※この記事を読む前に必ず読んでください。

彼との間に、運命的な繋がりを感じていませんか?

 

今訪れている試練は、2人が「ツインレイ」だからかもしれません。

 

「彼は今、私をどう思っているの?」

 

「彼から連絡は来る?復縁できる未来はやってくる?」

 

「何をすれば彼からもう一度求められるの?」

 

「私たちはツインレイ…?もしそうなら彼に気づいてもらうには?」

 

これらの答えは、スピリチュアルの世界から2人を見ればすぐに分かります。

 

真実を明らかにする「神言鑑定」で、あなたが復縁できるかどうか・知りたい事や知るべき事が書かれた鑑定結果を今すぐお受け取りください。

 

>>【初回無料】神言鑑定で占う<<
 

アユミ
アリア先生、遠距離恋愛がどうしても辛くて…。寂しくて辛いのに連絡のペースや会う頻度が全然上げられないんです。
占い師アリア
遠距離恋愛は傍にいられないからこその辛さがどんどん強くなるからね…。寂しくても会えないのはより辛いでしょう?
アユミ
はい、どうしても会いたいんですが、連絡しようにも忙しかったり、休みが合わなかったりで会えないまま今のところに来ています。
占い師アリア
うーん、連絡に関してはあまりしつこく送ると相手に嫌がられるかもしれないから、そこは注意した方がいいわね。
占い師アリア
後は、会う頻度や連絡のペースを上げるためにはいくつかの方法があるから、それを試してみるといいわ!
アユミ
そんな方法があるんですか!?
占い師アリア
ええ、会うため、連絡しやすくためにいろんな方法があるのよ。
占い師アリア
それでもダメなときには、別れを考えたほうがいいわね。別れる時泣きたくない、そんなときのためのコツもあるから、そうしたものも知っておくのも自分を強く持つためには役に立つわ。
アユミ
そう、ですね。なんとか立て直せることを願いたいですが、もしかするともう彼氏は別れを決めている可能性だってあるわけですよね。
占い師アリア
ええ、悲しいけれどすでに心を決めていた、なんてことはあるわね。
アユミ
そうならないためにも、今からできる事はしていきたいと思ってます!
占い師アリア
その意気よ!自分でやれる事をやるためにも、しっかりとコツや知識を学んでおきましょうね。

目次

遠距離恋愛の辛さを嫌というほど実感する瞬間

デートや宿泊した後の別れ際


遠距離恋愛というのは、普段から少しずつ辛さを感じる人もいますが、慣れている人はそうでもないということもあるほど、感じ方は人それぞれなところがあります。

けれど、一貫して遠距離恋愛が辛いと嫌でも実感する瞬間というのはどこにでもあるものです。

遠距離恋愛であるのがひどくつらいと感じてしまう、それはいったいどんな瞬間なのか。

いくつかあるうちの一つの中でも、一番意見が多いのがデートや宿泊した後の恋人との別れの瞬間でしょう。

久しぶりに会えてうれしいのは当然ありますし、過ごす時間の中でやっぱり彼の事が好きだなと再確認できるようなことももちろんあるものです。

けれど、いざ別れの時になると幸せな時間を過ごした分だけ辛くなるもので、このまま一緒にいたいのに、どうしてそれができないのかといろいろと悩んでしまう事にもつながり易くなります。

特に遠ければ遠いほど、会える機会は少なくなりがちなので、一緒にいるために宿泊するなど、過ごせる時間を多く取ろうとすればするほど、それだけ別れがつらくなる傾向にあり、また会えるからと思っていても心の中ではどこか納得できていない人は多いでしょう。

また会えるっていったいいつ?休みも早々合わないし、旅費も馬鹿にならないし、そうした諸々の難点を乗り越え、余裕ができて初めて会おうとすることができる部分もあるでしょうから、言えないだけで心の中に秘めている女性も珍しくはありません。

