※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

 

「彼は私をどう思っているの?」

 

「何をすれば彼と復縁できるの?」

 

こんな悩みがあるなら、今すぐ「スピリチュアル診断」をご利用ください。

 

「スピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

 

>>スピリチュアル診断で占う<<

 

アユミ
アリア先生、彼氏と別れちゃったんですけど、彼の本心について教えてもらいたいんです。
占い師アリア
元彼の本心というと、わかりにくい人なのかしら?
アユミ
最後の最後まで優しかったくらい、すごくいい人なんです。ただ、いい人過ぎる面もあって、本心が分かりにくくて…。
占い師アリア
確かに、いい人すぎる人の場合は本当は何を考えてるのか分からないことが多いわよね。
占い師アリア
いい人だからこそ嫌なことを考えていないと思いたいし、本心もいい人であってほしいと思ってしまうところもあるから、そのあたりも含めると知りたくない気持ちもあって余計に分からなくなる人もいるもの。
アユミ
はい、でも最後までいい人であってくれた彼なので、もし別れ際にはいろいろと思うところがあったんじゃないか、優しい態度を何とかしておかなければと思っていたんじゃないかと思ってしまうと気になっちゃって。
占い師アリア
そうね、気になっちゃうのは仕方ないわ。それじゃあ今回はそんな優しい元彼の本心について色々と知っていきましょう。

目次

最後まで優しかった彼氏が別れ際に心の中で考えていた事

本当に好きだったからこその感謝


交際していた彼氏と別れることになった時、彼氏が最後まで優しかった場合、相手がどんなことを考えて手を放すことにしたのか、そうしたことを考える女性もいます。

別れる直前に「この人は何を考えているのだろう」と気にする人もいれば、別れてから少し経って「あれだけ優しかった彼はいったい何を考えていたんだろう」とふと思う人もいますが、いつだって優しかった元彼が何を考えていたのか、気になる人は多いです。

特に別れ際ともなれば、別れる原因は自分ではないなどの責任転嫁をしてくる男性もいるわけですから、尚更優しい態度を貫いた彼が何を想っていたのかと考えれば謎は尽きないもの。

そんな気になる最後まで優しかった彼が心の中で別れ際に考えていたのは、本当に好きだったからこその感謝についてです。

それまでの交際の中で、喧嘩や言い合いに近いことをするときもあれば、明るく楽しく過ごし、時にお互いの優しさで何かを乗り越えたこともあったでしょう。

辛いこともありながら、楽しいことも沢山あった交際の思い出を思い返し、そして同時にやっぱりすごく好きだったんだなあと自身の気持ちを再確認しているのです。

気持ちの再確認ができた後、やり直すことができない状況にある破局間際だからこそ、「今まで付き合ってくれてありがとう」「楽しい交際期間でした」と元カノになる彼女に対しての感謝の気持ちを抱き、それに適した言葉などを思い浮かべています。

人によっては泣いたりショックの大きな顔をしないようにするために色々なことを考えたりもするでしょう。

別れた後、他の人が相手でも幸せになってほしい


別れる間際に態度が変わらず優しい彼が考えている本心は、彼女が今後他の人が相手であっても幸せになってほしいというものになります。

大好きだからこそ、自分の手で幸せにしたいと思っていたのですが残念ながら別れることになってそうすることもできなくなった彼氏の内心はとても複雑なものだったでしょう。

別れ話を告げられ、考える時間をもらったのだとしても「自分ではだめなのか」「原因は何なのか、納得できる理由なのか」といったことを延々と考えて、別れることを了承しながらも最後の最後になるまではどうにか復縁できないかと考える人もいます。

けれど、最終的に彼女側の考えが変わらず、自身もこれは無理だなと別れを受け入れなければならなくなった状態になった時、優しい態度を決して崩さなかった彼は元カノの別れた後の幸せを願うのです。

自分ではだめだったけれど、チャンスがあるのなら幸せをつかんで楽しい人生を過ごしてほしい、そうした次の幸せに対しての応援の気持ちに近いでしょう。

別れてすぐにそのチャンスをつかもうとする人はあまりいませんが、落ち着いて回りに目をしっかりと見ることができるようになったのなら、遠慮せずに幸せになって楽しく過ごしてほしいと思っているのです。

