良い女は、何より自分のことを自分で幸せにできる力を持っている女性です。

人に頼らず自分らしく生きていて、その結果仕事で成果を出していたり、周りから尊敬されるような女性を魅力的に感じます。

もちろんちょっとした事で甘えてくるのは可愛いですが、肝心なことや人生において重要な場面は自分の力で乗り切れる。

そんな力を身につけている様子をアピールできれば、彼は手放した女性を「いい女だったんだな…」と感じるのです。

男性は強がりですが、根は基本的に甘えん坊な生き物です。

そのためいざという時甘えさせてくれる余裕を持った女性に魅力を感じる傾向があり、その傾向から「理想の女性は母親だ」という人も多かったりします。

いくら悲しんでも彼は帰ってこない。人生を謳歌している姿をアピールしよう

パートナーと別れて復縁したいと願う女性の中には、どんなに辛かったり悲しいのかをアピールして彼に戻ってきてもらおうとする人がいます。

しかし、そういう姿は後ろ向きで人に寄りかかろうとする印象を彼に与えてしまいます。

大変だと分かっているのに支えようと戻ってくる男性はなかなかいませんし、そう考えるならそもそも別れを選んだりはしていないはずです。

彼氏とやり直すためには、何よりも「一緒にいたら充実しそうだ」と感じてもらうことが大切なのです。

そのためには自分の人生でやりたいこと、目指したいことをはっきり持ち、その目標に向かって楽しく前進している姿を彼に見てもらう必要があります

人生を謳歌する元カノこそ、彼が最も手放したことを後悔する存在なのです。

努力してその結果手に入ったものを喜び、目標に近づいていることを喜べる。

そんな力を身につけ、彼にその成果を見てもらうのが復縁への近道です。

大きい成功でも小さい成功でも自分にとって幸せならOK

彼に成功している姿を見せる。

それだけ聞くととてもむずかしいことのように感じてしまうかもしれません。

ここで言う成功は必ずしも大きな成功でなくて良いので安心してください。

小さな成功でも、自分自身が「やった!」と喜べるものならそれで良いのです。

不安だった1人旅に出かけてみる、先送りにしていた断捨離をするなどでも構いません。

成功を続け積み重ねていくこと、それによって自分の人生を豊かにすること。

その点を意識して目標を決め、実践し、その楽しそうな姿を彼に伝えていきましょう。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス

占い師アリア
彼がどんな時期に別れを後悔するのか、それを知れば復縁できるアプローチの仕方も見えてきます。

どんな時に冷却期間を取ってどんな時にアプローチするのか、そのタイミングを判断する材料はいろいろあります。

ご紹介したポイントを元に、どうせなら1番効果的なタイミングにアピールしましょう。

恋愛も彼との未来もあなたの人生の一部分。

何よりあなた自身が幸せになれる復縁を成功させてください。

【期間限定・10月4日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【奇跡のスピリチュアル診断】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【奇跡のスピリチュアル診断】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 


占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事