※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「奇跡のスピリチュアル診断」をご利用ください。

「奇跡のスピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

>>奇跡のスピリチュアル診断で占う<<
アユミ
久しぶりに元彼に会ったんですが、なんだかすごく冷たいんですよね。
占い師アリア
別れ話をした時や別れるときに何かもめ事でもあった?もしあったならそうしたものが尾を引いているのかもしれないわよ。
アユミ
いえ、そういうもめ事は無かったんですが、久しぶりに会ってやっぱり別れたのはもったいなかったかも、なんて思ってもいたのでちょっと傷ついたと言いますか…。
占い師アリア
なるほどね。元彼の中にはフレンドリーに接してくれる人もいるから、そういう期待をしていたのならショックも相当ね。
占い師アリア
でも、冷たい態度には必ず理由があるものよ。ほかに何か冷たくされるような心当たりはあるかしら?
アユミ
うーん、ショックを受けていることもあるのかもしれないですけど、私には思い当たらないです。
占い師アリア
じゃあ、冷たくしてしまう元彼の理由について説明していくから、その理由などを知ってどうして冷たくされるのか考えてみましょう!

目次

男性が別れた元カノについ冷たく接してしまう理由

別れた以上当然の対応だと思っているから


恋人として接していた時には優しく、それでいて愛情に満ちた対応をしてくれる男性たちではありますが、別れた後というのはどうしても対応が冷たくなってしまう傾向にあります。

これは元カノが別れたことによって知り合いの女性という立場になってしまったということが第一の理由に挙げられるでしょう。

知り合いの女性というだけであれば、必要以上に優しくする必要はありませんし、用が無ければ別に話しかけなくてもいいというような関係の人も別段珍しくありませんので、男性からの態度も相応の物に変化していきます。

女性の中の男性の対応は交際していた時の物しか記憶に強く残っていませんので、それを基準に甘く優しい対応をどうしても思い返してしまうので、顔見知りの女性、知り合いの女性への男性からの態度に冷たいと感じざるを得ないのです。

交際していた時ならばまだしも、別れてしまった以上もはや甘く優しい対応は男性もしなくていい、雑に扱ったところでそれほど咎められないという考えが巡ることもあるでしょう。

また、人によっては別れてしまった心証が複雑な女性に優しく接するのはどうもな、という気持ちから冷たい態度で元カノに接することもあります。

すでに愛する恋人ではなくなったという事実がある以上、男性にとっては複雑な心境も合わせて冷たい態度で接してしまうのでしょう。

復縁の期待をさせたくないから


元彼と久しぶりに再会し、話す機会や接する機会があった時に元彼がなんだか冷たい、前はもっと優しかったのに、と思ったのであればそれは元彼からの「復縁の期待はない」というサインなのかもしれません。

復縁してもいいかな、復縁まではいかなくても交際以前のような仲の良い関係に戻るのは良いかな、というような考えに至っている元彼であれば多少は優しい対応が期待できます。

中でも復縁を希望している、もしくはしてもいいと考えつつある男性になると、なるべく復縁できる可能性を高めるためにも優しく接して、女性の方も乗り気になるようにしていくのですが、逆にそうした復縁に関して希望していないのであれば冷たい対応をしてくるでしょう。

当然、冷たい態度をしている男性の中にはある程度優しく接して、交際前の友人知人のような関係でいられるようにしたいという人はいます。

けれど、その優しい対応が仇となって女性側に変な勘違いをさせてしまうケースも後を絶ちません。

女性の方がまだ元彼を諦めきれていないという状態で優しくされれば誰だって勘違いしてしまいます。

まだ彼がこんなに優しく接してくれているのは自分に脈がある、もしくは未練があるからではないか、やり直したいと思ってくれているからではないかと考えてしまうのです。

そんな勘違いを強くしてしまった女性の誤解を解くのはとても大変なことで、何とか納得してもらえたとしても「やり直すつもりもないなら思わせぶりなことをしないでほしい」なんて苦情をもらう男性もいます。

