※この記事を読む前に必ず読んでください。

彼との間に、運命的な繋がりを感じていませんか?

今訪れている試練は、2人が「ツインレイ」だからかもしれません。

「彼は今、私をどう思っているの?」

「彼から連絡は来る?復縁できる未来はやってくる?」

「何をすれば彼からもう一度求められるの?」

「私たちはツインレイ…?もしそうなら彼に気づいてもらうには?」

これらの答えは、スピリチュアルの世界から2人を見ればすぐに分かります。

真実を明らかにする「神言鑑定」で、あなたが復縁できるかどうか・知りたい事や知るべき事が書かれた鑑定結果を今すぐお受け取りください。

>>【初回無料】神言鑑定で占う<<
 

アユミ
アリア先生、付き合っていないのに嫉妬してくる男性っているでしょう?
占い師アリア
ええ、そういう人もいるわね。
アユミ
そういう男性ってどんな心理や考えから嫉妬してくるんでしょうか?普通、付き合っていたりするのであればわかるんですけど。
占い師アリア
確かに、普通の考えなら付き合ってもいないのに嫉妬してくるのはどういう理由なの?って感じよね。
占い師アリア
でも、親しい人が他の人に独占されているような状況になると、その人と一番親しいのは自分なのにって感じはなかったかしら?
アユミ
あ、確かにあります。そんな感じなんですかね?
占い師アリア
男性ならではの心理も入ってくるからこれほど単純なものではないけれど、それと似たような傾向にあるのではないかと思っていると意外と難しくとらえることもないわよ。
アユミ
なるほど、それじゃあ一体どんな心理で嫉妬してくるのかというのががぜん気になってきますね。
占い師アリア
ふふ、それじゃあ気になる男性心理について色々と紹介しちゃうわね。

目次

恋人ではないのに何故?付き合ってないのに嫉妬する男性の心理

相手が魅力的だと感じている


普通に過ごしている意外と本人は気付いていないことも多いのですが、ふとした時に付き合ってもいない男性から独占欲の様なものをぶつけられてしまうこともあります。

最初はいったいどうしてこんなにもあれこれ言われなければならないんだと女性側は思うのですが、他の人たちからの指摘や男性側の行動や言動から「あ、嫉妬してるのかな?」と女性側が気づくことで初めて男性が嫉妬しているのだというのに気づくのです。

けれど、付き合っているわけでもないのに嫉妬されるというのは、心地よいと感じる女性もいますが、普通はちょっと気持ち悪い、なんでそんな嫉妬を向けられるのか分からないことから困惑することの方がほとんどでしょう。

では恋人でもないのになぜ、付き合っていないのに嫉妬してしまう男性の心理の一つが、相手の女性のことを魅力的だと感じているからというものがあります。

相手に対してはっきりとした好意を自覚していないとしても、素敵な人だな、魅力的な人だなと思うとその人が他の人の所に行くこと自体気にしてしまうのは女性にもよくあるものです。

そして、男性もそんな心理だからこそ女性に嫉妬心をあらわにしてしまいます。

この人が好きだというはっきりとした気持ちでいなくても、気になる人が他に取られてしまいかねないような状態であったり、自分意外と仲良くしている状態というのはどうしてもムカッとしてしまうものですし、どうして他に行ってしまうのかとイライラしてしまう気持ちも湧いてしまいやすいです。

そんな気持ちを上手に処理できないことから、そして自分が魅力的だと無意識にでも思っている人が離れていく焦りから嫉妬してしまうのでしょう。

相手が自分のことを好いていると感じている


嫉妬心があらわになってしまう時には、男性が無意識にでも女性に対して思いを寄せているだけではありません。

逆に男性が女性から好意を寄せられていると感じている時も、女性やその周辺に対しての嫉妬心が現れることがあります。

このタイプの男性は、ちょっと女性から優しくされたことで勘違いしてしまうケースが多く、職場などで困っている時に女性に助けられたり、優しくされたりすることによって「もしかすると彼女は自分のことが好きなのでは?」という疑問から始まり、徐々に「彼女はやっぱり自分のことが好きなんだ!」と言うおかしな答えにつながっていくのです。

