おばさんからの好意は気持ち悪い?!不快感を与えない年下男性との付き合い方
※この記事を読む前に必ずご覧ください。

 

恋愛や復縁の悩みを抱えていませんか?
 
もし、その悩みの今後の未来を予知し来るかもしれない不幸や災いを回避できる方法を知れるとしたらどうしますか?
 
怖いけど知りたいあなたに訪れる運命…。でもその真実の運命を知る事で、もしも未来に不幸や災いが降りかかるのなら、その回避方法を知る事のできる言魂鑑定をご利用下さい。


>> 言魂鑑定 <<
 

アユミ
アリア先生、年の差があると女性はおばさん扱いされることも珍しくないですけど、年下の男性を好きになった時っておばさん扱いの女年上女性からの好意って気持ち悪がられるでしょうか?

占い師アリア
うーん、その男性によりけりね。

占い師アリア
年上の女性がそれなりの年齢であればおばさんのくせにって気持ち悪いと感じる男性もいるだろうけれど、まだ一般的におばさんと呼ばれるような年齢じゃない女性や、身なりがかなり綺麗でそうは見えない年上女性からの好意は普通に喜ばれることもあるわ。

アユミ
そうなんですか…。

占い師アリア
ただ、女性の方は自分が少しでも若く見られたい、他の若い子に好きな人を取られたくないって張り合った結果、最初はそれほど悪く思われていなかったのが気持ち悪いと思われることになったっていうケースもあるから、男性自身の年上への好意の有無と女性の振る舞い方にかなり大きく左右されるわね。

アユミ
なるほど。私、今年下の男性でいいなと思っている人がいるんですけど、どう振る舞えばいいかなどを教えていただけたらなって。

占い師アリア
構わないわよ。他の人からおばさんと呼ばれたとしても魅力的な年上女性として振る舞って、年下の彼とうまく行けるコツをぜひ知っていってね。

目次

おばさんの好意は気持ち悪い?おばさんって何歳から?

一般的には40歳くらいから


年が離れていると、どうしても年下の男性から自分はおばさんに見えるのでは?と女性は感じることが多くあります。

実際、職場などで年下の同僚たちや部下たちとのやり取りをしている最中に自分がおばさん扱いをされてしまうと、「もうそんな年齢なのか」と悲しい気持ち、やるせない気持ちになって恋愛などにも二の足を踏んでしまうなんてこともよくあるものです。

特に年下の男性に対して好意を抱いているのであれば、自分がおばさんだから気持ち悪がられるのではないかと心配してしまうでしょう。

そんな自身の年下の彼への好意について心配な女性は、まずおばさんと呼ばれる年齢についてしっかりと把握しておくのがおすすめです。

一般的におばさんと呼ばれ始めるのは40歳くらいからで、男性にもよるものの男女ともにおばさん扱いされ始めるのが40代ごろからが特に多いという統計も出ています。

まだおばさん扱いされない年齢なのに、自分はおばさんだからと好意を胸の奥にしまってしまうのはとてももったいない事なのです。

年齢よりも見た目が重要


年齢的に40代ごろからおばさん扱いされやすいとはいうものの、実際のところは年齢よりも見た目的におばさんかどうかを判別しているという人も少なくはありません。

男性のおばさん判定は40代~50代というのが一番多いものの、中には35歳前後から40代にかけてという例もあるほど、意外と男性は30代もおばさん認定してしまっている人もいるのです。

これは年齢だけではなく、その人の見た目が非常におばさん臭いものである、女性としての美意識を捨ててしまっているというのもかなり大きく作用しています。

30代半ばともなると、女性によっては子育てに大変な時期だったりして自分のことにあれこれ手間暇かけることができなくなるケースも多いです。

また、独身女性の場合はこの35歳前後で一気に昇進したり、他の地域に転勤したりといった大きな変化が現れるケースもあります。

その結果、なかなか自分にしっかりと手をかけられないせいで見た目が若々しくない、ぱっと見おばさんに見える老けがあるといった外見になることもあるでしょう。

その結果、見た目的に老けているからこそ、見た目が若々しくなく化粧などにも手をかけられない様子を見ておばさんと判断されるのです。

服装やヘアスタイルに注意


おばさんと男性から思われてしまうケースの中には、服装やヘアスタイルも大きく関わってくることも珍しくありません。

おしゃれで若々しくあろうとすると、どうしても自分の年齢よりも下の女性たちのファッションや、今流行っているファッションやヘアスタイルを参考に、自分のヘアスタイルや服装を決めてしまうのはよくある事です。