だからこそ、会うたびに別れの時になって何度も何度も、「遠距離恋愛って辛いな」と強く実感するのです。

大きな後悔やショックを受けたとき


遠距離恋愛が辛い、そう実感するのは何もデートや彼とのお泊りの後の別れの時だけではありません。

自身が大きなショックや後悔をした時というのも当てはまります。

例えば仕事で大きなミスをして上司や先輩に怒られたり、取引先に迷惑をかけた時などは「どうして自分はあんなミスをしちゃったんだろう」「どうして確認しなかったんだろう」と強く後悔し、そしてショックを受けますよね。

そうしたときに思うのは、誰かに精神的に支えてほしい、会って励ましてほしいといった誰かに傍にいてほしいというものです。

特に精神的な支えになってくれやすいのが彼氏でしょう。

中には両親や兄姉、非常に親しい親戚、叔母や叔父と言う人もいるのかもしれませんが、成人していると少し身内に相談するのが気恥ずかしかったりするのもありますし、一番に思い浮かぶのはやはり恋人だという人は少なくありません。

けれど、遠距離恋愛の場合はその想いを吐き出したところで傍にいてくれるなんてことはほとんどありません。

彼氏が来る日が明日で、その日の内から休みを取って準備をしていたなんてことがあるのなら、彼も急いで来てくれるのかもしれませんが、そう易々と「すぐ行くから待ってて」なんてことをできるはずがないのです。

傍にいてほしいのに、支えてほしいのにそれが叶わない、そんな時に遠距離恋愛の辛さを思い知るという人もいるでしょう。

他の人のデートの話を聞いた時


遠距離恋愛になって辛いと感じる時、その瞬間は知り合いや友人と話しているときにも意外と襲い掛かってきます。

それが友人や知人との恋愛話です。

友人や知人から自身が彼氏とあまり会えていない時期や会えない時期に「この間彼氏とデートでね」とか「昨日彼氏と行ったんだけど」とデートの話を聞いたりすると、心の内がもやっとすることがあります。

そうしたデートの話が頻繁にあると、会えないことで溜まっていたストレスと同時に、友人や知人への嫉妬も相まってもやもやとした気持ちが生まれ、そしてどうして自分はこんなにつらい遠距離恋愛なんだと思うようにもなるのです。

遠く離れている現状で、思うようにデートや食事にも行けやしないのに、友達や知人は楽しそうに恋人と週末デートや食事に行っている。

それに関しては幸せそうで良いカップルだなと思う気持ちが無いわけではありませんが、それでもやっぱり、会えないことが続いている月になれば会えているカップルの彼女の話が自慢話にも聞こえてしまうのも無理はないでしょう。

けれど、彼女もまた自慢したくて言っているわけではないと分かっているからこそ、怒りをあらわにできなくて、ただただ遠距離恋愛は辛いなあという現実を強く実感してしまうのです。

これでもかと辛い感覚を味わうとすれば、生活的な面において大いにストレスが溜まっている時になります。

普通の時であれば「いいなあ、私も会いたいな」くらいの感覚で終わるのですが、何もかもに疲れていて、恋人に会えない日々が続いている状態にもなるとストレスも極限に近いなんてことはよくある事です。

会えないけれど強く会いたいと思ってしまい、遠距離恋愛であることを恨んでしまいかねないほどつらいと思ってしまうのは、やっぱりこういう時でもあるでしょう。

思ったようにお互いの予定が合わない時


遠距離恋愛が辛いなと強く感じてしまう時というのは、思ったようにお互いの予定が合わない時というのもあげられます。

普通の交際の時も、どうしても予定が合わないというのはよくある事です。

遠距離恋愛が辛いと感じてしまう理由にあげられるには少し弱いのではないかと思われがちではあるのですが、すぐそばに彼がいるのと居ないとでは感じ方が大きく違ってくるのです。