女性にとっては職場での行動や人間関係が円滑になるようにと言う気遣いや、仕事上どうしても話す必要があるから多少話しかけておこうという気持ちからくる行動であったのかもしれません。

好意も悪意も全くない、必要だからこそやったことであり、異性としての好意の有無などは全く関係のない行動であったはずが、勝手に勘違いされた結果嫉妬されているわけですから、非常に困惑してしまうことになっているでしょう。

けれど、そんなことなどお構いなしに勘違いした男性は嫉妬心を向けてきます。

自分のことが好きなはずなのに、他の異性に好意を向けているような素振りを見せるなんて何なんだと嫉妬をあらわにして、いろいろと文句を言ってくるような人もこのタイプの男性には多いです。

更に、そこに女性が別段好意を寄せていないなどの言葉を言っても照れ隠しだのと言われて信じてもらえなかったり、場合によってはどうして優しくしたんだなどと怒りをあらわにしてひどく面倒な事態に陥ることも。

知らない間に勘違いされた結果、男性の方から嫉妬されてしまうというケースも少なくありません。

誰にも奪われたくない、独占したいと思っている


付き合っていないのに嫉妬してしまう男性の中には、女性からの関心や優しさを他の人に奪われたくない、独占したいと思っているからこそ嫉妬してしまうなんてこともあるようです。

他の人と楽しく話している、サポートのために色々と世話を焼いている、そんな姿を見た時、それが仕事中であったとしてもむかつく気持ちを抑えきれなかったり、つい近くにいる二人を邪魔しに行ったりして、自分以外に関心を向けないでほしい、優しくしないでほしいと言わんばかりの行動をしてしまう人もいます。

こうした誰にも奪われたくないという独占欲からくる嫉妬は、単に自身に構ってほしいからこそ湧き出てくるものであることが多く、他の人に構ってもらう機会が少ないからこそ構ってくれた、優しくしてくれた女性を手放したくない、自分だけのものにしたいという気持ちが強い人が多いです。

けれど、中には自分の言いなりにならなければ気が済まないというマイナス方面の気持ちから生じる独占欲や嫉妬心もあります。

自分のいうことをきちんと聞いて、他の人のところにも行かないようにしたいという気持ちがある場合の男性は、支配欲も非常に強い傾向にあるため、関わったが最後「自分のいうことをなんで聞かないのか」と無茶な注文を付けてくる可能性も出てくるでしょう。

もちろん、女性からしてみれば付き合ってもいないのに嫉妬されるのはもちろん、男性の言うことに従うだけなんて言うのはあり得ない話ですから、意味の分からない人だなと距離を取りたくなってしまうことになります。

そしてそんな女性を男性は嫉妬交じりに追いかけることもあるのです。

付き合っていなくてもつい男性の独占欲が湧いてしまう場面

職場で他の異性に同じように仲良く接している場面


付き合っていない男性がどうして嫉妬してしまうのか、その心理の一部を知ることができましたが、そんな男性たちはいったいどんな場面で嫉妬してしまうのかというのも知っておくと面倒事に巻き込まれる前にその場面を回避することだってできますよね。

付き合っていないのに、それでもつい男性の独占欲が湧いてしまう場面はどんな場面なのか、そのうちの一つが職場で他の異性に同じように仲良く接している場面になります。

職場で嫉妬してしまう男性と接している場合、その接し方と全く同じような接し方で他の異性と仲良くしていると、嫉妬されることが多いです。

嫉妬している男性の方は、女性に対して無意識に好意を抱いていたり、自分のことが彼女は好きだからこんな風に接してくれたんだと思っていたりするわけですから、特別であるはずの自分と同じように異性と接していることを許せなくなってしまいます。

そのため、同じように仲良く接してもらっている他の男に対して嫉妬しますし、そのように接している女性に対しても苛立ちと嫉妬がまじりあった複雑な気持ちを抱いて厳しい態度を表してくる人だっているでしょう。

この人もしかして嫉妬してるの?と思うような行動などに出てきた場合、場所が職場であるのなら他の異性と仲良く話していたり、サポートのための傍にいたりするような場面であるかをチェックしてみると意外とその通りだったりするかもしれません。