実際、見ていて素敵だなと思うものも多くありますから、自分もこんな風になれたらと思って手を伸ばすことも珍しくはないでしょう。

しかし、その服装やヘアスタイルは、その年代の人に合わせたものであり、あなたの年代に本当に合っているのかというとまた微妙なところにあります。

特に服装とヘアスタイルと言うのは個人によって似合うものが大きく違ってくるものでもあるので、顔の形、輪郭なども鑑みたり、自分に似合う色やスタイル的にどんな服が最も適しているのかといったいろんなことを考えなければなりません。

それを考えずに「今流行っているから」と年齢なども考慮せずに手を伸ばしてしまうと、年甲斐もなく似合わない若作りしてしまっている痛いおばさんが完成してしまうのです。

素敵なヘアスタイルやファッションは、個人個人で変わるもので、年齢なども考えて最も適したものを選ぶべきものでもあります。

もちろん、見た目が若いから似合う人もいるでしょうが、自分にそれは合っているのか、きちんとよく考えて、見比べて、そのうえで最適解を探すことがおばさんと呼ばれなくなる第一歩です。

メイクにも気を使う


おばさんと呼ばれてしまう要因はメイクも大きなポイントになる事が多いです。

おばさんと呼ばれた経験のある人は、いつもスキンケアやメイクにしっかりと力を入れているでしょうか?

メイクはきちんとしておけば、その人に若々しい印象を与えてくれるものであり、毎日きちっとメイクができているだけでもおばさんとして見られる傾向も少なくなる大きなポイントです。

しかし、逆にやりすぎれば「おばさんの若作りの濃いメイク」「似合わない色に挑戦してる」などの年甲斐もない若作りとして見られることもありますし、手を抜けばきちっとした若々しい印象などなく、ひどく雑で時間をかけることもできない女性=おばさんという図式が成り立ってしまうのです。

ただ、肌が綺麗に見えるだけでもその人の外見年齢はかなり若く見られるので、スキンケアはもちろん、ナチュラルメイクでも良いのでしっかりとメイクできるかどうかでおばさん扱いされるかどうかは決まるところもあるでしょう。

チークやマスカラに至るまでしっかりと力を入れるのも良いですが、自分の肌やスキンケアに自信があるのならナチュラルメイクで大人らしく仕上げるのも、おばさん扱いされずに大人の女性としての扱いをしてもらえるようにもなるでしょう。

話し方や仕草にも年齢が現れる


おばさんと他の人から思われやすいポイントとしては、話し方や仕草もあげられます。

おばさんくさい話し方、仕草をしているとその分だけ年齢がおばさんと呼ばれるようなものではなくても、おばさんとして扱われやすくなってしまうのです。

「よこらしょ」「どっこいしょ」などのおばさん・おじさん臭い言葉はもちろん、無理して若者言葉を使ったりしてはいないでしょうか?

何か重たいものを持った後に腰をとんとんと叩いたり、肩が凝ったからと眉をひそめて叩いたりしてはいないでしょうか?

そうしたものは一人の時にやるのと、他の人がいるところでやるのでは大きく印象が変わりますので、他の人がいるところでそうした仕草や言動はしないことがおばさん扱いされないようにするための第一歩です。

おばさん扱いされやすい年齢と言うことは、いろんな経験をした大人の女性であるとも言えますから、その年齢に応じたしっかりした話し方、そして大人らしい礼儀正しい仕草などを心掛けるだけでも、礼節のあるしっかりした大人の女性を印象付けられます。

年下男性はおばさんの好意が気持ち悪いと思っている?

