※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「奇跡のスピリチュアル診断」をご利用ください。

「奇跡のスピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

>>奇跡のスピリチュアル診断で占う<<
アユミ
アリア先生、元彼が転勤するとなんだか寂しいって思うのは悪い事なんでしょうか?
占い師アリア
いいえ、むしろ普通の感情だわ。職場も一緒だったなら交際していた時から別れた後まで、思い出深いものが多いからどうしても寂しくなるわね。
アユミ
…やっぱり、なんというかこう、何か言っておくべきなんですかね?私としてもそのままさようならでは気持ちが収まらなくって。
占い師アリア
言っておきたいものがあるのならきちんと言っておくべきだわ。それこそ、もうこれきりで会えないかもしれないんだもの。それに、復縁したいと思っているのなら猶の事言っておくべきね。
アユミ
なら、何を伝えればいいのか教えてもらえませんか。私もちゃんとお別れしたいし、復縁できるのならそのチャンスにつながるものも実践しておきたいです。
占い師アリア
OK!それじゃあ元彼が転勤するにあたっての気持ちや寂しさ、復縁につながるまでの様々なものを知っていきましょうね。

目次

社内恋愛の末に別れた元彼の転勤が決定…その時女性が感じる事

会えなくなってしまう寂しさ


社内恋愛の末に別れた後、職場でも元彼相手ではちょっとぎくしゃくしてしまう、そんな時期をどうにか乗り越えたり、多少慣れてきたときに元彼の転勤が決まってしまうと、心の中がモヤモヤした感覚に襲われてしまう女性は多いです。

もう別れているというのは納得していて、ぎくしゃくするのもしょうがない、そう思って心の中で復縁したい気持ちなどを押し込めていた女性にとっては、別れた後でも唯一交際前のように彼と過ごせる唯一の場所と時間を失う寂しさを覚えるのも仕方がありません。

転勤する地域、期間にもよるでしょうが基本的にもう会えないと思ってしまうのは当然です。

短期の単身赴任とは違い、勤務地自体が変わってくる転勤は元の地域や地区の部署や職場に戻ってくる保証はあまりなく、転勤先からさらに別のところへ、場合によっては海外にまでその範囲を広げてしまいます。

だからこそ、もう会えない、会う機会はなくなってしまうと寂しさを覚えてしまうのです。

元カノである女性にとって、元彼はもう別れてしまったからと割り切ってしまえる部分もあれば、それでも接している際にやっぱり好きだなと思ってしまう、なんとも複雑な気持ちを抱いてしまう存在。

それももともと同じ職場の人であれば、居て当たり前の存在がいなくなると宣言された際に寂しさを覚え、少しずつその気持ちが大きくなっていくでしょう。

別れてかなり時間が経っていると、すでに女性も新しい恋に向かって前進してしまっているせいで悲しくない、寂しくないといった場合もありますが、別れてすぐに転勤の辞令を下されたのを知れば強く寂しさを覚えてしまいます。

時と場合、女性の別れた後の気の持ちよう次第なところはありますが、誰でも多少寂しさは抱えるでしょう。

いなくなってしまうと実感し、喪失感を覚える


辞令が下される際、紙に印刷されて廊下やロビーといった場所に貼り付けられることもあれば、その部署の上司から周りに知らされる場合もあるなど、意外と他の人に知らせずに異動や転勤するケースはないでしょう。

本人が誰にも言わないでくださいと伝えたり、あまり良いことではないものや人に言えない事件や不祥事などが原因の転勤や異動であったりしない限りは、どこの地域に行くのかなどを詳細に伝えてくれる上司の方もいます。

けれど、その辞令に関して伝えられた際元カノである女性が抱くのは、いなくなってしまうのだという実感です。

その実感は心の中に穴をぽっかりと開けたように、喪失感を植え付けていきます。

そしてその感覚はどんどん強くなり、元彼の机の上が少しずつ片付いていき、転勤先での仕事に必要な物は持ち帰り、それ以外のものに関しては後任となる人に引き継ぐために渡したり、デスクを新しく入ってくる人のために掃除をして綺麗にしていくのと同時に強くなるでしょう。