もちろん、他の異性と仲良くしているというだけで嫉妬されている可能性は十分にありますが、嫉妬される場面としてはこうした状況が多いです。

他の異性と楽しそうに話している場面


付き合っていない男性が嫉妬や独占欲を抱いてしまう場面としては、やはり他の異性と楽しそうに話しているといった場面はオーソドックスでしょう。

自分のことが好きなはずなのに、という自身に対しての好意を全く疑っていない男性はもちろんのこと、女性に対してマイナスの気持ちを抱いている男性もこうした楽しそうな場面においては嫉妬や独占欲といったものがあらわになりやすいです。

無意識であっても好意を抱いている、自分に好意を持っていると思い込んでしまっている男性の場合は、自身の方に構おうとしない女性に対しての拗ねも混じっているのでしょうが、マイナスの気持ちを抱いている男性の場合は少し違ってきます。

マイナスの気持ち、いわゆる女性に対して嫌悪感に近いものを抱いていたり、どうしても彼女が幸せそうなのが許せなくてイライラするような状態だったりする場合は、女性が楽しそうに誰かと名話しているだけでも嫉妬や独占欲に近い気持ちは生まれてくるのです。

特に嫉妬心に関しては、自分はこんなにも恵まれていないのにあの女はなんであんなにも楽しそうに過ごせているんだ、というとても身勝手な気持ちからくる嫉妬や独占欲に近い気持ちもあるので、余計にひどい言葉や行動に出る人も珍しくありません。

自分はこんなにも不幸だと言わんばかりの言動をしつつ、強い独占欲や嫉妬を向けてくるわけですから、場合によってはとんでもないトラブルを引き起こす可能性もあるでしょう。

気安く接し、ボディタッチなどもしている場面


付き合っていない男性が強い独占欲などを抱いてしまうような場面の一つには、女性に対して他の異性が気安く接し、ボディタッチなどもしているような場面も含まれています。

普通の女性でも、仲の良い気安い男性とは肩を叩いたりなどのちょっとした絡みはもちろん、ちょこちょこと気を許しているからこそのボディタッチなどをしていることがあるでしょう。

男性同士、女性同士の方がもっと気楽にボディタッチやボディランゲージなどができるかと思いますが、仲の良い異性同士もそうしたことをするのは別段珍しい事ではありません。

けれど、そうしたボディタッチなどを許せないのがその場面を見てしまった嫉妬深い男性なのです。

このボディタッチなどが出てくると許せなくなる、嫉妬や独占欲が湧いてくるという男性の場合は、しゃべるくらいなら別段何も思わない人も少なくありません。

仕事や学部、そして彼女が目指しているものの中には他の人との会話が必要不可欠であることがほとんどです。

また、それは男性だって同じだというのに、どうして女性に対してそれだけ強い独占欲を発揮してしまうのかは個人の理由などにもよりますが、あなたがもう何年も友人付き合いをしていて、軽いボディタッチやボディランゲージをするくらいなら何とも思わない人と知り合いであるのであれば、嫉妬する男性の前で絡んだりするのはやめておいた方が安全でしょう。

それでもちょっとした時に接するのは仕方のない事なので、男性の方から文句などが来た場合は仕事などの理由をきちんと伝え、おかしな嫉妬をしないでほしいと伝えてみるのをお勧めします。

人によってはそれでもなお諦めない人もいるでしょうが、親しい友人たちとちょっと触れ合っただけであれこれ言われるのを避けるためにも、必要です。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

男性が彼女ではない女性と他の男性に対して嫉妬した時に取る行動

話が盛り上がっていると割り込んでくる


彼女ではない女性に対して嫉妬する男性が、女性が別の異性と一緒にいる時にその別の異性に対して嫉妬した場合には、行動に起こして女性との関係を邪魔するケースも珍しくありません。