年下男性の好みによる


おばさんと呼ばれやすい年齢、そう呼ばれたことがある女性の中には、年下の男性に対して好意を持って、どうにかアプローチできないかと考える人もいます。

では、そんな年下男性はおばさんと呼ばれる年代の女性たちからの好意をどう思っているのか、気持ち悪いと感じるのかと言うと、その辺りはとにかくその年下男性の好みによるところが大きいです。

年下男性の中には同年代の女性、年下の女性の方がいいと思う人もいれば、逆に頼もしさや引っ張って行ってくれる印象があるからなどの理由で年上の女性の方がいいという人もいます。

そのため、おばさんと呼ばれていてもそんなパワフルさや経験の豊富さ、そして家庭的な一面がよくわかる年齢の女性が好みだという男性も確かに存在しているのです。

アプローチが気持ち悪いと思われるかどうかは、まず彼の好みによって反応が変わってきますので、何気ない会話で恋愛に関しての話になった時に彼の好みについて探ってみるのが一番良いでしょう。

それまでは下手にアプローチなどをしたりせず、同じ職場の同僚や後輩としての扱いを変えず、様子見するのが好感度を下げず、印象も悪くせずにいられます。

見た目も重要


おばさんと呼ばれる年代や、呼ばれた経験のある女性からの好意を年下男性が気持ち悪いと感じるかどうか、それには見た目も非常に重要なファクターとなっています。

いわゆるおばさん体型、おばさんを全面に出したちょっと老けが見られ始めている容姿で言い寄られたとしても、年下男性は喜びません。

むしろ「年を考えてほしい」と思って、今後近寄る事すらしなくなるでしょう。

しかし、すごくきれいな年上女性、おばさんと呼ばれる年齢であっても綺麗に年を重ねている女性からのアプローチであれば、年上が好みの年下男性であれば大喜びされます。

こんなきれいな大人の女性から自分は好かれているんだと、自分に対して大いに自信を持つこともあるでしょう。

それほどまでに、容姿の問題とは大きなもので、年齢は関係なく、綺麗な容姿、大人な仕草や話し方といったポイントを特に重視する年下男性もいるほどです。

アプローチをする前に、自分は彼が喜ぶような女性としての体型、容姿を整えられているのか、それを再確認するのが良いでしょう。

馴れ馴れしいおばさんは気持ち悪いと思われるかも


おばさんと呼ばれる年代の女性や、そう呼ばれたことのある女性からの好意を気持ち悪いと感じる年下男性の多くは、その女性からの馴れ馴れしい態度に辟易している、または気持ち悪いと感じているといったことも多いです。

年上だからこそ大人としての気遣いを見せようとする女性は多くいますが、少しずつ親しくなりつつ、先輩や上司として他の人にも同じように接して分け隔てなく手助けしてくれる、そんなよく見て助けてくれる大人の女性であればまだしも、それほど親しくもないのにいきなり親しい友人の様にずけずけやってくる女性の対応は、年下男性にとって「仲いいわけでもないのになにこのおばさん?」と思わせるには十分です。

親しくする事、手助けする事と馴れ馴れしくすることは大きく違います。

馴れ馴れしいと思われるような対応をしていると自覚したのであれば、それを止めて他の人と同じように接し、なるべく平等に接することを心掛けたほうが良いでしょう。

まだそうしたことはしていないのであれば、まずは親しくなることが先決。

普段初対面の人と少しずつ仲良くなっていくのと同じように、好意を持つ彼に対しても少しずつ何かを通じて親しくなっていくのが一番です。

必死すぎる好意は気持ち悪い


年下男性がおばさんからの好意を気持ち悪いと思ってしまうポイントには、必死すぎる好意であるというものもあげられます。

年上であるということからも、女性は年下男性に対してのアプローチに彼と同年代の女性や、彼より年下の女性よりも出遅れてしまっているところがあるのは否めません。

彼が夢中になっている流行の話題なども、なかなかついて行けないなんてことは珍しくも無いので、他の同年代の女性や年下の女性たちに比べればスタート自体で遅れてしまっていることもあるでしょう。

そのため、彼を振り向かせるために必死になってアプローチを仕掛ける女性も存在しています。

しかし、その必死のアプローチは彼からしてみると気持ち悪い以外の何物でもなく、婚期が迫っている焦りからくる必死のアプローチに他ならないとも感じてしまうでしょう。

そのため、あなたの心からのアプローチが逆効果になって、彼には気持ち悪いものとして映ってしまうということも多々あります。

必死すぎるアプローチになるのは仕方のない面もあるかもしれませんが、他の女性たちに取られるかもしれないという焦りからくる必死さはアプローチには決して出してはいけないものです。