最初のうちは「ああ、いなくなるんだ」とぼんやりと感じながらも、それでもしっかりと喪失感を覚えさせてきますが、その喪失感はどんどん強くなります。

転勤まで時間があるからと悠長に構えていると、余計に突如綺麗になった彼のデスク、ほぼ引継ぎを完了した状態で他の仕事を手伝う彼の姿を見て、強烈な喪失感と後悔に襲われてしまうでしょう。

喪失感を覚えた時、なるべく彼に迷惑をかけたくないと思いつつも、どうにか自身でもモヤモヤした状態にケリを付けたいと思ったのなら、後悔しないために行動する、メッセージを送る覚悟を決めるといったものが必要になるのです。

いなくなっちゃうんだな、と寂しく喪失感を覚えながら静かに見送るだけであなたは本当に良いのか、それを一度考えてみてください。

もう元に戻れない、チャンスが無くなったと感じる


転勤するとあなたが知った時、元彼に対して寂しさや喪失感を覚えるのはもちろんですが、同時に元カノである女性が思うのは復縁のチャンスが無くなってしまった、といったもう元の交際関係にある二人には戻れないといった感情です。

転勤ともなれば、もう会うことはない、もう一度会える可能性も低いうえにそのまま他の地域に行ってしまう可能性だってあります。

その点を含めると自身にも当てはまってしまう可能性はありますが、それでもすでに転勤を実際に辞令として出された元彼の方が次もあるのではないか、また離れてもうここには戻ってこないのではないかと不安に駆られてしまうものです。

また、すでに別れている恋人であるという事実もそれを後押ししてしまいます。

復縁したいとあなたが思っていたとしても、彼は思っていないかもしれない、むしろそれを言い出したら嫌われるかもしれない、そんな気持ちからずっと押し殺してきた未練もすべて捨てなければならない事態に直面しているともいるでしょう。

だからこそ、余計に悲しさを覚えますし、実らない未練と復縁の望みをどう処理すればいいのか分からなくて途方に暮れてしまう、そんな心境に陥ってしまう人もいます

抱えていても自分でもどうしようもない思いだと分かっているからこそ、いなくなってしまう事実に悲しい思いをし、振り回されもするのです。

振り回されたくない、そんな気持ちはもうないはずと思っていても、それはすぐそばに元彼がいたからこその安心感もあるのかもしれません。

居なくなると強く実感したからこそ生まれる悲しみや未練も確かに存在するのです。

元カノと転勤で離れ離れになる元彼の男性心理

ちょうどいいと新しい出会いを期待する


元カノの方は寂しさや悲しさ、喪失感を覚えてしまうのに対して元彼の男性心理はどうなっているのか見ていきましょう。

元彼が転勤すると決まり、それを告げられた時には心理が二つに分かれる傾向が多いです。

一つはやはりどうしても複雑な思いを抱き、未練や悲しみを覚えてしまうもの。

もう一つが離れることを喜ぶものです。

どうして離れるのを喜ぶ心理になってしまうのかというと、これに関しては別れた後の経過期間、そして破局後の二人の仲や関係性が悪化しているか否かが重くのしかかってくるでしょう。

男性は破局した後、さほど時間が経っていない場合は「自分は悪くない」「別れて正解だった」と強く考えて自身を正当化するほど、未練を感じていません。

むしろ元カノに対して悪感情を抱く人の方が多く、自身の責任や非を咎められたくない一心で「あいつが悪い」と言い続けるのです。

そのため、別れてさほど経っていない場合は転勤を告げられたとしても「向こうで新しい恋人か、いい友人が見つかるかもしれない」と、誰かに破局に関して責められる可能性も含めて良い逃げ場ができたと思う人も出てきます。

そして二人の仲や関係性が破局後最悪の状態であればなおのこと、転勤という完全に勤務地が変わるというのは彼にとって何よりも大きなメリットです。

最悪の状態にまで落ち込んでしまっている元恋人との関係を、勤務地が完全に変化し、遠距離となって接触する機会を無くすことで断ち切ってしまえるとも考えますから、余計に魅力的に思えるでしょう。

だからこそ、新天地で新しい出会いがあるかもしれないと前向きな考えでさらっと転勤していきます。

元カノと離れるため、良かったと思う反面残念だと思う複雑な心理


もう一つの心理状態である複雑な心理を持ってしまう場合、男性は元カノと破局して長い期間が経っている、もしくは元恋人との関係がさほど悪くない状態にあることが多いです。