すぐに会える距離にいる、移動にそこまで手間がかからない、電車やバイク、自動車で数分から数十分の距離にいるというのであれば、距離感の近さや会いやすさというのもあってそこまで気持ちが沈むような感覚はないでしょう。

けれど、そう簡単に会えない距離にいると思ったように予定が合わない状態が続いていくと、それだけ遠距離恋愛であることの不自由さを感じることになります。

思ったように予定が合わないとなると、次に会える機会はいつになるのか全く分からなくなるのです。

近くにいれば会う機会は少しでも時間が合えば作ることができます。

仕事帰りのご飯であったり、そのまま泊りに行ったりすることだってできるでしょう。

職場が近いのであればなおのこと、合わせやすいなんて人もいるはずです。

しかし、そう簡単に会うことができない遠距離恋愛ともなれば、そんな機会を簡単に作ることもできないので余計に遠距離恋愛の辛さを感じるだけになることもあります。

遠距離恋愛が寂しくてきつい時に無理なく連絡ペースを上げる方法

毎日連絡するのなら短文で


遠距離恋愛で寂しいと強く思った時、恋人からの連絡が欲しいと強く望む人がいるのも当然のことです。

同じように遠距離恋愛を頑張っている友人知人がいて、そんな人たちと愚痴を吐きだすことができるのならそちらでもいいかもしれませんが、やっぱり心の支えとしてほしいのは彼氏からの言葉になります。

遠距離恋愛がきついと思うからこそ、同じように離れてきついと感じている彼氏からの言葉をもらい、共感を得ることで安心感を得ることができるのです。

だからこそ、連絡ペースを上げたいと思う女性は多いのですが、その時になって簡単に上がるものではありません。

毎日の連絡頻度の中で頻度を少なくしないようにするのが最も多くするために重要な方法になるのです。

なので、まずは毎日の連絡頻度に合わせた文章の長さにすることを念頭に置いておきましょう。

毎日連絡しない、ほどほどに気分が乗った時に報告するように、というのなら長文でも大丈夫です。

連絡頻度がそれほど多くないのに文章が短いのは逆に交際相手に冷たく感じられてしまいますから、長い方がしっかりと交流を保ちたいと思っていると示すことができます。

しかし、逆に毎日でもやり取りしているというのなら、短文の方が相手は煩わしく感じません。

毎日やり取りしているのに長々とした文章は嫌になってしまうので、毎日連絡するのなら文章は短く、そして相手が苦痛にならない、返信しやすいものにしていくのが方法になります。

同じ内容を送らない


遠距離恋愛が辛くて彼氏からの連絡が欲しいと思った時、連絡頻度を多くしたい、なるべく減らしたくないと思うのであれば、増やすためにも心掛けておくべき方法は同じ内容を送らないというものです。

彼氏と話している時、連絡している時、どうしても同じ内容を意外と送ってしまうという人は多いです。

けれど、連絡内容がほとんど変わらない同じものであるとどうしても食傷気味になってしまうもの。

変わらない日常であることを表しているのかもしれませんが、同じようなことばかりを話していると、これは話す必要はあるのか、連絡する意味があまりないのではないかと思われるものですし、何も変わり映えが無いのなら連絡する必要すらないのではないかと自身でも思ってしまうようにもなるでしょう。

相手につまらないと思われ、連絡自体を少なくさせられる可能性もありますから、一度話したことはなるべく送らない様に、たとえ前に話題にしたところをもう一度話題に上げるとしても「前に話したことあるんだけどね」と前に話したことがあることを前提に、前とは違う部分、新しく発見したものを話すべきです。

前に話題にしたものの新しい発見などであれば、彼氏も興味をそそられるでしょうし、話をしていた時に行きたいねと盛り上がった経験があるのなら猶の事、新しい発見を話すことでより行きたいと思ってもらえる可能性もあります。

