※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

 
「彼は私をどう思っているの?」

 

「何をすれば彼と復縁できるの?」

 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。

 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

 

>>神言鑑定で占う<<
アユミ
アリア先生、友人の話なんですが離婚寸前だったのに復縁した夫婦がいるんです。
占い師アリア
あら、良かったじゃない。やり直せるチャンスやきっかけをきちんとつかんでお互いにもう一回やり直してみようと思えたのなら幸せよ!
アユミ
ですね!ただ、二人みたいに夫婦という関係はやり直しやすいんでしょうか?かなり大ゲンカをして別居していたのでまさかまたあんな仲の良い関係になるとは思わなくて…
占い師アリア
離婚寸前だって言ってたものね、確かに気になるでしょう。でも夫婦関係だからこそやり直せる、やり直しやすい部分があるのは本当よ。きちんときっかけさえつかんで間違えなければ離婚していた後でもやり直せるわ。
アユミ
たまに離婚した後にやり直すような復縁している夫婦もいるので、ちょっと気になってたんです。どんなきっかけや理由で復縁が成功しやすいのか知りたいんですが、いいですか?
占い師アリア
ええ、構わないわ!じゃあ今回は気になる夫婦の復縁のしやすさについて、どのように交流して復縁していくのかなども説明していくわね。

夫婦の復縁が成功しやすい理由

子供に両親が必要だと気付く


夫婦の復縁が成功しやすい理由の中でも最も大きなポイントとなってくるのが子供の存在です。

離婚寸前の別居、離婚後離れた後でも子供の存在が男女のつながりとなるので、子供の関係でもう一度やり直したいと思う夫婦が特に多くいます。

幼い子供であれば、夫婦そろって子育てした方が情操教育にも良い、子供のためになると気づくといったこともあれば、子供の養育費の件で何度も電話をしたり、話し合ったりする機会が多い夫婦がもう一度やり直せるのではないかと思って話を持ち掛け、復縁するといったこともあるようです。

離婚した後でも子供のことを気にしてしまうのは親として当然で、子供に会う機会を設けつつある程度の交流を元夫婦でも行います。

特に離婚理由が決定的に不和につながるものではなく、お互いの生活環境の不一致や夢のためなどの改善可能なものであるとより復縁に意欲的になる男女が多いです。

片親ではなく、両親がそろっているところを見て「やっぱりお父さんも一緒が良い」「お母さんとお父さんが一緒だとうれしい」という言葉を聞けば、親としてはその言葉をなるべくかなえてあげたいと思うものでしょう。

離婚理由が決定的な不和の元ではなく、互いのために一度離れたほうが良いというような理性的な話し合いで決まったものであるのなら尚更、もう一度やり直しても良いかもしれないと前向きに考えるものです。

子供の環境、思い、そして夫婦でもう一度頑張れるのか、やり直せるのかを重点に置いてよく考えてみた結果、子供のためにも彼と頑張ってみようかなと思える人が復縁しようと動いています。

義実家との関係が良好になる


離婚の原因にも絡みやすいのが、義実家との関係性です。

妻または夫が義実家との関係を良好に保てないことも、離婚に大きくかかわる人は多く、同居や介護の関係においてはその負担を大きくかけられる妻側が強く反対または拒否したことが原因で離婚という決断をした人たちも多くいます

しかし、この義実家との関係性が良くなると、その義実家の関係で行われた離婚の原因がなくなるため、もう一度やり直してみないかと言われたり、相手に相談することができるようになったりする人もいるのです。

義実家の介護が必要な義父母が介護施設に入った、他の兄弟のところへ身を寄せることになった、もしくは亡くなったというような状況になることで、それまで片方が不満に感じていた環境や関係性が一気に改善されます。

特に同居に関して打診されていた夫婦によっては、険悪な仲になる原因が理由によっては素直に喜べないものの改善されたわけですので、しっかりと話し合い、復縁してもう一度夫婦を頑張っていきたいという決断に出られたのであれば、何の憂いもなく別居や離婚寸前の状態を軟化させて元の夫婦関係に戻っていくことができるでしょう。

ただし、義実家との関係性において配偶者を巻き込んで壮絶な喧嘩をしたなど、配偶者からの印象も悪くなるようなことをし、なおかつ険悪な仲になっている夫婦になるとよりを戻すことがかなり難しくなります。