復縁の可能性は無いか


いい人過ぎるくらいに最後まで優しい彼が、別れ際に考えているこというのは復縁に関しての可能性も含まれています。

優しい態度を崩さないとしても、彼も別れることに対してはあまり積極的ではない態度を示しているのであれば、どうにか交際関係を続けたいと思っている証拠です。

どちらかに原因があり、そのうえで納得できる別れ話であるのなら優しい彼も「これは仕方ない」と別れを受け入れるのですが、納得できるものではない場合はどうにか交際関係を続けていきたいと思うので、復縁できる可能性について考えを巡らせます。

別れ際になったとしても、何か一言告げるだけで状況が変わることもありますし、彼女側を説得できる何かがあるのなら破局直前の状態を覆すことができる一手を投じることもできるでしょう。

そのため、どうにか破局を撤回させることができる何かが無いか、相手を説得できる可能性は無いかといったことについて考えるのです。

しかし、自身の行動や言葉が原因で彼女側が別れを告げていたり、破局直前の状態になるまで何も思い浮かばなかったのであれば復縁できる可能性はかなり低いので、途中であきらめて納得してしまう人もいます。

良い思い出にしなければならない


優しい態度を崩さずに別れ際になるまで彼女側を決して責めない彼が内心考えていたことは、恋人との関係を良い思い出にしなければならないというものです。

交際関係が終わるとなると、振られた形になる側はどうしても相手のことを未練に思ってしまい、嫌な思い出にしてしまうことが多く、場合によっては自身を振った相手のことを憎らしく思ってしまうことも珍しくありません。

別れた後に不幸なことが続けば、「あいつが俺のことを振ったから」といった言い訳をしてしまう男性もいますので、交際を悪い思い出にしてしまうこともあるでしょう。

また、そこまで苦々しい思いを抱いていなくても、いい思い出だったと言い切れるようになるための切り替えを行うというのはかなり難しいものです。

けれど、優しい態度を最後まで崩さないいい人な元彼は、ちょっと苦々しい気持ちを抱きながらも、別れることになってしまった以上彼女とのことはいい思い出にしなければならないなと何とか自分を納得させるための理由を考えます。

これ以上ごねたとしても彼女を困らせてしまうだけ、お互いの足を引っ張らないためにもどうにか自分を納得させようといい思い出にするための理由を探すのです。

いい人すぎてもうまくいかない場合あり。とにかく優しかった元彼と別れる事になった理由

いい人過ぎて自分にはもったいないと思う


いい人である彼氏は交際しているととてもやさしく、一見上手く行くようにしか見えないカップルであるのでしょうが、実のところいい人過ぎても上手く行かないことは多々あります。

とにかく優しかった彼氏と別れることになってしまった理由の一つには、いい人過ぎて自分にはもったいないと感じるというものがあるのです。

いい人である彼氏だった男性の行動は、何もかも彼女である自身を想ってのことですので、見返りのない優しい行動や言葉であることでしょう。

本来であれば見返りのない優しさというのは、彼女側にとってとてもうれしいものです。

彼氏の優しさに下心もない、純粋に好意や心配からくる行動や言葉であるのなら、それだけ自分が愛されている証拠にもなるわけですので、これ以上なくうれしいものになります。

けれど、その優しさがあまりにも行き過ぎている場合、自分も何かしてあげたほうが良いだろうと気持ちとしても負担がかかっていくようになり、そうではなくてもいろんな人にそのやさしさから慕われている彼の姿を見ると自分のような人間と交際していい人間なのかとも思うようにもなるでしょう。

自身と彼が交際していい人間なのかという疑問を抱いた、または優しすぎる彼がどうしても負担になってしまっているといった状態になったため別れを決めた女性もいます。

一緒にいても楽しいと思えない


これ以上なく優しい彼は一緒にいて安心する、不安になる事がない彼氏ではあるのですが、それだけだとどうしても恋愛は楽しくありません。

恋愛独自の不安感、緊張、好奇心といったものが刺激されることで、相手にドキドキするし、一緒にいて楽しいと思うものですので、そうした刺激がない優しい彼と一緒にいても楽しくないという理由で別れを決める人も珍しくないのです。