男性は別れて直後やさほど時間が経っていない場合は自身を正当化する動きに出ますが、逆に時間が経つごとに「やっぱりあれは自分が悪かった」と後悔すると同時に反省し始めるので、元カノへの未練をどんどん強めていきます。

逆に元カノをはじめとする女性はどんどん時間が経つごとに未練が薄まっていきますので、男性側が復縁を呼び掛けたとしてもその復縁にうなずかないケースも時間経過とともに増えていく傾向にあるのです。

そのため、元カノと離れる転勤の辞令を下された場合、別れてある程度時間が経ち、交際関係にあった時の自分たちを振り返り、冷静に判断できる程度に落ち着いた状態の元彼であると未練が強くなっているのも相まって非常に複雑な気持ちを抱きます。

元カノと復縁できるかどうかはわからないものの、職場の人間としては普通の接し方ができるようになっている、もしくは別れたとしても悪い関係ではないからこそ、「まだ彼女と一番仲が良いのは自分だ」と思っている節もあるでしょう。

未練を抱いてしまっている申し訳なさ、無駄だと思っている一面もあるからこそ離れるのには賛成できる部分もあれば、逆に寂しいと感じてしまう部分もある、そんな複雑な心境でいるのです。

気まずさや未練と離れられるため、好機だと考える


男性の中には元カノと離れる転勤を、自身の気まずい思いやまだ抱いてしまっている未練を解消する、または気にせず居られるようになるためのきっかけや好機として扱う人もいます。

別れた後はどうしても気まずいもので、同じ職場の人なら猶の事、どう接して仕事をしていたのかすらわからない程混乱する例も多くあるものです。

交際している際の接し方に慣れてしまい、その前にはなんて呼んでいたのか、どう接していたのかが記憶の彼方。

結局他人のように名字にさん付けをして、よそよそしい感じで接してしまい、取り返しがつかないなと後悔してしまうのも非常に多くなります。

だからこそ、その気まずい状況を何とかできるのならと転勤を好機として、新しい場所でやり直そうとする人もいるのです。

その人たちにとって、転勤は気まずい元カノから逃げるような感覚もあるでしょうが、自身の気持ちの整理を付けて、未練や複雑な心境を解消するための冷却期間にもなりえます。

もしももう一度会った時に、今度は気まずさを感じさせない、フレンドリーな交際前と同じように接することができるように一度離れたいと思う人も中にはいるのです。

未練や気まずさを覚えているからこそ、一度離れて関係をリセットするための転勤という好機を逃す方がずっと気まずい思いをしてしまいかねないからこそ、元彼は望んで遠い所へ行きます。

元カノからしてみれば「彼は逃げているだけ」と断じられる離れ方であるかもしれません。

けれど、元カノが職場にいて簡単に距離が取れない環境にいる男性にとっては遠くに離れて復縁に関しても含めてきちんと考えられる唯一の機会になるかもしれないのです。

▼元彼の心に火をつける復縁香水▼
リビドーロゼ

ちゃんと別れたはずなのに元彼の転勤を寂しく思う心の正体

解消できていない未練


人によってはちゃんと互いに納得したうえでお別れしたはずが、元彼が転勤するとなった時に寂しく思うケースも多いです。

しかし、ちゃんと破局の理由に関して時間をかけてでも納得している以上、寂しいと思う理由はさほどないはず。

それでも寂しいと思ってしまう心の正体は、やはり未練である可能性は高いです。

未練は自身で完全に解消できたと思ったとしても、そう簡単に消えてしまうものではなく、むしろ元彼に他の異性が近づいているときにふと「その人を一番理解しているのは自分なのに」といったものを含めて、突如として復活するものでもあります。

だからこそ、転勤してしまうと何気なしに報告する上司と同じ反応を示す元彼の姿を見た時に、「もう自分には本当に興味がなくなっちゃった?」と不安と自身の魅力の無さに対しての自信が揺らいでしまうことにより、未練が強くなってしまうのです。

離れていく元彼、それを伝えたり準備したりする姿に元カノの脳裏には交際していた時の思い出がよみがえったり、別れた後にどうにか同僚程度に接せられるようになったりしたときの苦労を思い返したりしてしまうケースも多くなります。