お互いの両親のことは大切に思いつつも、それでも介護や同居といったリスクを自身の家族だけで背負うことに対して苦言を呈するといった話し合いで別居や離婚を感情的になるのを抑えつつ話し合えた夫婦のほうが復縁率は高いです。

連絡が最低限ではなく、他に異性を感じない


離婚寸前で別居していたり、離婚がすでに成立していたりすると連絡が最低限のものになりやすいですが、中には子供のこともあって頻繁に連絡をする夫婦もいます。

離婚後であれば養育費のこと、入学式や卒業式などのイベントに参加するか否か、子供の意見はどうなのかをはじめとしたあれこれを話し合うため、離婚前で別居しているのであれば子供の様子や配偶者の様子など、気になることを報告したり訪ねたりするためにできるのであれば毎日、できなければ数日おきにきちんと連絡するのです。

こうした連絡が頻繁な夫婦は、少し距離を置くことで離婚原因や離婚直前の現状を冷静に考えつつ、相手と連絡を取ることで魅力を再確認したり本当に離婚して良かったのか、離婚することを前提とした別居をしたままでいいのかを考え直したりもします。

配偶者に対して自身が何かしらの原因で怒り、一方的に離婚を切り出したり別居宣言をしたりしたのなら、自身には配偶者に対して何か非はなかったのかをもう一度ゆっくりと考える良い機会になることも多いです。

一度距離を置いて知人または友人レベルの相手として対応することで、パートナーとして接していたころには見えなかったもの、見落としていたものを再度見つけられる人もいれば、逆に自分が完全に忘れていた相手の良い面を思い出す人もいます。

こうして相手のより良い何かを見つけ、やっぱりこの人のことが好きだと思えた人が復縁に近づいていくのです。

更に互いに連絡をしている最中に、他に好きな人ができていない、他の異性を恋愛的な視点で見ることができていないというのもかなり大きなポイントになります。

他に好きな人ができると、それだけ離婚に対して積極的になってしまうので逆に離婚しようと連絡をしたとしても考えを改めることはないでしょう。

他の異性に対して好意を持っていない、まだ配偶者または元配偶者に対して好意を持っているからこそ復縁に好意的もしくは積極的になれるところは必ずありますので、離婚していたとしても、別居していたとしてももう一度やり直そうと思える条件や理由の一つとして、まだ元配偶者に好意を持っているところがあることがあるのです。

スムーズに夫婦の復縁まで繋がっていく交流再開のきっかけ

いつでも連絡できる状態にし、何気なく連絡を取る


元夫婦、または離婚寸前の夫婦とはいえ色々なパターンがあるのと同じで、スムーズに夫婦関係が再び構築される、復縁されるような状態に持って行くことができるケースとできないケースの夫婦に別れることも多いです。

中でもスムーズに夫婦関係が元に戻る、復縁できるような状態にまで持って行ける男女というのは、いつでも連絡できる状態にしている人たち、そして何気なく連絡を取っている人たちでもあります。

夫婦関係がすでに冷め切っている、もしくは縁を切ってしまっていても互いに子供の様子を伝えたり、何かあった時などに報告するという連絡は行うものです。

特に子供が小さい夫婦であればどのように成長していくのか、何かの節目に会えるように取り計らってもらおう、来てもらえるよう伝えてみようと連絡することも多くなり、さらにそこに子供の意思も加わればさらに頻繁に連絡を取るようになるケースもあります。

こうして自然と連絡の頻度が多く、互いのアドレスや番号を着信拒否にしていない、消去していないというのはかなり大きなポイントです。

自然と連絡を取る頻度が増えれば増えるほど、それだけ内容の中心が子供であっても互いの魅力を再確認する機会が増え、毎日顔を合わせない状態にすることで家庭にいたころとはまた違う感覚で相手と向き合う時間が増えていきます。

そのような状態になると、だんだん夫ではなく恋人または愛情をまだ持ち合わせている元彼のような感覚を覚える男女もいるのです。

この人はこんなにもまだ私たちを気遣ってくれている、まだ連絡を取ろうとしてくれている、子供のためとはいえ連絡のための時間を作ろうと努力してくれていると分かれば、それだけ好意も強くなりやすくなります。