安心感のある彼氏と言うのは確かに安定した交際を見込めますし、不安になることもないからこその良さがあるのかもしれませんが、女性はそれだけでは物足りなさを感じてしまいます。

連絡してもなかなか返事が来ないと思っていた時にやっと返事が返ってきたときのうれしさ、お互いに忙しくて久しぶりに会えた時のドキドキ感、初めての場所に行くときや旅行に行くときに幻滅されないかと念入りに準備をする緊張感、こうしたものがあるからこそ恋愛は楽しいのです。

不安や緊張、そうしたものを覆して楽しい気持ちになった時の高揚感なども含めれば、様々な感情が影響をもたらしていると言っても過言ではありません。

けれど、安定していて不安もない、そんな彼氏との交際は何も変わらない一本線のようなもので、何をしても心が動くことがないのです。

楽しい恋愛ではない、自身が望んでいた交際ではないと感じた時、女性は別れを選択します。

頼りになると感じない


優しかった彼氏との別れを選んだ時、女性がその選択をした理由としては男性が頼りになると感じられないというものもあります。

優しい彼氏といっても、何を言ってもニコニコ笑って肯定してくれる彼氏であるケースもあれば、彼女のことを想ってきちんと怒ってくれる彼氏であるケースもあるなど、優しさと言っても千差万別です。

後者であるのなら、恋人のためを思ってきちんと怒ることができるからこそ頼りになる部分を感じられるのですが、前者である場合何でもかんでも肯定するのが優しさだと彼氏の方が勘違いしている、または人を叱ることができないといった部分があるのだと女性は感じ取ります。

彼女としては自身が間違っているのならそれを正すためにきちんと叱ってくれる厳しさもある彼氏であることを望んでいるため、そうした厳しい一面を持ち合わせていない彼氏は一瞬で「これは頼りにならない彼氏かもしれない」と感じてしまうのです。

ニコニコ笑って何でもかんでも肯定するような男性は、八方美人のように周りの意見に流されることも多く、これだという自身のこだわりや一本筋の通った何かを持ち合わせていないので、強い意思を持って提案してきたものに譲る傾向もあります。

彼女からしてみれば、それは確固たる己を持ち合わせていない、ふらふらしている姿にも見えることでしょう。

だからこそ、この人は何かあった時に周りの意見に流される、自分が悪いことをしても叱ってくれないから実質的な支え合いができない人だと判断され、頼りにならない人だという印象が覆らないせいで女性は別れを選択します。

単調な交際に飽きてしまう


優しい彼氏との交際において、別れを選択することにした女性の理由の中には、男性との交際があまりにも単調で飽きてしまったからというものもあります。

優しい彼氏との交際は、大きな変化が訪れないものです。

普通のカップルであれば、時折意見の食い違いや譲れない箇所をかけて色々と喧嘩が勃発するもので、これがお互いの本音を交換し合うためのきっかけ、互いの言葉を聞いて印象を変えることができる大きな変化として波を作ってくれます。

けれど、優しいだけの彼氏の場合はこうした本音を言い合うための場でもある大ゲンカなどが発生しません。

優しいからこそ諭すように言葉を伝えても、喧嘩に関しては真っ先に自分から舞台を降りるように相手側の意見を尊重するようになるなど、何も変化のない交際になっていくのです。

その結果、大きな変化や印象の変わらない日々を繰り返す過ごすことになるので、彼女側としてはその変化の無さにつまらなさを感じてしまいます。

人によっては前の彼氏と比較して、「前の彼氏との間には喧嘩もしてたけど、その分いろんなことが理解できたし、変化もあったのにな」と今の交際を後悔するかのようにつまらなさを全面に押し出してしまうでしょう。