大人の女性らしく、余裕と優雅さ、そして確かな頼りがいを出しながらのアプローチが一番彼の心をつかんでくれるでしょう。

自信がなさすぎるおばさんも男性にとってはめんどくさい


おばさんと呼ばれる女性たちからの好意を年下の男性が気持ち悪いと思ってしまう、またはそれに準ずる感情を抱いてしまう場合には、相手女性が自信がなさすぎるせいで面倒だと思ってしまうというのもあります。

あなたが年上のおじさん、それもアプローチをしているくせに自信がなさすぎて頼りがいのないおじさんから好意を持たれていたらどう思うでしょうか?

年上なのに自信が無さ過ぎて、その人との未来なんて1ミリも考えられないと思うのではないでしょうか?

確かに恋愛的に自信が無くて、多少自信のない部分を相手に見せてしまうことはあるかもしれません。

けれど、年上だからこそいろんな経験をしていて、それ以外の面においては自信があって頼れる姿を見せることができるのではないでしょうか。

そんな頼れる姿一つ見せることができないまま、年齢が上だからと言って自信がない状態がずっと続くのは、その自信のないおばさんを慰めるために多大に労力を使う男性からしてみれば面倒の一言しかありません。

こんな女性ではなくて、もっと頼りがいのある姿とたまに自分に頼ってくる姿、両方をバランスよく持っている女性とお付き合いした方が良いと、あなたからの好意を切り捨てて他の女性に行ってしまう可能性もあるでしょう。

自身が彼からしてみれば年齢的なデメリットのある相手だと思い込み、自信が無さ過ぎる状態に陥るのはやめて、年齢が上だからこそ支えられる事、教えられることがあると前向きにいましょう。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

好意があるならやめて!おばさんのくせに気持ち悪いと思われてしまう言動

無理に若作りをする


年下の男性に好意があるのならこれだけは絶対に止めておいた方が良いという言動があるのも知っておきましょう。

あなたの好意を全面に表すものであるのかもしれませんが、傍から見た第三者、そっして好意を持たれている彼からしてみればドン引きもの、年齢を考えたほうが良いと言われることになってしまいます。

では、止めておいた方が良い、気持ち悪いと思われる言動は何なのか。

そのうちの一つが、無理に若作りをするというものです。

相手が年下、それも自分がおばさんと呼ばれてもおかしくはない年齢であるというのであれば、他の女性たちに負けないように、そして自分がまだまだ若々しい女性であることを彼に知ってもらうためにもとにかく自分が若く見られるようにするためのファッションやメイクに手を出し始めるのは何もおかしなことではありません。

とはいっても、若く見られるようにするための若作りは、自分の年齢から差し引いても片手くらいの年齢が自然な若さとして見られやすい年齢で、それ以上の年齢は無理な若作りとして見られがちです。

確かに彼は年下で若いのかもしれませんが、あなたの年齢が上だからと言って無理に若作りをする必要はないのです。

若い子をライバル視する


年下の彼に好意を持っているのであれば、気持ち悪いと思われるため止めておいた方が良い言動の一つには、若い子をライバル視するといったものもあります。

どうしても年齢差があって、話の内容やファッションなどもその年齢差が浮き彫りになりやすい年上の女性としては、年下の彼と同年代、またはその少し下の女性たちは自分がなかなか距離を詰められないところで親しくしているのもあって、嫉妬心を向けてしまいがちになってしまいます。

けれど、年上には年上の良さがあり、年下にはない魅力があって、彼も年上の方が好きなのだとしっかり分かっていれば話は別なのですが、それがまだ分からない、自分が一方的に高位を抱いている状態であったり、女性の方が嫉妬深い性格であったりすると、どうしても若い女性を目の敵にしたり、ライバル視したりして仕事などにおいてもきつく当たり始めます。

周りから見ると年甲斐もなく年下を気に入らないからといびっている、いじめているといった様子にも見えますし、あなたの好意に気付いている人は「自分に振り向いてもらえないからって仲良さげな○○さんをいじめてるんだ」とその様子を見て答えを出すでしょう。