やりづらくないように優しくした結果、思わせぶりな態度になってしまったことで女性の方から怒られてしまい、優しくして損したと思ってしまうようになるのです。

そんな状態になるくらいであれば、最初からもう縋れるようなものは何もない、やり直すきっかけなんてないと女性に示すためにも冷たい態度で接し続ける方が楽な男性が多いので、冷たい態度で多少雑な扱いになっていきます。

交際前の普通の対応にしようと思って空回りしているから


男性が元カノに会った時、冷たい対応をしてしまう理由の中にはどうにか交際前の対応、普通の同僚や友人としての対応をしなければならないと焦ってしまった結果、空回りしているからということもあり得ます。

元恋人と会う時、ある程度穏やかな状態で互いに別れたほうがいいと納得して破局を選んだのであればまだしも、喧嘩や一方的な別れを飲まなければならないような状態で破局を選んだ場合は非常に気まずい状態が続いてしまうものです。

会ったとしても会話が続くことはあまりなく、何事も無いようにあまり話をせずに時間だけが過ぎていくような男女もいます。

そんな気まずい状態をどうにかしなければならない、なるべく普通の対応ができるようにならなければならない男性は焦ってしまい、別れた恋人であるということを周りに知られたくない、下手な勘繰りをされたくないという気持ちも合わさって冷たい対応になってしまうのです。

こうした状態に陥るのは元恋人が同僚や上司や先輩など、何かしらの所属しているグループが同じであることが多いでしょう。

同じところで働いていたり、勉強していたりするとどうしても話さなければならない時というものが存在し、元恋人という立場の気まずさのせいで満足に会話もできないのであれば業務などに支障が出てしまいます。

いつも通りの対応を心掛け、それを徹底しておかなければ仕事や勉強に支障をきたす以上、どうにか付き合う前のような状態に戻そうと男性が一人焦ってしまうことによって、どう接すればいいのか分からなくなり、態度が冷たくなってしまうのです。

元彼が冷たい態度を取りたくなってしまう元カノの行動

復縁したいと分かりやすく強気なアプローチをしてくる


冷たい態度を取ってしまう男性の心理についてある程度理解できると、その態度を取ってしまう理由の中に女性側の行動が大きくかかわってくるというのも良くわかってきます。

元カノであるということを理解したうえでの行動をしてくれるのであれば、相手も元恋人としての扱いをすることに何ら感慨を覚えることはないのですが、女性側の行動次第によっては「これはもう優しくする必要はない」と切り捨てるように冷たくなるのです。

そのうちの一つが、復縁したいと分かりやすく強気なアプローチをしてくる場合でしょう。

この行動は男性側の心理によってはやり直すきっかけになりえるものになりますが、かなり強くアプローチしてくるような場合は男性側が疲れて辟易してしまい、冷たい態度で接してしまうのです。

また、別れた後、再会して女性がアプローチし始めるまでの期間がそれなりに長いと元彼に新しい彼女ができているということもあるでしょう。

そうした新しい恋人がいる男性になれば、もう一度やり直したいと強く接触を図ろうとする元カノに嫌気が差してしまうのは当然です。

もう新しい恋人がいて、そのパートナーとともに結婚や将来に向けたことも考えながら幸せに過ごそうと努力しているというのに、横から茶々を入れられるのは男性としても避けたいところ。

何より新しい彼女を不安にさせたくない一心で、元カノに対して冷たくする男性もいますので、復縁を求めて接触してくる元カノであれば余計に冷たい態度で接するようになる男性もいます。

男性自身が元カノとの復縁を望んでいない、もしくはすでに新しく恋人と交際しているからこそ復縁のアプローチを避けるために冷たくするという男性が多くなるでしょう。

別れたのに彼女面をしてくる


元恋人である女性に対して冷たい態度で接してくる元彼の男性の中には、元カノが別れたというのにもかかわらず彼女面をして会話や行動をしてくるということが嫌で冷たく接するということも多いです。