交際するのであればお互いに変化し合い、そして楽しい時間になるように努力するのはもちろん、本音を話す場においてはきちんと話し、変化がある交際にしたいけれど、それが無理だと判断した女性が別れを告げることもあります。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

良い人過ぎる優しかった彼氏を失ってから後悔しやすいポイント

自分にあれほど寄り添ってくれる人はいない


いい人過ぎる、優しかった彼氏ときちんとお別れしたのは良いものの、実はそのあと彼氏を失って後悔してしまう人も珍しくありません。

優しかったからこそ、彼を失ってしまうことで後悔してしまうポイントの一つが、自分にあれほど寄り添ってくれる人はいないのだというのに気づくことです。

いい人であった彼氏と別れた後、女性は日常生活に少しずつ戻っていくのですが、その際に何か悲しい事、つらいことがあると彼氏にしていたように誰かに相談するでしょう。

しかし、その時に自分が思っている通りに自身に寄り添ってくれる人がいないことに気付くのです。

彼氏の寄り添いが別れた後でも普通のことであると思っていると、他の人が彼氏のように寄り添ってくれないことに愕然とし、彼氏の寄り添いが普通であるという考えが一気に覆されます。

人によっては自分がこんなにも悲しんでいるのに冷たすぎるとすら感じるでしょう。

辛いことがあったとしても、悲しいことがあったとしても、自身が求める近さで慰めてくれたり励ましてくれたりする人がいないので、余計に彼氏にどれだけしっかりと支えられてきたのかを自覚します。

そのため、あれだけ人に寄り添ってくれる良い人はいなかったんだと強く自覚し、別れたことを後悔するのです。

見返りのない優しさばかりの彼氏は居ない


いい人過ぎるともいえる優しい彼氏と別れた後、女性がその破局を後悔してしまうポイントの中には、見返りのない優しさばかりの彼氏は居ないという現実を直視することが多くなるということもあります。

それまでの女性は、身近の男性が家族か恋人であるとてもやさしい彼氏であることもあって、見返りのない優しさで接してくれる異性としか会話ややり取りをすることがありませんでした。

勿論、職場などでお土産やバレンタインのチョコレートなどを配ることはあるでしょうが、それは一種の仕事上の付き合いに近いもので、職場における円滑な人間関係を築くために必要なことなので、本格的な見返り欲しさでの優しさなどを見ることもありません。

彼女の為にと時間を使い、尽くそうとしてくれた彼氏と別れ、別の男性と距離が近くなるとそのやさしさの種類の違いに気付くのです。

普通、人に優しくするときにはある程度見返りが欲しくてしている人の方が多いもの。

情けは人のためならず、の言葉通り、優しくしておくことで巡り巡って自分にいいことがあるようにという気持ちから優しくしているという人の方が圧倒的に多いものです。

新しく交際を考えられる異性と出会えたとしても、直接伝える事は無くても態度から「優しくしたんだから何かしてよ」と表すことはあるでしょうから、そうした態度を取ったことのない元彼と比較して、見返り無しに感謝の言葉一つで満面の笑みになってくれた彼は本当に優しい恋人だったんだと打ちのめされます。

そのため、それに気づいてしまえば恋人の選考基準が元彼と同じ優しさを持つ人になってしまうので、余計に恋人を作るのが難しくなり、焦りが強くなるごとにどんどん別れたことを後悔するのです。

優しくて当たり前の彼氏ばかりじゃない


優しくていい人だった彼氏と別れた後、後悔してしまうポイントの中には、彼氏が優しくて当たり前であるという考えを根本から否定されることも含まれています。

恋人であるのなら、相手に優しくするのは当然のことであると思うものですよね。

好きで付き合っているわけですから、もっと好きになってもらうためにも優しく接し、お互いに支え合いながら愛情を深めていくというのが当たり前のように行われる行動でもあります。

けれど、そうした優しさだけで恋人たちは完結しているわけではありません。

お互いにどうしても受け入れられないことがあれば、ひどい喧嘩をして時に罵声を浴びせてしまうこともあれば、同棲するほどまで進展してしまうと好意があるのが当たり前であると思い、愛情表現などをおざなりにしてまるで自身の思い通りに使える人間であるかのようにこき使ってくる恋人だっています。