二人ともが同じ気持ちであるかはわかりません。

相手側は単純に子供が心配だったり、子供の声を聴いて癒されたいと思っていたりするだけの人もいます。

しかし、連絡が入ってすぐに子供に変わるのではなく元妻、もしくは別居中の妻に対しても何か会話がある、近況や体調の変化、困ったことはないかなどを尋ねてくるのであればまだ妻として彼が認識している、もしくは愛情を持っているのと同じです。

そうした小さな愛情の発露が徐々に長い会話ややり取りにつながっていき、お互いに好きな人もいない、まだ相手のことを忘れられないなどの条件が整うことでもう一度やり直したいと復縁するようになります。

お金の問題が解決している


夫婦関係にあった二人が復縁する場合、男性の方が特に重要視する条件というのが実は女性側のお金の問題です。

離婚に至った夫婦というのはお金の問題がかなり大きくのしかかってくることが多く、女性側の収入の不足、子供のためにかかる費用などを鑑みた慰謝料や養育費を親権を会得しにくい男性が支払うことが多いため、もう一度やり直したいと女性が伝えてきたときに一番に考えるのが「もしかして生活が苦しくなってる?」「お金が足りないから戻りたいのか?」というものになります。

互いに共働きで収入がどっこいの人たちであれば、お金の問題がそもそもほとんどなく、お互いの意見をきちんと話し合って、子供の意見も尊重しつつ出した答えが復縁であると納得できるでしょう。

しかし、明らかに妻側の収入が少ない、もともとが専業主婦で働き始めて給料が心もとない状態であるといった生活費的な面でかなり不安が残った状態で離婚した後であれば、男性側が疑っても仕方がないのです。

子供のために、という名目で復縁してまた専業主婦に戻りたい、もっと楽な生活がしたいと思っているのではないかと疑ってしまうため、金銭的な問題の有無というのは相手の信用を勝ち取るためにも重要なポイントとも言えます。

すでにしっかりと働いていて子供と母親二人で生活して幾分には全く問題ないが、やっぱり家族が恋しい、子供も父親がいてほしいと泣くことがある、そうした自身の心や子供の意見が強い復縁の要望であれば、父親側も検討するに値すると真面目に考えてくれるでしょう。

ただし、離婚理由が女性側に非があり、男性側が許せないといったようなものであれば復縁希望に関しては意見自体が丸ごとなかったことにされる可能性もあります。

お金の問題はもちろん大切なポイントになりますが、その前にきちんと二人が話し合って復縁できるような別れ方であるのか否かも十分に検討する必要があるでしょう。

もしも生活費等のお金の問題が発生しているのであれば、即座に復縁を伝えるのではなく、相手の気持ちがほかに行かないようにしながらきちんと働いている姿を見せつつ、収入を上げておいた方が男性からの印象は良くなります。

ある程度収入が安定してくれば、少なくても生活費の工面や生活の苦しさを理由によりを戻そうとしているとは思われないでしょう。

家族関係が良好なものになる


離婚や別居に関しては家族関係が悪化している、夫婦関係が冷めきってしまったといった状態の二人に関しては、家族関係や夫婦関係が良好になることが一番スムーズに復縁できるきっかけとなります。

家族関係と言っても様々で、自身の実家や兄弟姉妹と夫の折り合いが悪い、自身が夫の実家や兄弟姉妹、親戚などと折り合いが悪いといったものまで幅広く存在し、夫婦関係のみならず色々なことが原因で悪化してしまうことも多いです。

特に義実家と妻は嫁姑問題や相手の家の仕来り、習わしといったものが受け入れられなかったり、全く違う方法で行ったりしたことが原因で関係が悪化してしまうケースも多く、さらにそこから介護や同居といった問題が重なることで夫婦関係が冷めてしまう人もいます。

こうした夫婦の場合は一度距離を取って冷静に話し合い、妥協点を見つけることが良いですが簡単にはいかないことも珍しくはないのです。

ただ、実家がらみのケースは折り合いが悪い側がきちんと話をして分かってもらうことができれば、妻または夫の実家との接触を控える、もしくは兄弟姉妹と話し合って介護費用を捻出するなどの方法を選ぶこともできるので、徐々に関係を良好なものにしていくことができます。