別れた以上は交際していた時よりもある程度線引きをして、あまり図々しい態度を取ったり、彼女としてなら許されていたような会話や行動をしたりしないように気を付ける人がほとんどでしょう。

気まずいというのもあるでしょうが、元恋人という立場である以上交際当時のような関わり方はもうできないと男女ともにある程度察しているからこそ、距離を取って接しようとするのです。

しかし、中には別れたのにもかかわらず、相手のことを良く知っているのは自分だからといわんばかりに恋人のようなふるまいをする人もいます。

彼はこれが好きだから、彼はこういうものの方が好きだよ、そんな元恋人だからこそ知っているような言葉を何気なく伝えてくることがストレスになる男性も多いです。

別れたんだからもう放っておいてくれ、そんな気持ちが芽生えてしまうのは仕方がないでしょう。

おまけに、そうした言葉を新しい恋人の前で言われたりでもすれば目も当てられません。

余計なことを言うな、別れたんだから恋人面をするな、そんな怒りの感情のまま女性に当たり散らすように不満をぶちまけて喧嘩になる場合もあります。

それほど別れた元カノから今でも恋人です、というような行動を取られるのが苦痛になってしまう男性は多いのです。

新しい恋人がいてもいなくても、最初のうちは一線を引かれてしまうのが寂しいとは思うかもしれませんが、その一線を引くという行動こそが相手のためになることはたくさんありますし、何より別れた以上はけじめを付けなければなりません。

お酒を飲んで酔っ払い、ついつい口に出てしまったというような事故であれば仕方がないと納得することはできるでしょう。

けれど、そうした要因もなく、ただ自分こそが彼のことを一番知っているのだと言わんばかりの言動というのは、元彼からしても良いものだとは感じませんし、むしろ元恋人なのだからわきまえた行動をしてほしいと冷たく接されてしまう原因になるのです。

別れた際のもめ事をいまだに持ち出してくる


元カノに対して冷たい対応をしてしまう、そんな元彼の中には元カノが別れた際のもめ事をいまだにあれこれ持ち出しては責めるような言動をしてくることが原因であるケースもあります。

もともと別れ話の際に喧嘩やもめ事があると、破局した後に再会しても多少わだかまりが残ってしまうもので、どう接していいのか分からなくなることはもちろん、かなり嫌悪感が強く残っているのであれば互いに嫌味なことを言ってしまうケースもあるでしょう。

けれども、その嫌味もぽつりと思わず言ってしまうような感覚で、あまり気にしないように接し方に気を付けながらあまり過ごしにくくならないようにする人の方が圧倒時に多いです。

他にも思うところはあるけれど、なるべく言わないように気を付ける人も多いでしょう。

そうして再会したとしても互いに気を遣おうとしているところに、会うたびにもう過去のことだと男性が割り切ったはずの別れ際のあれこれを持ち出されてチクチク嫌味で攻撃されるのは誰だっていやな物。

会うたびにもういいじゃないか、終わったことなんだし持ち出さないでほしいと思っていることを口にしてくる元彼からすれば、元カノである女性はもはや優しくする価値すらないと考えてしまうでしょう。

もっと優しくしたいと思えるような行動や言動を心掛け、それでも昔のことを言ってしまうというのなら情状酌量の余地はありますが、会うたびにそうしたネガティブなことばかりを話す人はあまりお近づきになりたくないと、冷たく接してしまうのです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

冷たい=嫌いではない!実は元カレのそっけない態度が未練の裏返しである場合

そっけないがきちんと対応をしてくれる


男性の中には冷たく接していることで、相手に対しての嫌悪感や近づいてほしくないという気持ちを前面に出し、とにかく距離を取りたいと行動に移す人もいますが、実は元彼の中にはそっけない態度が未練を表していることもあります。

未練があるからこそ、心情的にはとても複雑なので冷たい態度を取ってしまいがちな人もいるのです。

そうした冷たい=嫌いという方程式に当てはまらない男性は、実は未練を心の中でくすぶらせていることもあります。

未練が心の中に強く残っているけれど、その未練をどう表していいのか分からない、そもそも復縁に関して望みがあるのかすらわからない状態だからこそ、男性はそっけない態度を元カノに取ってしまうのです。