その結果、とたんに寂しいと自覚してしまうきっかけを得てしまったり、ふとした時に会えなくなることが寂しいものだと気付かされてしまったりするのです。

自分では解消できていると思っている未練は、まだ他の異性に対しての優越感などで隠されているだけで残っている部分はあります。

隠されていたものが、転勤によって離れて新たな出会いを得るだろう男性への焦りで表面化し、寂しいと思ってしまうのです。

思ったことを言ってもらえない物足りなさ


転勤を上司から伝えられ、元彼がそのための準備に奔走するようになると女性は一抹の期待を抱いてしまいます。

その期待というのが、「転勤先についてきてほしい」といった復縁をほのめかす言葉や、交際・婚約まで匂わせかねない言葉です。

ドラマなどではよく見かけるシーン、セリフではあるものの現実においてはそう聞く機会のない言葉でもあるので、はっきり言って期待しているとしてもそこまで本気ではない人の方が多いでしょう。

けれど、別れた後に互いに理由などに納得してまた同僚に戻ったのですが、それでも心のどこかでもう一度やり直せるのではないかといった期待を持ってしまうもの。

それは男女ともに十分に考えられるものでもあり、いちどすきになったひとだからこそ諦めきれずに彼が何か言ってくれるのではないかと思ってしまい、勝手に相手が何かアクションをしてくれるのではないかと考えもします。

けれど、復縁などに全く興味がない、破局した以上復縁を望めないと考えている元彼から何のアクションもなかった場合、その期待していた気持ちが裏切られたように感じられ、勝手にショックを受けて寂しくなってしまうのです。

別れた相手が復縁を望んでいるわけではない、むしろ離れる機会ができたのを喜んでいるかもしれない。

それでもやり直したいと何かしらアクションを起こし、転勤先まで来てくれないかと元彼が言ってくれるのを期待せずにはいられないのです。

ほんのわずかな希望や期待だからこそ、叶うとうれしいものですが逆に叶わなければ過度な期待を寄せていなかったからこそ寂しいだけで終わってしまうのもあるでしょう。

けれど、元彼が転勤し離れてしまうその現状においては大きなチェック要因になりえます。

もしかすれば、といった期待


女性が元彼の転勤に対して寂しいと思う際の根源には、会えなくなる寂しさが徐々に押し寄せるものもありますが、もしかすればといった期待が裏切られてしまったものもあげられるでしょう。

転勤という、別の勤務地に行かなければならない、いつこちらに戻ってくるかわからない、そんな状態になるのであれば元彼だって元カノである自分に何かしら思うことがあり、多少なりとも態度や言葉に現れるのではないかと思ってしまいます。

もう会えないからこそ思い切って復縁を持ち掛けてみようか、といった何か、自分たちの関係をもう一度やり直せるきっかけを持ち掛けてくるのではないか、そんな考えを持ってしまうのも仕方がないでしょう。

けれど、その考えは女性側の一方的なもので、男性側も同じように「離れるから何か伝えておいた方がいいのではないか」と考えているわけではありません。

むしろ下手に何か未練を残したりしないように、言葉を最低限にまで絞っておく、他の同僚や上司部下と同じくらいの「お世話になりました」程度の他人行儀な言葉で終わらせておくといったもので終わる可能性の方が高いです。

他の人も職場恋愛であったのなら、数人程度は確実に別れてどういう状況かを知っていたはずですから、男性は同僚たちから元カノの女性へ何か言葉でも書けるのかとしつこく聞かれている場合もあります。

そうした他の人たちからの追及などが面倒で簡単に終わらせておけば、復縁なども囃し立てられたり、他の面倒事からも解放されると思って全く行動を起こさずに転勤の日を迎えることも。

期待通りの展開にならない、彼が冷たいと感じる態度でさよならを言ってくるなど、元カノ側にとって残念な結果に終わりかねないと思う点が多々あるのも寂しさをより募らせます。

占い師アリア
ここまでで、あなたの悩みは少しでも解決しましたか? もしも宜しければ「予言占い2021」であなたの事を鑑定しますね! あなたのプロフィールをもとに鑑定結果を今すぐお送り致しますね!