他の男性に対して嫉妬したときに取る行動の一つには、話が盛り上がっていると割り込んでくるというものがあります。

入ってくるとしても、もともと話していた女性と男性の間に楽しそうに割り込んで、そのまま会話を盛り上げてくれるのであれば何ら問題はないのですが、このタイプの割り込みになると嫉妬の余り空気を悪くしてやろうという気持ちがどこかから出てきてしまうのか、かなり雰囲気が悪くなったり、会話が盛り上がるどころか盛り下がってしまったりしてしまうのです。

会話が盛り下がるとひどく気まずい思いをしてしまいます。

それまで楽しく話していたことが急に冷めていってしまうので、話していた女性と男性の中でいい感じだった空気も気まずいものになっていくのと同時に、いい印象を与えていたはずが、そんなことなんてなかったと言わんばかりに消えていくことにもなるでしょう。

せめて一緒に楽しく話してくれればまだしも、そんな盛り下がるようなことをしでかしてくるので、女性からしてみればそれまでの楽しい空気が無くなったことに対しての憤りを覚えるような行動になってくるはずです。

場合によっては、今後仲良くなりたい人との関係を邪魔された、同僚や友人以上になりたい人とのせっかくのチャンスをつぶされたとも感じます。

だからこそ、どうしてこんなにも邪魔してくるのかと嫉妬して行動を起こした男性を邪魔者扱いする人もいれば、嫉妬しているというのに気づいたことで「彼女でもないのに何で嫉妬してるの?」と意味の分からなさと怒りがごちゃ混ぜになって嫉妬した男性に対しての嫌悪感が上昇する人もいるでしょう。

周囲に仲が良いアピールをする


付き合ってない男性の嫉妬がピークに達したとき、起こしてしまう行動の中には周囲に対して女性と自分が仲が良いことをアピールするというものがあります。

このアピールは人によって程度が違うものの、基本的に他の異性に対して男性がけん制のために使う行動になるでしょう。

他に仲よくなるために行動を起こす男性がいたとしても、それ以上に自分は仲が良い、食事などにも良く行く仲だというのを示すことによって、それ以上お近づきになるのを防ごうとしているのです。

ただ、この手のアピールと言うのは人によって誇張されて話されることもあれば、女性のプライベートなことまでさらっと言われてしまうこともあるので、女性からの反応はかなり悪い方に偏っていくでしょう。

そんなに仲良くしているつもりはないのに、あんな風に言われてるのは困るんだけど、というような反応から、そもそもプライベートなことまで、おまけに誇張して話すのはなんなの?と怒りをあらわにする人だって出てきます。

けれど、誇張されているとはいえプライベートなことまで知っている仲であるということを周りに伝えるには十分なので、女性の反応はともかくとして、周りのけん制と周りにとっての事実や真実となるように話を広めていくのです。

たった数回ご飯に行ったり、プライベートな話をしたりしただけでけん制のためにあっさり色々と話されてしまう可能性がるということは、女性にとって話すのも嫌になる相手になってしまうかもしれません。

しかし、周りが勝手にあなたと嫉妬した男性のことを仲が良いと思い込んでしまうと気を遣われることが増えるほか、それだけ仲が良いのならと仕事などを一緒にやらされてしまう可能性だって出てくるのです。

周りの自分たちの仲の良さを周知することで、こうした副次効果を狙う男性も少なくはありませんから、女性からしてみれば逃げ場がどんどん失われていくような感覚があるでしょう。

不機嫌なのを隠さず、イライラをぶつけてくる


嫉妬が強くなり、行動に移すようになった男性が取りやすいものの中には、不機嫌なのを隠さずにイライラした状態の不満をぶつけてくるというものもあります。

このようなタイプの嫉妬を表す男性は、女性と話している時や、女性が別の異性について誰かと話しているときなどに嫉妬するような点が含まれていると急に不機嫌になっていくのです。

例えば、○○さんは仕事もできてイケメンですごいよね、といったような内容を話したことがきっかけで不機嫌になると、男性は内心「自分はそんな風に褒められたことがない」「そんな風に思ってもらえてない」と褒めてくれない女性や褒められている別の人に対してイライラして、嫉妬が強くなっていきます。

そうして嫉妬共に苛立ちが強くなっていくと「もう知るか!話もしたくない!」とイライラした状態を女性に隠しもせず、内心思っているような態度のままで女性に対して接するようになるのです。