けれど、未練がある男性はその行動が単に冷たい態度を取っている男性とは違ってきます。

そのうちの分かりやすい行動の一つが、そっけなくてもきちんと対応しようとしてくれる態度になるでしょう。

嫌っているから冷たくしている相手や、近づいてほしくなくて冷たいそっけない態度で追い払おうとしているのであれば、悩みや相談事を聞いてほしくて話しかけても対応してもらえずに「他の人に言って」といわれておしまいです。

そうした相談事などではなくても遊びの誘いやちょっとした飲みへのお誘いなどもすげなく断られて、まず相手にしてもらうことはありません。

しかし、未練があってそっけなくしているだけの男性は遊びの誘いなどは慣れないと承諾してくれないかもしれませんが、相談事などに対してはちゃんと対応してくれます

体もきちんとあなたの方に向けて話をしようとしてくれますので、そっけなくてもさりげない動きに誠実さがあるはずです。

話しだってきちんと聞いて応えてくれるのであれば、その男性は元カノの女性に対して未練を強く持ち、相手に対しての情も強く残っているということに他なりません。

相手に対して冷たく接して突き放そうとするのであれば、話を聞いてもくれないことも珍しくはないので、話を聞こうとする態度を取ってくれるだけでも、まだ復縁に対して望みがあると言えます。

連絡の返事は時間に余裕があればしてくれる


態度が冷たく、嫌われているのではないかと勘違いしがちではありますが、実はまだ女性に対して嫌悪感はなく、未練などが強く残っている男性の特徴としては連絡が途絶えていないという特徴もあげられます。

もちろん、男女ともに忙しい時期というものがあるでしょうから、時折返事がままならないことだって当然ありますが、それでも時間的余裕や忙しさがそれほどでもないときには返事をしてくれる、そんな男性はただ冷たいだけというわけではないのです。

男性は仕事に集中しているときには私的な連絡を煩わしいと考える傾向もあるので、仕事をしている時間帯に連絡を入れても返事をもらえる可能性は低いですが、そのあと、終業後に返事が来るようであれば、多少冷たい態度を取られていたとしてもそれなりに未練があるとみても良いでしょう。

そもそも、未練や情が残っていないのであれば連絡自体を無視する、もしくは煩わしいと思った瞬間にブロックするか連絡先自体を消去してしまうのがほとんど

連絡先が残っていて、なおかつ連絡をしてくれているということ自体がまだ彼が元カノに対してどうでもいいと割り切ってしまえない感情が残っている証明でもあります。

連絡を取り続けてくれる男性であるのなら、復縁したい女性にとってもまだチャンスが残されているともいえるでしょう。

未練があるからその気がないのに近づいてほしくない気持ちから冷たくなる


元カノに対して嫌いではないが冷たい態度で接する男性の中には、まだ女性への気持ちが割り切れない人も大勢います。

そもそも、男性の場合は別れた後は「あの決断は間違ってない」と別れたことを正当化するような思考になりやすいのですが、時間が経つにつれてどんどん後悔するようになっていく傾向にあり、別れてから時間が経つごとにどんどん「やっぱり別れるんじゃなかった」と思うようにもなるのです。

そのため、元カノである女性に対しての未練も時間経過で強くなっていきやすく、接するごとによりを戻したいと思ってしまう男性もいるでしょう。

けれども、女性は時間経過で未練がどんどん薄くなっていきます。

別れてすぐはよりを戻したい、もう一度やり直したいと思ってしまうのですが、時間が経つごとに次の出会い、恋愛に向けて心を整えて未練を無くしていくのが女性の特徴なのです。

結果、再会した際に女性の方は全く未練がない状態の心理で、交際前のように接してくるものの、男性の方は未練が強く残っているため、女性が近づいてくることで「もしかするとよりを戻せるのではないか」と変な期待をしてしまいます