元彼が異動してしまい遠距離になる前に伝えておくべき事

転勤後の彼の体調や仕事による疲れを心配する言葉


元彼が転勤し、遠距離になる前というのは元彼自身も色々と参っている場合がほとんどです。

同じ会社の系列、地域や地区が違うだけとはいっても遠く離れた場所で一人仕事をしなければならないというのは、現在人間関係が良好に構築されているとはいっても同じように良好な関係を築けるかはまた別問題。

地域的にはやってはいけないことや言ってはいけないことも独自に存在していたり、そもそも訛りや現地だからこその言葉もあったりして、ちゃんと互いにコミュニケーションがとれるのかも不安が出てくる人もいるでしょう。

また、別の地区や地域で仕事をする場合、一から担当する仕事を覚え直し、一刻も早く戦力にならなければならないといった焦りもあって非常に精神的に不安定な場合がほとんどです。

そのため、人によっては今働いている職場にまだいるとしても、次の職場のことを延々と考えている結果、冷たい態度を取ったり厳しい接し方になったりする場合もありますから、転勤前に何か伝えるのならあまり彼の精神的な不安を煽るものは避けたほうが良いでしょう。

なので、伝える場合は彼が転勤した場所で体を壊したり、不調に陥って無理をしたりするのを心配する内容がおすすめです。

「転勤先であまり無理をしたりしないでくださいね。でもがんばって!」

このような内容やそれに似たものを送るのがベスト。

下手に長々としているものだと読むのも嫌になりますし、返信も面倒だと思われてしまいますので、なるべく短く、そして相手の心配と次の場所での奮闘を願う言葉を入れておくということなしでしょう。

離れるのが寂しい気持ち


元彼が転勤となったと知った時、あなたは何を言えばいいのか分からないといった気持ちに苛まれるはずです。

何を言えばいいのか、むしろ言葉をかけて良いのか、そんな状態にさいなまれてしまい結局何も言えないまま終わってしまう、そんな人も少なくはありません。

そんな時、まず伝えておこうと頭に浮かべておきたい言葉が「離れるのが寂しい」の一言です。

まず率直にあなたの思っていること、寂しいという言葉を吐き出さなければ何も前進しません

とはいえ、まっすぐそのまま寂しいと伝えると男性は「まだ自分に未練があるのか」と面倒な気配を察知して返信しない、応えないといった対応をして元カノであるあなたを全てスルーしてしまうでしょう。

なので、寂しいけれど向こうでもがんばってね、といった元恋人からなのか、それとも同僚や友人としてからなのかわからないような文体で送るのがおすすめです。

元恋人からしつこく連絡が入ったと思わせるより、友人や同僚としての立場から簡単にメッセージを送ったと思われた方が、相手にとっても返信しやすく感じられます。

また、元彼がすでにあなたのことを完全に同僚や親しい友人としてしか見ていない場合、復縁などを匂わせず、次の場所でもがんばってほしいと願う言葉はぜひ返信したいと思わせるものにもなるでしょう。

返信のしやすさ、しようと思わせられる思考への切り替えも考えて、まず離れるのは寂しい、会えなくなるのは寂しいといった言葉を含めたメッセージを考えてください。

離れるのが寂しいのが本心なのであれば、この言葉は相手に必ず伝えたほうが良いです。

相手の実家などがあれば帰省の際に他の人も一緒かもしれませんが、食事や飲みに誘われるかもしれませんよ。

また連絡しても良いか尋ねる言葉


元彼が転勤した後でもどうにか連絡を取れるようにしておきたい、そう思ったのであれば上記で紹介したような言葉を送った後で、元彼が返信してくれるかを確認した後に「また連絡してもいい?」と聞いてみましょう。

元彼としてもすでに元恋人のあなたに対して気まずさをそれほど感じていないのであれば、近況報告くらいならと了承してくれるでしょうし、さすがに連絡するのは気まずいと思っているのなら却下してきます。