話も盛り上がれば返信の頻度も上がっていきますので、まずは同じ話題をなるべく上げないようにしておくのがベストです。

スタンプばかりを送らない


遠距離恋愛でなるべく連絡頻度を多くしたい、そう思ったときには連絡している時にスタンプばかりを送るのを止めるというのも心にとどめておきましょう。

毎日に近い頻度で簡単なやり取りを続けていたりすると、スタンプで応答することも増えていきます。

スタンプはいろんなキャラクターのものがありますし、絵柄もカラフルだったり、にぎやかだったりして文面だけのトーク画面を華やかなものにしてくれます。

にぎやかなトークの中にはスタンプがつきものといったイメージもある人もいるでしょうが、何でもかんでもスタンプで返せばいいというものではありません。

トーク画面の中においては、文章こそがメインであり、スタンプ等は賑やかしのようなもの。

やり取りは文章で行うことで初めて完成します。

相手に対してきちんと文章を送ることで、提供した話題に反応し、相手に自身の意見を伝えて会話をしようとしているという態度を示すことができます。

そうした会話を求めている男性に対し、スタンプで返すというのは自身からやり取りをそこまで綿密にするつもりが無いと態度で表しているようなものです。

スタンプだけで返すのが常になってくると、もう会話をしているような気もしなくなるでしょうから、連絡自体が億劫になってくる人もいるはず。

なるべくやり取りはきちんと文章で、スタンプはたまのスパイス程度に抑えておくのがおすすめになります。

あなたもスタンプばかりの返事では嫌になってしまうのと同じで、彼氏の方もきちんとやり取りをしたいと思っているのを忘れないでください。

相手の返信を欲しがらない


遠距離恋愛において、相手とのやり取りを増やすために心がけておくべきことは、相手の返信を欲しがらないということです。

遠距離恋愛だけでなく、普通に近くに住んでいる彼氏との交際においても相手の返事が欲しいなと思うと催促してしまうものですが、返信を欲してしまうとどうしても相手に疑問形でありながらも強く聞き出すような形になってしまいやすいです。

そのため、相手からしてみれば詰問されているような感覚を覚えてしまうことが多くなり、そんなに厳しく追及してこなくてもいいじゃないかという考えになりやすくなります。

相手の返信が欲しくても、相手は返信できるような状況にないのかもしれません。

仕事が忙しくてプライベートな時間を全部休むことや家事に費やし、少しでも忙しい日々を乗り切ろうとしているのかもしれませんし、仕事上で必要な資格を取るチャンスがもう数少なかったりするのもあって必死で勉強しているのかもしれません。

そんな風に相手が返信できなくてももしかすると忙しいのかなと思ったり、勉強や試験で忙しいのかもと思って少し何も言わずに放置してあげるというのも必要な気遣いになります。

ただ、2週間近く連絡が無い場合は相手に何かあったのかもしれませんので、連絡してみて、安否確認や忙しさの確認、連絡自体ができずに放置してしまうような状況なのかをよく話し合ってみるのがおすすめです。

もしかすると相手は忙しさや体調不良で倒れていて連絡どころではない可能性もありますので、2週間近く返事が無い時には聞いてみると良いでしょう。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

遠距離の彼氏も納得して協力してくれる会う頻度を高める方法

交互の行き来にする


遠距離恋愛では、それぞれが遠くから会うために訪れたり、泊まったりするものです。

けれど、その会う頻度というのはそう簡単に増えるものではありません。

大学生などであれば長期休暇を利用して、お互いが地元に戻ることで会うことができますし、その頻度も多くなりやすいです。

卒業後の進路をすでに決めており、就職活動や卒業論文などが終わってしまっているのであれば、より時間を取りやすくなりますので、大学最後の思い出として友人と遊んで思い出を作る傍ら、恋人のための時間も捻出できるでしょう。

けれど、そうした時間を簡単に作れない、月に1回が限度であるというケースの場合はどちらかが移動するのが通例になってしまうとどうしても負担が大きくてもっと会いたいと思ってもらえなくなるケースが多発します。