それまでの恋人がとにかく優しい、愛情表現などをきちんとしてお互いにやれることを分担してやろうと声をかけてくれる人だったならばなおのこと、あまりに酷さにめまいがするほどです。

人間が優しいばかりではないというのを知っていながらも、恋人であれば優しくて当たり前という前の彼氏が築いてしまった思い込みが打ちのめされ、恋人であろうと冷たく接するような人がいる現実に目を向けることで、初めて元彼がどれほど優しくよくできた彼氏であったのかを自覚するでしょう。

誠実さをきちんと表してくれる人だった


優しかった元彼と別れてしまったことを後悔するポイントには、彼がどれほど誠実さをきちんと表してくれる人だったのかというのを実感したときと言うのもあります。

恋人に対して誠実さを求める人は非常に多く、何か約束事をしていた時にどうしてもキャンセルしなければならなくなったのなら埋め合わせをきちんとする、少しの時間であっても会える時に会おうとする、そうした努力や行動をして誠実さをきちんと表してくれるような人と交際できるととても幸せですよね。

けれど、何かしらの理由でその彼氏と別れることになり、次に交際を始めた彼氏がその誠実さを出してくれない人であると、前の彼氏のありがたみと言うのが身に染みて分かります。

約束をしても破ったまま、無理なものは無理だと話をそこで終わらせようとする、そうした対応が積もりに積もって女性には不満になっていくでしょう。

また、前の彼氏がどれほど誠実であったのかを知っているからこそ、前の彼氏と比較してどうなのか、どうしてこれができないのか、そうした言葉を口にしてしまう機会も増えてしまうので、必然的に喧嘩することもどんどん増えていくのです。

険悪な仲になってしまうことで、そのままあっさりと別れを告げられる女性もいます。

こうした事態に陥ってしまった時も、この彼氏が元彼程誠実なひとであればな、といった前の彼氏の誠実さが恋しくなってくるようなことを考えるので、どんどん後悔は強くなっていくことでしょう。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

最後まで優しかった彼氏には冷静に向き合うべし。復縁したいならクリアする事

焦らない


最後まで優しかった元彼ともう一度やり直したい!そう思った時に復縁するためにはどうすればいいのか、それが分からない人も少なくありません。

他の男性と同じように復縁のアピールをするべきなのか、それとも優しい彼だからこそ考えるべきなのか、そうしたところでつまずく人もいるのです。

最後まで優しく接してくれた彼とやり直すのであれば、クリアしておきたい項目がいくつか存在します。

そのうちの一つが、焦らないこと。

優しい彼と別れた後、もう一度やり直したいと思ったときには彼はもう別の女性からのアプローチを受けているかもしれない、または彼自身が別の女性を魅力的だと思っているかもしれないという状態にある可能性もあります。

特に期間が空いていれば空いているほどそうした可能性は高くなるでしょう。

必然的に他の女性に取られたくない必死さから、元カノはひどく焦ることになるのですが、この時の焦りは大きな敵になりかねないものです。

焦って行動しても何も良い事はありません。

言いたいことは伝わらないし、余計なことを口にしてしまうかもしれない。

他にも彼へのアプローチが逆効果なものになってしまうことだってありますから、余計なことをしてしまったと後々悔いてしまうような状態に落ち込んでしまうことだって珍しくはないのです。

焦らず落ち着いて、まずは自分がどういうことを伝えたいのか、どういった行動をしたいのかをよく考えることをクリアしなければ復縁は夢のまた夢に終わるでしょう。

激しい復縁アプローチをしない


優しかった元彼ともう一度やり直すためのアプローチをしたいと思ったときにクリアしておくべきことが、激しいアプローチをしないというものです。

自分がどれだけ魅力的なのかもう一度分かってもらう、自分がどれほど別れを悔やんでいるのか知ってもらう、そうしたことを相手に伝えたいと思った時と言うのはどうしてもアプローチする側が表現などを過剰にしすぎてしまう傾向にあります。