嫉妬してしまったり、ライバル視してしまうとどうしても相手に張り合って、相手を負かさないと気が済まなくなるようなところが心に出てきてしまいます。

しかし、仲良さげにしていても彼の好みが違っていたり、そもそもその仲良くしている女性には別にちゃんと恋人がいるなんてこともざらにあるのが現実です。

ライバルのように感じてしまうのは仕方がないとしても、年下の子に彼への好意があるのか、そもそも彼女にはちゃんと恋人がいるのかなどの確認を怠らないようにしてください。

母親のように尽くしすぎる


年下の彼への好意が気持ち悪いと思われるため、止めておいた方良い言動には、母親のように尽くしすぎる行動といったものもあります。

職場などで年下の後輩についつい姉や母のように世話を焼いてしまうという時と言うのは、誰しも存在していると思います。

職場以外であっても、どうしても自分が年上だからこそしっかりしなければならない、他の子の面倒を見たり、意見をまとめたりといった行動をしなければならないというのはざらにあり、その結果いろいろと世話を焼いてあげなければならないことも多々あるでしょう。

その延長線上で、年下の好意を持っている彼に対しても、善意であれこれ世話を焼き、まるで保護者のように注意をしたり、チェックをしたりして仕事で困らないように手伝うこともあるでしょう。

けれど、その善意の手伝いが母親のようなものであれば、彼からしてみれば実の母親でもないのに母親気取りで世話を焼いてくる気持ち悪い年上の女性と言う感覚でしかないのです。

確かにしっかりとした母性のある、母親としての威厳のある女性は上司や先輩としてはとても頼りになるものですが、その母親としての素振りなどに恋愛感情を入れられるとあまりにも気持ち悪いものになってしまいます。

その結果、母親でもないのに母親のようにしないでほしい、気持ち悪いと感じられ、距離を取られてしまうことにもつながるのです。

あざとい仕草


年下の彼に好意を持っていたとしても、彼や周りから気持ち悪いと思われやすい言動、止めておいた方が良い言動の一つがあざとい仕草になります。

あざとい仕草が似合う女性は年上であっても、年下であっても可愛いものですが、可愛くてもやりすぎはあまりにも媚びていると周りから思われますし、何よりも年上であるあなたがやっても可愛いものになってくれるという保証はどこにもありません。

むしろ、年上なのにそんなあざとい事をして恥ずかしくはないのか、と問いかけるような視線があなたに突き刺さることになるでしょう。

時折あざとい姿を見せるのは別段悪くはありません。

年上なのに可愛いところがあるな、と誰からも思われる愛嬌になることも多いです。

しかし、いつでも彼に対してだけあざとい仕草をし続けるのは、年齢に見合わない若作り感と男に媚びているという姿だけを作り出してしまうのです。

他の人からしみれば、若い男に惚れて必死になっているとも感じられる可能性もあります。

彼女ヅラをしてくる


年下の彼への好意が気持ち悪い、止めてほしいと思われやすい言動の一つには彼女ヅラをしてくるといったものがあります。

まだ付き合ってもいない、ただ一方的に好意を向けているだけの相手に対して、あなたは恋人ヅラされて行動を起こされたり、言動をあらわにされたらどう思いますか?

恋人でもないのに恋人のように振る舞われると、あまりにも鬱陶しいと思いますし、周りから誤解されて面倒なことになるのではないかと不安になったりもしますよね。

その思いと同様に、年下の彼もまた年上の女性が彼女ヅラしてきた状態に対して、様々な不安を掻き立てられます。

中にはすでに別の女性に思いを寄せていて、その女性に誤解されて恋が上手くいかなくなったり、他の職場の人に誤解されて仕事でもからかわれてストレスになったりなど、いろんなところで支障をきたしてしまっているなんてこともあり得ます。

このように、恋人でもないのにそのように振る舞われるのは相手からしてみれば、嫌悪感をとにかく煽られる言動です。

正式に付き合うまで、恋人ヅラして彼の周りをウロウロするのは絶対に止めておきましょう。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「スピリチュアルの架け橋」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

勘違いおばさんはイタイ!年下男性に好意を持ったときは脈アリサインを見抜いて

恋愛の話をしても嫌な顔をせず向こうからも質問してくる


年下の彼への好意を持っていて、彼の方もきっと脈ありに違いない!そう思ってアプローチを仕掛ける人は実は意外と多く存在しています。

しかし、年上女性の方が勝手に思い込んでいるだけで、実際はそんなことは全くないのにアプローチされていると、彼自身はもちろん周りからも「勘違いしてイタイ人だなあ」と勘違いおばさんの烙印を押されてしまうでしょう。