地元が同じであれば実家に戻った時が一緒にいる時間を増やすベストなタイミングではあるのですが、それが簡単に行かないのはやはり社会人でしょう。

お互いの休みを合わせ、月に1回ほど会うのが精いっぱい、そんな状態であってもどうにか会う頻度を増やしていきたいと思うのであれば行き来を交互にして負担を平等にするというものがおすすめです。

片方ばかりが負担を請け負うのは遠距離恋愛においてはあまりにもしんどい事です。

負担も肉体面、金銭面的に非常に大きくなりやすいですから、彼氏ばかりがあなたのもとに通っている状態であるのなら、本音を言うとかなり厳しいと感じるところがあるのかもしれません。

そうした彼氏の負担をあなたも担うことができれば、彼氏の方ももっと会えるようにしてもいいかなと考える様にもなります。

お互いが行き来するようにしてみると、月に1回だったのが負担が少し減るのもあって2回会えるようになるなんてこともあるでしょう。

彼氏が来てくれたのであれば彼女である自分も彼に会いに行く、そんな気持ちで行動を起こしてみるのも彼にとってはうれしい事にもなるはず。

今度は私が、俺がと話し合い、互いに行き来することで発見できることを話し、共有して楽しい時間にしていくことだってできるので、彼の方も慣れていけば月に2回会おうかなと前向きな気持ちになってくれやすくもなるでしょう。

ベストな頻度を見つけておく


遠距離恋愛が辛い、もっと会いたいと思った時に会う頻度を増やすためには、まずベストな頻度をお互いに見つけておくというのも大事になってきます。

最初のうちは会えるだけ会いたいと思っても、そう簡単にはいかないことにモヤモヤとした気持ちが生まれてくるものですが、徐々にお互いにこのくらいの頻度であればお互いの負担もほどほどでいいなと思えるベストなものが見つかるようになります。

その頻度にさらにプラス1しても大丈夫か、負担はどの程度になるのかというのをよく考えつつベストな頻度を更新するかを考えてみるのが良いでしょう。

下手をすると会いに行くだけでしんどい思いをしてしまうようになる可能性も高くなりますし、どちらが移動するのか、金銭的な負担の軽減はどうすればいいのかといった面をよく考えることもできるのかと悩みも増える可能性もあります。

今のベストな頻度は月に何回会うことなのか、これ以上増やして大丈夫なのかをよく考えたうえで、彼にも相談してみると良いでしょう。

会いたいから会う頻度を増やしたいというのではなく、自分も彼の方に移動して会いに行くから会う頻度を増やしたいと伝えるのがベストです。

そう伝えてみれば、彼の方も自分が移動する負担が無いので前向きに考えてくれるようにもなります。

部屋を清潔にし、居心地を良くしておく


遠距離恋愛において会いたいと思った時に会う頻度を増やすためには、自室を綺麗にしておくというのも方法の一つです。

彼が自身の住むところに遊びに来てくれた時、家に招待する人はかなり多いでしょう。

どこかに遊びに行くのもいいけれど、ゆっくりとおうちデートをしようと提案することもありますし、場合によっては家を宿泊場所として提供することもあるはず。

そんな時に彼があなたの部屋を居心地の良いところだと強く感じられるようになっていると、また会いたいなという気持ちがより強くなります。

それ以上に、居心地の良い空間をあなたがもたらしてくれているのだということに気付いた瞬間、結婚に関しても意識し始める人も出てくるでしょう。

また一緒にいたい、同じ時間をゆっくりと過ごしたい、そう思ってもらえることが最も会う頻度を多くしたくなる下地にしてくれるのです。

この先の事を考えても彼との結婚を本気で考えている女性であるのなら、自室を綺麗にし、そして彼にとって居心地の良い空間を作り上げることを特に意識し、潔癖なほど綺麗にしなくてもいいので女性らしさと家庭的な雰囲気のある仕上がりにするのがおすすめになります。