急に話しているときに不機嫌になり、話が続くことでそっけない態度を取ってきたり、そもそも返事をするのも嫌だというような態度を示してきたりすることがあるのであれば、内心苛立ちを募らせるような話題を出されてしまったことで、苛立ちと嫉妬心がどんどん強くなっている状態であると言えるでしょう。

男性によってはその不機嫌な状態や嫉妬のピークを迎えることで、ひどい言葉を吐きかけてくるような人もいます。

なので、嫉妬の余り不機嫌さを隠しもしないで女性側にぶつけてきた挙句、女性を貶したり、突き放したりするようなことを言ってくる可能性もあるのだというのを知っておかなければなりません。

女性からしてみれば急に自分に対して不機嫌な状態を隠しもせずにぶつけてくる挙句、ひどいことを言ってきた恋人でもない男性なわけですから、特に意思疎通ができなくてどうしてそんなにもイライラしているのかが分からない状態が続き、意味不明さに苛立つようになるでしょう。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

付き合ってないのに嫉妬してくる男性へのトラブルにならない対処法

その男性の前では他の異性とあまり接触しない


交際しているわけでもないのに嫉妬してくる男性の心理や行動について知り得たところで、ではこの男性はどんな風に対処すればトラブルにならないのかというのが気になるところです。

日常生活において、恋人でもない異性からの嫉妬で困らせられるのは誰だっていやなもの。

好きな相手であれば好意的な対処もできるでしょうが、そうでもないのであれば周りの誤認などをはじめとした自身に対しての印象の変化も含めて、非常に迷惑してしまうことの方が多いので、きちんと対処しておきたいという女性は少なくありません。

ではどのように対処すればいいのかと言うと、まず男性の嫉妬心を煽らないことが大切になります。

そのため、その男性の前ではあまり他の異性と接触しないようにしておくことが、予防策でもあり対処法にもなるでしょう。

嫉妬されるのが迷惑なのであれば、先に嫉妬されるような要素をあまりその男性の前で見せないようにしておくと良いのです。

ただ、どうしてもその人の前で他の異性に話しかけなければならない場面があるのであれば、それは仕方ない事であると考えて割り切ってしまってください。

仕事であるのかもしれないし、他にその人に対して伝言を頼まれているのかもしれません。

そうした、どうしても話さなければならない理由があるのであれば、嫉妬されるようないわれはないですし、嫉妬されたとしても相手にしなくて構いませんから話しかけておきましょう。

嫉妬する男性もどうしてその異性に話しかけたのかというのを知りたくて行動を起こすこともありますから、その時はきちんと理由を伝えてみると意外と納得してもらうことができます。

他の男性と同じ扱いをする


交際しているわけではないが、嫉妬してくる男性とのトラブルを回避するための対処法は、その人を他の男性と同じ扱いをするということも一つの方法です。

その男性が嫉妬してしまうのは、女性と接したときにその人が自分には特別扱いをしてくれる、他の異性たちとは全く違う扱いをしてくれるということが強い好意につながっているからということもあれば、違う扱いをしているからこそ自身が特別であり、彼女が自身に好意を持ってくれているという表れであると感じる人もいます。

女性からしてみれば、それまできちんと話したことが無かったり、他の異性の人たちと比べて接し方が分からないからこそ接触方法が違っているだけだったりするのですが、当の本人から見てみれば、とてもやさしい特別扱いであると認識してしまうこともあるのです。

そうした特別扱いが嫉妬の根幹にかかわってくるというのであれば、それ以降の扱いを他の男性たちと同じようにしてみると、自分が特別なわけではなかったんだと男性が気づく機会が少しずつ作られていきます。

最初のうちは、他の異性と同じような扱いになったのかもしれない、と疑問を抱きながらも自身が特別であるということをまだ信じるでしょうが、徐々に他の異性の友人知人、同僚と全く変わらない扱いで接されるようになれば、あれは特別扱いではなかったんだと嫌でも気づくことになるでしょう。

特別扱いをしていたからこそ優しいのではなく、どう接していいかわからないからこそとりあえず優しく接していたというだけで、慣れてしまえば他の男性同様に恋愛感情的な好意を抱く相手では無いのだというのを態度で示すのです。