そんなイタイ勘違いおばさんの烙印を押されないためには、年下男性がこちらに対して脈ありなのかを見抜かなければなりません。

そんな年下男性の脈ありサインの一つが、恋愛の話をしても嫌な顔をしない、むしろ相手からも質問してくるといったものです。

年上の女性の恋愛話はどうしても年下側が色々と聞き手に回らなければならないことの方が多く、何が地雷なのか、何を聞いてはいけないのか、そうした気を遣わなければならないことはもちろん、自身のプライベートの中でもあまりあけっぴろげにするのは憚られる恋愛事情を話したくないのもあってなかなか話さない人も多いです。

けれど、脈ありの年下男性の場合は、年上女性の恋愛話に聞き手に回りつつも自身からもしっかりと質問してくれます。

中でもあなたに対して好みのタイプやこれまでの彼氏についての話題を振ってくるなどしている場合は、恋愛対象としての興味があるサインでもあるでしょう。

年上女性が好きといってくる


年下男性の脈ありサインの一つには、年上女性が好きだとはっきりと公言しているというものもあります。

恋愛関係の話になった時に、よく聞かれるのが好みのタイプですが、この好みのタイプは意外と誤魔化したり、範囲が広く当てはまるものを無難に伝えるということが多いです。

実際、はっきりとこういう人が好き!と言ってしまうと、そのタイプに当て嵌まる人を見つけた時に、からかわれる可能性もありますし、中には余計なおせっかいを焼いてくっつけるためにあれこれ駆け回るような人も出てきてしまいます。

そうした面倒事を避けるためにも、あえて無難な答えをしているというのはよくあるでしょう。

しかし、無難であっても「自分は年上が好みなんですよ」とはっきりと伝えている場合、その彼の好みの女性の系統が年上以外どんなものかにもよるものの、年上という好みのタイプがはっきりしている場合、脈ありの可能性があります。

そして、年上であるということを公言した後、あなたに対しての態度などもチェックしてみると良いでしょう。

他の人と同じように接しつつも、あなただけにしている手助けや優しい態度などがあるのであれば、より可能性は高くなります。

よく褒めてくれる


年下男性の脈ありサインには、よく褒めてくれるといったものもあります。

年上の女性を褒めるというのは意外と難しく、おおまかな相槌を打って相手の話を聞いて「大変でしたね」というくらいが精々だったりするのはあなたも経験があるのではないでしょうか。

それが年下の異性の場合は難易度が跳ね上がり、下手に褒めても何を言われるかわからない、年下に褒められる事自体が相手にとって嫌なことかもしれないと思うと褒めるという行為はとてつもなく難しいのです。

しかし、それでも「それってすごいですよ」「すごく頑張ってるので大丈夫!」と言うように、褒めて応援してくれるようなことを言ってくれるのは、それだけあなたに対して好意があるからです。

その好意が親愛からくるものや尊敬から来るものである可能性は高いですが、その他のサイン、特に好みのタイプなどのサインも含めて当て嵌まっているのであれば、脈ありである可能性は跳ね上がります。

落ち込んだ時やちょっと愚痴を吐き出したくなった時など、あなたが好きな人はあなたを褒めてくれることがあるか、それもぜひチェックしてみてください。

プライベートで遊びに誘われる


年下男性から好意を持たれている、または恋愛対象としての関心があると思われる脈ありサインには、プライベートで遊びに誘われるといったものもあります。

他の面子も一緒であるとしても、プライベートで誘われるというのはかなり脈ありの可能性が高いサインでもあり、あなたと一緒に過ごす時間を多くとりたいという無意識の想いからくるものである可能性も出てくるでしょう。

あなたと友好関係を築きたいと思われている証拠でもありますので、少なくても嫌悪を抱かれていたり、付き合いづらい人だと思われていたりする可能性はかなり低いとみて問題ありません。