会うのが楽しみだとしっかり伝えておく


遠距離恋愛の際、彼ともっと会いたいなと思ったときにはとにかく会いたいという気持ちを伝えるのではなく、会うのが楽しみだということをしっかりと相手に伝えることが大切です。

会いたいという言葉は何度も何度も伝えると鬱陶しがられてしまいますが、逆に会うのが楽しみだという言葉は彼氏にとってそれだけ自分を求めているという認識につながり易い言葉なので、恋人がそれだけ自分に合うのを楽しみにしてくれているのだとうれしく思う人の方が多いでしょう。

もちろん、ただ会うのが楽しみと言うだけではなく、一緒に○○に行くのすごく楽しみ!といったような、一緒に何をするのが楽しみなのか、どこに行くのがうれしいのか、そうしたものも送ってみるとどれだけうれしいのかを伝えられます。

ひたすらに会いたいと伝えるよりは、会う日が決まった時に楽しみなことをきちんと伝えたほうが、相手も会うたびに喜んでくれるのだと思ってくれますし、慕われている自分に悪い気はしませんから、まずは会いたい気持ちを伝えつつも会える日が決まってからはっきりとうれしいという喜びの気持ちを伝えるように心がけてみましょう。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

遠距離の恋人と会った後別れ際に泣かないで済むコツ

次の約束をする


遠距離恋愛になると、恋人と会った後というのはどうしても辛く悲しい気持ちが湧き出てきますよね。

別れ際になるともっと一緒にいたいのに一緒にいられない気持ちが抑えきれず、自分がいっぱいいっぱいなのも相まって泣いてしまう女性も少なくはありません。

けれど、泣いてしまえば彼を困らせてしまうわけですので、ぐっと我慢しなければならないのがまた辛いと感じてしまいます。

では、どのようにすれば彼と会った後泣かないで済むようになるのか、そのコツの一つが次の約束をするというものです。

次の約束をするということは、彼がまた会いに来てくれる、または自分が会いに行くことができるという未来を確定的なものに近づけられます。

また、次はいつ会えるのかというのは明確ではなくても、約束をしておけば休みを合わせられたならすぐに会おうと準備できるようにもなるので、精神的にも前向きになります。

次の約束もなく彼と別れてしまえば、次に会えるのはいつなのか分からないことも含め、どうしても辛く感じてしまいますが、日時を明確にしていなくても「また会いに来るね」「また会いに来てね」といった約束を彼が満面の笑みで了承してくれるのなら、それまでの期間はしっかりと働いて費用を稼いだり、自分磨きのための時間として割り切れるでしょう。

まずは次の約束をしてしまうことを考えてみると前向きな気持ちで、泣くことなく彼と別れることができるはずです。

お互いに頑張ろうと明るい気持ちになる言葉を告げ合う


遠距離恋愛において、最もつらい瞬間の一つでもある彼氏とのデート終わりの別れを泣くことなく終わらせるためのコツとしては、お互いに明るい気持ちになる言葉を告げ合うというものもあります。

女性の方が辛い気持ちを吐露することが多いのですが、その実、男性の方も辛いなと感じているところは多いです。

知り合いが結婚して結婚の良さを伝えてきたり、周りは彼女が近くにいてこれからデートなんだよと幸せいっぱいな顔をして話していると、どうして自分の彼女は遠くにいるんだとやるせない気持ちになったりするものです。

それでも彼が頑張っているのは、お金を稼いであなたの所に行くため、または同棲する為だというのがあるでしょう。

移動にはお金がかかり、宿泊も彼女の部屋が無理そうであればホテルを取っておかなければなりません。

移動距離が長ければ長いほど、それだけお金はかかりますし、移動の負担も増えていきます。

彼女に弱っている姿を見せたくない一心もあるでしょうが、彼女に会うために頑張らなければと必死になっている男性は多いのです。

だからこそ、別れ際にお互いに頑張ろう、という様な前向きな言葉を伝え合うことで、頑張っているのは一緒なんだと一緒に感じ入る事ができるでしょう。

次も会えるチャンスが必ず来ると考える


彼とのデートの別れ際、電車や車に乗っていく彼を見送っていく、または自分が見送られていく状態にあると、寂しい気持ちが強くなっていくものですが、その時に泣きたくないのなら次も会えるチャンスが必ず来るのだと考えてみましょう。