そうすることで、付き合っていない男性は嫉妬を向けてもなにも返ってこない、好意も何もないからこそ反応されないというのを知り、最終的には諦めていきます。

はっきり迷惑だと伝える


付き合っているわけでもない、恋人でもない男性が嫉妬してくるときにははっきりと伝えることも対処法の一つです。

男性の方からいろんな気持ちを向けられていることによって、何かしらのトラブルが起こりうる可能性があるのであれば、そのトラブルを回避するために自身の気持ちと回り方見て感じるだろう迷惑行為の数々をはっきりと迷惑だと伝えなければなりません。

特に勘違いから好意を持たれていると感じている男性にとって、嫉妬というのは自身が彼女の隣に立つ、パートナーや恋人としての地位を獲得したいがゆえに邪魔をしたり、割り込んできたりするわけですから、はっきりと伝えることによってその好意に関するあれこれが勘違いであるというのをしっかりと示さなければならないのです。

はっきりと迷惑だと伝えられた男性は、自分の何が悪かったのかと考える人もいるでしょうし、逆に好意を持っていると思わせてだますのが悪いと女性側を非難する男性だって少なくはありません。

けれども、自身が考えていたことが何もかも間違っているのかもしれないと気付くためのきっかけには十分すぎるものがあります。

それまで仲良くしているんだと感じていた人ほど、あまりの言葉に呆然とするかもしれませんが、現実をはっきり見せるのもまた必要なこと。

ストーカーなどになる前に、はっきりと現実を見せ、今の自身の考えとの差異を見つめさせたうえで嫉妬すること自体を回避することができるのです。

だからこそ、付き合っていない男性からの嫉妬によるトラブルを回避することもできます。

ヤキモチを妬く男性と付き合ったら束縛彼氏になるのかを見極めるポイント

交際前から距離感が近い


付き合っていない男性からの嫉妬を受けていると、こうしたヤキモチ妬きの男性と付き合うと束縛彼氏になるのかもしれないという考えも思い浮かぶものです。

中には徐々に嫉妬する男性に絆されてしまって交際する女性もいますが、人によってはあまりの束縛の強さにギブアップして別れを選択しています。

嫉妬するほど好きになってくれたからと交際すると、あまりにも厳しい束縛に会ってしまうこともあるのです。

では、そんな束縛彼氏になるかもしれないヤキモチ妬きの男性はどんなところで見極めれば良いのでしょうか。

そのポイントの一つが、交際前から距離感が近いというもの。

束縛したい彼と言うのは、交際前から距離感が非常に近く、ちょっとした質問であったとしてもかなり踏み込んだ、聞かなくても良いような内容に至るまで聞こうとしてくる等、普通の人から見てみると距離感がおかしいことが多いです。

この距離感の近さは男性が女性のことを強く知ろうとしているからこそのものではあるのですが、聞かなくてよいことなどを聞いてしまうという点においては、女性側に対して尊重やプライバシーを守るといった言葉はないと考えてよいでしょう。

こうした重たい束縛を喜んで受け入れてくれる女性であればなんの問題はないでしょうが、普通の女性からしてみれば距離感が合わないし、プライバシーなことまで聞かれるし、と嫌なことばかりが出てきてしまって速攻で距離感の合わなさなどを理由に離れていくことを決意します。

女性のことをもっともっと詳しく知って仲良くなりたいのだと思っていたとしても、距離を詰められた側からしてみればたまったものではないので、交際に関してはかなり希望が薄い答えが出るでしょう。

ちょっとしたことですぐに感情的になる


付き合っていないけれど、付き合うと確実に束縛系彼氏になるだろうなという男性をチェックするポイントの一つが、ちょっとしたことで感情的になりやすいというものになります。

束縛がひどい彼氏になりやすい男性には共通する点が一つあり、ちょっとしたことですぐに感情的になる、嫉妬に対しての我慢ができないというものです。

普通の恋愛というのは我慢の連続になる事が多く、好きな人が他の異性と話しているのかチェックしなければならないし、どういう異性が好みなのかというのを見ながら成長していきますし、嫉妬を抑えて自分の中に留めおくことで好意に変わっていくというものになります。