そのあたりを復縁の判断基準にする人もいますが、もう一度連絡したいと思わせるためにも「たまに」といった言葉を入れておくのもベストでしょう。

連絡を取り始めたとしても、相手側の繁忙期などが元居た職場とは違っている可能性もありますし、最初のうちはとにかく新しい職場に慣れることで大変な毎日を送ります。

だからこそ、連絡するのはいいけれど毎日されたり、頻繁にされたりすると困るなと転勤前には思ってしまうのです。

すでに転勤先にあいさつに行っていたり、どんなところか見学させてもらっていたりするのなら多少余裕があるかもしれませんが、基本的に転勤後は余裕がありません。

だからこそ「また偶にでいいから連絡してもいい?」と、たまにといった言葉が入っていると男性も頻繁な連絡ではないと安心できます

男性の方も何かあった時、ストレスを感じた時などに連絡したいと言ってくれている人がいると、近況報告ついでに愚痴なども吐けるのでもしもの時の緊急避難先として活用させてもらいたいとも思うでしょう。

どんな関係であったとしても、元恋人である以上頻繁な連絡は向こうも状況や心境から迷惑だと感じられる可能性が高いので、あくまでもたまに連絡して近況を報告し合うようなメッセージにしておくのが安全です。

離れると決まった事で感じる愛しさもある!転勤を復縁のきっかけにする方法

定期的な連絡を可能にさせるメッセージを送る


離れると決まってしまうと、元彼と接しているうちに少しずつ愛しさを感じ始め、どうにか復縁できないかと頭を悩ませる人たちも多いです。

今まではずっとそこにいて、話そうと思えば話せ、仕事の関係も含めればかなりの回数で一緒に行動することだってできていました。

けれどもう簡単には会えない程遠くに行ってしまうと決まったことで、行ってほしくない、もっと一緒に仕事がしたいといった愛おしさが徐々に湧き出てくるのもよくあるのです。

もう一度復縁したい、そんな思いを抱いて悶々とする日々になってしまう場合もあります。

離れて行ってしまう元彼と転勤をきっかけに復縁したいと思うのなら、定期的なメッセージのやり取りができる言葉を送り、了承してもらっておくのが良いでしょう。

元彼の方も初めて訪れる場所、土地、そして転勤先ならではのやり取りや暗黙の了解などに翻弄されて、仕事でも必死になって覚えなければならないものも多くあるため非常に疲れています。

そんな時、前の職場の人でもいいから話せる人が一人でもいると元彼も気が楽になり、その人とばかりLINEなどで話しをしているなんてこともざらになってくるのです。

その話せる1人の枠に入っておくと、復縁の近道となる会話には困らなくなります。

もちろん、相手の話を良く聞く立場になってしまうかもしれませんが、お互いに話が均等に振り、話せるようになれば復縁だって間近になってくるでしょう。

話が長続きするほど元彼はあなたに心を許し、何でも言える人や愚痴をためらいなく言える人として認識していきます。

ふとした時に「彼女がいてくれたら」と思ってもらえる、そんな人になる近道でもあるので、まずはたまに連絡しても良いかを確認し、了承してもらったら時折連絡してみましょう。

ただし、相手の忙しさなどを考えて転勤してすぐは少し控えておいた方が良いです。

友人としての立場を確立させておく


復縁を考えて転勤後の元彼と接していきたいと思うのなら、まずは時々であっても連絡して問題ない立場を確立しなければなりません。

その立場といえば、やはり友人になるでしょう。

仲の良い同僚でもいいのではないかと思われますが、同僚であっても他の勤務地へ転勤になった人に頻繁に連絡するというのはそうなく、どちらかというと友人に対しての方が転勤後のあれこれを吐き出しやすいのです。

同僚というよりは友人の方がやり取りも続きやすいですし、余裕ができればどちらからともなく連絡して、だらだらとやり取りを続けることもあるでしょう。

それほどまでに近い存在になる事ができます。

なので、復縁を目指すのであれば連絡してもさほど問題のない友人の立場をまず確固たるものにしなければなりません。

転勤に関しての話が出てからでは遅いので、転勤の可能性が十分にあり得る職場であれば急に転勤が決まったなどの状態に対応できるように、友人の立場を確立しておくことをお勧めします。

元恋人というレッテルが貼られている現状で、同僚として相手に連絡を取り続けていると、元彼の方も邪推してしまい「よりを戻そうと必死になっている」といった深読みや勘違いをしてしまい、最終的に連絡を絶たれてしまう可能性もあるのです。