確かに別れ際というのは辛いものです。

けれど、彼から別れ話がない事を考えてみれば、まだあなたと付き合っていたいと強く望んでくれている可能性は限りなく高いとも言い換えられます。

なので、また次に会えるチャンスは必ず訪れるのだと考えてみれば、仕事を頑張ろうという気持ちにもなるでしょうし、何よりも次に会えるチャンスが訪れた時にもっと自分と彼との時間を有意義にするためにはどうすればいいのかということを考える様にもなるはずです。

今回はいけなかったところに行ってみようか、自分もあまり行ったことのないところを一緒に新規開拓してみようか、彼が気になっていたところをのぞいてみようか、そんな風に考えられるようにもなれば、かなり前向きな想いがあふれてくるでしょう。

次の会えるチャンスを逃さないためにも、自分ができる努力をして、デート費用や遠出の費用を貯めたり、話題に出たりしたのなら同棲のための費用を貯めてもいいかもしれません。

次も会えると強く信じ、彼との交流を絶やさないようにしていくことでも、泣かずに彼との別れ際を迎えることができ雨量にもあるでしょう。

今度はどんなイメチェンをしておこうかと思って見る


遠距離恋愛の彼氏と別れ、お互いが電車や車に乗ってしまうときに泣かないようにするためには、今度会う時の自分を想像してみるのも良いかもしれません。

せっかく久しぶりに会える彼氏とのデートですから、やっぱりいろんなところに女性はこだわるものですよね。

メイクやファッション、髪型の一つ一つにこだわり、スキンケアや勉強を欠かさずに頑張ってきた成果を見せると言わんばかりに気合を入れる人も少なくはないのでしょうか。

そうした変化を彼に見せるたび、彼に「綺麗になったね」「かわいいね」と言ってもらえれば、それだけうれしくなるものですから、そのうれしさを次に会う時までの活力に変えていくのが、次のイメチェンに関しての方向性を考える事です。

髪を切ったり、染めたりしてというのはもちろん、ファッションやメイクの変化に対しても力を入れていくことも考え始めてみれば楽しいもので、季節によっては浴衣や水着、年末の晴れ着などにも考えが及ぶようにもなるでしょう。

その季節ならではのイベントに参加し、楽しむのも一つの醍醐味ですから、イメチェンに合わせてそちらの方も考えてみればかなり楽しいものになるはずです。

例え彼氏と行けなくても、友人たちといけるから無駄にはならない、そう思って見ればより楽しく水着などを選ぶことができます。

彼との遠距離恋愛を前向きに楽しめるようになる考え方

距離があるから円満にできるところがある


遠距離恋愛で辛いと考えてしまう状態をシフトチェンジすることができるようになるためのコツなどを紹介してきましたが、より遠距離恋愛が楽しめるようになる考え方についても触れてみましょう。

遠く離れているのに遠距離恋愛が楽しくなる考え方があるのかと疑問に思うかもしれませんが、考え方を少し変えてみるだけでも大きなメリットがあるのだと発見できるものです。

その一つが、距離があるからこそ円満にできるところがあるというもの。

近くにいるとどうしても彼の嫌なところを発見してしまったり、近いからこそ鬱陶しいと感じてしまうものがありますよね。

距離感の適切な取り方というのは難しいものがあり、ちょっとしたことでも喧嘩の原因になってしまうなんてこともあるはず。

けれど、遠距離恋愛の場合はそうした喧嘩の原因になるものがある程度限定されています。

そのためきちんと対策を取っていたり、適切な距離感を取っていたりすれば喧嘩にならないなんてこともありますし、一緒にいる時にちょっとべたべたしたとしても久しぶりに会うのだからと多めに見てもらうこともあるでしょう。