連絡を頻繁に行うのはもちろん、人によっては元彼の恋人はまだ私ですと言わんばかりの態度を周りに示すことだってあるでしょうし、いい人だから断らないだろうと無理に遊びに誘うなどの行動をすることもあるでしょう。

けれど、こうした激しいアプローチと言うのはあまりにも逆効果なものです。

元彼がどれだけ優しかったとしても、別れた恋人からの猛アピールと言うのは普通に恐怖を感じます。

すでに別れていて、元彼自身もようやく納得して精神的に落ち着いてきたところに過激なアプローチがやってきたというような感覚にありますので、下手をすると元彼の方が参ってしまい、連絡自体が取れなくなるように対処されてしまうのです。

また、元彼の体調不良や精神的不安定を引き起こすこともありますから、強引な誘いや過剰なアプローチなどは元彼のためにもやめておいた方が賢明になります。

どうしてもアプローチがしたいというのなら、お互いの近況を報告し合うところから始め、楽しい雰囲気でのおしゃべりが可能になってからさりげなく行うことがおすすめです。

自分磨きを怠らない


優しい元彼ともう一度よりを戻し、今度こそ長く続けていきたいと思った時にクリアしておくべき項目の一つには、自分磨きを怠らないというものもあります。

別れた後、元彼と頻繁に顔を合わせる同じ職場や学校などの条件が整っていない限りは、元彼の元カノの記憶は別れた時の物で止まってしまうのです。

もう一度再会したりしない限りは、別れた時の顔や髪形、体型で記憶しており、時間が経つにつれてどんどん美化されていくようにもなるので、自分磨きを怠っていると「え?こんな人だったっけ?」とまず外見でドン引かれてしまうような事態を引き起こします。

また、男性は自分磨きを怠って清潔感を感じられない、ファッション的にもこれはないというような状態の女性に対してはあまり良い感情を抱きませんし、元カノであるのなら猶の事自身が知り合いであるとは思われたくない気持ちが湧き出てくるのです

元彼の印象を悪い方に覆さないように、自分磨きはしっかりと行い、なおかつより自分に似合うものを見つけていく必要があります。

そうして別れた時の自分の印象を新しいものに変え、元彼が「あ、前は気付かなかったけどここは良いな」と思える新しい魅力を発掘することがクリアすべき項目になるのです。

明るく楽しく過ごすこと


優しかった元彼とよりを戻し、また彼と一緒に過ごしていきたいと思うのであれば、クリアすべき項目の一つが明るく楽しく毎日を過ごすことになります。

別れた後や後悔しているときなどはどうしても気分が沈みがちで、他の人から見ても暗くてひどい状態にある女性だと思われることが多いです。

それでも仕事などはしなければなりませんからきちんと出社するものの、上の空でふと気づいたら暗い顔で落ち込んでいる、そんな状態の元カノは一定数存在します。

けれど、そうしたひどい状態の女性を見て男性が復縁したいかと言われるとそれは全く逆で、復縁するのは止めておきたいと思うのです。

元彼から見ても元カノが執着の強い、おまけにかなり引きずるタイプであると判断できる形相なので、付き合うのはちょっと厳しいと思われてしまいます。

だからこそ、明るく楽しく毎日を過ごしている女性の姿を発信することで、破局を乗り越えて楽しそうに過ごしている状態を元彼に見せ、復縁を無理に迫る女性ではないとまず思わせなければなりません。

友人たちと楽しそうに過ごしている姿を見て、気付かなかったことに気付くこともあれば、自分もそこにいたいと元彼に思わせることもできるので、復縁に一歩近づけることができるようにもなります。

最後まで優しかった彼氏を引きずって苦しい時に未練を落ち着かせる方法

別れを決断したのは自分である


最後まで優しい態度を変えず、別れることを了承してくれた元彼ですが、時間が経って落ち着いてくると女性の中には元彼への未消化の感情が未練になり、引きずってひどく苦しい思いをしてしまう時もあります。

そうした未練を発散する方法はいくつかあるものの、そうした行動がとれないときに落ち着かせるための方法の一つが、別れを決断したのが自分であるというのをきちんと考えることです。