お金の問題などと比べると、解決策がかなり多く出てきやすいので、自分たちに合った方法を二人で模索し、家族関係や親族関係をなるべく良好にするか、問題が出ないように立ち振る舞うようにするかなどきちんと決めると良いでしょう。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

元夫婦のままズルズル続いたり距離が縮まらない交流再開のきっかけ

連絡が養育費などのことだけ


元夫婦のままずるずると続いて、復縁には程遠い距離のまま交流を再開させてしまうような状態に陥ると、女性側が復縁して彼ともう一度夫婦になりたいと思っていてもそれはなかなか受け入れてもらえなくなってしまいます。

その典型ともいえるのが、連絡が養育費や子供の定期的な連絡のみという必要最低限の状態であることです。

離婚後、どうしても相手と連絡しようとすると気まずさや何を話せばいいのか分からなくなってしまうことから、なかなか勇気が出ずに自分からではなく相手から連絡が来るまで待ってしまいます。

しかし、養育費のことなどの非常に事務的な内容のみになってしまうと相手の心もどんどん離れて行ってしまうのです。

もうお金のことしか話し合わないような関係だからいいや、子供のことは心配だから連絡したいけどもう元妻への連絡は良いか、そんな女性に対しての関心が薄い心理状態になってしまい、人によっては恋人を作って新しい人生を謳歌し始めるでしょう。

妻への関心が薄く、子供のことしか頭にないような状態の男性はある程度子供が育ったら連絡もそこそこに自身の幸せのことも徐々に考え始める人もいます。

「もう○○も大きくなったから、連絡は最低限で大丈夫だろう」

「自分ももう一度結婚したい、あの子も大きくなったしもう父親にあまり頼るようなこともないだろう」

こんなことを考えてしまう人もいるのです。

当然、父性はまだ残っているでしょうから、何かあったときには連絡が来ればすぐに対応する、けがや病気でドナーが必要になれば何とか手を尽くすといった手助けをしてくれる父親もいます。

けれど、その時新しい妻と子供がいればその決断に反対される、もしくは父親自身が「すでに離婚して別々の人生を歩んでいるから」と拒否するような事態も珍しくはないのです。

最低限度の連絡では、元妻や子供に対して愛情を持ち続けることなんてできやしません。

復縁をしてやり直したいと思っているのであれば、まず自身からどんなことでも良いのでちょこちょことまめに連絡を取るようにすることが大切です。

子供に会わせる日に子供だけ預かってもらう形


離婚後であれば、親権を獲得した方が獲得できなかった方に子供を会わせる日というのを設定することも多いです。

すでに夫婦としては終わっている関係だとしても、子供のことは心配になりますし、何より会って子供と一緒に過ごせる時間が欲しいと思うのは当然のことでもあります。

こうした子供に会わせる日に、復縁できる男女は元夫婦もそろって親子で時間を過ごせるのであれば過ごそうとしますが、できない男女は気まずさや顔を合わせるのもまだ無理だというような判断から子供だけ片親に預かってもらい、そのまま親子二人で過ごさせてしまうケースが特徴です。

親子全員そろっての時間があるか無いかというのは復縁にもかなり大きなポイントとなり、一緒にいる時間を増やすことにもなれば、親子全員そろってまた一緒に居たいということを示す絶好の機会でもあります。

しかし、逆に子供だけを送り届けて後は自分抜きで過ごしてくださいという状態になると、子供のことを抜きにしても女性がもう自分とはやり直そうと思っていないのだな、と男性は感じ取ってしまうのです。

もう一度やり直したい、復縁したいと思ってはいてもそれを行動で示せる人はそう多くはありませんが、親子全員そろっての時間を作るか否かで相手の気持ちは大きく変わります。

子供だけを相手に預けてそのまま時間が終わるまで放置するというのは、それだけもう家族関係に未練がなく、子供を会わせるために送りに来るだけだと思われてしまうので、復縁は夢のまた夢になってしまうでしょう。

連絡で愚痴や小言を聞かせる


復縁しにくい元夫婦の中には、電話でやり取りをある程度定期的にやっていたとしても相手側が嫌だなと思われるようなことを話す、聞かせることもあげられます。

特に女性側の愚痴や小言が入ってくる場合は、男性の方も最初は別れた元妻への未練や心残りなどから聞いてしまう人もいますが、愚痴や小言が多い連絡など誰だって聞きたくはありません。