けれど、友達としての側面の方が強く残っているのであれば、時折連絡してみても近況報告や愚痴の言い合い、面白いお店や美味しいお店の報告で盛り上がります。

話を盛り上げやすいのもやはり友人の立場なのです。

当然、相手も忙しかったり他に連絡したい友人知人がいたりするので、そう頻繁な連絡にはならない可能性もありますが、それでも復縁の一歩を進む大きなポイントになるでしょう。

愚痴を聞くなど、相手の大変さを理解してあげようとする


復縁を目指したい元カノにとって、転勤した元彼とよりを戻す際に最も重要になるのが、相手の愚痴をいやいやではなくきちんと聞いて、どれだけ大変なのかを理解してあげようとすることです。

転勤前はどんなところで働くのか、自分は本当に大丈夫なのか、そんな気持ちで神経が張り巡らされてしまい、ひどく緊張した面持ちの人も多く、ちょっと話しかけただけなのに冷たく対応されるケースも多々あります。

それほどまでに緊張しているわけですから、転勤後も上手く行かないことを溜め込んで、参ってしまうケースも多いのです。

そのため、誰かに連絡して愚痴を聞いてもらいたいと思う男性もひどく多くなります。

連絡してもいいか、と聞いて了承してもらうことが先決ではあるのですが、連絡した際に相手側からの愚痴にあなたが耐え切らなければならないのも重要なポイントです。

あなたも毎日仕事で大変で、人によっては新しく入った人の指導のために走り回ってフォローしたうえで自身の仕事もこなしたり、上司に怒られ、周りからお願いと頼まれて仕事が増えて、なんてサイクルを過ごしているかもしれません。

自宅に帰って「ああ、今日も疲れた」とご飯を食べた後にお風呂に入って沈むように寝る、そんな日々の人も少なくはないでしょう。

だからこそ、元彼の愚痴を聞いて「そんなの私だって同じ!!」と我慢ならなくなる例もさほど少ないわけではないのです。

そんなことになってしまえば、もう復縁は望めません。

むしろ愚痴を言うこともできないと男性の方が連絡を止めてしまうでしょう。

心を大らかに、相手の愚痴を「そっか、大変だったね」「それはつらいよ、よく我慢してる」と受け入れて肯定してあげられるようにならなければならないのです。

愚痴を言うにつれて、しっかりと励ましてくれるあなたともう一度やり直したいという気持ちが元彼の中にも生まれてくるかもしれません。

占い師マダムアリアのワンポイントアドバイス「転勤する元彼にはしつこく迫ってはだめ!まずは自身が相手とどうなりたいのかを考えて伝える言葉をまとめよう」

占い師アリア
元彼が転勤する、その事実を知った時元カノであるあなたは「え?」と聞き間違いかと思ってしまう程、信じられない気持ちでいっぱいかもしれません。

別れたとしても同じ職場で仕事に励み、同僚としてはそれなりに違和感なく接することができるようになった状態であるのなら猶の事、彼がいなくなる事態を飲み込めず混乱してしまうことも。

けれど、転勤する事実は変わりませんから、なんとか動いてよりを戻せないかと行動を起こす人もいますが、その行動こそが逆効果になりやすい場合がほとんどです。

元彼にとってあなたは現在同僚の地位を築いていたとしても、やはり元カノであるレッテルが強く残っています。

そんな元カノが必死に自身に近づいてきて仲良くしようと行動する、その時点でよりを戻そうとしていると考えても仕方がないでしょう。

そして何か言葉を伝えたほうがいいんじゃないかと思った時、伝えたいことが多すぎて長文になってしまう人も多いですが、あまりにも長い文章だと相手の読む気が無くなってしまいます。

ただでさえ彼は転勤のため精神的に不安定で切羽詰まっており、場合によってはまだ準備のために忙しい日々を送っているケースもあるので、長すぎる文章だとお礼の返事をしようとすら考えられなくなるでしょう。

だからこそ、転勤に寂しいと感じたとしても、あなたが元彼とどうなりたいのか、復縁を求めているのか、その辺をはっきりさせなければなりません。

そしてそれを踏まえて元彼へ伝えるべき言葉を短くまとめ、彼が読みやすく返信しやすいように工夫しましょう。

【期間限定・12月6日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ



復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を診断結果をもとにお伝えいたしますね。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事