そして喧嘩をしたとしても連絡を一時的に断つことで、お互いが冷静になる時間を自然に作る事ができやすい環境にもあります。

なので遠距離だからこそ円満に行っているところがあるのだと考えてみれば、かなり穏やかな交際状況に納得することができるでしょうし、何よりも喧嘩などが少なく円満な交際をして行けるのだとも考えられます。

会うたびに彼の新しい何かを発見できる


遠距離恋愛が楽しくなる考え方の一つに、会うたびに彼の新しい何かを発見できるというものがあります。

遠距離恋愛というのは、彼との距離が物理的に遠いがゆえに近くにいて知るはずのものを知る機会がかなり限られてしまいます。

そのため、彼の新しい一面を知るためには、デートをしている時くらいしか機会が無いと言っても良いでしょう。

LINEなどの文面でも知る機会は確かにあるのかもしれませんが、文面ではわからないことがありますし、電話などでも直接目にする機会が無い限りはそれが彼の一面なのだというのが分からないことも多いです。

だからこそ、目の前で見て初めてそれが彼の持っている新しい部分であり、自分が知らなかったことなのだというのを見つけることができます。

そうしたものを会うたびに発見できるのは遠距離恋愛だけ。

ゆっくりと彼の事を知っていきたいと思っている女性にとっては、かなり合っているとも思えるでしょう。

会うたびに一つ彼の事を知れると思えば、遠距離恋愛も悪くないものになるはずです。

会う時にこれ以上なく楽しい、嬉しいと思える


遠距離恋愛が楽しいと前向きな気持ちになれる考え方の一つには、これ以上なく楽しいと会う時に思えるのは遠距離恋愛だからというものもあります。

恋人と会うのはいつだって楽しいと思えることであると考えるかもしれませんが、実のところやっぱり倦怠期や会うのがめんどくさいと感じてしまう時もあるもので、近い距離にいると別に会わなくてもいいじゃないと考えてしまう時があります。

特に仕事が忙しい時や自身の不調、精神的にイライラしている時などが当て嵌まりやすく、誰かに当たってしまいそうなときなどはとにかく一人にしてほしいと思っているのに、会う約束を事前にしているというときは困るものです。

また、会う頻度が高いほど彼に会うのが当たり前の光景になってしまい、特別感も薄れていきます。

そうした特別感を持続したまま、嬉しい、楽しいと心の底から思えるのが遠距離恋愛なのです。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「遠距離恋愛が辛い時には対処法がある。彼との関係を前向きに考えられる何か一つを頭に思い浮かべてみて」

占い師アリア
遠距離恋愛というのはどうしても辛いものになりがちで、我慢の連続、会いたいのに会えないちょっとしたわがまますら簡単には叶えられない状況に陥りやすいなんて人も多いです。

けれど、辛い時にはきちんと対処法というのもあるもので、会いたいと思った時に会いやすくできる会話や会うための頻度、連絡の頻度をなるべく低くしないために行っておくのがおすすめのコツなどもいくつもあります。

自身に合っているものかどうかは試してみなければわからないものの、辛いからと我慢するだけの状況を打開する一つの方法にはなってくれるでしょう。

辛いと思ったときには、まず彼と遠距離恋愛していてよかったと思えるものを考えてみる事です。

イメチェンしたときに思い切り驚かせることができる、他の友人の恋人とのし烈な喧嘩話を聞いて冷静に対応できる遠い距離で良かったと胸をなでおろせる、そんなもので構いません。

その良かった、と思えるもの一つで遠距離恋愛が少し楽しいと思える方向に向かっていけるでしょう。

【期間限定特別企画】絶望的な状況から復縁成就が叶った秘密の方法って?


「彼とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな難しい復縁の悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

復縁専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない復縁の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事