カップルはそれぞれ特徴があり、千差万別の物ではありますが、別れを切り出す、決断する場合は男女どちらかにきっぱりと別れるもの。

その際に女性の方から別れを告げた場合は、その決断をしたのが自分であるというのを明確にしておきましょう。

あの時別れようと思った原因は何か、自分はその原因などについて不満を持って考えたりしないか、そうしたことを考えることで今の現実は自分のまいた種であるというのを自覚するのを促します。

自分は大丈夫だと言っている人ほど危ないこともありますから、別れた原因などについてをよく考えることが未練を押し込めることにもなるでしょう。

彼の本当に良いところを知っているのは自分だと思う


いい人である元彼ともう一度あり直したいと強く願う程、未練もどんどん大きくなりますが、この未練を落ち着けるためには優越感も実はおすすめです。

しっかりと交際していた経験があるだけあり、元彼のことに関してはあなたの方がずっと良く知っているというのは良く聞く話でもあります。

いい人ではあるものの、その人の本当に良いところはここ!と言えるほど付き合いが長かったのであれば、それこそ本当に良いところを知っているのはかなり限られるので、他の人はこの人のこんな一面を知らないのだろうという優越感は心を満たしてくれるのです。

他の人は知らない、今は自分だけが独占しているような秘密だったり特徴だったりを考えてみれば、それだけ優越感で満たされて心の方も満足できるでしょう。

自分とやり直して彼は本当に幸せになれるのか


優しい元彼への未練がふつふつと湧き出て来て止められないときにどうにか落ち着かせたいと思うのであれば、自分が未練のままにやり直しを提案したときに彼は本当に幸せになるビジョンができているのかといったところがポイントです。

優しいからこそ彼は大きな未練を告げてきた元カノの言葉を無碍にすることはありません。

場合によっては復縁の意思が強く籠められた言葉にうなずく人もいますが、そのあとの未来についてしっかりと考えていることはありますか。

一度別れているからこそ、お互いの問題点についてはしっかりと理解する時間はありますし、元カノ側ももっときちんと考えることが重要です。

幸せになるビジョンがきちんと思い浮かべることができるのであれば、実際にその問題点について解決する為の努力をしなければなりません。

逆に幸せになっている2人のビジョンが思い浮かばないのであれば、あなた自身が元彼に対して疑念を抱いていたりするものです。

こうした疑念を抱いている時点で、復縁についても少し無理だなと思っているところがあると思いますので、お互いに幸せにできる出来ないについてよく考え、復縁してもいいのかといったところまで広げていきましょう。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「元彼が良い人であっても復縁できるかはわからない。別れる前に一度よく考えてから判断を下そう」

占い師アリア
元彼と別れた時、相手がLINEなどではなくメールでのやり取りが主な状態になっていますので、直接話す機会は少しずつ奪われていると言っても良いでしょう。

けれど、いい人だからというのを骨身に染みているからこそ、元彼の邪魔をするような行動はしないほうが良いです。

別れた恋人であるからこそ、元彼が別の恋に進もうとしているのを邪魔するような干渉をすることができる人は家族くらいしかありません。

元恋人にそんな権限はなく、いい人であったとしても度重なる邪魔に怒ることはあります。

自分の恋人がひどく優しくいい人であったけれど、復縁にうなずくほど簡単な人ではないということも多々ありますから、よく考えて、そして冷静に相手を見極めようとする事が重要なポイントでもあるのです。

別れた後、優しいあの人ともう一度とよりを戻そうとしたとしても、すべては元彼次第。

チャンスをより広げるために一段と自分磨きを怠らず、楽しい毎日にするために工夫をしてやっと復縁に近づくこともあるでしょう。

けれど、そうした努力などがすべて水の泡になるようなことも起こりえます。

そうしたときには自分が別れを選択し納得してしまったからこそ、復縁を諦めることもまた重要になるのです。

全ての準備を整えたうえで復縁を持ち掛けるようにし、少しでも後悔が少ない状態にするための努力は怠らないでくださいね。

【期間限定・2021年8月1日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事