その愚痴や小言に離婚後の生活に対する不満が入っているのであればなおさら、「自分も離婚に納得しておいて何を言っているんだ」と男性が腹を立ててしまうでしょう。

頻繁に連絡をしていたとしても、相手の方から「もう君とは話したくないから、すぐに子供に変わってくれ」と言われてしまうかもしれません。

「大変だけど頑張ってるよ」「離婚してしばらく経つけどあなたはどう?体調とかに変わりはない?」というような相手を気遣う言葉、やり取りがあれば離婚してもまだ気遣ってくれるのか、と思うでしょうが小言や愚痴を吐き出されると誰だっていやになるものです。

頻繁に連絡をしているとしても、元夫婦の間での会話はなくなっていき、最終的には子供がスマートフォンなどを持つ年齢になると一気に断絶します。

大変だとしても愚痴や小言はなるべく言わないようにし、言うとしても相手に一言断って了承を得てからの方が好感は得られるでしょう。

下手に愚痴や小言を延々というような状態を作り上げると相手の方が復縁に対して嫌気がさしてしまいます。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「オーラ診断」であなたのオーラの色を診断しますね! あなたのオーラの色やオリジナルカルテ(最大2000文字)を今すぐお送り致しますね!

別居中や離婚寸前の夫婦がやり直すための方法

焦らずに事務的な会話からでもやり取りをする


別居中や離婚寸前の夫婦になると、夫婦関係が冷めきっていたり極端に会話が少なくなったりと、相手とのコミュニケーションが断絶しかかっている状態であることが多いです。

特に離婚したいと思われている理由や別居の原因となってしまった理由によっては、相手がそう簡単に口を聞いてくれないほど怒ってしまっている状態で、下手に話しかけると激昂状態で夫婦喧嘩になってしまうケースも珍しくありません。

そのようなケースの多い離婚寸前や別居中の夫婦がもう一度やり直すためには、やはり会話を増やすことが重要です。

最初のうちは何を話せばいいのか分からないことも多いですが、それでも会話ができるというのはそれだけ相手が自身に対して時間を割き、興味や思考を割くことを意味します。

もうすでに興味もない状態、離婚するのだから放置して問題ないと思われているような思考であれば、会話をしようとしてもまず続きません。

けれど、相手がまだ女性について何かしら未練や思っていることがあるのであれば、耳を傾けて淡々としたものであっても返事をしてくれるはずです。

そのため、まずは事務的なものであっても会話を増やしていき、徐々に私的な会話を増やしていく方が堅実的になります。

私的な会話が増えれば、過去の思い出のほか互いの本音をじっくりと話すきっかけが作れるようにもなるので、離婚に対してまだ思うところがある、もう一度やり直すチャンスが欲しいと相手に伝えるのなら、私的な会話が増えた後になるでしょう。

当然、離婚すると強く決意している男性はその説得に応じることはありませんが、もう一度やり直してもいいかもしれない、実は自分も離婚に関して思うところがあると素直に応じる姿勢を見せてくれるのは、互いに本音を話せるような状態になってからの方が多いです。

事務的な会話だけの時点では相手は話し合いに応じることはほとんどなく、離婚に対して積極的に動く人も多いのでまずやり直す、離婚に対して思うところがあると伝えたとしても「それがどうした」と言わんばかりの反応で返されます。

どうにかしなければ、という焦りが見え始めれば男性は女性が生活やお金の面で不安があるからもう一度やり直したいのだと思ってしまうので、余計に離婚をするのだとかたくなになってしまうのです。

離婚したいと思われていることを改善する


離婚をどうにか思いとどまってもらいたいと思った時、相手から離婚を言い渡されたのであれば何が原因なのか分かっていることも多いです。

そのため、離婚したいと言われたときの離婚原因、相手が耐えられないと思った何かについて改善しようと動くことが大切になってきます。

決定的な非がある、浮気や不倫、夫への暴力などによって離婚が言い渡されたのであれば、それはもう修復できない状態になっていますが、それ以外の改善すればまだ希望があるような生活習慣や仕草といったもの、子供の教育方針の違いなどが離婚の原因になるのなら、話し合いや改善で離婚を撤回することができるのです。