中でも2人、または他の面子も合わせても片手の数でのお誘いである場合は、恋愛対象としての興味を持たれている可能性は高いでしょう。

かなりの大人数だと、他の人も誘っているのにあなただけ誘っていないのは申し訳ないから、といったような理由でのお誘いであるケースもあります。

だからこそ、あなたがプライベートで誘われた時の人数にぜひ注目してみましょう。

LINEやメールが頻繁にくる


年下の男性からの脈ありサインには、LINEやメールが頻繁に来るといったものもあります。

仕事などの相談でLINEやメールを使用しているというケースもあるかもしれませんが、それ以外の事での連絡が頻繁に来るということは、あなたをもっと知りたい、あなたともっとつながりたいという彼の思いからくる行動でもあるでしょう。

なので、朝の挨拶、夜のお疲れさまでしたなどの労わりなど、ちょっとした連絡であったとしても頻繁に送られてきて、休日などにはプライベートなことで話が続くという場合は、かなり脈ありであると考えられます。

男性が頻繁に連絡するのはそれだけ興味がある人に対してだけで、自分をもっと見てほしい、自分の事を考えてほしいと思うからこその行動でもあるのです。

自身をもっと知ってほしい、注目してほしいと考えるからこその連絡でもありますから、かなり脈ありと判断できるでしょう。

おばさんが気持ち悪いといわれるのはもう終わり?年の差カップルが増える兆し

社会的地位の高い女性が増えるため


年下の男性からおばさんが気持ち悪いと思われていると思っている女性は少なくありませんが、近年ではそんなおばさんと呼ばれるような年齢の女性に対して、気持ち悪いと言われる傾向は少なくなりつつあります。

むしろそうした年上の女性と交際する男性が増えてきており、年の差カップルが増え始めている兆しもあるのです。

その理由の一つが、社会的地位の高い女性がどんどん増え始めているからというのがあげられます。

現在では男女平等、能力のある人が男女関係なくどんどん取り上げられる時代。

そのため、女性も頑張れば頑張るほど実力を見せつけることができ、成果を出せばどんどん出世していくことができるのです。

起業することも珍しくなくなったことで、男性よりも地位の高い女性はいくらでも存在する世の中になっています。

そのため、そんな社会的地位の高い年上の女性に憧れ、交際を望む年下男性もまた、どんどん増えていっているのです。

子どもはいらないと思っている人も多い


年の差のあるカップルが増える理由の一つには、子供はいらないと思っている人が多くなっているというのもあげられます。

将来的に結婚は考えているけれど、子供の事に関してはそれほど関心が持てない、むしろ老後の事を考えて子供を作らずに自分たちが楽に暮らせ、そして自由に楽しく第二の人生を歩めるようにしたいと考えた結果、子供を作らないことを決めたなど、現在では結婚からの妊娠・出産、そして子育てといったルートを選ばない人も増えています。

子供を持つ持たないはその夫婦の自由ですし、自分たちの稼ぎや将来性のこと、体の事を考えた上での結論であるからこそ、誰にも文句を言わせることなく結婚生活を謳歌している夫婦も珍しくありません。

こうした子供は別にいらないと考えている人が増加しているのもあり、妊娠出産に年齢的に焦っていたり、もう絶望的だと考えている年上女性は実は安心して恋活や婚活に乗り出すことができるようになったという事実もあります。

女性側が欲しいというのならそれはそれで考えるものの、別段子供はいらないよと男性の方に示してもらえるからこそ、年の差があっても無理なく交際と結婚を選ぶことができるようになったのはかなり大きなポイントでしょう。

初婚年齢がどんどん遅くなっている


年の差カップルが増加する理由の一つには、初婚年齢自体がどんどん遅くなっているというのもあげられています。

現在は若者が結婚に関して全く急いでいない、むしろ結婚自体別にしなくていいというスタンスである傾向も多く、積極的に婚活にいそしむ人もいれば、ご縁があればでいいからと一人の時間を満喫して自由に過ごす人もいるなど、たとえ年齢的に周りの友人たちが結婚ラッシュをしていても焦らない人がかなり多くなっているのです。

むしろ、結婚して自由になる時間とお金が少なくなるということから、結婚自体しないことをすでに選択している人もいるため、20代で結婚しない人も珍しくありません。

そのため、初婚年齢がどんどん遅くなっているからこそ、年の差があったとしてもご縁があったのがこの年齢だったと済ませてしまうこともできるようになっています。

また、両家の両親に関しても、それぞれがもともと結婚に関して興味が薄い状態にあったのであれば、たとえ女性が年上であろうと「結婚してくれるならOK」とあっさり許可するケースもあります。