しかし、その淡い期待を胸に思いを告げてもよりを戻せないなんていうケースもあるほど、裏切られたような感覚を覚える結果になってしまうこともあるのです。

そんな淡い期待を抱いてしまっているけれど、裏切られるのも嫌だという男性は、よりを戻したいという気持ちもないのに遠慮なく近づいてくる女性に対してのけん制として冷たい態度を取ります。

もう一度やり直したいと思うのであれば、冷たい態度をものともせずにぐいぐい来ることもあるでしょうし、逆に少し時間を置きつつも連絡をしようと行動してくるはずなので、全く音信不通になるか、関わらないように徹底して避けるかという行動はあまりとりません。

そのため、冷たい態度でけん制された後に、そうした避けるような動きや連絡を一切絶ってどれほど期間が過ぎようとも連絡してこないような状態に陥るのであれば、それまでのことだったのだと男性が思えるような状態にしています。

その気もないのに近づいてきて変な期待を抱かせないでほしい、ぐいぐい来るのであればよりを戻したい、もしくは戻せなくても相応の関係に戻りたいという意思表示を見せてほしいと思うからこそ、あえて冷たく突き放すような態度を取り続けるのです。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「予言占い2021」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

元カノに優しくできない男性心理を利用して復縁を叶える秘策

一度距離を置きつつ、適切な対応を探る


元カノと別れた後、複雑な心境を抱きつつ、結果として優しくできない男性に対してどうにか復縁したいという気持ちが強いのであれば、その男性心理をきちんと理解し、そして利用して相手に迫ることが必要になります。

相手の心理をきちんと理解することによって、相手が嫌だと思うような行動を制止し、そして交際していた時よりもずっと居心地が良いと思ってもらう必要もありますので、まずは一度距離を置くことがおすすめです。

復縁したいという気持ちが強くなると、がんがん攻めてしまう女性はそれなりにいるのですが、男性の方はその強気な攻め方に戸惑ってしまったり、何を考えているのか分からないと困惑したうえに拒絶した方が良いのではないかとすら考えます。

元カノとあまりにも仲良くしていると周りから囃し立てられるかもしれないと思ったり、復縁したい気持ちもあるけれど他に気になっている女性に見られるとどう思われるだろうかと考えたりしてしまうからです。

男性の中には元カノが今でも彼女のような感覚で近づいてくることに対してあまり良い感情を抱かない人もいますので、尚更距離感をつかみなおす必要があります。

だからこそ、一度距離を置いて自分はどういった距離感で元彼と接触するべきなのかを知らなければなりません。

適度な距離感で接することができるようになるだけで、相手からの印象は良いものに少しずつ変わっていきます。

更に、元カノとしての立場、距離感で接するようになることで相手の方は交際していた時と比較してもの寂しい感覚を覚えてしまい、最終的に近くにいた人がいない、距離を取られているということにより空虚な感覚を強めていくのです。

そして傍にいてほしいと強く思ってもらえるようになったのであれば、男性の方からも徐々にアプローチが始まります。

復縁したいという自分の気持ちを相手にしっかりと届けられるようにするため、相手が復縁のために動き出したと分かったのであれば、距離感を少しずつ縮めていくとより復縁に近づいていくでしょう。

そのためにも、まずは復縁したい気持ちのままに動くのではなく、適切な距離感をつかむためにも元彼から一度距離を置き、どういった距離で接するのが相手にとって正解なのかをしっかりと考えておくのがベストです。

自分の立場を理解し、取るべき行動とそうでない行動を理解して動く


元カノである女性が元彼である男性と復縁したいと思った時、行動を起こすとするのであれば自分の立場をよく理解しておくのがとても重要なポイントになります。

一度距離を置いて適切な立ち位置、距離感を確かめた後だとしても自分の立場を理解するのはとても大切なことです。

元カノであるというのを漠然と理解はしていても、それに行動が伴っていなければ元彼から不信感や嫌悪感を抱かれてしまう可能性は十分にあり、取るべき行動を取らずにとるべきではない行動を優先してしまえば一気に信頼や信用が駄々下がりになるケースだってあります。