けれど、このすぐに感情的になる男性と言うのは、その嫉妬の我慢と言うものが効かず、器の小ささなどによっては女性がどれだけ好意を強く持っているのか、惹かれたのかを考えなけれならない事態に陥るのです。

そんな付き合っていない束縛彼氏になりそうな男性だからこそ、嫉妬に対して我慢できるか、できないのかというのはとても重要なチェックになるでしょう。

あえて女性が男性に色々な話をして、その中に嫉妬するだろう話を混ぜているとより如実に彼氏の反応を知ることができますから、よりきちんとしたチェックを行うことができるようになります。

ちゃんと男性が束縛彼氏になるような人なのか、それとも嫉妬深いけれどそれほど束縛は厳しくない彼氏になるのか知りたいというのであれば、嫉妬に対して我慢が効くのか、それとも効かないのかといった部分は最重要チェック項目の一つに入ると考えて良いでしょう。

友達付き合いにいい顔をしない


交際すると束縛の厳しい彼氏になる男性であるのかのチェックポイントは、友達付き合いに対して良い顔をしないかというところにもあります。

基本的に男性は自身に対して好意を持っているだろう女性に、自分の物扱いをするようなところがあり、束縛の厳しい彼氏になるような男性はなおのこと、自分以外のことに対して女性を関わらせるのがあまり好ましくない感覚を覚えるものです。

そのため、貴方の友達の話をしている時に「その友達ちょっとあれだね」というような友人を否定するような言葉をいうこともあれば、複数人の友達との飲み会や食事会のお誘いなどに対しても否定的な態度を取ってくるのであれば、それは束縛の激しい彼氏になりやすい男性であると言えます。

普通、友達付き合いであれば恋人であれば嫉妬していたとしても、いってらっしゃいと送り出すものです。

その友人たちに何か瑕疵が無い限りは、恋人であろうとその友人を貶すことはもちろん、否定することは本人たちにしかできないわけですから、友人が普通の人で、なおかつ第三者としての目線から見てもとてもおかしい人であるのならまだしも、そうでないのであれば否定する権利は恋人にはありません。

それに信頼関係をきちんと結んでいる恋人であるからこそ、信じているから送り出すことができる一面もありますし、帰る時間帯などを教えてもらっていれば迎えに行くことができますので、そちらで自身の存在をアピールすることだってできます。

けれど、恋人でもない状態で友人関係を否定し、付き合いに対して否定的な態度を取る男性は、交際した後であっても変わることはありません。

自分の傍から離れることを許さない、束縛が強く厳しい彼氏になる可能性が極めて高い人であると言えるでしょう。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「付き合ってないのに嫉妬する男性の心理は様々。対処法についてはその男性に好意があるか無いかでも判断してみて」

占い師アリア
付き合っていないのにも関わらず、嫉妬してくるような男性はそう多くはないものの、遭遇してみると意外と厄介だなと感じることの方が多いです。

女性側としてはそんな風に考えての行動ではなかったのにもかかわらず、男性の中で勝手にそうであると事実のように扱われ、好意があるかのような態度や言葉の数々をあらわにされ、いったいどうすればいいのかと悩む人も少なくありません。

また、男性が嫉妬から行動を起こすことによって周りとの関係性がぎくしゃくしてしまったという人もいますから、嫉妬する男性によっては女性が困り果ててしまうような事態を引き起こしてしまうこともあり得るでしょう。

そんな嫉妬してくる男性への対処法はいくつかあるものの、その判断はその男性に対してあなたが好意を持っているかどうかで判断してみてください。

好意があるのであれば、男性に対して誤解を解いたり、他の異性とむやみに接触しない様にしたりすることで対処できますが、好意が無いのであればそのあたりをはっきりさせなければなりません。

嫉妬してくる男性がいた時、その男性に対してあなたはどう思うのか、その点もしっかり考えながら自分にあった方法で嫉妬してくる恋人じゃない男性を対処しましょう。

【期間限定・2021年9月26日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事