生活習慣や仕草はそう簡単に治らないものも多いですし、中には実家の家族全員が同じようなスタイルで生活しているという人も少なくありません。

しかし、相手がどうにも耐えられないと思ってしまった部分を少し改善するだけで、相手がその生活習慣やスタイルを見てイライラすることは多少なくなりますし、何より相手もストレスなく生活できるのなら離婚しなくてもいいかもしれないと思ってくれやすくなるのです。

一緒に生活をすることになる結婚直後は、相手との生活習慣の違いからストレスを感じてしまうことも多かったころも昔はあったでしょう。

あなたは慣れてしまった、もしくは旦那さんが改善してくれたことがきっかけで知らぬまにストレスを感じる生活が変わっていたのかもしれません。

当時あなたが小言をあれこれ言っていた記憶があるのなら、旦那さんが頑張ってくれた可能性はかなり高くなります

だからこそ、今度は自分が夫のために頑張るという心持で相手が嫌だと思ったこと、離婚すると決めた原因についてどう改善するのかを考えて行動に移してみてください。

どうにかしたい、改善しようと頑張っているという気持ちが表れるような行動をしっかりとおこし、努力している姿を見えれば旦那さんも少しずつ離婚を強行しようとする気持ちが和らいでいきます。

怒っている状態なら時間をおいて


離婚直前の男性は意外と怒っている状態の人も多いです。

離婚を切り出すほどに怒っている、もしくはこれまで我慢していたものがすべて爆発したかのような怒りようであれば、そのまま話をしようと動いたとしてもまず間違いなくはねのけられます

冷静に考えられないほど怒っている状態でもあるので、どうあがいても離婚に持って行くとよりかたくなになりますし、自分に近寄るなと物理的にも距離を置かれ、別居生活が始まることも珍しくはないのです。

だからこそ、相手が怒っているのなら少し時間を置く必要があります。

怒っている人の怒りを落ち着ける意味合いもありますが、冷静に話し合いができるような状態にしなければ話にならない部分もあるので、冷静に話せるようになったら何を話すのか、どう離婚を待ってもらうのかを考えるためです。

相手が怒り心頭で離婚を持ち掛けたのであれば、女性側も内心ひどく焦っているところは確実にあります。

突然の離婚宣言に焦って何を言えばいいのか、何を話せばいいのか分からないまま、とにかく離婚は嫌だとしか言えなくなってしまうのです。

相手と一度時間をおいて冷静に話せるような状況を作る間に、自分はどうして離婚が嫌なのか、何が原因であれほど怒っているのかをしっかりと確認し、自分が離婚を撤回してもらえるために何ができるのかも考えておくと、相手と話をするうえで多少の譲歩をしてもらえることもあります。

離婚成立後に元夫の気持ちを取り戻して再婚するための復縁方法

音信不通にならない


離婚成立後というのは気まずさや互いの生活の忙しさ、そしてそうした気まずさや忙しさを理由にしてしまうネガティブな気持ちから連絡を怠りがちです。

父親と子供、母親と子供といった子供への感情は離婚前と変わらない良いものであったとしても、元妻・元夫への感情は離婚直前のころからあまり変わらない悪いままという人も珍しくはありません。

しかし、その音信不通の状態が続いてしまうと転職や転居といったちょっとした変化が積み重なって最終的にはよりを戻したいと思っても相手がどこにいるのかさえ分からないまま終わってしまうこともあるのです。

だからこそ、気まずい気持ちや相手へのネガティブな感情があったとしても、細々と連絡を続けていかなければなりません。

子供のことに関する定期連絡、入学や卒業といった門出の時などに連絡をして久しぶりに家族全員で集まるといった少しのもので構わないので、少しずつ相手と連絡を取ることを忘れないようにして、お互いに今どんなことをしているのか把握しておくと復縁しやすいです。