元カノという立場であると分かっていると言いながらも、まだ自分が恋人であるかのようなふるまいをしているのは何なの?と元彼からイライラされることにもつながりかねません。

だからこそ、元カノの立場からして許される行動とは何なのか、どの程度の行動であれば相手に不快に思われないのか、そうしたところも気を遣わなければならないのです。

特に一度破局している以上、もう一度やり直したいと女性側が思っていても彼氏の方はそれほどやり直しに魅力を感じていないケースもあり、下手をするとやり直したくないからといって連絡手段をすべてブロックないし、削除して徹底して避けるような状況に追いやられる可能性もあります。

一気に詰め寄ってしまえば、その可能性はより高くなっていくでしょう。

だからこそ、復縁を了承してもらうまで、再会してすぐの行動はより気を付けなければなりませんので、より元カノが取るべきふるまいに関しては気を付けて意識しておくべきです。

距離を詰め過ぎない、友人や知人として接することができないような状態なのであれば馴れ馴れしくしない、元カノだからといって彼のことを知った被ったような態度を取って他の人にマウントを取らない。

そんなところを中心に気を付けつつ、自分がとっても良い行動としてはいけない行動というのを大まかに分けてしまってください。

もちろん、最初のうちはどれがダメなのか、良いのかがきちんと分からないところも多いでしょうから、友人の力を借りて元彼と接する際に地雷となってしまう行動に関して相談しながら気を付けていくのも方法です。

彼の性格や再会した後、少し話したりする機会があって色々と知ることができたのであれば、それを元に行動を考えて復縁のための動きを決めてみると上手く行きやすいでしょう。

共通の友人などを通して相手の情を刺激する


元彼と復縁したいと思った時、方法の中に取り込んでおきたいものの一つが相手の情を刺激するというものです。

復縁に関して男性が乗り気になりやすいのが、情が刺激されることによって「彼女にはやはり自分が必要なのだ」と思い込むことにより、復縁に前向きな気持ちをもたらすことができます。

本人が情に訴えかけるのも場合によっては効果的なのですが、もっと効果が見込めるのが友人を通して間接的に情に訴えかけるという方法です。

共通の友人がいるというのが前提条件になりますが、友人の方から元彼に「冷たくされて落ち込んでたよ」「別れたからしょうがないって言ってるけど、見てられない」というような心配する内容を元彼に伝えてもらえるようにすると、より元彼の素に近い心境や態度が出てきます。

共通の友人であれば、交際していた元カノに対してのあれこれを話していた人である可能性もありますし、交際していたが破局した理由に関しても知っているケースが多いです。

なので、元カノに対しての態度や考えを素直にごまかさずに伝えてもらうことができます。

気にするような素振りをしてくれるのであれば、まだ元カノである女性に対して未練が強く残っており、できるのであれば復縁に関しても考えたいと思ってくれている可能性があるでしょう。

しかし、逆にそうした素振りを見せず、何の反応も示さないような答えが返ってくるのであれば復縁に対して期待をすることはできません。

友人や知人から現状を伝えてもらうことによって、情を揺さぶることができるようになるのと同時に、まぎれもない本心を知るきっかけができるでしょうが、それと同時に返事次第では復縁をきっぱりとあきらめることもありますので、その点はよく考えて組み込むかを決めておきましょう。

lineやメール、電話などの連絡で元カレが素っ気ない時の対処法

一度冷却期間を取る


LINEやメール、電話といったツールを使って元彼と連絡しようとしたとき、実際にメッセージなどを送ると相手からの返事が思った以上にそっけなく、冷たい印象の物であるということは多いです。

それは元彼の気持ちやそっけなく対応しておきたいという表れであるかもしれませんが、すでに恋人という立場ではなくなっているという女性側の思い込みが関わってきていることもあるかもしれません。