しっかりと働いて稼ぎも安定している人であれば、尚更反対する理由がほとんどありませんので、交際はもちろん結婚も了承されやすくなるでしょう。

若さに強く価値を感じているのは日本だけ


年の差カップルが増える理由には、社会的なグローバル化が進んだこともあげられます。

現在、日本以外においても活躍する日本人はもちろん、企業などで海外の人との交流をする人もかなり多くなっており、その影響によって多くの人は考え方がどんどん国際規模のものに変わっていく傾向にもあります。

近年では同性婚に関しての理解などもかなり大きく取り上げられ、性的思考におけるマイノリティに触れる機会もでてくるなど、日本国内においてもかなり大きな変化が起こりました。

こうした考え方の変化によって、交際に関してこれまで強く価値があると信じられていた若さに、価値を見出せなくなってきた人も実は多く出ているのです。

実際、世界的に見ても若さに強い価値があると感じているのは日本くらいなもので、他の国では若さ以外の面、外見だけでなく内面、そしてその人が歩んできた人生経験などを知った上で魅力的だと思ったら何歳であろうと交際するというケースがほとんどです。

恋をするのに年齢なんて関係ない、見るべきは若さではなくその人がどんな人で何を成した人なのか、そう考える人が増えることで年の差カップルも増えていくでしょう。

年を取ってもきれいを保てる技術が向上している


年の差カップルが増える理由に関しては、年をとってもきれいを保てる技術が向上しているというのもあげられます。

確かに若い女性の方が肌年齢やダイエットのしやすさなども相まって、どうしても綺麗だと感じてしまいやすいです。

しかし、現代においては化粧品はもちろんエステなどにおける機器の進歩、サプリメントやダイエットの方法の多様化なども相まって、多少年を取ったとしても綺麗なままでいるための努力がしやすい環境が整っています。

下手をするときちんと努力を重ねて美しさを保ってきた年上の女性の方が、年下の女性よりもずっと肌が綺麗、肌年齢が若いというケースも珍しくありません。

体型だって頑張る事で十分な変化が期待できるものが沢山開発されているので、昔よりもずっと綺麗なままでいられる環境が広がっているとも言えるでしょう。

なので、彼の方が年下であったとしても、彼が多少大人っぽかったり、年上に見られやすい人であれば、外見的に十分釣り合っているカップルになることだってできるので、知らなければ年の差なんて感じさせないお付き合いができるようにもなります。

年の差恋愛をより上手く行かせるためのテクニックやポイントを知りたいのであれば、こちらの記事が参考になりますので、ぜひご覧になってみてください。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「おばさんからの好意が気持ち悪いと思われないために自分磨きを頑張ろう!」

占い師アリア
年上の女性からの好意は、その女性の年齢的におばさんから好意を寄せられていると思う男性も少なからずいます。

特に自分に手間暇かけられない、メイクやファッションに力を入れられない女性は即座におばさん認定されてしまう可能性が高いので、年下の彼に好意を寄せて、アプローチしようとした途端に彼から「気持ち悪い」と言われることにつながりかねません。

しかし、おばさんと呼ばれるような年齢であったとしても、自分磨きをしっかり行っていれば、綺麗な大人の女性から好かれているという非常にポジティブな受け止め方に変化していきます。

貴方は今、自分の外見、ファッション、メイクに自信を持っていますか?

手を抜いたり、ちょっと楽をしたりするのは悪い事ではないものの、年下の彼から気持ち悪いと思われないためにも、自分磨きをぜひ頑張ってください!

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
【期間限定特別企画】絶望的な状況から復縁成就が叶った秘密の方法って?


「彼とずっと一緒に居たい…」

「彼の気持ちがわからない…」

「奥さんと離婚して私を選んでほしい」

こんな難しい復縁の悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」で占いをしてみてください。

復縁専門のプロの鑑定師から、あなたの望みをかなえる方法や、彼の本当の気持ちをお伝えします。

誰にも相談できない復縁の悩み、もう一人で抱えないでくださいね。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事