元妻であっても旦那さんとしても一度は愛したからこそ結婚した女性ですので、実は未練が多少残っていることも多くあります。

その未練をより大きなものにしていくと、復縁したいと思ってもらいやすくなるのです。

冷却期間をおいて冷静になるための時間を作る


離婚後というのは互いに冷静になれていない部分がありますし、本当に復縁したいのか、離婚したままの方が良いのかの判断がつかないことが多いです。

特に離婚を言い渡された側は突如として降って湧いた離婚の話題に混乱してしまいますし、言い渡した側は怒りで我を忘れているか、自分では冷静に決めたと思っていても実は冷静ではないということも珍しくなく、互いに冷静さを欠いた状態で話し合うことになってしまいます。

だからこそ、冷却期間をおいて互いに冷静になるための時間を作るべきです。

お互いに冷静かつ、感情的にならずに離婚について振り返ることができれば、そこから復縁は有りなのか、それとも無しなのかをじっくりと考えることができます。

感情のままに話し合うのは復縁に最も遠くなる行動ですので、二人できちんと話し合えるようにするための期間だと思って一度少しだけ距離を置いておきましょう。

互いの家族と不仲になっていないなら味方にする


離婚後にもう一度復縁しようと思った時、有利に働いてくれるのが互いの家族といまだに良好な仲を保てていることです。

離婚が仕方のないものであると理解してくれており、なおかつもう一度やり直したいと言ってもそれを了承してくれるような家族でなければ一度別れた相手ともう一度結婚することを許してもらえないケースも多くなります。

一度ダメだった相手ともう一度、というのはほかの人から見てみれば「無理だったから離婚したのに何を言っているんだ」と思われるのは当然です。

中には実家の家族と折り合いが悪いからこそ離婚を告げてきたという人もいますから、実家や義実家との関係性が悪いとそれだけ反対される可能性も高まります。

逆に義実家や実家と子供を会わせるために良好な関係を築いている、もともと良好だった関係を維持できているのであれば、もう一度頑張りたいと言われたときに最初に厳しい一言でこれからの覚悟やほかの人を見つけたほうが良いのではないかと案じる言葉を告げられるかもしれませんが、良好だからこそ歓迎してもらうことだってできるのです。

夫ではなくその周囲を味方にすることで、復縁に強いサポートを得られるようにするのも方法になります。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「離婚後でも夫婦であれば理由によっては復縁可能!ただし、相手との現状や将来をよく考えて復縁を申し出よう」

占い師アリア
夫婦というのは結婚したからこその特別なつながりや思いがあるものです。

離婚したとしても女性としてまだ妻を見ている男性や、異性としてみることはできなくても執着が残っている男性がいるように、即座に無関係になった他人としてみるには難しい部分を抱えています。

だからこそ、普通のカップルなどよりずっと復縁の申し出をしやすく、復縁しやすいともいわれているのです。

けれど、その復縁は離婚理由によって左右されます。

離婚理由が不倫や暴力といった再婚や復縁が無理だと判断されるものであれば望みはありませんが、お互いの将来や夢、子供の教育方針、生活スタイルといったものが原因であれば話し合いや改善することで復縁が現実的なレベルにまで変化するでしょう。

また、離婚直前であったり別居中であったりするのであれば事務的なものからであっても会話をし始め、徐々に距離を詰めていけるようにするのがポイントです。

相手と話しにくい状態を続けていると、そのまま離婚を強行する男性は珍しくないので、少しずつでも話しやすい状況を作り、離婚について二人でもう一度じっくりと話し合うことで復縁することができる場合もあります。

離婚の原因や理由のほかに、話し合える状況を作れるか否かも含めて復縁を検討し、相手がすでに別の好きな人がいたり、すでに再婚を前提としたお付き合いをしていたりしないかを確認しつつ状況を良く判断して復縁を申し出ましょう。

【期間限定・10月4日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ

あなたは自分のオーラの色が何色か知っていますか?

オーラの色は、あなたの性格や気になる人との相性など、様々なことを教えてくれます。

オーラの色が持つ意味を読み解けば、あなたの魅力をより深く知ることができるんです!

でも「自分のオーラの色なんてわからない…」「そもそもどういうものかもわからない…」とよくわからないですよね。 そこで【オーラ診断】で、あなたのオーラの色やオリジナルカルテ(最大2000文字)をお送りしますね!

オリジナルカルテではオーラについて、そしてオーラの色が持つ意味について詳しく解説します!

ぜひ、その奥深さと面白さを体験してみてください!

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事