とはいえ、そっけなくされた状態でやり取りを続けるのはとても危険で、下手をすると連絡する意味がない、続けていても良いことはないと判断されて一方的に切られてしまいます。

なので、そっけない態度で連絡が続くようであれば一度距離を置き、冷却期間を設けておきましょう。

冷却期間を挟むことで、相手も元カノである女性に対しての感情をリセットする機会を得ることができます。

特にマイナスイメージを覆す、または薄くしていくためにも時間が必要になることが多い破局後の連絡ですので、一度間をおいてから連絡を再開した方がずっとスムーズにやり取りができるようになる人が圧倒的に多いのです。

自分から連絡するのをやめる


元彼にそっけない連絡をされ続けるのであれば、対処したいときにおすすめの方法の一つとして自分から連絡するのをやめるというものもあります。

特に冷却期間の最中であれば、それまで頻繁に元カノから来ていた連絡が一気に途絶え、連絡の返事をしていた時間帯もすっかりスマートフォンを弄らなくなりますので、男性は突如として寂しさに苛まれるようになるでしょう。

通知や受信、着信を知らせなくなったことで、最初は「いったいどうしたんだろう」と少し疑問を抱きつつも、軽く気にする程度で終わりますが、だんだん連絡しない日々が続いていくことによって「何かあったのではないか」と心配になってきます。

もちろん、それと同時にもしかすると自分と連絡するのはもうやめてしまったのではないか、という不安にも襲われますのでだんだんと元カノのことが気になって仕方が無くなってしまうのです。

また、そうした元カノのことを考える頻度が増えることによって元カノの自分の中での存在の大きさ、必要性に気付くことができるようにもなるので、自分からばかり連絡をしているのであれば、一度連絡を絶ってみてください。

その連絡をしなくなった後の元彼の反応によって、復縁に対しての感情の有無が分かることも多いですよ。

何気ない内容で緊張感をほぐすようにする


元彼ともう一度連絡するようになった時、意外とやりがちなのが相手が緊張するような会話の内容をぶつけてしまうこと。

例えば別れる直前のもめ事などに対しての謝罪のほか、思い出話などは再会してLINEや電話などで長々としたい会話であるという人はそれほどおらず、どちらかというともっと返事をしなくても支障のない軽い会話を好む男性は多いです。

また、過去の話というのは切り出すことによって、男性側を緊張させてしまうこともあります。

昔のことで責めてくるんじゃないか、あれこれ小言を言われるのではないかと不安になりますし、責められることはないとはいっても何を話題として振ってくるのか分からないという不安は残るものです。

そのため、元彼との会話やメッセージの内容において交際していた際の思い出話というのはある程度距離を近づけられてからというのが鉄則でしょう。

最初のうちは「久しぶり、最近何してるの?」というような簡単に近況のやり取りができるようなものもおすすめです。


占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「元彼が冷たいのには理由がある!復縁に対しての意思の有無を確認しつつ、適切な対応を取ろう」

占い師アリア
元彼と再会した時、連絡しようと思って勇気を振り絞った時、いろいろなケースや場面はあるでしょうが、元彼に対して何かしらのアプローチや行動を起こす人は多いです。

しかし、一度交際していたとしても別れている以上、交際していた当時のような甘く優しいお付き合いというのは望めないため、相応の覚悟が必要になります。

けれども、そっけなく冷たい態度を取る男性には相応の理由があり、人によっては家庭環境などが複雑に絡み合った結果逃げられなくなってしまっていると言えるでしょう。

複雑な心境も相まって、一歩行動を間違えるとそのままさよならしてしまうことだってそれなりの件数があります。

復縁したいと思っているのであれば、だからこそ行動の一つ一つが大丈夫なものなのかを見てもらうのです。

元カノとしての立場を理解し、あまり出しゃばらないように気を付けている元カノに関して、元彼は良い印象を抱きやすいので、相手がどうして冷たいのかを知り、それに対応したほどほどの行動を起こすようにしていきましょう。

【期間限定・12月6日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事